Home > 釣りにまつわるよもやま | 2007年の釣り > ロイヤル・ステュワート

ロイヤル・ステュワート

071022shirts1.jpg

071022shirts2.jpgチェック柄のタータンが好きで、特にこの「ロイヤル・ステュワート」と呼ばれるパターンが好みだ。10代のころからこの柄のネルシャツを愛用し、くたびれる度に買い替えて今は三代目となるのを着ている(上の写真)。右の写真で着ているのは20代のころの二代目で、16年前に北海道を彷徨っていたときのものだ(以来10余年、擦り切れてボロボロになってきたので5年前に御役御免となった)。

タータンというのはスコットランドの伝統的な生地で、土着の氏族ごとに違うパターンのものを独自に作っていたらしい。その土地その土地で採れる植物から生地の染料を抽出するので、土地ごとに違う色とパターンになり、同じ土地に住まう同じ氏族ベースでの使い分けが定着していったということのようである。同様に、スコットランドの王家が使うタータンもいくつか種類があった。

タータンには、それぞれの氏族や王家が使う配色とパターンは他の氏族は使ってはならないという厳格なルールがあり、また、着用する場面によっても使う配色が異なる。フォーマルな場面だと明るい色をベースにした配色、ハンティングなど野外では暗い色をベースにという具合。しかしその後のスコットランドとイングランドの戦争でスコットランドが敗れて、その風習は廃れてしまったとのことだ。

071022rs_pattern.gifこのロイヤル・ステュワートはスコットランドのステュワート朝(1371年〜1714年)の王家が使ったパターンをベースに、王家の統治300年を記念しスコットランドとイングランドの友好の証として英王室により作られた特別なパターンである。その後、英国王ジョージ五世により一般に開放されることとなって、ボクのようなタータンとは縁もゆかりもない日本人でも着ることができるようになったというワケだ。もちろん、今でも王家の人々以外は着ることが許されない「Balmoral(バルモラル)」なんていうパターンもある。スコットランドにある英王室の城「バルモラル城」の名前と関わりを持つ、格式高いパターンである(カッコいいのでここに載せたいのだけど、許可が要るんだろうな・・・)。

この時季になるとこのシャツを引っ張り出してきて、来年の春の釣りまで着る。
鮮やかな深い赤と青の対比と、その肌触りの柔らかさとが、この季節に心地いい。
 


Comments:20

ポッポ 07-10-22 (月) 17:48

107さん、こんにちは!わ〜い、一番乗りだ!
ほぇ〜 写真!20代の頃の107さん!@@*
若い!(当たり前。。)細い!(ごめんなさい。^^;)
今も細身ではありますが。。。
いいですねー、写真。写真を見てるとその頃を鮮明に思い出しますよね。
タータンって生地のことだったんですね。
タータンチェックってよくいうから、
それがチェックの種類の名前かと思っていました。
チェックにロイヤルスチュワートなんて、かっこいい名前が
ついてるのですね。気品があって、どこか懐かしくて
私もチェック好きです。
ところで、北海道で1ヶ月釣り三昧!素敵な生き方ですよね。
うらやましい!(’-’*)

オードリー 07-10-22 (月) 18:21

ふぉっふぉ。。。
ポッポさんの3行目。。。に同じ。。。^^。
チェックをさりげなく着こなせてしまう殿方は、本当に紳士だと思います^^。
さらにその故を知っていてなら。。。なおさら。。さすがですね〜。。
釣師殿。。。カッコイイですが。。。なんで。。^^。
釣師殿の写真はどれもカッコイイですが、オードリー的には1998年・春。。。の写真が好きですね^^。知っている中ではね。。
さて、冬支度ですね^^。
禁断症状と闘いながら、思い出話もたのしみにしていますね^^。

mojizurisou 07-10-22 (月) 19:40

こんばんは。あしたは十三夜で晴れた空に天上の月が笑いかけています。やっと涼しくなりました。
タータンの定番の赤 こういう伝統柄の配色はいつ見ても見飽きない永遠のデザインですね。秋にふさわしく107さんによくお似合いです。

