Home > 釣りにまつわるよもやま > 2009年の釣り

2009年の釣り Archive

湖南散策

水鉢の紅葉三井寺の山門をくぐった参道沿い、紅葉に色づく日本庭園の庭に置かれた水鉢の中に広がる小宇宙。
水に浮く紅葉の向こうに映るイロハモミジの木。

久しぶりにサカナの感触が味わいたくなって、隣県は琵琶湖の南にある管理釣場に行ってきた。

折しも紅葉の季節。(↑上の写真クリックで拡大)
釣場の近所に有名なスポットがあって、釣り終わりにそこを散策してみる。
そして釣りといえばもはやボクの定番セット、蕎麦屋巡りとともに。

Continue reading

写真便り

後ろ姿左の木々の陰と右の開けた空に霧雨の煙った感じの対比、とても美しい。
実際に釣ってるときは湿気と雨に閉口してたのだけど、こういう写真はそんな記憶をも浄化してくれる。

鳥取の釣友(といっても大先輩)、石田さんが写真をお送りくださった。
ここ何年も、いつもの北陸の渓では独りで釣り上がることも多く自分の釣り姿を写真に撮ってもらえるということもほとんどないのだけど、鳥取にお邪魔するときには一緒に釣り上がるので、なんだかんだと撮っていただいていたようなのだ。

上の写真は先月の初めにお邪魔して大山の渓を釣り上がったときのもの。ほんの先月のことなのに、随分前のことのように感じるのは何故だろう。写真を見て、雨中の溯行、あの雨と釣りを楽しく思い出す。(↑↓写真すべてクリックで拡大)

Continue reading

静かな閉幕

090928field.jpg

先週、北陸へ今シーズン最後の釣りに行ってきた。
連休明けてすぐの木曜日で、街も山も連休の喧噪からひと段落してのんびりと休んでいる、そんな日の釣りだった。

いつものように朝にこちらを出、昼過ぎに目的の山の麓の街でお昼の腹ごしらえをして(これについては後日別途)、山に入ったのは午後からとなった。

Continue reading

巨岩の渓のイワナ

090913stream.jpg

巨岩ゴロゴロの渓。
大イワナがいるという甘ーいお誘いに釣られて、標高3000m級の山々が連なる北アルプスは立山連峰の奥深くまで遠征してきた。

折悪しく雨となった深夜の高速を富山まで3時間そこそこでかっ飛ばし、山に入って道なき道をさらに奥山へと進むこと1時間、ようやく目的のポイントに着いたのは明け方の5時すぎ。仮眠するつもりが、だんだんと白んでいく空を見ているととても寝るような気分になれなくて、夜明けとともに始動することとなった。

Continue reading

成就

サツキマスなにも言うことはない。ただご覧を。

それまでに散々小さなアマゴと戯れて、気がつけば陽も落ちて闇に包まれかけていた夕マヅメ。このペースでは予定していたポイントに到達できない、と急ぎ飛ばして着いたひとつめの狙いの大場所プール。その流れ込み、流心脇の一級ポイントに小さなライズがあった。

これまでと同じようなライズで、またチビアマゴかと思いながら投じた#10 エルクヘア・カディスがしばしのドリフトの後小さな波紋を残してフッと消えたのに合わせると、どすん!と来た。(画像すべてクリックで拡大)

Continue reading

中国道ひとり旅

090905road.jpg

たまに、ひとりでぶらりと遠くに行きたくなることがある。
未だ身に沁みついて抜けない、ボクの中の放浪癖。
そんなにしょっちゅうは行けないけれども、行けるときには行って発露させてやらないと何かの拍子にドカンと爆発するかもしれないので、こうしてひとり夜の高速にクルマを走らせることとなる。

Continue reading

両極端

090711soba.jpg

ここのところ急激に蒸し暑くなってきたのは梅雨前線が北上してきた所為だろう。いよいよ梅雨の後半、夏の足音がすぐそこまで迫っている。

北陸の渓は、梅雨の後半は雨の増水、夏になると今度はカラカラに渇水して、さらにブヨ・アブの大発生があり、とても釣りなどできる状態ではなくなる。おそらく今週あたりが夏前にまともに釣りできる最終だろう、とヤマを張って、先々週に引き続き出撃してきた。

Continue reading

ホーム > 釣りにまつわるよもやま > 2009年の釣り

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player