Home > 日々のうたかた | 仕事はつらいよ | 2007年の日々 > 行く川の流れは絶えずして

行く川の流れは絶えずして

070711troutstream.jpg
気がつけばクリスマスも過ぎて、はや年末。
今年は、今までになく色んな人との出逢いが多かった一年だった。
仕事や趣味の上でも、またブログやネットを通しても。
ネットに関しては、個人として最初に掲示板主体のホームページを立ち上げたのが8年ほど前のことになる。釣りの仲間内だけで遊んでいたのだけど、そういうのはやはりすぐに飽きた。仲間内だけのナァナァでやるならネットである必然はなく、最初は物珍しいから面白くてするだけで、熱が冷めれば会ったときや電話で十分コト足りるではないかというごく当たり前の結論に至るものだからだ。そして仕事やホームページでいくつかの曲折を経て、ブログを始めたのが2年前。以来、好きなペースで好きなコトを好き勝手に書き散らしているだけなのだけど、多くの素敵な方々と知り合えたことが大きな喜びである。
ブログのいいところは、ひとつの事象においていろんな視点や考え方があるというのがハッキリと目に見えて分かることと、会ったこともない人々と価値観を共有できたり言葉のやり取りを楽しんだりできることだろう。いただいたコメントや新しい出逢いにワクワクドキドキしたり、あるいは一喜一憂したり、はたまたブログを通して新しく仕事をいただいたりもして、すごく楽しい日々を過ごさせていただいている。いつもコメントや拍手をいただける方には衷心から感謝申し上げたい・・・有難うございます。
そしてもちろん、コメントや拍手はいただけないもののよくご覧いただいている方々、あるいは通りすがりにちょっと興味を持ってご覧いただく方々にも、改めて感謝を申し上げたい。
人間関係のあり方というのは、実際に対面するのもネットでするのも基本は同じだと思っている。
他人の信用を得るということは、難しいことである。
そしてさらに、得た信用を維持することは、もっと難しいことである。
そのことをいつも肝に銘じていたい。

*   *   *   *   *

一方で、出逢いがあれば別れもあるのは世の常で、今年は特に仕事絡みで関係を絶ってしまったことがいくつかある。もっともボクの場合、自分の仕事に対する考え方や姿勢とどうしても相容れない人との仕事はできないというわがままがあって、以前からそれは少なくないのだけど。
仕事の度に「それは無料?」とか「サービスしといてや」とか、そんなに親しくもないのに押し付けがましく言われ続けることがあった。それがその人の商習慣で商売のスタイルなのだろうけど、毎度毎度の厚かましく浅ましい態度に嫌気がさしてどんどん疎遠になってしまうのだ。ハイハイと聞き流しておいてきっちり仕事はさせてもらうというのが賢い選択なのだろうけど、それができないから困る。きっと、ボクは少し馬鹿なのだろう。
あるいは知人で、特に締めや支払いを決めずにナァナァでなんとなく仕事していて、ついに半年以上も支払いがされなかったので関係を断ち切ったこともあった。元々さほど親しくはないのに、その人の「仕事としてやってもらってます」という言葉だけを鵜呑みにして週末や深夜も関係なく仕事していたのが、半年ほど経ってようやく、結局支払いをする気がないかあるいはとても安く使いたいという目的でしかないのだと分かったのだ。
関係を切ってさらに半年、都合1年が経とうとしているけれどそれに関して未だに何の音沙汰もない。すごくいい方に考えると相手の単なる「甘え」なのだろうとも思うが、いい歳をした大人がそこまで他人に甘えるのもどうだろう。知人でなければこういうのは「取り込み詐欺」と呼ばれる行為で、支払いがされない限り彼はその行為者であり続ける。そういう人間の発する「言葉」や「匂い」はよく分かったし、そういうことが身にしみて分かっただけでもヨシとするかと自分で納得しているから、こちらから連絡をとる気もない。また、放置することで、彼が自身を顧みて自身のそういう行為を恥ずかしいと思うかどうか、それを彼に問うているつもりでもある。
・・・少しイヤな話しになってしまったかな。
しかし、いいことも悪いことも含めていろいろあるのが人生であるから、今年一年を振り返って強く思うこと、感じることをそのままに記してみた。
言葉というものは難しい。同じ言葉でも、それが発せられる状況や態度で伝わり方もぜんぜん違ってくるし、何より、それを聞く以前にそもそも自分の相手に対する気持ちが自身に色眼鏡をかけさせている部分も少なからずあるのだろうと思う。

