Home > 日々のうたかた | 2007年の日々 > 月と、ちよこれいと

月と、ちよこれいと

071127moon.jpg
夜、独りで外を歩く。
冬の始まりを告げるようにピンと冷えた空気が頬に痛い。
しかしむしろそれが心地よくもある。
空には十五夜を二日過ぎた立待月。
雲がかかっていなければ、どこからでも見える月。
明るく地球を照らしているが、ボクの足元は暗い。
光と影・・・それは表裏一体で切り離すことはできないもの。
なんだろう。
からからに乾ききった大地に吸い込まれて一向に潤わない雨が降るように。
ひびの入ったグラスをワインで満たそうとするように。
砂の城が波をかぶって瞬時に溶け流されてゆくように。
行く宛てのない言葉と思考が指の間からこぼれ落ちてゆく。

このところ毎日外出続きである。師走がひと足早くやってきたような。
その日々の忙しさにかまけて、何か大切なものをどこかに落としてきたような気がする。しかし、それが何かは思い出せない。遠く靄のかかった彼方に、ありそうな、なさそうな。朧ろに見えたかと思えばもうそこにはない。ひとつだけ、「したいこと」と「できること」とは、この歳になるとなかなか一致させえないということは分かる。
ボクは欲張りなのだろうか。
あるいはこの季節がそんなことを思わせるのかもしれない。
ひょっとすると単に疲れているだけなのかなとも思う。
うまい具合に、手元にチョコレートがひと箱ある。
疲れたときにはよくチョコレートをかじる。
心なしか、疲れが取れるように感じるから。
けれども実際のところ、ボクは自分が疲れているのかどうかすら分からないのだ。
071127choco.jpg
誰かが言ってた。
“Life is like a box of chocolate, you never know what you’re gonna get.”
「人生はチョコレートの箱のように、開けてみるまで分からないものさ」

まったく同感だ。
足元までを照らさぬこの月は、ボクをどこへ導こうとしているのかも分からない。
人の一生なんて、きっとそういうものなのだろうと思う。
だから早速ひとつ、開けてかじってみることにしよう。


Comments:14

メディック 07-11-27 (火) 10:50

月夜に一人歩き!
危ないなぁ、周りの人が!
歳をとる事にも 一つの取り柄はあるはずだ
それは、歳をとっても あやまちは避けられないとしも
すぐ落ち着きを取り戻す事が出来るという事だ
寛大になるには 歳をとりさえすればよい
どんなあやまちを見ても
自分の犯しかねなかった ものばかりだ
              by メデーテ 誰?
今だに落ち着きを取り戻せないわたくしは、
ちょっと多めの金塊チョコ持って外出しています。

noobooboo 07-11-27 (火) 11:28

子供の頃はホワイトチョコが好きでしたが、
今は茶色いのが好きです。
中身のない、プレーンなチョコが好きでしたが、
いろいろ入ってるのも好きになりました。
開けた箱は一緒でも年と共に味わいの感じ方も変わっていくのですから、わからないとは言っても自分次第なんでしょうか。
月夜の一人歩き、大好きだったのですけど・・・
環境が許してくれません。
羨ましいです。
多めの金塊をもった紳士たちの豪遊話しも楽しみにしていますね^^
月夜に向かって吠えている姿を想像すると・・・なんとも楽しそうで羨ましいです(笑)

107 07-11-27 (火) 15:04

今回のは、こぼれ落ちてくる言葉にならない思考をまとめることなく文字にした、深夜の独り言です。
言葉というのは便利なものですが、時にとても不便なものでもあるようにも思います。もっと多くの言葉にならない気持ちがあっても、言ったり書いたりしたそのものしか伝わらないことがありますから。
とりとめのない駄文にお付き合いいただき、有難うございます。
△ メディックさん
メデーテ、誰ですか?(笑
さてはゲーテのニセモノ!?
「ギョエテとは 俺のことかと ゲーテ言い」ですな(´∀`)
月夜の散歩、だ〜れも危なくないですってば。
狼は、やたらに危害を加える動物ではありませんのですよ〜
歳をとることにもちろん否定的ではないです。誰しもとるものですし、青二才の頃の自分と比べてむしろそれが心地いいときもあります。
自分の道を、どう選ぶか。
そこにこそ己の存在意義があると思います。
・・・ってことで、金塊チョコ、待ってます(*・∀・)
△ noobooboo さん
先日カカオ99%というチョコレートを食べてみたら、これがまあ・・・(笑
やはり少しは甘い方が美味しく食べられますね。
ホワイトチョコもプレーンなのも好きです。
一番好きなのは、ナッツが入ってるもの。
いろいろのアソートがあるといいかもです。
人生はひとつの大きな箱とも言えるでしょうし、あるいは立ち止まって考えるその都度、新しい箱を開けるのだとも言えるのでしょうね。いくつか箱があって、どれを開けるかは自分次第。なのです・・・
月夜の独り歩き、心地いいです。お近くにおられましたら、おとなしい狼に変身して尻尾ふりふりお供仕りますのに。
るぉおおおおお〜〜ん♪

