Home > ファインダーの向こう > 長梅雨の水辺

長梅雨の水辺

090730tsuribashi.jpg

「よく降るなぁ」と毎度毎度言うのがイヤになるくらい、連日の雨。
ここ数日続けて私用で宇治まで行かなければならず、待ち時間がたくさんあったので宇治川の水辺を散策してみた。

有名な宇治の平等院の少し上流に天ケ瀬ダムという古いダムがあって、この近辺はかなり山の手になるので鳥や虫が多く見られる。ダムの1kmほど下流にあるこの吊り橋を渡って、平等院の宇治橋からダムへと至る自然遊歩道に入る。吊り橋のほんのすぐ足元まで奔流が迫っているのを見るのは実に不気味で恐ろしい。

090730stream.jpg

林の中を通る遊歩道は、蝉時雨に包まれている。期待していた鳥の姿はほとんど見られない。観光客とおぼしき人々がひっきりなしに行き来するのを見ると、これはアテが外れたかなという感じだ。道すがら出逢った虫を撮って遊びつつダムの方まで行ってみると、支流の交わる橋の上でおじさんが一人、カメラを三脚に乗せて手持ち無沙汰な風でタバコを吸っているのに出くわした。こちらも首からカメラをぶら下げているので視線が交わる。

「こんちわ。何を狙っておられるんですか?」
「ヤマセミや」
「おおーーー。こんなとこにいるんですか」ヤマが当たった感じがして、うれしくなった。
「ヤマセミはよく来るんですか?」
「たまにな。そこの岩の上にヤマセミが来て止まるんや」
カメラを拝見させていただくと、使い込んだNikonのデジタル一眼に長胴・大口径のレンズ。
「すごいですね」
「うーん。レンズだけやと足らんで、2倍のテレコンも付けたんやけどな。暗うてシャッター遅うなってかなわん」
と自嘲気味に、しかし誇らしげにも聞こえる答え。
狙っている岩場までの目測は30mぐらいか。
「滅多に来んのや。今日なぞ、こんだけたくさん人がいて水も多い。最悪や」
そう言ってもう一本のタバコに火をつける。
のんびりと一日待つつもりなのだろう。
せかせかとあちこち動きたがるボクにはまだまだ真似のできそうにない芸当だ。

おじさんの言う通り、水は川岸の灌木をすべて飲み込んで両岸いっぱいに広がり、サカナの姿が見れるどころか、如何にヤマセミといえども飛び込めばまず命はあるまいという奔流。

090730amagase_dam.jpg

そこへ、国土交通省のパトロールカーがやってきて、大音量のスピーカでけたたましく警告を発する。
「上流の堰で放水量を増やします。さらに水位が上がりますので、川岸におられる方々は直ちに避難をしてください」
クルマからヘルメット姿の係員が飛び出してきて、そこらを走り回りながら手持ちのスピーカでさらに警告。どうも川岸に人がいるようだ。
見に行ってみると、いた、釣り人w
おっちゃん、さすがにそこはヤバいでしょ(笑
いや笑いごとじゃなくてさ。

090730tsuribito.jpg

とにかく、関西の水辺はどこもかしこもあふれんばかりだ。
鳥の姿が見れないのは単に人や水が多いというだけではないだろう。水辺に暮らす鳥たちは川の土手に穴を掘って巣にするものや、灌木や河原の茂みに巣を作るものも多い。この大水でおそらくかなり大きな実害を蒙っているのではないだろうか。

以下は歩きながら撮った虫たち。鳥はいなくても虫はたくさん見ることができた(クリックで拡大)。

アブラゼミ前回ボケボケの写真しか撮れなかったアブラゼミをリベンジ。
何度も言うが本当はヒメハルゼミを撮りたい。あるいはクマゼミでもいい。
少し奥に行くとミンミンゼミも鳴いていた。
透明な翅のセミが好きだ。撮りたい!
キアゲハ雨でか、あるいは鳥に襲われたか、翅に傷のあるキアゲハが休んでいた。
光沢のある鱗粉がキラキラ光る。
どこにでもいるチョウだけど、ファインダー越しにこうしてアップで見るとまた新鮮に感じる。

