Home > 美味礼讃 | 日々のうたかた | 2007年の美味 | 2007年の日々 > 送り火と蕎麦

送り火と蕎麦

070818okuribi.jpg

連日の猛暑で、日本列島はどこもかしこもバテバテの気配である。
盆に帰ってきていたご先祖の霊とともにこの異常な暑さもどこか南の方へ送り返せればいいのにと思いつつ、先日の五山送り火を見た。もっとも、盆の墓参りもせず(混雑嫌いでものぐさな親父の提案で、2人で夏休み前に済ませておいた)、自宅に仏壇もない身としては、ただ山の火に向って心の中で祈るだけだったが。
(写真は自宅マンションの最上階から撮ったもの)

ということで話しはコロリと変わって、夏はやっぱり冷えた麺類が美味い。連日、昼飯には日替わりで、そうめん、ひやむぎ、冷やしうどん、冷麺(関西では冷やし中華のことを冷麺と呼ぶ。韓国冷麺のことではない)と食しているが、こと蕎麦に関しては自宅で食べるものよりきちんとした蕎麦屋さんで食べるのに限る。

下の写真は夏の初めに食べた、いつも馴染みの「夷川つるや」さんの天丼と十割蕎麦。天丼の美味しさについては以前も書いたとおり、天ぷらの衣の開き具合、具の火の通り具合(エビがプリプリ!)、割下の絶妙の味加減、ご飯とのからみ具合、山椒の効き具合、いずれも非の打ち所のない美味しさである。

070818tendon.jpg

070818azuminosoba.jpg

十割蕎麦がこれまた美味しかった。長野の高地産の粉で打った、やや青みがかった色艶の蕎麦。非常にコシがあり、よくシメられた抜群の仕上がりである。一日に作られる量が決まっているので、予約しておくか早めに行くかしないと昼過ぎには売り切れてしまう。そば粉は産地や収穫の時季によって色がはっきりと異なるものらしく、比較にと東北産の赤みのあるそば粉も見せていただいた。とても面白いので、また珍しいそば粉が手に入ったらお邪魔することにしよう。

天丼とざるそばを食べればかなりお腹いっぱいになる。しかし、暑さで食欲をなくしてしまった胃も、美味しいものを入れれば俄然ヤル気を出して消化してくれるもののようである。
これだけ食べれば、夏バテすることはないだろう。
 


Comments:15

sekisindho 07-08-18 (土) 1:09

107さん、こんばんは。
またまた早々にお邪魔しております(笑)
前半の送り火と後半のお蕎麦、107さんらしくあまりの落差の大きさがかえって楽しめますね^^
お蕎麦は美味しい店ほど量が少なくてそれが不満なのですけど、以前にご紹介した荻窪のお蕎麦やさんも例外ではなくて、せいろ一枚ならそれこそお箸でひとすくいで食べ終わってしまうほどです。
ですからいつもせいろ一枚と鴨南一杯を食べてしまうのですよ。
寒い冬に食べる温かい蕎麦もいいですが、夏はことのほかいいものですね。

みどり 07-08-18 (土) 8:36

おはようございます。
ご自宅から五山送り火が見られるんですね。素晴らしいわ。こうしてお写真を拝見するだけでも、幽遠で荘厳な空気が伝わってきます。
そして、おそば!何て美味しそう!我が家も全員麺好き、蕎麦好きなので、この映像はたまりません。夏は麺類、ことに蕎麦はいいですね〜。家でのお昼にもよくしますが、蕎麦はやっぱりお蕎麦屋さんにかないません。

JIMO 07-08-18 (土) 19:26

先日、五山送り火のTV生中継見てましたよ。
どういうわけかわからないけど、子供の頃から大文字焼きに憧れみたいのがあって、
「京都ごっついなあ。」と大阪和泉で思ってました。(笑)
今は五山すべてが見える場所ってほとんどない!ってテレビで言ってましたよ。羨ましいです。

