Home > 釣りにまつわるよもやま | 2007年の釣り > アリとクモ

アリとクモ

070920fly.jpg

暦の上では秋とはいえ、まだ夏の匂いが色濃く残るこの季節。
山の渓流ではひと足早く季節が訪れて、しつこく続く残暑を避けるにはもってこいである。日中でも涼しい風が吹き、水は透き通るように冷たく美しく、サカナが虫を追って水面を割る。

遠くの山に思いを馳せながら、次第に長くなる夜の手持ち無沙汰に毛鉤を巻く。
この季節、メイフライ(カゲロウ)やセッジ(トビケラ)は未明と日没後のほんの一時しか出てこない上に、それらを模したパターンは春からのフィッシング・プレッシャーでサカナの反応も渋くなっている。
ゆえに、アリとクモ。いわゆる「テレストリアル」とボクらが呼ぶ、陸生昆虫を模したパターンである。大きくはビートル(甲虫類)やホッパー(バッタ類)もこれに含まれるのだが、夏でも秋でもないこの時季の渓流の水辺、必殺のパターンがこのアント(アリ)とスパイダー(クモ)である。

昨日、北陸の山の友人からの便りが届き、気持ちのいい釣りができたとのこと。
そう聞いてはいてもたってもいられない。久しぶりに山に行こう。先日あたりから、山と渓流と、そこに棲む渓魚がボクを呼んでいるような気がしていたのだ。

さて。
毛鉤も巻いたし、準備は万端。
出かけてこようか。
 


Comments:14

sekisindho 07-09-20 (木) 0:33

107さん、こんばんは。
久しぶりのトップバッターですよ^^
やはり釣りの話は107さんに似合うし、嬉しさが文面に踊ってますから、読んでいても楽しいですね○o。(^∪^*)
またまた素晴らしい釣果と美味しいお蕎麦の話期待してます。

ひぐちあきお 07-09-20 (木) 10:54

行ってらっしゃい!
ぼくは今週はあきらめて、来週に賭けます。最後ですからねえ。
9月は禁漁間際の寂しい月ですが、それがあるからこそ、春の楽しさもひとしおですね。来月はまた山に登ります。ちょっと趣味が拡散したかもしれません。

メディック 07-09-20 (木) 20:07

秋の夜長、一人静かに毛鉤を巻くなんて いい雰囲気じゃないですか。
おまけに日が昇ると、今度はそれを手にして大自然の真っ直中だもんな、
羨ましいったらありゃしない。
毛鉤巻いているときは、もちろんスコッチとかやりながら、パイプくわえているんですよね。

みどり 07-09-20 (木) 21:18

今晩は★
実は、今夜はちょうど、お父さんと子どもが釣りに行く日を描いた絵本を読んだばかりでした。
釣りをするお父さんって、素敵ですね(*^_^*)。
このコメント欄の右上の、タバコをふかしている釣り人の絵も、いいなあ〜。

JIMO 07-09-20 (木) 22:59

このフライの写真どうやって撮ったんですか?
最近、写真にも興味ありまして。。。
ヤモメ料理並みの興味なのですけど(笑)
それと今回初登場でしょうか?
英国紳士がロッドを抱えてタバコふかしたイラストも・・・。
107さんっぽくってなかなかです。

森の音 07-09-21 (金) 0:21

この文章を読んでいると、
だんだんと高揚していく抑えきれない気持ちを感じます。
どんな魚と出逢えるかなと、
夢想しながらフライを巻いている時間・・・
実はもうそこから釣りは始まっている。
ひょっとすればそれは一番楽しい時間かもしれません。
Good Fishing!

noobooboo 07-09-21 (金) 8:47

魚はちゃんと餌を見て飛び出してくるんですね。
虫なら何でもいいのかと思ってました。
ひとつのフライを作るのに、どれくらいの時間がかかるんですか?
フライで釣りをする人はみんなこれを作るんですか???
私なら買ってしまいそう・・・不器用なんです(^^;

マロニエのこみち・・・。 07-09-21 (金) 10:46

107さん、アリということですが、
毛鉤を作るには、最低どのくらいの羽根の長さが必要なのですか?
ルーシーちゃんのをプレゼントしたいんですけど
あの子のふわふわの羽根のほうは、結構ホントに小さいんですよね
ペン先に使えるような形の羽根は、ちょっと大きめなんですけど
ああいう形は使えないんでしょ?

107 07-09-21 (金) 14:45

△ sekisindho さん
こんばんは〜。一番にお越しいただいてうれしゅうございます^^
ひさしぶりの釣りです。
避暑のつもりが、山の中もとても暑うございました。
今日はバテバテです・・・(笑
△ ひぐちあきおさん
帰って参りました。暑かったです (´A`)
そちら方面はまだまだ水が多いみたいですね。北陸も週の初めに大雨だったみたいで、支流によっては増水で大変でした。
禁漁は寂しい限りですが、おっしゃるようにそれがあるからいいのかもしれませんね。
月末までにもう一回行けたらいいな。
禁漁後は・・・山登りですか。いいですね^^
△ メディックさん
今回はいつもの通り釣行前夜に大慌てで弾を補充して、それが完了次第に出撃いたしましたので、のんびり酒とタバコを楽しむ余裕もなく・・・orz
あ、でもイメージいいのでパイプタバコをくゆらしながらスコッチ飲んでる、ってことにしときますか (´∀`)
しかし暑かったです。誰だ、「ひと足早く季節が訪れ」なんて言ってたのは!(笑
△ みどりさん
こんばんは〜
> 釣りをするお父さんって、素敵ですね
どうか、もっと大きな声でおっしゃってください(笑
ハタから見てると、釣りするお父さんってのはイメージいいかもですね。
この釣人のシルエット、脱力系でよろしゅうございましょ
お気づきいただき有難うございますね^^

