Home > Archives > 2008-07

2008-07

フグ・福?

080730fugu2.jpg

フグの味醂干し、というのをいただいた。
フグなんて高級魚は年に一度も食べるか食べないかってモノだけど、それの味醂干しなんてのがあるとは知らなかった。
焼く前には味醂の色はうっすらとついているだけで、そのままだとやはりフグの身らしく、きれいな透明。これをグリルで焼くと上の写真のようになる。

これは美味そうだというので秘蔵の日本酒を取り出してきて、家族が寝静まった夜中に一人でチビチビやりながらグリルを覗き込んで焼き色がつくのを待ち、いい頃合いで取り出してまずは味見。
「あち、あちちっ」などと言いながら身を裂き、ひと口放り込む。
うまい。
熱いので日本酒をグビリ。
口の中で溶け合う。うまい。

日本酒を2回3回と注ぐうちに焼いた2枚があっという間になくなり、続けてもう1枚。

Continue reading

幕末の志士たち

幕末の志士たち?薩長土肥に幕府側と、このメンツが一堂に会していると!ありえるのかw!?

この週末に飲みに出た烏丸あたりの居酒屋の奥の壁に掛けられていた、このものすごい写真に吸い込まれた。

写真はクリックで大きくなるのでご確認いただけたらと思うが、幕末の志士たちの写真だなと見て、目を凝らしてそれぞれの人物に比定されている名前を読んでぶっ飛んだのだ。
なにしろ、西郷隆盛、大久保利通、桂小五郎(後の木戸孝允)ら「維新の三傑」に加え、坂本龍馬、岩倉具視、高杉晋作、小松帯刀、勝海舟、大隈重信、伊藤博文などなど、それはもう錚々たる名前がズラリと並んでいるのだから。

↓冗長になる上に歴史に興味のない方には退屈だろうから、お好きな方だけどぞ

Continue reading

ムーラン・ルージュの香り

080720Lautrec_moulin_rouge.jpg

昨日、ホントに久しぶりに京都は北山へ飲みに出てきた。
一軒目の小洒落た居酒屋でたらふく飲み食いした後、2軒目のバーで懐かしい酒に出会った。

一般名をアブサン(ABSINTHE)という、ニガヨモギやアニス、ウイキョウなどを主成分とした薬草系のリキュール。よく見かける「ペルノー(PERNOD)」というフランスのブランドのものが有名で、飲んだことはないがバーに並ぶボトルで見たことはあるという人も少なくないだろう。
それのトルコ産の超マイナーなのがあるというので飲んでみたのだ(正確には、同行の先輩に人柱になってもらったのだけど・*´∀`)

Continue reading

デジタル時計

080716digitalrod.jpg

この数週、ウェブやら紙やら雑誌やらの仕事がエラく詰まってほぼ監禁状態、連日明け方までのハードワーク続きだった。
今日の夜にようやく落ち着いて、しかしなんだか目は冴え妙なハイテンション。
仕事の合間に待ち時間のあることがあって、PCの前を離れるワケにもいかないので片手間にコツコツ作っていた新しい時計を、えいやぁっ!と一気に仕上げる。

以前から、ロッドのバットのサインがデジタル表示の時計だったら見たことなくて面白いなぁと漠然と考えていたのだけど(それなりに探してみたけどなかった。見たことある!って人はすごい^^)、いざ作ってみるとあれやこれやと細部にこだわりはじめて大変。
見る人が見ればどういうシロモノか分かるだろうから、それぞれのロッドについて詳しい説明は省くことにしよう。ボクにとっては、能書きがあろうがなかろうが単純にカッコいい!と思っていただければそれが最上の喜びなのだ。

てことで特製とんかつソース他、詳細はこちら
よく振ってお召し上がりください(*´∀`)

▼2008-07-23 デジタル・ロッド時計3点追加しました。

Continue reading

雨男見参

080706ajisai.jpg

♪娘さんよ〜く聞〜けよ
 雨男にゃ惚〜れ〜る〜なよぉ〜
 川で降られりゃよ〜おぉ
 びしょ濡れさんだよ〜

山登りをしたことのある人ならご存知の「山男の歌」、それの替え歌で「雨男の歌」。
冴えない即興である。

先日、このところ続くバタバタの仕事の合間にぽっかりと空いた一日、いつもの発作が起きて久しぶりに独りきりの夜討ち朝駆け釣行を決め込んだ。
のハズが、行くときには誰なりと行くのが重なるもので(だいたい行く曜日は決まっている)、途中のサービスエリアで先輩3人と合流。さらに釣りの現地でも古い馴染みと合流。なんだかんだで総勢5人の大所帯となって、午前中は渓を分けての釣りとなった。

Continue reading

Home > Archives > 2008-07

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player