Home > 釣りにまつわるよもやま | 2007年の釣り > おんぼろ哀歌

おんぼろ哀歌

071005gaiter.jpg

071005gaiter2.jpg聞いて驚け見て笑え。
このおんぼろゲイター・・・
足かけ10年になるボクの相棒、歴戦の勇者の痛ましい姿を。
岩場で足を滑らせて転がり落ちたときも、ほぼ垂直の岩壁を何十メートルも半泣きで登ったときも、いつもボクの膝下をガードしてくれたネオプレーン製ゲイター。(右は購入当時の勇姿。現在の哀れさがご理解いただけるだろう)

ボクはとかく使い方が荒っぽく、ウェーダー(腰までの防水スボンのことね)などは1〜2年ですぐにダメになって買い替えるのに、このゲイターだけはもう10年も使いっきりだ。買ってすぐに廃番になって、それ以降同じような製品がどこのメーカーからもリリースされていないので買い替えようがないというのが一番大きな理由である。完全にないことはなくて、膝上までをガードするサポーターのようなゲイターもあるのだけど、こういうシンプルな創りになってなくてやたらと装飾的なのがなんとも野暮ったくて、使いたくないのだ。

そもそもゲイター(ゲートルとも言う)とは何するものかというと、要は膝下のガードとサポートである。しゃがんだり悪路を進むときなど、ウェーダーの膝下部分やスネを保護してくれるので大変重宝するものなのだ。
最近はウェーダーそのものの膝下に二重加工したりしてあるのでその重要性は少なくなったという考え方もあるようだけど、ボクがよく行く渓などはマムシが普通に道端で「しゃしゃあ〜〜」とトグロを巻いているようなところが多いので、万が一のときにも保護となることなどから、ボクにとってその必要性はとても大きいのである。

「そんなにボロじゃ、その保護の役目も果たせないんじゃないの!?」
すかさずそういうツッコミが聞こえてきそうである。
ご慧眼・・・

「それに、いくらなんでもカッコ悪くね!?」
そんなつぶやきも聞こえてくるかもしれない。
ごもっとも・・・

「みすぼらし過ぎてみっともない。一緒に釣りしたくねーなー」
えぇえええええい、やかましい!ヽ(`Д´)ノ
仏の顔も三度笠。ボクはこれがもっとボロボロに、擦り切れて、千切れて、どんな工夫をしてももう着けられない、そんな風になるまで使いつぶすのだ!
キミには見えないか?
この極限まで使い込まれたモノだけが持つ美しさを!それが放つオーラを!!
これが「モノを使う」ということなのだ!

ハア、ハア、ハア・・・

・・・プッツンきてしまった。
近頃、どうも怒りっぽくていけない。
キ〜くんヒヨコじゃないっピ〜(笑
 


Comments:17

sekisindho 07-10-05 (金) 0:47

107さん、こんばんは。
「購入当時の勇姿」のお姿は10年前だったのですか(゚!゚)
なんて突っ込みはともかく、ここまで使えばご立派ですよ。
ものを大切になんてことは云いませんけど、気に入ったものに
こだわり続けるのは素晴らしいことだと思います。
107さんらしくていいですよ^^

みゆぅ 07-10-05 (金) 10:37

愛着?
しっくりくるものってなかなか買い替えできないっすよね。
これ、黄色いの!(笑)

ポッポ 07-10-05 (金) 11:48

はいはい、107さんお水でおじゃる。
飲むと落ち着くでおじゃるよ。(笑)
いやぁ、107さん!素晴らしいです。@@*
その物に対する思い入れよう。きっとそのゲイターも思い残すことなくこの世を去れるでしょう。。。
え?まだ捨てない?
いやそうですよね。。まだオーラがね。。。
マムシさんにかまれても。。無事を祈っています。d ( ̄ ・ ̄)
ずっと長靴かと思っていました。ごめんなさい。^^;

ひぐちあきお 07-10-05 (金) 13:55

愛用品を使いつぶすまで手放さない。その心意気に大いに賛同。
イバラの藪漕ぎなんかもこういうのがあるといいですね。
ぼくなんて、すぐウェーダーを孔だらけにしちゃいますから。
よく、ウェーダーの中に水がたまるので、ゴアテックスの靴下を穿いたりしてました。意味がないな〜(笑)。
ウェーダーの修理、お風呂につけて泡が出る場所を確かめて、リペアキットを張り付けるという、あの作業がとても面倒。アクアシールという簡単で便利な補修剤もあるけど、いちど蓋を開けたら数日とたたずして中身がみんな硬化してしまうんだ。もっと小さいチューブにして使い切りにするか、気化しないようなちゃんとした容器にするようにメーカーに苦言をしますか(笑)。

マロニエのこみち・・・。 07-10-05 (金) 18:28

>こういうシンプルな創りになってなくてやたらと装飾的なのがなんとも野暮ったくて、使いたくないのだ。
はいはい、そのお気持ちすごくよくわかります
でも、最後の一行、理解できない(笑