オードリー 07-11-27 (火) 16:45

最近の。。。icon:ghost1夜更かしを想うと。。。すまないなぁ〜icon:face_dark
前回の記事に乗り遅れてしまった。。。またしても。icon:face_blue
しかし、ここ最近は近くに感じる釣師殿
いろいろな趣きを漂わせるなど。。。。なかなかでございますね^^。
真夜中の独り歩き。。。チョコレートがお供ですか^^。
私もチョコレート。。。止められません。icon:ghost1
しかし、70%以上は。。。あれは漢方薬ですicon:face_bee
独り歩きもカッコイイですが。。。風邪の子に気をつけなされよ。icon:animal_beetle
釣師様^^。

ポッポ 07-11-27 (火) 19:33

狼男さん。
詩人ですね。(’-’*)
全然駄文じゃないですよ。中原中也かと思いました。
(詩人で思い浮かんだのが↑方。学生時代の記憶か。^^;
ゲーテじゃなくてごめんなさい。)
ところで、ロッテのアーモンドチョコレート!
うちの冷蔵庫にいつも写真のチョコかマカダミアナッツが
入ってるんです。チョコはかかせないですよね。^^*
金塊チョコもホワイトチョコも好きです〜。
「したいこと」と「できること」・・・
ままにならないことが。。、それもまた人生かな。。
全てを諦めるって意味ではなくて… ね。^^

107 07-11-27 (火) 22:51

△ オードリーさん
夜更かしは得意技ですので・・・仕事でも遊びでも、へっちゃらなんですよ^^
を。チョコレートは漢方ですか!ををを〜。いいこと聞いた。衛生兵さんお2人が揃ってご愛用になってるのだから、これは健康に良さそうなこと間違いないです。
じゃあ、夜中にチョコレートを食べる言い訳をこんなにゴタゴタ並べる必要はなかったということですね(*´∀`)
風邪にはくれぐれも注意しますです。有難うございます・・・といっても、ボクにとって冬は万年風邪ひきの季節なんです。インフルエンザだけには罹らぬよう、気をつけますです。
△ ポッポさん
はい。ちょいとおセンチな狼男です。
お褒めにあずかり、とてもうれしく、恥ずかしいです(*・ω・)
ボクの雑文とは比べ物にならないですけど、中原中也。例の有名なのとあといくつかしか知りませんが、とっても好きです。
アーモンドに、マカダミア。心得ておられますね!味・量・価格の3拍子揃ったアーモンドチョコは、ありそうでなかなかないですよね。新しいのを見つける度にいろいろ試してみるんですが、やっぱりこれに勝てるものはないなーと。
ままならないことのあるのが、人生。
ポッポさんのおっしゃる通りですね^^
以前は「したいこと」の多くができる環境にありました。今も、たいていの「したいこと」はできるように努力しそしてできているとは思うんです。でも「したいこと」ってのがそんなに簡単なことではない場合、どうするのかってことを考えます。
やはり、諦めるのではなくそれに向って努力をし続けていたいと思うのです。
その一部分、例えば時間的なことやなんかを一定諦めることはあるにしろ、それが自身にとって是とするものであるならば、最終的にはそうしたいと思い願うこと、努力し続けることが、生きている証しでもあると思ってます。
・・・って、なんのこっちゃ、ですかね。
でもポッポさんならお分かりいただけるように感じましたよ。

オードリー 07-11-27 (火) 23:14

すまんです。。。
icon:face_beeマーク!
70%以上のカカオは。。。苦くてicon:face_blue漢方薬みたい。。。
と、オードリーは思うのです。。。やっぱりチョコは甘くなくちゃね^^。
せめて、おとなのビターまでが精一杯のおこちゃまですicon:ghost1

