Home > 趣味の園芸 > ハーブ栽培

ハーブ栽培

080923basil1.jpg
先月の半ばから、ベランダでハーブなどの食用植物を育てている。
写真はスイートバジル、種まきから約1ヶ月でここまで育ってきた。
そもそもはスーパーで買ってきた食用の生バジルからだった。
使ったことのある人ならご存知だと思うが、あれはとても一度には使い切れない量なので、使わない分の株を鮮度を保つため水を入れたグラスに差しておいたところ、数日したら株の根元から根が出てきたのだ。
当然、「これは土に植えたら育つんではないか?」と浅はかに考える。
ちょうど子どもの家庭教育用教材で、オジギソウだのプチトマトだののミニポット栽培のオマケを娘がうまく育てられずに枯らしてしまったセットが一式あったので、とりあえずそこに植えてベランダに出してみたのが始まりだった。

ところが、所詮は教材のオマケのミニポット。土の量も少なければ栄養分も貧弱で、とても大振りのバジルの株を維持できるようなシロモノではないのであって、数日するうちにたちまち元気がなくなってきた。これはやはりプランターとちゃんとした土と肥料が要るなぁ、でも面倒臭いなぁと考えているうちにさらに日が経ち、すると今度はトウが立って花を咲かせ、さらには実を結んで種子ができたから驚いた。植物の生命力の、なんと強いことかと。そして、ミニポットはバジルにとって致命的に劣悪な環境だったのだろう、自身の生命をあきらめて次世代に希望を託したのだと理解し、そして感動した。
これはもうちゃんと育ててやるしかあるまい。
そう決意して、ホームセンターでプランターと土と肥料を買ってきたのがボクの趣味の園芸の始まりである。
胡麻粒よりも小さなバジルの種子は20粒以上もあり、こしらえた土に蒔いてやると、10以上が芽を出した。
080923basil2.jpg
もちろん、感動だけで始めたなどというきれいごとは言わない。
「バジルがわっさわさ、そうなりゃ好きなときに摘んで食えるではないか。
 これをやらないテはないってものだ。(`∀´)ウヒヒヒヒ」
という現実的な欲望も大いに作用している。ボクはハーブが大好きなのだ。
さらに近所の園芸店でローズマリーの子株が30円という見切値で放出されていたのを見つけ、それも買ってきて新たに作った土に植え込む。バジルは一年草で冬になったら枯れてしまうが、ローズマリーは常緑の多年草でさほど手入れも要らないらしく、またその香りも味もたまらなく好きだからだ。
080923rosemary.jpg
最初の写真は本日現在のバジルである。虫食いがあるが、これは無農薬・有機肥料で育てている証しでもある。育て親のボクすらまだ食べていないこの葉をむさぼり食う不埒者は小さな青虫で、今日三匹ばかり見つけたので取っ捕まえてベランダからバンジージャンプをしていただいた。
植物に手で触れ、その成長を見守るという作業は、ヒトの精神衛生上にもとてもいいのだそうだ。宇宙飛行士が宇宙で絶望の孤独に陥ってしまったときに、宇宙船内で育てている小麦のプランターが大いに宇宙飛行士を慰め、それに触れることで精神の均衡を取り戻し大いなる安らぎを得るのだとも聞く。なるほどそれに間違いなかろうとボクも日々植物に触れ、一人納得している。
霜が降りてもう育たなくなるまでにどれほど大きくなるだろう。できるだけ多くの葉が収穫できたらいいなという現実的な希望と・・・
花の咲く時季が違うから難しいのかもしれないけれど、秋の終わりまでにもう一度、花を咲かせて、ミニポットで果てた元親の命を次世代に繋いでくれたら、と。
そんな風に思いながら今日も手入れをする、秋の日のベランダのミニ農園である。


Comments:14

JIMO 08-09-23 (火) 20:42

こんばんは〜。ハーブはいいですよね。
緑で癒されるのはもちろんのこと、ちょっとつまんで料理にも使えるし。
以前はうちにも鎌で刈るほどバジルがあったことを思い出しました。。。