*   *   *   *   *

川の流れは一時として同じところに留まってはおらず、また、その流れる水も今あるものはすでにそこにはない。時間とは、あるいは人生とはそのようなものであるかと思う。
だからこそ、自分にはいつも正直に、正々堂々と生きていきたい。
ときに、淀みにたゆたうひとときを楽しんだり、あるいは水しぶきを上げて奔流と化し一気呵成に流れ下ったり。気持ちいい季節にはずっと上流に遡ってそこに棲むサカナと戯れたりしてみよう。
自分で自分を固め、気持ちの居場所を固定してしまうことほど面白くないことはない。
自由自在に、愉快に、この人生を過ごしていきたいものだと思う。
新しい年がみなさまにとって良い年となりますよう。
来年もよろしく。


Comments:16

硫黄島の砂浜 07-12-27 (木) 18:24

お邪魔します。
ブログを通じて交流できた・・・って所は
共感を持ちます。こちらこそ楽しい思い出が出来ました。
縁あってこちらのブログにたどり着き、こうしてコトバを
交わせることで勝手に親近感をもってしまう、webって
不思議な魅力だって事を感じる1年になりました。
こちらこそ来年も宜しくお願いいたします ^^v

JIMO 07-12-27 (木) 19:52

もう今年も終わりですね。楽しみにしていた冬休みが明日から始まります。
今年もいろいろお世話になりました。
来年もまた楽しいお話を聞かせてくださいね。

ひぐちあきお 07-12-27 (木) 20:29

いろいろと感じ入るお話です。
ぼくも、去っていった人、新しい出会い、いろいろあった1年でした。そして、自分がどうしてここにいて、何をしたいのかが、何となく、ようやくわかってきたような気がして、道が見えてきました。
ぼくにとっても、それは川の流れのように思えました。
今まで、川といえば彼岸と此岸を見てばかりいたんですけど、自然に流れていくことの重要さもちょっとだけわかってきたような気がします。
1年の締めくくりに、いいお話をありがとうございました。来年も良い1年でありますように。

107 07-12-27 (木) 23:03

△ 硫黄島の砂浜さん
確かに、硫黄島の砂浜さんとは奇妙な「通じ方」で・・・w
いつも拝見させていただいているのですが、なにぶん、やってないので分からないことが多くてなかなかコメントできずにおります。しかし、とてもとても楽しく読ませていただいてます。
硫黄島のことで涙が出るほど爆笑させていただき、以来、ボクも勝手に親近感を抱かせていただいております。コトが成った暁には、ぜひぜひ硫黄島の砂浜さんの勇姿を拝見させていただきたいと思っています。
その節にはぜひよろしく♪
そしてこちらこそ、よろしくお願いいたします^^
△ JIMO さん
今日で仕事納めでしたか。お疲れさまでした。単身でご家族と遠く離れていろいろとご苦労も多いことでしょうけど、いつも前向きに・・・焼酎をあおるJIMOさんのお姿に励まされております(*´∀`)
来年は「釣りブログ」の看板に負けぬご活躍を・・う〜ん。あまり期待せずに(笑
まったりと、変わらぬお付き合いをいただきますよう。
△ ひぐちあきおさん
ひぐちさんにご共感いただき、とてもうれしいです。
ボクの思う「川」は、やっぱり渓流、下ってもせいぜい中流までなんです。動きや感情の揺れが激しいせいでしょうか、下流の悠々とした大河の心地にはなかなか至りません。
思い返せば、ブログを始めたときにラブログのフライ関係のブログを初めて拝見したのがひぐちさんのでした。今は別のところで拝見させていただいてますが、公開されている媒体をおやめになったのはとても寂しい限りです。来年はせめてホームページでも再開いただけるとすごくうれしいです。
(余計なプレッシャーかも!^ ^;)
今年一年、お付き合いいただきホントに有難うございます。
ひぐちさんの来る新年がさらなる充実の年となりますように。

