Home > 日々のうたかた | ファインダーの向こう | 2009年の日々 > サクラサク

サクラサク

090405sakura1.jpg

冷たい雨の降る日の後、暖かい日が数日続き、あちこちで桜が満開となった。
今年も昨年一昨年のように裏の桂川の土手の桜に挨拶に行きたかったのだけど、なんだかんだと用事や仕事がたて混んでなかなか叶わない。
それで先日、洛南は宇治の方まで用事があり、そこで少し時間がとれたので、近辺を散策して宇治の桜を拝んできた次第。

090405sakura2.jpg

場所は、「源氏物語」宇治十帖で有名な宇治橋の畔。この写真は宇治橋の上から平等院裏の塔ノ島を望む。狭〜い中州である塔ノ島に、こぼれんばかりに人が溢れている。ここからだと歩いて数百メートルで平等院まで行けるから、たまには名所の桜でも・・・と思ったのだけど、参道にごった返す人の波をひと目見ただけで酔ってしまった。

ので、早々に諦めて退散。
せっかくそこまで行ったのにって?
根性ないなぁって?

・・・だって。
死ねぜ、あんなとこに紛れ込んだら。
いや酸欠でさ(笑

んで、宇治橋の方まで引き返してきたら、堤防沿いに数本の桜。これが見事な咲きっぷりだった。

090405sakura3.jpg
090405sakura4.jpg

ここは、堤防沿いを走る車道の土手の斜面。こんなに美しく咲き誇るのに、通り過ぎるクルマのドライバーの目をほんの一瞬楽しませるだけで、誰も近づいて顧みない。昨年も一昨年も言ったが、ボクはそんな場所に咲く花が大好きだ。

「どこに咲いているか」ということは楽しみのひとつとして大きな要素であることは否定しない。けれども、「どのように咲いているか」ということも、それより増して大切な「見る心」だと思うのだがいかがだろうか。花を愛で、季節を愛でる。それには、ステイタスとしての意味がより大きくなってしまった「場所」はあまり関係のないことだと思うのだ。

ほら。近づいて見たらこんなに、匂い立つように美しく、しかしその裏に儚さも秘めて、咲き誇るんだ。

090405sakura5.jpg

思わず一句。心に浮かぶ。

「世をいとふ 心は山にかよへども 八重立つ雲を 君やへだつる」
宇治十帖「橋姫」から。

土手の反対側に目をやると、そこは一面の緑と黄色。春らしいパステルカラーの絨毯が広がっている。道往くのは平等院までの道を急ぐ人々。誰もここで足を止めない。
しばらく見ていると、優しく吹く風にゆらゆらと揺れてボクを誘う。
思わず、草原に分け入って花に触れたくなった。

090405nanohana.jpg

そして足元にも、新しい生命の息吹・・・
孵ったばかり、ほぼ初令に近いイナゴの幼虫だ。

090405grasshopper.jpg

夏の終わり・・・秋の始まりになったら、山で、大人になったキミに逢おう。
ボクはキミたちの大合奏が好きなんだ。

そのときには、ゆっくり聴かせておくれ。


Comments:12

オードリー 09-04-06 (月) 23:36

おぉぉぉぉぉ〜〜〜。
素敵すぎます。^^。
春の新しい風と、なぜかどこか儚い香りを漂わせながら、
この世の生を尊く感じさせられるお話。
「愛でる」という言葉がホントにぴったりです^^。
さすがです。釣師様^^。
             ツキヨミノミコト

メディック 09-04-07 (火) 17:20

こんな美しい花なのに
いつかは散るのね
でも時速600キロで散るのは止めて欲しい
そんなに早く散ったら
カメラにも写らないじゃないか・・・

107 09-04-07 (火) 19:26

わお!月の神様がおわしますか!
畏れ多いことでおじゃりまする〜〜
桜、とてもきれいでしたよ。
ウェブ花見です^^

107 09-04-07 (火) 19:29

時速600キロ・・・
しず心なく花の散るらん・・・ (ノД`)
世を厭って山に通おうかしらん
そろそろシーズンですしw

すとらいかぁ 09-04-09 (木) 9:25

宇治橋って聞いたことないなぁ。 流れ橋の近所ですかね?
変った形をした橋なんだぁ、とか思いながら写真を見せてもらってると
バッタの写真に目を奪われました。 今の時期に居るんですね、バッタ。
   私も虫を探してみようかな。
(綺麗な写真ですね。いつも感心して拝見しております)