みやび 07-11-28 (水) 0:26

今回のエントリーは詩的で月明かりのような冴えが見えますなicon:sky_night
月はキャノンのコンパクトデジカメで撮ったのでしょうか? とても綺麗に撮れてますね。
ついでに一言。アーモンドチョコはロッテより明治のが好みですicon:body_ok

ポッポ 07-11-28 (水) 9:31

(*^。^*)

マロニエのこみち・・・。 07-11-28 (水) 11:12

深まる秋は狼も詩人にしてしまうんですかね〜
突っ込みの入れづらい記事です(爆
>おとなしい狼に変身して尻尾ふりふりお供仕りますのに。
このコメントの様子を想像してちょっと愉快になりました(爆
私も寝違いでくすぶっておりましたですよ
歳食ってくると、内面的なものよりも
体調やその他の生活環境に感情が左右されるので
悲しいかなロマンティックな詩人にはなれないですね(恥

107 07-11-28 (水) 12:50

△ オードリーさん
あえて70%の限定はスルーしておきましたのに・・・(>_<)
ホント苦いです。ひと口、ちょっとかじっただけでも口が「へ」の字になってしまいます。ボクも大人のビターまでで十分♪
△ みやびさん
恐れ入ります&有難うございます (u_u)
写真はキャノンのコンデジです。
月の模様も写したいのですが、ボクのウデではこれが精一杯 orz
でも、なんとか見れる写真にはなりましたでしょうか。
> ロッテより明治
ぬ。
なかなかの遣い手と見た!
確かに。もう少し量が多ければなぁ・・・
と貧乏性のワタクシめはいつも思うのであります(´∀`)
△ ポッポさん
(*´Д`*)
△ マロニエのこみち・・・。さん
ツッコミの入れづらーい、気楽なコメントが入れにくい記事にしてみました。
それでもコメントいただける方はホンモノ、ってことで(笑
寝違いですか。ボクもたまーにあります。首が動かせなくて大変苦しいですよね。
お大事になさってくださいまし。
ときどきロマンティックな妄想を拝見するような気がしますが・・・
あれはまた違うのでしょうかね?(´▽`)

sekisindho 07-11-28 (水) 23:39

107さん、こんばんは。
>こぼれ落ちてくる言葉にならない思考をまとめることなく文字にした
まるでブルトンのオートマタですね。
ここのところシュルレアリスムの画家をお読みいただいてましたので、無意識の中に眠る107さんの詩情に火がついたと言うことでしょうかね○o。(^∪^*)
>「したいこと」と「できること」とは
この年になると、「できないこと」は結構ハッキリ分かりますから、その分悩ましさが少なくなっておりますですよ^^

ひぐちあきお 07-11-28 (水) 23:55

もしかして、107さんは見られてないかもしれませんが、ティム・バートン監督の映画〈チャーリーとチョコレート工場〉。子供たちのために買ってあげたDVDに、ぼくもちょっと夢中になりました。
チョコを買うと、中にゴールデンカードが入っていて、世界で何人かだけ、チョコレート工場に招待される。そんなささやかな夢です。
子供のお菓子って、そういう無邪気な期待をさせてくれる何かがあったはずなんです。大人になったぼくも、それをしっかり記憶してたってことでしょう。

107 07-11-29 (木) 1:27

△ sekisindho さん
ブルトンのオートマタですか。意識してそんな書き方をしてなかったですが、言われてみれば似てるかもしれません。もっとも、ボクの方はずいぶんと作為的な感じですが・・・(笑
でもこのところのsekisindhoさんのブログに、ずいぶんと触発されているのは間違いないです。大時代で教条的なシュールレアリスムはちょいと苦手ですが、そこから抽出され昇華された作品にはとても興味があります。
「できないこと」・・・実に悩ましいですねぇ(*´∀`)
△ ひぐちあきおさん
あちゃあ。その映画、見てませんです・・・。
そういえば子どものころ、チョコボールの金のエンジェルとか銀のエンジェルとか、ワクワクして集めてたのを思い出しました。いまでも、子どもがそのお菓子を食べてるのをみると新鮮に思い出しますよ。
今度、見てみます^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/11/200.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
月と、ちよこれいと from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | 2007年の日々 > 月と、ちよこれいと

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player