メディック 07-12-28 (金) 17:20

それが許されるのであれば、自分の思うがままに生きるのが一番ですよね。
しかし、人間いろんな『しがらみ』もあり一人で生きて行けないのも事実です。
良くも悪くもですが・・・
107さんは川の流れに任せますか!
自分は相変わらず、風に身を任せて「ふわふわ」適当に飛んで行きます ^^ 
たまに地上に降りてきますんでその時はよろしく!
一年間 いろいろと有り難うございました。
来年もお互い「よい流れ」と「よい風」に身を任せられますように。

107 07-12-28 (金) 23:20

△ メディックさん
許されるのであれば、ね^^
できる範囲内で、できる限り。ときどきはみ出したりして(*´∀`)
よくも悪くも、しがらみからは逃れられないですよね。
しがらみというか、人間関係・・・いろんな意味においてボクは「友だちは選ばないといけない」主義かもしれません。もちろん、人さまにも選んでもらえるべく自分の足で真っ直ぐに隠れもなく立っていよう、という前提のもと。
もちろん、ある程度は類友なんですけど^^
いずれにしろ、いい人間関係がいい人間を作るのだと思っています。
風も気持ち良さそうですね。ときどきボクも川から這い出してきますので、気が向いたら暫し「ふわふわ」ご一緒させてくださいな♪
こちらこそ、今年一年お付き合いいただき有難うございました。
来年もよろしくでございます。

オードリー 07-12-29 (土) 0:25

同感!^^。
そう言えば。。。伝わる。。。それだけで。。。と、勝手に思い込まさせていただきます^^。
類友か必然か。。。^^。
どちらにしても、出合えた事に感謝します^^。
水の流れ。。風の流れ。。。ステキですね。。。
摩訶不思議なオードリーさんは、「気(意識)の流れ」といったところです
こんな者ですが。。。よろしくお願いします^^。

みどり 07-12-29 (土) 11:35

こんにちは。しみじみと読ませて頂きました。
私も今年はブログを始めてたくさんの素敵な方々と知り合い、交流させて頂くことができました。
また、主婦として、どうしても家の中に居て、考えが狭く偏ってしまいがちな自分を、色々な方の色々な考え方や意見を見聞きすることで、少しでも客観的に認識することができたように思います。
107様には、リンクして頂いたり、わからない事を色々お教え頂いたり、本当にお世話になりました。
ありがとうございました(*^_^*)。
ウッカリ者のこんな私ですが、どうぞ来年も宜しくお願いしますm(_ _)m。

107 07-12-29 (土) 13:28

△ オードリーさん
同感いただき有難うございます♪
人間関係の繋がりは、類友ゆえに必然、という見方もできそうですね。
ボクもオードリーさんとお知り合いになれてとてもうれしゅうございます。
来年もよろしくお願いいたしますね^^
気の流れ!オバケ付!
う〜〜ん。マンダム・・・(・∀・)
でも「気の流れ」なんとなく分かるように思います。風や川の流れの方向と強さを捉える感覚が「気」、その向く方向=流れ、という解釈にしてみました。
△ みどりさん
こんにちは、有難うございます。
同じく読書を愛好するものとして、読書量はみどりさんの足元にも及びませんが、とても共感させていただきつつ拝読させていただいてます。
ときに記されるお好きな詩や句、歌などには、ボクの心にも深く響くものが多いんです。
簡単に言葉に表せない感覚や感情を、別の言葉でさらりと、しかし核心を突いて表現する妙。そういう面白さもお教えいただいているような気がしてます。
こちらこそ、お調子者のこんなボクですが来年もよろしくお付き合いのほど。
よいお年を!^^