107 09-04-09 (木) 20:26

あんがとございます〜♪
宇治橋は、流れ橋とはずいぶん離れておりますぜ (´ー`)
欄干はお約束の擬宝珠がありますが、橋上は普通に市バスも通っています。
この時季のバッタはまだまだ小さいので、なかなか草原で見つけるのも難しいかもですね。
陽に当たると半透明でとてもきれいなんですよ。
ぜひ探してみてくださいな^^

noobooboo 09-04-10 (金) 11:25

お久しぶりです。
いつも拝見していたのですが、余裕がなくてコメントの書き込みができませんでした。お引っ越しおめでとうございます。(遅くてごめんなさい。)
見事な桜、コンパクトで撮ったとは思えません。
きっとメーカーと機種を言ったら反響があって売れますね、その製品は!
私も楽しんで写真が撮りたいなって思ってるところです。

107 09-04-10 (金) 19:10

そういえば引っ越し後お初ですね!
お越し有難うございます (´▽`)
いつもきらきら光るnooboobooさんのお写真を拝見させていただいてますので、そんなお褒めの言葉をいただくと昇天してしまいそうになりますよ(*´Д`*)
でも背景のボケ方とかはぜんぜん想い通りじゃなくて。
やっぱ一眼じゃないとな〜とか思ってます。
nooboobooさんのと見比べるとぜんぜん違いますよ! (;´Д`) アヒー

piro55 09-04-13 (月) 11:45

こんにちは!
んまぁ、素敵な風景ですねえ!
私だったら悩まず人込みに突進します!
でも、少し離れてみるのがいいものなのかもしれませんね。
桜と言うのは本当に芸術作品ですね。
そして、桜の足元に菜の花や山吹が咲いていると
春の芸術にわくわくします。
「大人になったキミに逢おう。」
そんなお言葉、一度でいいから聞いてみたかった。
もう言われることは一生ないやぁ…

107 09-04-13 (月) 21:54

こんにちは!ありがとございます(*´∀`)
いやあ、あの人ごみ・・・人が波となって隙間なく蠢くところに突入するのはなかなかに勇気が要りまするよ〜。でも、そうですねぇ、piro55さんなら突進されるかもですねぇ^m^
このところの陽気で、芽吹きの春から一気に春の盛りに進んだような感じですね。
イナゴくんたちもひと皮むけてるかな・・・
じゃあ、こんな言い方でいかがでしょう。
「しばらくおやすみになって戻ってこられたら、すっかり大人の女性になられてました」
ボクが言うんじゃ、ダメですかね(`∀´)ウシシ
あの桃がお菓子だとは!ビックリ!でした^^

futaba 09-04-16 (木) 12:49

釣師匠は写真家です!と紹介されたら、
そうかもと思うし、
バンドマン、
建築家、
ディラー
あ、
頭痛持ちの学者、
↑雰囲気もあります。
宇治橋の女鵜匠がおられるそうで、一度鵜飼を見学したいと思っています。
             太秦の鵜より
何度も投稿失敗します?(泣)

107 09-04-16 (木) 19:12

ぬ。頭痛持ちの学者!
いいなぁそれ(笑
でもそんなにいろいろなものに変身できそうにないです。
いつまでたってもしがないデザイナーたる我が身・・・隠し玉もドラゴンボールもありゃしません、もう恥ずかしいくらいなにもかもさらけ出しておりますので。。(;´Д`)
宇治橋の女鵜匠!
響きがなんとも・・・ボクもぜひ見学したいです。
行かれる際はお声を!(*´∀`)
そうだ、コメントエラーご迷惑をおかけしております。
いろいろ調べてみましたら、どうもあの実に読みにくくてセンスの悪いCAPTCHAが悪さをしているような気配。
試しに取っ払ってみましたので、今度からうまく動いてくれるといいな〜っと。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2009/04/253.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
サクラサク from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | ファインダーの向こう | 2009年の日々 > サクラサク

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player