107 07-10-05 (金) 21:02

△ sekisindho さん
こんばんは〜
勇姿というのは、あくまでゲイターのことでございますよ(*´∀`)
新品が売ってればとっくに買い替えているかもしれないです・・・が、他に気に入るものもありませんので、あきらめがつくまでは使い続けるしかなさそうです。
ヘソ曲がりで頑固なんですかね(´A`)
有難うございます♪
△ みゆぅさん
愛着・・・かな。
他の形態のものに代える以外に選択肢がないので、意地になってるかも。
なかなか買い替えできないっピ〜(`ε´)
△ ポッポさん
ゴクゴク・・・ふぅ。
有難うございます、ひと息つけました(笑
それはもうすごいオーラでございましょ。
マムシに噛まれたらきっとイチコロです。もし噛まれたら、かつぎこまれますので優しく介抱してやってくださいね(*´∀`)
長靴じゃないんです。防水スボンとゲイターと靴と、別々の3点セットになってます。靴は靴で、ウェイディングシューズという専用のものなんですよ^^
△ ひぐちあきおさん
イバラの薮漕ぎには絶大な威力を発揮します。膝下を前に突き出して「オラオラ〜」とかき分けて進んでいけますんで・・・
だから余計にボロボロになります(笑
アクアシールw
あのすぐ劣化する安物のプラスチックのフタが諸悪の根源だと・・・
メーカーに文句言ったら「別にぃ〜」とか言われたりして(お粗末!^ ^;
△ マロニエのこみち・・・。さん
育つというのはイタリアのおばはんみたいになるという理解でいいでしょうか(笑
とかくこの世は野暮だらけ。スカッと爽快なモノが不足してるように思います。
最後の一行、ご理解いただけませんか・・・
それは残念でおじゃる〜
夕方のNHK教育を見るでごんす〜(´∀`)

オードリー 07-10-05 (金) 22:37

素敵じゃないですか?
私は大賛成ですね^^。
物を大切にする。それはもちろんのことで、しかも、自分にとっての趣味=生き甲斐。。。その中の相棒ともいえるアイテムには、とことん使い切る事。。。大事な事です^^。
いろんな理由があるにせよ。。「相棒」と言う名がつくからには。。ですね^^。
私の場合は。。。例えば「お財布」です。看護学校に合格した時に、兄妹のように親しい従兄弟のお兄ちゃんが、買ってくれた「ヴァレンチノ」の財布。
かれこれ。。。20年!?^^。(逆算はしなくてもいいですよ^^)
かなり。。。ボロいです。。。レジで財布からお金を取り出している時に。。。心有る店員さんが褒めてくれる事も有ります^^。
「味の有る財布ですね」と。
そして、今は横浜に住んでいる、送り主のお兄ちゃんは。。。私がその財布を見せると。。。ニヤリと照れくさそうに微笑みます^^。
私の持つ、唯一のブランド品です^^。

メディック 07-10-06 (土) 0:33

物を大切にするのは大事な事です。
どんな物でも、感性が合致するとなかなか手放せないものです。
高価な物でも、そうでない物でも気に入ればか関係ないですね、愛着が湧けばみんな宝物! 
ちなみに自分の場合、気にいった物は必ず同じ物複数個もっています。 ズルイ! ^^

noobooboo 07-10-06 (土) 10:24

兵隊さんのようですね。上等兵じゃなくて・・・笑
物を大切にする人、いいですよね。
素敵なお話しですけれど、そろそろ新しいもの欲しいところですよねえ・・・貧乏神の貧ちゃんがよってきちゃいそうですよ^^
107さんがティーバックを干して再利用してる姿、見たいような見たくないような・・・って、なんでおじゃる丸???

107 07-10-06 (土) 14:21

△ オードリーさん
ご賛成、感謝申し上げまする(´▽`)
それにしても長持ちのお財布ですね・・・逆算するなと言われればしてみたくなります。えぇ〜〜っと、○×△で$%&ですから・・・なるほど!(*´∀`)
唯一のブランド品ですか!オードリーさんらしいように思いますよ^^
ボクもブランド品で武装し硬直した嗜好の女性は苦手です。
△ メディックさん
感性が大事ですよね、モノもヒトも(*´∀`)
ヒトの場合は同じものをいくつも持つというワケにゃあいきませんが・・・
ズルイ!というより、欲張り!!
でもそれが正しい!!(笑
ひとつは使って、ひとつは残して・・・みたいな感覚、よおく分かります^^
△ noobooboo さん
せめて軍曹とかにしてほしいなぁ。
そう、そろそろ新しいのを・・・といつも思ってるのですが、なかなかね。
月光町ちっちゃいものクラブは大好きなんですが、貧ちゃんが寄ってくるのはイヤだな。来年あたり、本気で考えますか。
なぬ!?ボクがTバックを!干して再利用してる!?・・・ををぅ(*´Д`*)
・・・あ、お茶っ葉、ね・・・(笑
なんでおじゃる丸なのか、ボクにも分からないんですよ。
突然思いつくもので(^ ^;

みやび 07-10-06 (土) 19:23

道具もここまで使い込まれれば本望ではないでしょうか。
ところで、これと良く似たモノ、釣具量販店で見た事あります。
ネオプレーン製で、たしかリバレイ・・・モンベルだったかも。
カーキ色で、脛に巻いて後ろでベルクロで止めるタイプ。シンプルです。
107さん愛用の品とは違うのかな??

