Home > 美味礼讃 | 2009年の美味 > 蕎麦渇望

蕎麦渇望

091008soba.jpg

北陸の蕎麦の花が満開になった先日の最後の釣行、いつもの通りに蕎麦を堪能してきた。
いや、正確には、堪能したかったのだけどしきれなかった、と言った方が正しいかもしれない。

ちょうど連休明け翌日のこと、連休中どこも定休日返上で開けていたようで、その代休で「臨時休業」の札を掲げてる店がたくさんあった。ひとつめに行ったお店は運良く開いていたけれど、そこは「地元の定食屋で蕎麦も出す」みたいなところで、ボクらが求めてるものとは少し違った蕎麦だった。

もっとちゃんとした美味い蕎麦を食べたい!という欲求が膨らみ、観光ガイドを片手に市内をあちこちクルマで探しまわること5軒。ようやく開いている店を見つけたものの、これも定食屋さん風に何でもアリのメニュー。しかし気落ちしながら頼んでみたおろし蕎麦が意外にもなかなかイケたので驚いた。(↓以下クリックで拡大)

海老天おろし蕎麦一軒目の海老天おろし蕎麦。天ぷらは冷めていて、蕎麦は茹で上げではなかった。
もっと細くて締まった、喉越しのいい蕎麦が食いたい!と逆に思わせてくれる。
おろし蕎麦ほとんど期待してなかった2軒目の店のおろし蕎麦。一人前に皿2つの蕎麦。
意外にもイケたが、やはり茹で上げではなかったのが残念。

たぶんボクはもう立派な「蕎麦中毒」なのだ。
蕎麦が欲しくなると、エキスの濃い、美味い蕎麦を食べないといてもたってもいられなくなる。蕎麦には何かそういう成分でも入ってるのではないかと思えるほどに、満足できない蕎麦を食べると「美味い蕎麦が食べたい」という想いが嵩じてくるのだ。

だからこちらへ帰ってきて数日の後、いつものお蕎麦屋さんへと直行することになるのだった。

お昼のつるや弁当お昼はこれだ!すぐ売り切れるのでお昼の早い時間じゃないと食べれない。
いわゆる松花堂「お昼のつるや弁当」。少し風の冷たい日だったので温かいお蕎麦で。
十割蕎麦でもやっぱり蕎麦だけのも味わいたい!ということで、追加注文。
お隣、滋賀の湖東・竜王産蕎麦粉の十割蕎麦。ようやく舌が満足した。

これでもうしばらく越前の蕎麦を味わえない。越前おろし蕎麦を食べるだけなら京都でも食べれるし、どうしても本場のおろし蕎麦が食べたければ福井まで走れば食べることはできる。しかしボクの中で越前おろし蕎麦は、釣りとセットになっていてどちらも欠かすべからざるものであり、また渓流釣りのシーズンにだけ味わう季節の風物詩ともなっているものなのだ。

だからまた来春。
それまでしばしの、おさらば。


Comments:6

ぴよこ 09-10-09 (金) 21:12

をを?!107さん、本当にお蕎麦がお好きなのですね?^^
美味しいお蕎麦と、そうでないお蕎麦、写真の感じからも
わかる気が・・・
いつものお蕎麦屋さんの、温かい方のお蕎麦、スープは何なのでしょうか?
写真を拝見して、スープも美味しそうなので食べてみたくなりましたよw^^
実はこちらも、お蕎麦が割と有名で、お蕎麦のお花畑も沢山
お蕎麦屋さんも沢山あるのですよ?♪
ただスープは、お醤油ベースで黒いのが多いです^^;
107さんの舌をうならせる越前おろし蕎麦、美味しいんだろうな?(^◇^)♪

107 09-10-09 (金) 23:50

以前はさほど意識はしてなかったのですが…
歳を重ねるにつれてどんどん好きになってきています〜^^
特に美味しいお蕎麦を食べるとやめられません。
写真でお分かりになります?すごい!
きっとぴよこさんも蕎麦好きの素質アリ、ですよ☆
温かい蕎麦のかけ汁は、関西風の出汁なんです。
だからこんな薄い色で・・・
そうか、関東風の出汁は黒いので見慣れておられないのでしょうね。
違いは醤油の違い(薄口か濃口か)と若干の塩加減というかダシ加減というか。
でも蕎麦本来のかけ汁は黒いのが正解…
というか、元々は濃口を使うざる蕎麦のツユを割ったものだったとも聞きます。
それもそれで好きですし、関西風のこれもまた美味しいんですよ^^
ぴよこさんご当地の蕎麦、有名どころと承知しています。
食べてみたいです!

ひぐちあきお 09-10-10 (土) 8:33

ぼくも八ヶ岳周辺の蕎麦屋をいろいろ試してますが、悲喜こもごも。けっきょく、行きつけの店にもどっては安堵してたりします。
釣りにホームリバーがあるように、蕎麦にもホーム店があるのかも。
昔は白っぽい更級蕎麦ばかりでしたが、最近は黒い田舎蕎麦がもっぱら好きです。歳とともに嗜好が変わりました。

小雅 09-10-10 (土) 13:06

釣りと蕎麦との因果関係、非常によくわかります。
戦う前に頂く一杯はまさに水杯のような趣で最近では厳かな儀式のような気分さえありました。
家で食べるようにいくつか買って帰りますが、それは結局「非常に美味い即席食品」ではあるけれど、現地で頂く物とは何かが明らかに違う。
いつの間にやら「うどん好きの大阪人」だったはずが小生も立派な蕎麦派になってました。(もちろんうどんも食うけどね)

107 09-10-10 (土) 13:20

越前蕎麦を巡ってて思うのですが、この蕎麦って食べ物ほど美味い店と不味い店の区別が一見してつきにくいというものはないように思います。いかにも民芸風な蕎麦屋でも出てくるのは悲しいほどお粗末なモノであったり、なんでもないような定食屋でウウムと唸るようなのが出てきたり。
店主が如何にこの蕎麦という食材を知っているか、そこがポイントなのでしょうね。
田舎蕎麦、美味しいですねぇ!
あの野趣ある風味はやめられません!^^

107 09-10-10 (土) 13:29

うん。今年はすごくストイックな蕎麦屋を見つけてね。
あそこのはキミ、気に入ると思うよ。
しばらく一緒には行けないけど、帰ってきたら行こうよ♪
うどんは日常食って感じよね。
ここ一番は蕎麦がいいな!
それもやっぱり茹で上げ、カッチリと冷水でシメたのをね!^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2009/10/284.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
蕎麦渇望 from 107@BLOG

Home > 美味礼讃 | 2009年の美味 > 蕎麦渇望

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player