107 07-09-21 (金) 15:16

△ JIMO さん
この写真はですね、○○○○して△△△△△したのを×××××したのです。そしてそれをホニャララしてさらにチョメチョメすると、こうなります(笑
冗談はさておき、ホントは、白い紙の上に毛鉤を載せてデジカメの露出補整をモニタをチェックしながら背景の白がトぶまでプラスを上げます(フライのディテールがトばない程度)。それでも出来に不満があれば、写真加工ソフトでもちょいといじります。
タバコの紳士は前々回の途中からひっそりと登場です。お気づきいただき有難うございます。釣場でこんなカッコでだらけてることが多いのです(笑
△ 森の音さん
しばらく行っておりませんでしたので、いざ行くとなるとあれがないこれがないと大騒ぎです。毛鉤を巻くという物理的作業自体は苦手で苦痛なんですが(笑)、あんなのを巻いてみよう、こんなのを食うんじゃないか、などと好き勝手に夢想するのは大好きでございます。ホントにややこしいことで(笑
山はまだまだ暑くそんなに大物も釣れませんでしたが、いい遊びの一日となりました。
△ noobooboo さん
サカナはとても目が良くて、ちゃんと毛鉤を選ぶんです。個体により、好みや食べ方も異なったりしますので、難しいときにはとても難しくなるのですよ。特にイワナは、日によっても様子が違ったり、わがままで気まぐれなサカナなんです^^
これくらいのフライだと5分もあれば巻けます。ボクに言わせてもらえば、いやしくも「フライ釣師」を自称する釣人ならば、みなさん自分で巻いている筈です。目が遠くなったりして巻くのが困難になってしまった場合を除き。
初心者の間は買ったものを使うことも多いです。でも深みにハマっていくと、だんだん売ってるものではもの足らなくなって自分で巻き始めるようになるみたいです(笑
大丈夫、とても不器用と言われるアメリカ人のゴツい太い指でも、慣れればきれいなフライが巻けるのですから^^
△ マロニエのこみち・・・。さん
毛鉤のサイズとパターンにより、使う羽根の長さや量は違ってきます。小さな鳥のほんの短かなボディ・フェザーでも、それはそれで使い道があります。
ショップに行くと「コンプリート・スキン」といって鳥一羽まるごと売ってたりします(見た目、かな〜りなものです・笑)。全部の羽根に余さず・・・手羽の部分、ペン先に使えるような形の羽根は「クイル」。尻尾はその名も「テイル」。首周りは「ネック・ハックル」。体毛は「ボディ・フェザー」と、使うのに残すところはありませぬ(笑
ルーシーちゃんの、いただけるのですか?うれし〜〜(*´∀`)

ポッポ 07-09-21 (金) 16:29

ルパンさん、こんにちは。^^
ロバートレッドフォードが監督した、「リバー・ランズ・スルー・イット」という映画を観たことがあります。たしか107さん、出演していませんでしたか?^^ ブラピだったかな?
大自然の中で、フライフィッシングをしている姿っていいですね。
釣り糸が?風を切る音が心地よかったです。
この映画を観て、釣りをやってみたいなーと思いました。

107 07-09-22 (土) 0:35

△ ポッポさん
はぁ〜いルパンおじさんですよ〜こんにちは〜〜
・・・って、そこにおられるのはもしやクラリス!?(*´∀`)
「リバー・ランズ・スルー・イット」ご存知なんですね。出演?バレました?(笑
映画公開当時、釣り仲間で「オレは兄貴の方かな」「オレは弟の生き方が好きだな」と議論がありました。もちろん、観に行きましたよ。懐かしい^^(ビデオも持ってた筈なのに誰かに貸したまま・・・どこ行ったのだろう)
自然の中でのんびりと過ごす時間はとても心地いいものです。
機会がおありでしたら、ぜひに!とお薦めしたいですよ^^

Solo 07-09-22 (土) 23:52

こんにちは、そろそろ釣果報告が聞ける頃でしょうか?
この時期のテレストリアルはやはり聞きますよね、雨上がりなんかこれ一本でやれちゃいます。
でっかいお魚釣ってきてください。

107 07-09-23 (日) 0:16

△ Solo さん
ただいま報告完了いたしますた!(`Д´)ゝ
まだまだ暑うございましたよ。でもアリさん、効きました〜
でっかいのは今回はだめxでしたが、満足です^^
有難うございます♪

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/09/183.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
アリとクモ from 107@BLOG
pingback from 107@BLOG · 見上げれば秋の空 10-07-08 (木) 15:25

[…] を進むこと数10メートル、いかにもサカナが着いていそうなポイントに、先日巻いた必殺のアント・パラシュートを投じると一発で出た、ネイティブなオーラ満点のヤマメ。パーマーク […]

Home > 釣りにまつわるよもやま | 2007年の釣り > アリとクモ

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player