みやび 08-09-23 (火) 21:31

植物も生命の危機を感じると己が子孫を残すという本能が目覚めるんでしょうねぇ。
花を咲かせて種子へ遺伝子を引継ぎ、劣悪な環境の変化に対応する、生命の神秘を感じます。私も感動いたしましたです。

107 08-09-24 (水) 0:14

△ JIMO さん
そう、料理に使えるってのが大きなポイントです(´∀`)
バジルは成長がとても早いですね。
来年は春からちゃんと育てて、たっぷりの収穫を目論んでいます。
しかし、鎌で刈るほどってのはすごいなぁ。
こういうのをやりだすと、広い庭が欲しくなります。
△ みやびさん
植物の生存本能にはホント驚かされました。
これがヒトならと想像すると・・・
イヤ、ちょっとナニだなとまた言われるからやめておきましょう ( ´ー`)
ちっちゃなポットに入れてしばらくしたら「とてもここでは生きていけません」てな感じで花を咲かせて結実し見る間に萎れていく様子に、「後はまかせた、よろしく!」と言われたような気がしましたよ。

piro55 08-09-24 (水) 0:16

こんばんわ!
あら、ウワサのハーブですね。
『自身の生命をあきらめて次世代に希望を託したのだと理解し、そして感動した。』
この表現を自分のブログに丸写ししたいです。
ん〜素敵な表現だぁ。
私もスイートバジルを今花を咲かせる種を取りたいので食べていません。
来年の春、採取した種を発芽させる事ができた暁に
こっそりブログに丸写ししてみたりぃ、なんて事があるかもなんて思っているとかいないとか。
げへへ。
30円のローズマリー!
ぜひともがんばって大木になってほしい!!
あ、私も見ていただきたい苗があるんでした。
今度載せますね^^

107 08-09-24 (水) 0:45

△ piro55 さん
こんばんは♪
恥ずかしながら、ボクのハーブ園です (;´Д`)
このバジル、数えたら子どもが12株。元親のDNAをぜひ次世代に残してやりたいと考え、いくつかを摘芯しないで花用に育てようと思っています。秋の終わりまでに花咲かせてくれるでしょうか・・・
piro55さんの苗、拝見させていただくのを楽しみにしていますね!^^
ボクも、バジルを手始めにローズマリーと・・・
実はこれら以外にも幾種類か増えてるんです。なんやかんやでプランター大が4つ、中が2つ。ベランダがすっかり占領されています。
ボクもまたおいおい載せていきますね(´∀`)

榮の間 08-09-24 (水) 12:47

すんごい〜
トウが立って、種まで取れるなんて!!!
ハーブ栽培、何度枯らしたことか…もう諦めましたが…。人様のベランダでわさわさ育っているのを見ると、またぞろやりたくなってくるから困ったものです。

メディック 08-09-24 (水) 17:31

植物はいい!
土から芽が出てきた時なんか最高!
2番目の画像の時期なんてワクワクものです
期待に応えてくれるものは、嬉しい
植物に限らず何でもそうですが・・・^^
おまけに食せるなんてもっといい。
私も部類の植物好きで
今現在は、もう終わりかけのプチトマトを守るべく
カラス相手にエアガン持って戦闘配置中です
カラスも生き物だけど、それは又別の話ってことで・・・

107 08-09-24 (水) 23:18

△ 榮の間さん
ありがとございます〜♪
トウが立って花が咲いたのは、よほどミニポットがお気に召さなかったゆえと見えます。実質、なにもしてませんから・・・
新芽のは、プランターで鉢底石の上に一袋100円の土をバサバサとかけて種付けしただけです。すべてホームセンターのもの。毎日のたっぷりの水やりでどんどん大きくなっています。
榮の間さんもぜひまた挑戦なさってみてくださいよ^^
△ メディックさん
ホント、植物はしみじみしますなぁ〜
という境地が理解できたのも、バジルのお陰。
しかも美味しいし、ただただ感心&感謝です。
バジルはアサガオより簡単なようですよ^m^
カラス撃ち、ボクも助っ人に参りましょうかね?
たしか友だちがガスのマシンガンを持ってた筈・・・w

konatsu 08-09-25 (木) 16:44

おお☆
収穫できたらおいしいパスタになるんですね!
楽しみですね!
でもでも…無農薬のために虫がついてしまいますね
虫だけはいやーーーーーーーーー
しかも人間様よりも先に食らうなんぞ100年早いわっ