107 07-08-18 (土) 23:14

△ sekisindho さん
こんばんは〜。
ボクのお決まりの投稿時間が、sekisindhoさんが徘徊される(笑)時間と近いので・・・
いつも早々のお越し有難うございます^^
つるやさんのざるそばは、一人前の量がそこそこありますよ。空きっ腹でこれだけでいっぱいになるというものではありませんが、天丼と食べるとホントにお腹いっぱいになってしまいました。メタボ卒業以来、少食でしてね(笑
夏はホント、これに限ります。
△ みどりさん
おはようございます〜♪
五山は一応見れるというだけで、とても遠くて小さいです(´A`)
蕎麦はお店のに限ります。うどんならスーパーで売ってるよくある袋入りのものでも「許せる」部分があるんですが、あれの蕎麦になるといけません(笑
夏のお昼は麺類ですよね^^
△ JIMO さん
中継やってましたね。出だしの部分を見てて、そろそろ点くぞというときに上に上がりました。
ちなみにテレビで「ほとんどない」って言ってるのは、すべてが完全なカタチで、ということではないでしょうか。市内中心部の少し高い建物からだと、ボクの写真ぐらいにはどこでも見れると思います。でも写真のように「舟形」の下の部分が欠けていたり(手前に遮蔽物があるのです)、あるいは「妙法」の山がとても低いので文字の一部が角度によっては建物の影になってしまったりというような難しさがあります。
しかし、ナマで見れる有難みを少しは感じないといけませんね。有難うございます^^

piro55 07-08-19 (日) 0:49

こんばんは!
あぁ、美味しそうですね。
これは美味しいでしょうね。
しかし、最近困ったことに油物を食すと胸焼けを起こすようになりました。
きっと夏バテでしょうが、こんなに素晴らしい天丼を前にして
胸焼けなんていってられませんね。
私も美味しい天丼に出会いたい。
そういえば、報告し忘れておりましたが、私の減量勧告は解除されました。
が、実家でパクパク、グーグー、もぐもぐ、ゴロゴロでまた肥えています。

Solo 07-08-19 (日) 7:59

おそば、天丼おいしそうです。
北海道もここ連日猛暑続きで昼には毎日お蕎麦でした・・・
京都の送り火、いろいろあるんですね、知らなかったです
こちら(北海道)で京都の送り火のといえば 「大」 というイメージ、他にもいろいろあったのですね、たぶん知らない人多いと思います。

マロニエのこみち・・・。 07-08-19 (日) 14:53

本当に全部見えるんですね!
屋上は、マンションの方でいっぱいになるのでしょうか?
ざるそば美味しいですよね〜♪
最後に本わさびの利いた熱いそば湯を飲むと元気になります
天麩羅もいいですけど、やまかけも好きです♪
夏は、ざる蕎麦ばかり食べていた頃がありましたけど、あの頃はメタボとは無縁でした(笑
当時よく行っていたのは木屋町吉野鮨の隣の小さな蕎麦屋さんでした^^

森の音 07-08-19 (日) 21:30

さすが107さん。
シズル感がふわぁーと漂う天丼と蕎麦です。
五山の送り火、もう長いこと本物を見ていません。
幼い頃は、これが消えていくと夏も一緒に終わっていくようで、
とてももの哀しかった記憶があります。
京都の数ある風物詩の中でも、わびさびを最も感じるのが、
この送り火だと私は思っていますが、
いかがでしょうか。

オードリー 07-08-19 (日) 23:21

送り火。「大」の文字しかしりませんでした。いろいろあるのですね。
パノラマでみれるなんて。。。凄い!
蕎麦。ぜひ食べてみたいです。
そろそろ、秋の準備ですね^^。釣師殿。

