Home > 日々のうたかた | 2008年の日々 > コタツ猫の食彩

コタツ猫の食彩

081218mikan.jpg
この数日コタツ猫と化して、ゴロゴロにゃあにゃあ鳴いていた。
もっとも「ゴロゴロ」は腹の音で「にゃあにゃあ」は全身を襲う関節の痛みと熱にうなされて発する悲鳴だったのだけれど・・・
ようやく直りかけてきてとりあえずの栄養補給に、そしてやはりコタツといえばみかん。
これが王道である。
「みかん」はカタカナで「ミカン」ではいけない。もちろんハイカラを気取って「オレンジ」などと横文字にしてしまえばそれはまったくの別物になってしまうからもっといけない。正確には「温州みかん」、関西で言うならば段ボールの横っ腹に橙色のゴシック体でシンプルに書かれた「有田みかん」これにとどめを刺す。

みかんは、ご覧の写真のように白いヒゲをきれいにむしり取るのが気持ちいい。ただし、みかんの個体によって、皮を剥いたときに予めきれいに取れるものと大量の白ヒゲが残ってしまうものとがあり、大量に残ってしまうものはたいていその後もきれいにむしり取るのは根気の要るものになるので、気の短いコタツ猫としてはもう面倒になって白ヒゲが大量に付いたまま食べてしまうことにも一向やぶさかではない。
味は、酸味の強いものが好みだという人と、甘みの強いのが好みだという人がいるが、個人的には甘みの強いものがいい。恥ずかしながら白状するが、酸味の強い果物というのがどうも苦手で、そういうのを間違って口に入れて噛み締めた途端、奥歯がきしみ、眼の裏に疼痛が走ってモンクの「叫び」のごときご面相となりガタガタ震えてしまうほどなのだ。だから砂糖をまぶさないグレープフルーツなどは以ての外であるし、酸っぱいことを良しとする夏みかんや八朔の類いは受け付けない。
(だからといって酸っぱい果物を好む人の味覚を否定するものではなく、むしろそういう意味での美味を堪能できない自身の味覚の貧弱さと嗜好の偏りを自虐しつつ開陳しているということで、誤解のなきよう。)
幸いなことにこのみかん、子どものころから自分で買って食べるという習慣がほとんどない。毎年この時季になると、家族なり親族なりの誰やかやから、買ってくるとか送られてくるとかしたものを少量おすそわけにあずかる。コタツ猫には、その年の初物を味わえればそれで十分なのである。
そして・・・忘れちゃいけない豪華な冬の味覚。
これも初物の、活ズワイガニ。
風邪ばかりひいているコタツ猫の貴重なタンパク源で、これを大鍋でごろんと茹で上げてむさぼり食う。茹であがったら殻剥きと食べることに必死で写真を撮るのをついつい忘れてしまうのは畜生の悲しい性、きれいな紅色に茹であがった彼の勇姿をお見せできないことをご容赦いただきたい。
081218kani.jpg
そしてもちろん・・・これもいただきものだ。
ありがたや、ありがたやと再拝頓首。
満足したコタツ猫は腹がくちくなり、急に眠気が襲ってきて、丸くなって寝る。


Comments:12

トーマス 08-12-17 (水) 18:15

今年はカニを未だ食してません。
無理かなー、今年は・・・。
鳥取の松葉ガニを刺身か軽い湯通しでいきたいです。w
みかんは美味しいのを食べてません。
大概はずれ・・・
やっぱり箱で買わないといけない?

小雅 08-12-17 (水) 23:03

をを、随分回復何よりで。
小生、白いの全く気にしない性質です。
さらに柑橘系の酸味に鈍い体質なんで2〜3個まとめて食べたいほうです。
それぞれ食べ方ってのはあるもんで面白いですねぇ。
・・・にしても病み上がりに活松葉蟹とは・・・
左手(君の場合は右かもねW)が寂しくなるでしょ?

みやび 08-12-17 (水) 23:48

みかんのあの白いのには栄養が豊富に詰まっているらしく、愛媛辺りのみかん農家はみな経験からそれを知っていて、あの白いのを決して棄てずに残さず食べてしまうのだという噂を聞いた事が有ります。
噂の真偽は解りませんが、みかんの皮は漢方薬の材料にもなるので案外本当の話かも知れません。
風邪引きさんは試してみてはいかがでしょう?

