Home > 美味礼讃 > 2007年の美味

2007年の美味 Archive

紅葉の始まり

071109fishing1.jpg
暖かかった秋にも、ようやく紅葉の季節がやってきた。
最後の渓流の釣りから1ヶ月と少し、なんだかんだとバタバタしてる間にすっかり季節も移り変わり、山の空気の中に身を置きそれを感じたくなった。
そしてやにわに朝6時にむっくりと起き出して、いつもの如く発作で突如釣りに行ってきた次第である。

Continue reading

おカタいのがお好き

071026noodle1.jpg
なにしろ麺類が好きだ。
いつもここで書いてる蕎麦を筆頭に和の麺類、うどん、きしめん、そうめんに、これまたよく書いてるイタリアのパスタ類、そして中華そば、ラーメン、ソーキそば、皿うどん、焼きそば、さらには中華のはるさめや韓国冷麺、ベトナムのフォーなど厳密には麺とは言えないけれど麺状をしたものまで、熱いものも冷たいものもすべて。
そして麺類を食するときには、麺はカタめに茹でた歯ごたえのあるものが好きだ。

Continue reading

越前蕎麦

071001soba1.jpg
先日の禁漁直前の釣行で、山に続く道を走っていたら一面のソバ畑に出会った。花が満開のちょうどいいタイミングで、思わずクルマを止めて写真を撮る。遠くまで一面の白い絨毯のように小さく可憐な花が密集して咲き、初秋の風に揺られてさわわ、さわわと揺れている姿にしばし見とれてしまった。強い花の匂いと土の匂いがどこか懐かしく鼻腔をくすぐる。
ボクがよく釣りに行く越前・福井はソバの名産地で、資料によると作付面積・生産量とも全国第7位とのこと(2006年現在)、街なかではあちこちに「手打ちそば」の看板を掲げる店を多く見かける。

Continue reading

パスタ万歳

070916pasta1.jpg
パスタが値上がりになるかもしれないということで、イタリア人が怒っているそうだ(→Reutersニュース)。パスタの原料となる小麦がバイオ燃料に転用されて世界的な需給が逼迫しているためと見える。イタリア人のパスタに対する感覚は日本人の米に対するそれと同じだろうから、その怒りにはとても共感できる。
そんなことを思いながらニュースを読んでいたら、とてもパスタが食べたくなった。よって晩飯はパスタである。ファルファーレというリボンのような形をしたパスタを買ってきて、海鮮ものとトマトソースで食べることにする。

Continue reading

晩夏の宵に

070825fishingimage.jpg

さて。
最後に釣りに行ってから1ヶ月以上が過ぎてそろそろ禁断症状が激しくなってきており、遠くの空を見上げながら美しい山と水とサカナを想う。

巨岩の間を縫って流れる水に遊ぶサカナとの出逢い。水しぶきが涼しい上流の滝。それらはほんの短い間の邂逅だけれど、永く記憶に留まり忘れえぬ極上のひとときである。
なかなか思うにまかせず近日には予定ができないものの、ただ純粋に「逢いたい」との想いが募りに募ってきて、心ここにあらぬ日々を過ごしている。こうして写真を眺めてなんとか誤魔化してはいるものの、再び逢わぬことにはこの想いは決して昇華されないから厄介である。

Continue reading

送り火と蕎麦

070818okuribi.jpg

連日の猛暑で、日本列島はどこもかしこもバテバテの気配である。
盆に帰ってきていたご先祖の霊とともにこの異常な暑さもどこか南の方へ送り返せればいいのにと思いつつ、先日の五山送り火を見た。もっとも、盆の墓参りもせず(混雑嫌いでものぐさな親父の提案で、2人で夏休み前に済ませておいた)、自宅に仏壇もない身としては、ただ山の火に向って心の中で祈るだけだったが。
(写真は自宅マンションの最上階から撮ったもの)

Continue reading

いただきもの

070728sushi.jpg
食べ物ネタが続くけど、決して食べてばかりいるということではないのでくれぐれも誤解いただきませぬよう・・・
こんな独房に閉じこもってする仕事でも、いただきものにあずかることがある。

Continue reading

ホーム > 美味礼讃 > 2007年の美味

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player