ハグロトンボグリーン・メタリックのボディがきれいなハグロトンボ♂。
名の通りの黒い翅をゆらゆらと動かして空中を漂うような飛び方をする。
ヤンマや普通のトンボの系統と違って、とても静かな佇まいのトンボだ。
ルリシジミきれいなルリ色の翅はルリシジミ♀。
これは名前を調べることなく分かった(念のため確認はしている)。
子どものころから昆虫図鑑が大好きで飽きもせず一日眺めていたこともあり
虫の名前をひくのはかなりラクだ。
もっとも、虫は見たまんまの名前がついてるものが多い、ということもある(笑

翌日は朝から気持ちよく晴れた。この日は、前日のダム周辺から数キロ下流にある橋の前後を散策してみる。
水位は前日と変わらず、岸いっぱいに強く重そうな流れが広がっている。今日もダメかなと思いながらしばらく待ってみると、上空に白い大きな鳥がやってきた。一羽、二羽、三羽・・・アオサギだ。
三脚を持ってきていたので、それを立ててじっくりと狙ってみる。
対岸に一羽、止まった。しかし、遠い。50m、いやもっとあるだろう。
ボクの望遠ではこれがめいっぱいだ(クリックで拡大)。

アオサギ水中にじっと目を凝らしている。
しかし、ずいぶん長いこといたが結局一度もアタックすることなく、
よそ見をして視線を戻したら忽然と消え去っていた。

ひとしきり撮り終わってふと下流側に気配を感じ、視線を回してみると、ここにもサギがいた。幸い、こちら岸にいる。かなり近寄れそうだ。急いで、しかしゆっくりと近づき、三脚をセットしてたくさん撮らせてもらった(以前にコンデジで撮ったのと距離的には同じくらい。出来は雲泥の差)(クリックで拡大)。

アオサギアオサギはこちらを気にする風もなく一心に水の表面の気配を探っている。
時折首を伸ばしたり縮めたり、これはおそらく水面の反射を避けているのではないかな。
それにしても、きれいな鳥だ。極彩色だけが美しさの基準ではない。
下半身の濃色から上半身の淡色に至るグラデーションは、水辺に佇むものとして最高の保護色になっている。
これを本当の「木化け」というのだろう。

しかしアオサギくん。同じサカナを狙う者としてご忠告申し上げよう。今日のこの流れだと、ボクなら釣りを諦める。この水かさではサカナは上には浮いてこないよ。もう30分もそうしてじっとしているけど、サカナ獲りには諦め、見切りも肝心だぜ。
ひとしきり撮ったので三脚からカメラを外しながらハラの中でそう思った途端、アオサギがぐっと前のめりになった。
飛ぶ!(クリックで拡大)

アオサギ飛翔ギリギリカメラが間に合った。
当て物のような撮影で、ピントが合ったかどうかは撮ってからのお楽しみってことになる。
幸い、合っていた。しかし顔が・・・ 惜しい(´A`)
アオサギ飛翔急角度で旋回されると、もういけない。
目、せめて顔にピントを合わせられればいいのだけど、これで寄れる最大なので
フォーカスの位置がどうしてもズレてしまうようだ。
飛んでるところをきれいに撮れるようになりたいな。

だいぶ陽が高くなってきた。暑い。
見上げると、タカが悠々と舞っていた。
少し蒸すが、川面を吹く風は爽やかで心地いい。

長梅雨の中、ほんのひととき晴れた日の水辺。

090730hawk.jpg

 


Comments:10

noobooboo 09-07-31 (金) 6:22

107さん
すっかり鳥のブログに変身ですね!
下のイラストに双眼鏡付きも増やさないと(笑)
鳥ちゃんズも負けていられませんね。
青サギと大青サギと色が違うんですね、、
大きさも違うのかな。
調べてみます。
二回目なのにすっかり。
さすがです!
刺激を受けて、カメラの取説を探したのですが(今から?w)なくしちゃったみたいで、、メーカーからダウンロードしたんですけど、それでもう勉強した気分になってしまいました。また刺激をくださーい♪

小雅 09-07-31 (金) 17:40

気のせいかも知らんけど、写真の味の濃さみたいなんがちゃっぱしちゃう感じね。
通か密度が圧倒的に濃いね。
コンデジって道具道具しすぎて写真を撮るのを作業にしてしまった感があるけど、ちょっとカメラとしての誇りみたいなんをデジイチは取り戻してきてる気がするね。
スペイン行く前に欲しくなってきてまうやん(笑)

