Home > Archives > 2008-05

2008-05

スペイ川の滴

080529water.jpg珍しい水が手に入った。
スコットランドはスペイ川のスコッチのことを以前に書いたことがあるが、それを作る水で、スペイ川の支流リヴェット川のさらに小さな枝沢から湧き出るミネラル・ウォーターである。

で、早速飲んでみた。硬水がほとんどのイギリスでは珍しい軟水とのことで、その飲み口は実にまろやかでナチュラル。なんでも、2000年前に形成された地層を潜り抜けて自然濾過されたものだそうだ。

ボトルにHPアドレスが書いてあるのでアクセスして能書きを読む。
http://www.speyside.jp/
なるほど、やはりスペイサイド・モルトのスコッチとの相性が抜群なのだな。
しかし手元にはハイランド・モルトしかない。でも名前は「Speyside(スペイサイド)」だから、よしこれで!と試してみることにした(ややこしいな・笑)。

Continue reading

瑞祥の渓

080522scene.jpg
実は前日までに少し体調を崩していて、釣りに行くのは気が進まなかった。
しかし、そういうときに限っていい釣りになるのだから不思議なものである。
天気は快晴、気温は日中に少し汗ばむ程度でちょうどいいくらい、湿度は30%と絵に描いたような釣り日和。イワナくんたちもきっとご機嫌に違いないと、北陸のいつもの行きつけだけど今年は初めてとなる2つの渓を、午前と午後とに分けて巡ってきた。

Continue reading

ハイカロリー万歳

080517soba.jpg

お馴染み、北陸道のとあるSAの越前ソバ。
先日の今シーズン最初の釣りに向う途中食べたかき揚げソバである。

深夜の高速道をひた走ってたどり着き食べるこのソバは、何度食べても美味い。昨秋のシーズン最後以来だから、半年以上ぶりの越前ソバ。今シーズン最初のソバはどのメニューにしようかと悩んで(メニューは以前の記事参照)やはり最初はこのソバなのだ。
毎年、あるいは時季によってかき揚げの具が変わるのだけど、今回はエビ入りだった。以前はこの時季、日本海名産の白エビが入ったものがあったのだが、この数年見かけなくなった。あれは実に美味しかったんだ・・・なんとか復活してくれないもんかなぁ。

Continue reading

ゴギ 〜Mother Nature’s Son

080512drive.jpg

中国地方の山岳地帯に「ゴギ」と呼ばれる特殊なイワナがいる。
イワナの日本固有の亜種で、いつも北陸で釣ってるイワナ(本州で一般的に見られるニッコウイワナ)の親戚にあたる。
先日、そのゴギに久しぶりに会いに、広島の山の中まで朝駆けで遠征してきた。
以前にも登場いただいたことのある鳥取の竹竿師・石田さんと、そのご友人でこの道40年にもなるという凄腕の釣師Kさんに同行いただいて、ゴギの棲む小さな渓流を釣る。

Continue reading

九頭の龍の背に乗って

080503kuzuryu_illust.png

越前福井の地には頭が九つある龍がいる。

その名は九頭龍川。
北陸随一の大河である。

高山が海に迫り急峻な地形から一気に日本海に流れ込むためしばしば大氾濫を起こす暴れ川でもあり、ゆえに「九頭の龍」などという恐ろしげな名前が奉られたのだという。
各支流も含めるとその流域は広大で、それらの源流域にはいまだ手つかずの自然が残り、貴重な野生動物や天然の渓流魚が数多く棲む。

渓流のフライ釣りを初めてすぐからだから、この川の支流域一帯の渓に通い始めてもう20年近くにもなる。ボクの大切なホームグラウンドもあり、だから先日、今年初めての釣りに出かけて真っ先に向ったのもここなのだ。

Continue reading

Home > Archives > 2008-05

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player