マロニエのこみち・・・。 07-10-22 (月) 20:04

トラッドを愛し、タータンを好きな人はたくさんいると思われますが
中でもこの一番ド派手な色柄を服として着こなせる人は珍しいです^^V
私もタータンとギンガムは、デザインをしているとき、鬼のように多用しました
この赤い格子、実は私も似合うので、今度ペアで着てみます?(笑
ここ数年、ブラックウォッチが流行とやらで、猫も杓子も着ています
中には全然似合っていない人もいるわけで、
あれだけ氾濫すると、ちょっとね・・とついヘソを曲げたくなったりする私です(笑

107 07-10-22 (月) 22:20

△ ポッポさん
一番乗り、有難うございます(´∀`)
そりゃ20代初めですから若いし細いですよ(今はさほど細くないです笑)
写真を改めて見て、当時釣りをしながら後ろのオオイタドリの葉の大きさに驚いていたのを思い出します。コロボックルが隠れるのはこの葉だったのじゃないかな、なんて。
とても懐かしい、いい思い出です。
タータンってのは、スコットランドの伝統的なチェック柄の生地のことなんです。
カッコいい名前でしょ、ロイヤル・ステュワート。どこかでこの柄を見かけられたら、秘かに心の中で「知ってるもんね〜」と自慢してください^^
△ オードリーさん
そ、その笑いはバルタン星人ですか!?(*・∀・)
そりゃあね、今よりゃあ細いです。。
写真をお気に召していただき有難うございます。1998年春っていうと、先日のボロゲイターのときにも使ってたやつのですね。その頃は赤いサスペンダーも好んでしてました。それもサカナ柄なんですよ(笑
冬の間、思い出話をちょこちょこと挟みつつ禁断症状に苦しむ様子をサディスティックにご覧くださいませ。
あ、重度の症状に効くクスリ・・・
女性衛生兵の方々はご存知ありませんでしょうか?(*´∀`)
△ mojizurisou さん
この時季の澄んだ夜空に浮かぶ月、美しいですね。
明日は夜の一人散歩と洒落込みますかな^^
長く続いた伝統というのは、その間に様々に研鑽され磨き抜かれて今に残っているものですよね。ゆえにこそ永遠の美を獲得するということでしょうか。
似合うように自分をもっと磨かねば! 有難うございます^^
△ マロニエのこみち・・・。さん
確かにド派手ですねぇ(笑
でも大好きなんですよ。この派手さも。
着こなせているかどうかは別にして・・・有難うございます♪
でも、この服着てマロニエさんと会うの怖いです・・・
ましてペアでなんて畏れ多くて(*´Д`*)
ブラックウォッチも有名ですね。流行ってるんですか。
へぇ〜〜(疎いなぁ・・・
流行が廃れて誰も着なくなったら、買おうかな(`∀´)

ひぐちあきお 07-10-22 (月) 22:22

ぼくは故・芦澤一洋さんの影響で、ペンドルトンのウールシャツを愛用してます。もちろん、タータン柄です。でも、ここまでシャツの柄に歴史と逸話があるとは存じませんでした。
今度、あらためて自分のシャツを見てみます。
そういえば登山服もタータンが定番ですね。さすがにニッカボッカーは廃れましたが、シャツの柄は相変わらずです。目立つからかな。

JIMO 07-10-22 (月) 22:29

おお〜っ!!私には絶対ムリなデザイン。
きっと”ななごーさん”みたいになってしまいます。(笑)
仮に着てみたとしてもボタンはずして裾出しちゃうなあ。。。
でもそれってたぶん違うよなあ。。。
でも、こういうのをきちんと着こなすことができるってカッコいいと思います。
フライなんかやってたらなおのことカッコいいです。

みやび 07-10-22 (月) 22:55

タータンチェックに使い込まれたバンブーロッドとリールがお似合いで良い感じですね。
竿袋の縁とシャツは同じ柄でしょうか。

noobooboo 07-10-22 (月) 23:13

う〜ん。こだわりがあるんですね〜。
柄の名前を知ってるなんて、すごいです。
私なんて、何でも適当ですから、可愛いか可愛くないか、好きか嫌いかの基準しかありません(^^;
ポッポさんのところから帰ってきて、笑いすぎて涙が出ています。
おやおや、好きな写真を選ばなくちゃいけないんですね。。
ジャニーズみたいですね。笑
後ろ姿の写真が好きです。(何年でしょうか?)
この、前からの写真はどうも・・・若すぎて・・・サングラスも大きすぎて・・・すみません。ブイブイいわせてたころですよね(笑