107 07-08-20 (月) 1:08

△ piro55 さん
こんばんは〜♪
ええ、美味しいですとも!(´∀`)
ボクも近頃、油物で胸焼けします。こっちの場合は年齢が原因でしょうけど(笑
しかしこの天丼、胸焼けしません。ソバと一緒に食べるのが功を奏しているのかなとも思いますし、揚げ方にもコツがあるのだろうと思います。天ぷらを揚げるときの大将の手の動きが、ホントに妖しくて・・・「秘技!○○揚げ!!」みたいな感じです(笑
ご実家でゆっくりのんびりくつろいでおられるのですね。
たまにゃあ、いいじゃありませんか^^
△ Solo さん
暑いときにはソバが美味しいですよね。さっぱり感、涼感、麺の細さ加減などなど。
単なる「大文字焼き」というものは、日本全国にざっと調べただけで6カ所でやってます(京都を除く)。「大」の文字以外のものがあるのが、京都の伝統のようです。昔は十山あったと言われてるそうですが、戦後になって現在の五山になったとのことです。ボクもこれはつい最近知りました。地元のことなのに、知らないことはまだまだありますね。
△ マロニエのこみち・・・。さん
全部見えまっせ〜〜。すっごく遠くてちっちゃいですけど(笑
屋上は結構な人出です。でも十分にスペースはあります。
ソバは健康にもいいそうですよ。ソバ湯も全部飲みます。冷えたソバを食べた後に飲む熱いソバ湯が、これまた美味いんですよね〜
吉野鮨は行ったことないのですが、木屋町のその辺りって・・・
お、銀華じゃありませんか!(´▽`)
△ 森の音さん
いえいえ、恐れ入ります。
送り火は、森の音さんご幼少の頃はお馴染みですよね。ボクも北野天神の祖母の家の物干から毎年眺めてました。左大文字のすぐ近くなのでそれは大きく見えましてね・・・右大文字は小さく、他のは向きが悪くて見れずでしたが。
しかし現在、子どもの当時よりも何か厳かな心持ちで見ることができるようになったのは重ねた年齢の所為でしょうか。赤々と燃えて、やがて山肌に黒く沈むまで、ほんの十数分・・・ホントに、壮大な侘び寂びです。
△ オードリーさん
そうです、「大」だけではないのです。「妙」「法」など、ふたつの山に別々にあるのに同時に点火されたりして、なかなか有難い感じですよ。それに鳥居も。舟形の舟は、異界への渡し舟だと言います。こちらはそういうお土地柄のようです。
ソバは沖縄だとソーキそばになるのでしょうか。あれも大好きですよ。沖縄物産展とかがあると、そういうのも出店されていて、見かけると必ず食べます。溶けそうな豚バラ肉が病みつきです。
ご明察!心はすでに秋に向いております^^

メディック 07-08-20 (月) 1:22

数年前までは、顔が熱くなるくらい近くに住んでいたのですが(当然海関係のやつです、海○ですから)今年はズボラして自分もBSでした。BSのほうが臨場感あったりして・・・
しかし、何年か前のこの送り火の夜、私はすごい現象を目の当たりにしています。この話、誰も信じてくれませんが・・・  ヒドイ!

konatsu 07-08-20 (月) 8:19

京都ですんでたマンションの屋上から大文字(どっちのかは忘れました)が見えて懐かしいです。
107さんのマンションは全部見えるんですね!すごいな〜
冷麺の話ですが昔はあまり好きではなかったのですが最近「たれ」がすっぱいぽん酢みたいなやつからゴマだれの方に増えてきてるみたいでゴマだれがおいしく好きになりました。
今年の夏は冷麺を食べまくってます。

107 07-08-21 (火) 1:23

△ メディックさん
確かに顔が熱くなりそうですね。海関係ですか(笑
その、何年か前の送り火の夜の話・・・今度、ちゃんと聞かせてくださいな。
ええ、メディックさんのおっしゃることならボクは信じます、信じますとも!(´∀`)
△ konatsu さん
衣笠のが左大文字で、左京鹿ヶ谷のが大文字(左に対して右大文字とも)になります。
どっちだったのでしょうね^^
昔は冷麺ていうと酢の方でしたよね。ゴマだれを見かけるようになったのは最近(といってもそこそこにはなりますが)のことのように思います。ゴマだれも美味しいですね。
夏は麺類!食べまくっちゃってください♪

noobooboo 07-08-21 (火) 6:15

おはようございます。
関西では冷やし中華を冷麺というのですね。
今日のお昼に冷やし中華ウドンを作りました。笑
ウドンしか材料がなかったんですけど、どうしてもあのゴマ味が食べたくて。具もトマトと錦糸玉子と海苔だけ。
いがいに美味しかったです。
送り火、実際に見たことないんですが、
こうやって写真でも見られると、
なんだか得した気分になります^^

107 07-08-21 (火) 15:59

△ noobooboo さん
おはようございます♪
関西ではそうみたいです。ラーメン屋でも品書きに「冷麺」と表記されています。子どものころは、冷やし中華ってなんじゃい!?と思ってました(笑
ゴマだれ、美味しいですよね。うどんとゴマも合うのだから、冷やし中華ウドン/ゴマだれ風味、かなりイケるかも!
送り火をこうしてウェブでお届けしています。
ご覧いただきとてもうれしいですよ^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/08/173.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
送り火と蕎麦 from 107@BLOG

Home > 美味礼讃 | 日々のうたかた | 2007年の美味 | 2007年の日々 > 送り火と蕎麦

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player