みどり 07-10-06 (土) 21:04

ゲートルって山登りのイメージがあったんですが、渓流釣りにも使うんですね〜。
主人の叔父が海釣りによく息子を連れていってくれたんですが、叔父の釣り用ベスト(ポケットがいーっぱい、ついてるやつです)に憧れて、息子が「買って買って」とよくねだっていました。
釣りって、グッズにもこだわりがあって、そこがまたいいですね★

107 07-10-06 (土) 22:36

△ みやびさん
ありましたありました。
リバレイのはこれを買う前に使ってたんです。これよりほんの少し、微妙にちょっと短くて、動いてるとすぐに膝からズリ落ちてしまうのが気になって、すぐにこれに換えたんです。クラベルガードの長いやつ、てな感じです。
この写真のは最下部にフックがなくて(写真に写ってるのはウェーダーのもの)、チャックも下から1/3ぐらいまでのもので、よりフィット感というか、サポート機能が大きいのと、膝上ジャストの長さとかが気に入ってましてね・・・
モンベルのが、その・・・ボクの言ってる「シンプルな創りになってない」というものです・・・(使ってる人、ごめんなさい^ ^;
長さとかデザインとか、微妙なことかもしれないですが・・・
そこが大事なポイントだと思いません?^^
△ みどりさん
ゲートルと言ってしまうと、山登りとか陸軍の兵士とか、そういうのを連想しますね。「脚絆」と言うともっと大時代な感じで(笑
フライやってる人は大概みなベスト着てます。ボクはポケットがいっぱいありすぎると何をどこにしまったかがすぐに分からなくなって現場であたふたしないといけないほどのあやふやな記憶力の持ち主なので、使っておりませんが(^ ^;
みなさんそれぞれ使う道具にも着るものにもこだわりがあります。
好きなことですからね^^

森の音 07-10-06 (土) 22:38

来てますねぇ、このゲイター。
実は私のも同じような緑色で、
10年来使用しておりボロボロです。
一瞬写真を見てこれ私の?と勘違いいたしました。
モンベル製なので、107さんのとはちょっと違うと思いますが、
たぶんみやびさんの仰っているモノではないかと・・・
毎年買い換えようと思うのですが、
どうせボロボロになるならもう少し頑張ってもらおうという気がして。
来年もガードしっかりしてもらいます。

107 07-10-06 (土) 22:50

△ 森の音さん
うひゃあっ!やっぱりおられたモンベル・・・(゚Д゚;)
でも10年前のだと、どうかな。今のとは違うんじゃないでしょうか。
膝に楕円形のウネウネが付いてて、膝裏が切れ込んで抜けてて、上がベルクロ留めになってるやつでしょうか?
釣友にも使ってるのがいるんですが、あれがどうも苦手でして〜(^_^;)
なんだかんだ言いながら、ボクも来年も使い倒します。
ボロコンビで、闊歩しましょね♪

konatsu 07-10-08 (月) 11:29

いやいや、まだまだ大丈夫ですよ。
物って使用終わり時期が難しいですよね。
長年つかってるお気に入りのタオルケットがあったのですが
たまたまそれをみた親に「こんな汚いもの捨てなさい」って。
他人から見たらみっともないんだと…
って言いながら親も「もう捨てな」って物を持ってたりするので
気に入ったものはみんな捨てられないものです。

107 07-10-08 (月) 23:08

△ konatsu さん
まだまだ大丈夫ですか!?そう言っていただけてよかった〜(*´∀`)
お気に入りの物は、いろんな想いや記憶が染み付いていますから、見た目だけではその価値を判断できないですよね。その価値を理解するのが自分一人であっても。
みなそれぞれ、何かしらそういうものを持っているのでしょうね。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/10/187.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
おんぼろ哀歌 from 107@BLOG
pingback from 107@BLOG · さよならとこんにちは 10-07-07 (水) 22:33

[…] ターを、ついに退役とした。この10数年のボクの釣り、佳き日も悪しき日もいつも共にあってボクの膝下を守ってくれた、愛用のゲイターだった(詳しくは以前に書いたものをご参照)。 […]

Home > 釣りにまつわるよもやま | 2007年の釣り > おんぼろ哀歌

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player