107 07-10-22 (月) 23:19

△ ひぐちあきおさん
ペンドルトンのウールシャツ、いいですね!あそこのなら、きっとちゃんとした(名前のある)タータンを使っているのではと思います。タータンのパターンや歴史についてのウンチクはこちらで見ることができます(英文)
http://www.tartans.scotland.net/
登山服もそうですね。かなり大柄なチェックのが多いような気が。
確かに目立ちそうです。
△ JIMO さん
有難うございます^^
ルアーのマス釣りでも、開高さんがイギリスに釣りに行かれたときのビデオではちゃんとタータンを着ておられて、とても似合ってましたよ。アウトドア全般にとてもよく似合うと思いますので、ぜひお試しくださいな。
着慣れてこなれてきさえすればこっちのものです。大丈夫、それまででも山の中なら七五三であろうが成人式であろうが、シカかタヌキかサルしか見ていませんとも!(*´∀`)
△ みやびさん
竿はアメリカのロッドメーカーのものなんですが、クロスバッグはこういうデザインになってました。同じ柄です。
ついでに、リールはスコットランドはグラスゴーのメーカーのもので、ちょうどジョージ五世、六世(現在のエリザベス二世のお父上)の時代のものなんです。赤メノウのリング付(笑)。今はなきスコットランド王家とロイヤル・ステュワートの柄に敬意を表しての登場です^^
△ noobooboo さん
こだわりってほどのものでもないんですが、背景のことをいろいろ知るとそれも好きになる大きな理由のひとつになるようです。基本は同じく、好きか嫌いか、似合うか似合わないかで選んでます^^
近頃ポッポさんと仲良しさんですね。ウマがお合いになるようで・・・
写真は、選ばなくていいです(笑
この写真のサングラスが大きいのは、眼鏡をかけた上からするタイプの偏光グラスだからなんですよ。
そうです、渓流魚相手にブイブイ言わせてました!(`∀´)

メディック 07-10-23 (火) 0:36

あぁ、懐かしい。タータン見ると生地スワッチの構成思い出します。これアホほどあるんですよね(なんてひどい言い方)。送りや打ち込みが少しずつ違ったりするから、まとめるの大変なんですよ。おまけにそれに配色パターンつけたりするから、すごい数に・・・ 
こちらも昔を思い出してしまいました。でも良かった。今はデザイナーやめてメディックになったから、そんなめんどくさい事しなくっていいし ^^  でも英国と言えば・・・ やっぱりエンブレムですね ^^

sekisindho 07-10-23 (火) 0:44

107さん、こんばんは。
赤と緑、タータンチェックを見ると某百貨店の紙袋が目に浮かんでしまうのですよ。
タータンにしろギンガムにしろ私はどうも似合いません(>_<。)。。
特に赤、ピンク(ショッキング系)系はネクタイでもセーターでもシャツでも一度も着用したことないのですけど、そろそろ赤いチャンチャンコが似合うかも知れませんけど○o。(^∪^*)

107 07-10-23 (火) 12:44

△ メディックさん
生地スワッチ・・・以前バッグを作ってたことがありまして、その試作のときにタータン生地の見本でスワッチをたくさん入手したのを思い出しました。いまでも端切れを持ってます(笑
あれ作るの大変でしょうねぇ。見る側としては実物なので有難いものでしたが^^
英国にドイツ。紋章の宝庫ですね。スコットランドの氏族(クラン)も、それぞれに定まったエンブレムがあるようです(↓のレス中のアドレス見てください)。カッコいいですよね!^^
△ sekisindho さん
こんばんは。
> 某百貨店の紙袋
あはは!確かに確かに!!
あれ、なんていうタータンだろうと調べてみたら「MacMillan Ancient Clan tartan」という名前だそうです。MacMillanという氏族(クラン)が昔使ってたタータン、てな意味です(↓英文)。
http://www.scotsconnection.com/clan_crests/MacMillan.htm
お似合いになりませんか?
風のウワサによると、オーセンティックな装いがとてもお似合いになる紳士とお聞きしております。シックな色遣いのバブアー・タータンのシャツにハリス・ツィードのスラックス、スコッチグレインのストレートチップなんてのをお召しになられた御姿、ぜひ拝見したいものですよ。
んで、上からチャンチャコ代わりにエンジのジャケット・・・
なんちって(*´∀`)