みどり 08-09-25 (木) 17:43

こんにちは
こんにちは♪
さすが107さん、まめですねー。
わたしもバジル、だいすきです。
パスタもいいし、トマトとモッツァレラのサラダもいいですね〜。
107さん、頑張って〜!
美味しいパスタ、楽しみにしています。

noobooboo 08-09-25 (木) 21:18

スーパーの食用ハーブからとれた種で育ったバジルなんて、感激ですねー。私もプランターにシソが植えてありますが、よそのお宅から引っこ抜いて土に植えたものです(笑)ちょうどシソの実が出ていますから、収穫して来年は種から育ててみます。
最近、オーガニックのお店でブロッコリーの種を買ってきて、瓶で育てています。ブロッコリースプラウトって一時流行りましたよね??
一回目は水切りが甘く、根腐れしてしまいましたが、二回目は順調に発育中です。あさってにはサラダに入れられるか…
寒い冬がくる前に、種が収穫できるといいですね!

107 08-09-25 (木) 23:52

△ konatsu さん
ふふふ。そうです。
どっさりのバジルで贅沢にバジリコの予定です(´∀`)
虫はどこからともなくやってきますね。めざといヤツらです。
でも、バジルの葉を飽食していたせいか、とてもきれいな緑色の小さな青虫でしたよ。
食い荒らさなければ可愛いヤツなんですけどね^^
△ みどりさん
こんにちは、ありがとございます♪
お好きですね!
トマトとモッツァレラのサラダ、最高です。エクストラヴァージンのオリーブオイルをたっぷりかけて。塩は岩塩を砕いたのにしようかな。ブラックペッパーをガリガリ挽いて。
く、食うぞぉ!(笑
△ noobooboo さん
バジルの生命力にはホント驚きました。
へへへ、実はボクもシソ育ててるんです♪
よそのお宅から引っこ抜いたものではなくて(←どうなんだ!?笑)、貰い物。今はまだ小さいんですけど、それでもバジルと同じくらい強くてどんどん育ちますね。
今度また載せてみます。
nooboobooさんちの、実が採れたということは花が咲いたのですね。
来春楽しみですね!成長記録また拝見させてくださいよ^^
ホント、冬の前に・・・
祈っています。有難うございますね。

硫黄島の砂浜 08-09-26 (金) 18:12

バジルって家で使ったことがありません。
味や香りがどんなんだか思い出しません。
ローズマリーってのも名前だけ知っている程度です。
自分の薄っぺらさにアセりました。 早速バジル買ってみますね。 

107 08-09-26 (金) 22:39

△ 硫黄島の砂浜さん
今日はイタリアン・ファミレスのサイゼリヤで寄合がありましたよ(笑
ウチは、バジルもローズマリーもイタリアンで使うことが多いです。新鮮なハーブを使った料理はとても美味しいですよ。ぜひぜひ♪

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:2

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2008/09/238.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ハーブ栽培 from 107@BLOG
pingback from 107@BLOG · 冬支度 10-07-08 (木) 0:36

[…] 以前にも書いた通り、全部で13株あるバジルのうち2株を摘芯せずに徒長させて、花を咲かせてまた次世代に繋げたいなと思っていた。でもさすがにもう花の季節には遅すぎたらしく、伸 […]

pingback from 107@BLOG · リ・フレッシュ 10-07-08 (木) 0:46

[…] 前回紹介したベランダ菜園のバジルを摘芯してみた。摘芯とは、そのまま手を出さず育てると徒に葉間が長くまばらに成長してしまう(字のままに「徒長」という)のを、芯を摘んでし […]

Home > 趣味の園芸 > ハーブ栽培

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player