照ちゃん 08-12-18 (木) 0:14

お!みかん良いねぇ〜 
 蟹!羨ましいぞぁ〜〜〜 しかも活蟹
美味そうな奴を食べてるから、おいらも負けずに言っちゃお
頂き物の珍味をチビチビ齧って晩酌してる毎日 羨ましいだろう
珍味だぞ!それも跳びっきりの珍味で市場に出回って無い珍味 

konatsu 08-12-18 (木) 8:56

コタツは冬の魔物ですからicon:bomb
邪魔になるので今年こそは出さないと決めてたのに魔物誘惑にされコタツ王国の住民です
息子がお友達の家ですっぱいみかんを食べていらいみかん恐怖症になってしまいました
食べてもべえーってだしてしまいます 

107 08-12-18 (木) 10:10

△ トーマスさん
本場の松葉、よろしおますなぁ (´▽`)
新鮮なところをむさぼり食うの、最高の贅沢ですw
三朝温泉あたりがいいかな・・・久しぶりに行きたいなぁ
箱売りのみかんは、ホントはそれが好きなんですが保存が大変ですよね・・・換気の悪いマンション暮らしの身にはなかなか厳しいです。
近頃はレーザーだかなんだかの検知器で、みかんの糖度と酸味がひと目で分かるそうなんですって。
お店で専門家とおぼしき人を見つけてお尋ねになってみるのがいいかもです^^
△ 小雅クン
ほほぅ、酸味大丈夫なんだ。意外ーー^m^
みかんは剥き方ひとつでもそれぞれこだわりがあるみたいだねぇ。
両手で飲み食いってのはいかにもはしたないゾw
どっちも左だ、いちいちちゃんと箸を置いて、それから呑む。
ただし今回は諸般の事情により、素面で・・・・残念 orz
△ みやびさん
おかしいなぁ。
確率的に半分くらいは白ヒゲ付いたままむさぼり食ってるんですが・・・(笑
みかんは風邪の予防にもいいと言いますね。
予後のビタミンC補給にも良さそうです。
・・・でもお腹にはあまり優しくないかも(普段もすぐお腹にw)

107 08-12-18 (木) 10:10

△ 照ちゃんさん
いいでしょー
あまーーいおみかんでしたよー
あっ。しかしその珍味。市場に出回っていないっての、気になりますなぁ。
以前フグの時にも伺った、海鮮モノの豊富なお土地柄ゆえでしょうか。
いいないいなー(´∀`)
△ konatsu さん
一度入ったが最後容易に抜け出せない冬のアリ地獄・・・
いっそ諦めて「ごろにゃあ」と猫になりきるのが最高に心地いいですよね ( ´ー`)
酸っぱいみかんは衝撃です、おこちゃま舌には(笑
早くオトナの舌になりたいーーw

メディック 08-12-18 (木) 17:08

記憶している範囲では
ミカンの白いところには、風邪の時気管を広げる作用があったかと・・・
あと動脈硬化や血中コレステロールの改善にも効果があるはずです。
当然食物繊維もあります。
贅沢言わずに食ってください。
まぁ、私も幼少の頃はツブツブのところしか食べませんでしたが
最近は強くなったのか皮ごと5〜6個丸呑みして
あとはじっと動かず徐々に消化する事が出来るようになりました。
たぶんもう少ししたら冬眠とかも可能になると思います。

たこ 08-12-18 (木) 22:04

みかんにカニですか〜
私もどちらも大好物icon:heart
実は今年は当たり年で、カニはすでに3回食し
みかんは日々おすそ分けしていただいております。
へへっ!ちょい自慢?
こたつも大好きなんだけど、一度入ると出れなくなるので、主婦には禁断の場所かも(^_^;)
今度、カニ食べに行きましょうよ♪
あ!焼肉でしたっけ??(笑

107 08-12-19 (金) 0:39

△ メディックさん
をを。なるほど。
みかんはまさにボクのためにあるようですね(´∀`)
贅沢言わずに白ヒゲまで全部食べまーす♪
メディックさんは冬眠まだなんですね。
ボクはすっかり冬眠中です・・・ニョロニョロw
△ たこさん
を。好みが合いますねぇ ( ´ー`)
カニをすでに3回もですか!なんと贅沢な!!
でもそんなにカニばかり食べてるのにコタツで動けなくなってはいけませんから icon:animal_pig、みかんのスジをいっぱい食べるといいそうですよ^m^
♪カニ食べ行こうー♪
同じモクモクでも黙々(カニ)より煙々(焼肉)の方がいいかなぁ。
でもたこさんならカニ食っててもおしゃべりのペースは変わんないかもですね^^
ぜひぜひicon:drink_beer(←そっちかよw)

futaba 08-12-22 (月) 18:42

みかん
私も子供のころからつるつるに掃除したい派で、みかん缶の皮剥きの秘法が知りたかったのに、白い筋にそんな効能が…みかんって捨てるところない万能果物ですね。
カニはアレルギーなの、フグ行きましょう〜!

107 08-12-24 (水) 1:00

△ futaba さん
ボク、マーマレードも好きなんですよ。みかんの皮のほのかな苦みが特に。
ホントに万能果物ですよね^^
あもじがカニアレルギーとは存じませなんだ。
寒い冬のてっちり、それも良さそうですなぁ・・・ジュル
(フグでは実は唐揚げが一番好きだったりして^m^)

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2008/12/247.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
コタツ猫の食彩 from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | 2008年の日々 > コタツ猫の食彩

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player