マロニエのこみち・・・。 07-12-29 (土) 13:31

ごもっとも!
こんにちは 
そのお怒りの件、ごもっとも!です
実は私も今年、同じようなことがありました
知らないニットメーカーの社長から電話がかかってきて、ちょっとした仕事をしたのですが、
こと支払いに関して、請求書を出しているのに音沙汰がない
確認してみると、締め日と支払日を間違って言っていたとのこと
こちらは初めての取引でもあるので、何とかなりませんかと言っても暖簾に腕押し
対応が、あまりにも不誠実でした
そのちょっとした仕事をする際も、やたらと大風呂敷を広げ、調子のいいことを言うわりには
こと作ることに関して知識の全くない、いわゆる『まわし屋』だったので
スムーズに言っていることが伝わらなかった
結局そんな人なので
『初めての取引でもあるし、過去に実績のある取引先であったり、有名企業ならまだしも、
こちらも聞いたこともないような会社と、こんないい加減な付き合いは出来ない』と
普通ならいえないようなことを言ってやりました
向こうも頭に来たのか、即振込みはあり、その後、依頼を貰っていた仕事の件も、
ついに連絡無しだったのですが、
こんな人ならいつかはトラブルが起こるだろうと思い、こちらもかえっててすっきりしました
>彼が自身を顧みて自身のそういう行為を恥ずかしいと思うかどうか、それを彼に問うているつもりでもある。
107さんは誠実な方だと思うので、そういう考え方をされているかも知れませんが
その方は、きっともう忘れているか、支払うお金がないのだと想像できます
本当に困った人とは接点を持ちたくないものですよね
仕事を依頼された方は、精一杯の仕事をする
依頼した方は支払いをきっちりする
これ、基本でしょう?(怒
と、こんなコメントになりましたが、今年も色々とありがとうございました
来年からも、どうかよろしくお願い申し上げまする・・・

107 07-12-29 (土) 14:13

△ マロニエのこみち・・・。さん
ご共感、ありがとございます。
マロあもじに怒っていただけると、百人力でございます(*´∀`)
マロニエさんのその件、零細個人営業をできるだけ安く使い勝手のいいように買い叩こうとする人間の典型的な手法の第一弾と見えます。そこでその先を予感して早々にズバッと切ってしまうマロニエさん、さすがです。
ボクの場合、非常によく言えば誠実、普通に言うと単なるお人好しの馬鹿なのです。
普通のデザイナーならああいう仕事の受け方はしませんし、それを馬鹿正直に半年も続けることもしないでしょう。
その人はきっと、忘れたフリをしているか、関係を切られたことも別のことが原因だと自分に都合のいいように自分の中で言い訳や韜晦をされているのだと思います。
どうもボクはいいビジネスマンにはなれないようです。
高くついた授業料ですが、それでも自分らしさを見失わないように、人間関係はどんどん広げつつ、もっと自分の人を見る目を磨いていかなければいけないなと感じた件でした。
本来こういうことは、こういう場で書くべきではないことなのだと思うのですが、一年の締めくくりに、もうこの想いは今年中で捨ててしまおうと決意して吐き出したものです。
ご覧のみなさまにはお見苦しい点、伏してお詫び申し上げます。
ボクの方こそ、お世話になりました。来年はもう少し見映えのする写真で、作っていただいた帽子をお披露目したいと目論んでいます。
変わらぬお付き合いを、ぜひよろしくお願い申し上げまする <(_ _)>

noobooboo 07-12-30 (日) 6:02

お仕事おつかれさまです!
自営業は自衛業ですね^^
兄二人もそうなのですが、上のからは働く男の人の大変さを聞かされていて、親戚や家族であっても、そのあたりの甘えをしないように・・・と、教えられたように思います。仕事だけでなく、そういう気持ちは忘れてはいけませんね。
来年も楽しいお話、楽しみにしています!