森の音 07-10-24 (水) 22:28

このシャツとても着古されていて味があっていい感じですね。
ロッドの仕舞い袋の縁取りとおそろいのところが、
さすが凝っています。
3代目というところが英国好みの107さんらしいですね。
私は毎年秋の衣がえの季節になるとワクワクしますね。
解禁の魚に出会うときのように。
でも私はしぶちんの性格なので気に入った服は、
よそ行きに取っておいたりして、
結局シーズン1,2回しか袖を通さずに
そのうち色あせてたり・・・
いったいいつがよそ行きやねんと思っている今日この頃です。

konatsu 07-10-25 (木) 7:43

107さん、若い!そして細い!!!!!
青春時代を垣間見ちゃいました♪
さぞかし女子を泣かしたのでは?!
チェックって色々ありますよね。
あたしはマドラスチェックとチェックの王道「バーバリーチェック」が好きです☆
画像の赤のチェックも可愛い♪

107 07-10-25 (木) 15:46

△ 森の音さん
有難うございます。
このシャツは4シーズンめになるでしょうか。釣りにも着てますのでいい具合に馴染んできました。このシャツ着て釣りするときはこの竿を振りたくなります。ホントの独りよがりですけどね・・・(笑
よそ行きの感覚、分かります。このシャツも最初のシーズン、着たのは2〜3回でした。新しく買ったお気に入りのものはなかなか着られませんよね。
・・・でも、せっかくですからぜひ着てくださいまし(´∀`)
△ konatsu さん
若いでしょ!細いでしょ!!
性春時代・・・あ、字間違った、青春時代の1コマです(笑
泣かせたなんてとんでもない!ひどく泣かされたクチでございますよ、konatsuさんのような気まぐれ小悪魔に orz
マドラスチェックもタータンの親戚のような柄ですね。子どものころよく着てました。バーバリーはタータンそのものですね。どちらも、ホントにチェックの王道で・・・konatsuさんは結構コンサバなんですね。
ロイヤル・ステュワートもきれいな柄でございましょ。機会があればぜひに^^

futaba 07-10-25 (木) 18:13

私の時代、ベースティローラーズ、キャンディキャンディの影響でこのスコットランドのタータンにはまりにはまり、よく縫ってもらいました。
未だに大好きですが、やはり某デパートの紙袋を思い出すので、着るより着てる方を見る方がいいです。
ロイヤル・ステュワートも永遠ですよね〜
107さんよ〜く似合ってます。
男の子、男性の赤って好感度大!
幾つになっても赤が似合うって素敵ですもん。
ほんと、せきさんにも着て欲しいです。

107 07-10-26 (金) 3:11

△ futaba さん
キャンディキャンディ、確かにそうでした!^^
某デパートのは、ああいう色遣いのを見ると全部そのように見えてしまいますね。
やはり男は黙って真っ赤っか!(笑
そういえばお邪魔したときに着てましたっけ・・・。
似合ってるなんておっしゃっていただいたらとってもうれしくて、またまた木に登ってしまいそうです(*´∀`)
せきさん、イメージだけなんですが似合うんじゃないかと思っております。
futabaさんがそうおっしゃるなら間違いなしですね!^^

teardrop 07-10-30 (火) 13:12

こんにちは♪
107さん、いろんなものにこだわりをお持ちですね。何でも、こだわって揃えられたら素敵だろうな、と思いつつ、いつもあまり深く考えない衝動買いになってしまってます(*/∇?*)
うちの夫も、いろいろこだわる人で・・。先日も娘といる部屋に置くCDプレーヤーが欲しいと言ったら、何十万もするような本格的なモノを探してくれてて・・。夫に任せると、いつ買ってもらえるかわからないので、自分でマランツのお手ごろ&おしゃれなモノを買ってしまいました(;^_^A

107 07-10-30 (火) 23:51

△ teardrop さん
ボクも結構、衝動買いしてしまいますよ (u_u)
ご主人、いい感じですね!いきなり何十万のCDプレイヤー探しますか^^
でもteardrop さん、マランツでも十二分にいいモノだと思いますよ。
少し落ち着かれた感じかな。
まだまだ大変でしょうが、のんびり^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/10/191.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ロイヤル・ステュワート from 107@BLOG

Home > 釣りにまつわるよもやま | 2007年の釣り > ロイヤル・ステュワート

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player