107 09-07-31 (金) 18:35

ボクは夏は釣りをおやすみするんですが、その間の、あるいは禁漁期間の気力・体力、野外活動のモチベーションを維持するのにちょうどいい感じで、ハマっちゃいましたよ。
釣りのときも必ず持ってって、釣れない昼間に鳥撮りしてしまいそうです^^
のぶぶ軍曹のような写真をいつかは撮れるようになりたいなぁと精進して参りますので、これからもよろしくお願いしまっす! (`Д´)ゝシャキ
実は…ボクも取説ほとんど読んでないんです(眠くなるw
現場で学習!これあるのみでww
今日はカワセミを見かけましたよ!
すごい勢いで飛んでいるところだったので、撮ることはできませんでしたが…
でもあのきらきら光る羽毛と「チィーーーッ」と鳴く声は間違いありません。
今度は止まる場所を探します!

107 09-07-31 (金) 18:39

うん、コンデジとは歴然と違うぜ!
深さというか奥行きというか。
コンデジに対する認識激しく同感。
釣りのときはちゃちゃっと撮れなきゃ、ってのも確かにあるけど、ここ一番のいいサカナのときなんかはちゃんとした撮り方したいなと思う。
一度持ってってみようと思うよ。
> スペイン行く前に
それはぜひにとお薦めする!
委細メールでw

ぴよこ 09-08-01 (土) 20:35

ホントにねぇ よく降りますねぇ 雨。
梅雨明け宣言してから こんなに降られても(@_@)
週末の度雨に降られてorzだったけど、今週はなんとか(^◇^)♪
そちらのダム、だいぶ景気良く放水してますね^^
ヤマセミちゃん その岩が好きなんだろうにかわいそ。。。
ヤマセミとかカワセミとかナーバスな子撮るのに
ブラインドに入ってかなり近くから撮っている方いますね^^
でも夏はサウナwww
ぴよこのマイフィールドのダム湖にもアオサギやって来ます。
でも遠くて、こんな風に撮れないですー><
飛んでいる姿かっこいいです☆
『水 多すぎなんですけどぉー』って言ってますね^m^

107 09-08-01 (土) 23:34

今日もスキあらばと思っていたのですが、すごい雨で諦めました・・・
いつまでも続く雨降りにも困ったもんです (つд`)
今週末の奥日光詣、上々だったのですね?^^
昨日は少し放水落ち着いてまして、ダム直下にカワウが集団で翼を広げてポーズをキメてました。遠くてぜんぜん撮れませんでしたけど(豆粒 >_<)
ブラインド!そのテがありますか!
サウナで少し痩せようかなwww
アオサギは偶然近くにいてくれました。
1時間ぐらいこの場所で粘ってたので、根負けしてくれたのかも♪
さすが鳥のセリフはぴよこ隊長どのです^^

メディック 09-08-02 (日) 0:45

いやぁ、最近気持ち良いくらいに雨が降って♪
まぁそれも元はと言えば人間のせいだから
自業自得ってことで。
夏がく?れば思い出す?
来なけりゃ来ないでそれも良し♪
それぞれの景色にそれぞれの生き物
全てが素晴らしい!

みやび 09-08-02 (日) 21:38

おや?すっかり鳥見人ですね。
デジ一眼を釣り場に持っていくの、怖くありません?
2万3万くらいのコンデジなら水没してもあきらめがつきますが、デジ一眼水没させちゃったりした日にはもう…
お手軽に防水できて、釣りしてる最中に邪魔にならず、濡れた手でも気兼ねなく操作できるような対策ができれば、デジ一眼欲しいんですけどねぇ。

107 09-08-02 (日) 22:31

季節飛ばされると困るんですけどねぇ・・・
景色も生き物も、季節なりの美しさがあって
みなそれぞれ一所懸命そのときを生きてますよね^^

107 09-08-02 (日) 22:31

あはは、すっかりですw
そりゃあもうね、デジイチ持ってくときは、なにはさておきコケないこと前提で動きますとも!
腰にはハンドタオル!
カメラバッグには防水カバー!
・・・四次元ポケット欲しいっす ○| ̄|_

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2009/07/266.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
長梅雨の水辺 from 107@BLOG

Home > ファインダーの向こう > 長梅雨の水辺

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player