107 07-12-30 (日) 13:22

△ noobooboo さん
有難うございます♪
ご無事のお戻り、なによりです。お帰りなさい^^
> 自営業は自衛業
うまい言葉ですね。ホントに。
友好関係と甘えは、気の持ち方や相対し方で紙一重な部分があるように感じます。上っ面の言葉だけではない、相手への敬意や相手を尊重する誠意と行動が大切なんだと思っています。
昨年に続き、今年もうれしくなるコメントをたくさんいただきまして有難うございます。来年は気持ちも新たに楽しいお話をお届けしたいと思いますので、またよろしくお付き合いのほど、お願いいたしますね♪

ポッポ 07-12-30 (日) 17:57

107さん、お元気ですか?icon:body_stop
川の流れ 風の流れ 気の流れに身を任せ。
みなさん、上手いですね♪
○○の流れがうまく思いつかなかったので
(桃太郎しか思いつかなかった・・・なんとなくどんぶらこ、どんぶらこ 
と、どこからか聞こえてきて^^;)
私の来年の目標は、
地に足をつけることにしておきます。( ̄(エ) ̄)ゞ
icon:ghost1じゃないですよ。
あります。りっぱな大根足が。。。
あれ?来年の目標の話じゃなかったでしたっけ?
生きていく上では、人との付き合いは避けられないですもんね。
私も107さんを見習って人を見る目を磨かなくては!^^
そして、ブログを通して出逢えた素敵な人々に感謝してます。
来年も107さんにとって良い年になりますように! 

森の音 07-12-30 (日) 21:23

一年が過ぎます
初めて107さんのところにお邪魔して、
早いもので一年が過ぎようとしています。
フライフィッシングの大先輩として、
また同じ京都人として、
いろいろと感じ入る記事をいつも読ませていただき、
感謝しております。
今年もまた一年が暮れていきます。
来年がまた107さんにとってますます
良い年になるように、
そして良い釣ができるように願っております。
どうか、良い年をお迎えください。

107 07-12-30 (日) 22:40

△ ポッポさん
お元気ですよ〜♪ ポッポさんはお元気ですか〜?icon:body_stop
年末の慌ただしさはひと段落したのでしょうか。それともまだまだこれから?
お風邪など召されませんよう、くれぐれもご自愛くださいね^^
え〜〜と。
どんぶらこ〜どんぶらこ〜と、お〜〜きな大根が、もとい、桃が(笑
・・・大根のように白い、としておきましょうかね^^
ボクは反面教師にはなるかもしれませんが、あんまりそのまま見習われるとヒドいメに遭われるかもですよ。お覚悟を〜〜(*´∀`)
こちらこそ、ポッポさんとお知り合いになれてとても楽しく過ごさせていただきました。ホントに有難うございますね。
来年も変わりませず、よろしくお付き合いのほど。
そして、よいお年を!
△ 森の音さん
ほんに、光陰矢の如し。少年老い易く学成り難し。
恋せよ乙女。もっと光を!(だからなんのこっちゃ・笑)
大先輩とは畏れ多い。若き日に、多分、堀川丸太町の辺りですれ違っている幾年か後輩でございますよ。
そしてこちらこそ、こんなブログにお付き合いいただき深く感謝しております。
わざわざ拙ブログをお訪ねいただき、コメントをいただいた日のことを忘れもしません。
来年もぜひよろしくおつきあいのほど、また、素敵な「森の音」をお聞かせくださいまし。
どうぞよいお年を!

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/12/207.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
行く川の流れは絶えずして from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | 仕事はつらいよ | 2007年の日々 > 行く川の流れは絶えずして

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player