Home > ファインダーの向こう

ファインダーの向こう Archive

見上げる

スズメ梅雨明けの灼熱の日中、スズメが日陰で探し物。

大事なものを失くしてしまった。
この数日、それをあちこち探しまわっている。

失くしたものそれ自体はそれなりに大事というだけのものだけど、それよりももっと内面的な大事さを失くした、というか、失くしていたことに気づかなかったことの方が、ショックが大きい。

それは多分、星を見に行ったときのことだったと思う。

Continue reading

梅雨の終わり

青空

長く続いた雨がようやく去り、青い空が戻った午前。
雨に降り込められて憂鬱になった気分を一新するのに、朝から近所を少し散歩することにした。
向かいの公園からツィーツィーと誘うように鳴くのがいるんだ。
ちょっと挨拶に行ってみよう。

Continue reading

雨続き

メジロ雨に祟られ濡れ鼠になって困ったように空を見上げるメジロくん。その気持ち、よく分かるよ

しばらくまともに鳥撮りをしてないなぁ。
いやフィールドには出てるんだけども。
正確には、出てるのだけどクルマから出れないというか・・・

つまり雨。

週末毎に、あるいはボクの行動する時間だけ、雨。

Continue reading

大雨の間隙

ヤマセミそ、そこにおわしましますあなたさまは!!

このところ宇治のマイ・フィールドがいまひとつ冴えないので、今日は気分を変えて、昨年よく通ったスポットへと繰り出した。

ところが。
現場に着いた途端に大雨が降り出す。

Continue reading

茶色いヒタキ

茶色いヒタキ地味〜な茶色いヒタキ。でもさえずりは大きく、派手。

さて先日の日曜日、恒例の宇治散策で久しぶりに出逢った野鳥さん。
数週続けて、なんにもいない、撮れないという日が続いていたので、うれしくなってじっくり観察しつつ撮ってみる。
でもなかなか近寄ってくれないので遠い写真ばかり。

Continue reading

オオルリ見参

世間は連休でどこもかしこも人だらけのようだ。
こういうときはのんびり休むに限る・・・というワケにもいかないのが自営稼業。
というかむしろ、みんなが休んでいるときに働いて、みんなが働いているときに休む方が、なにかと都合がよくて快適であるのも確かだ。あるいはボク自身がそういう性向なのかもしれない。

しかし休日に出ないといけない時はあり、先日の日曜日に仕方なく恒例の宇治行。
予想通り・・・というより予想以上に渋滞しているのが鬱だ。なんでこういうドライバーが免許を持ってることが許されるのだろう?と首を傾げたくなるようなのが多い。少なくとも交通法規には、平日用と休日用、熟練者用とペーパー用、あるいは地元用と観光用の区別はないのだから、テメーが地元でされてイヤだなあと思うことは他所に行ってもしないことだ。
「旅の恥はかき捨て」
諺や格言には非常に含蓄のあるものが多くてタメになるのだけど、ひとつだけなくてしてもらいたい格言がこれだ。この言葉が都合のいいように曲解されてアフォをたくさん生み出しているような気がする。

で、前置きが長くなったがいつもの宇治のマイフィールド。ここは観光客が来ない場所なので、春先の桜の時季よりもぐっと(地元の)人が減っていて快適だった。

Continue reading

つりとりめし

残雪の山々♪よーろよーろよっひっひーー とか歌いたくなる景色(ウソw
見た瞬間「こりゃダミだ〜〜〜〜」が正解。

連休で渓が荒らされてしまう前にちょいと唾つけを、というセコい狙い 釣師として当然の衝動で、直前の平日に毎度お馴染みの北陸まで朝駆けしてきた。
そしたら北陸の山々はまだこんな↑感じで。
天気いいし、昼から雪代どばーーーと出るのが見え見えな感じで。
(↑↓写真すべてクリックで拡大)

Continue reading

ホーム > ファインダーの向こう

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player