Home > 美味礼讃 | 2007年の美味 > いただきもの

いただきもの

070728sushi.jpg
食べ物ネタが続くけど、決して食べてばかりいるということではないのでくれぐれも誤解いただきませぬよう・・・
こんな独房に閉じこもってする仕事でも、いただきものにあずかることがある。

まずは、山陰日本海の名産・焼鯖のお寿司。形容詞の位置が難しいが、名産はあくまで「焼鯖」であって、それを寿司にしたのは必ずしも地元の特産ではないそうだ。そういわれれば、焼鯖は山陰の名産としてよく聞くしまた見かけるような気がする。京都で言う「鯖寿司」は、鯖の切り身を酢でシメたものに昆布を乗せて押し寿司にしたものだけど、この「焼鯖寿司」はその名の通り、焼いた鯖の切り身を京都の鯖寿司と同じように押し寿司にしてあるものだ。ニクい小技として、上に乗せる昆布の代わりに、焼鯖と寿司飯との間に甘く煮たショウガの薄切りが挟み込んである。これがいい味のアクセントとなって、とても美味しくいただいた。
ご馳走さまでございました (_ _)

余談になるけど、同じ日本海、同じ鯖でも、若狭まで東に来ると名産は「鯖のへしこ」となって姿と味を変えるのだから面白い。さらに南へ下って、若狭小浜から京都に通じる街道筋は古くから都に鯖を運ぶ道として整備され、長い道中を保存する手段として酢でシメたり塩漬けにしたりしたそうである。今でもこの街道(国道367号線)は「鯖街道」と呼ばれて親しまれている。実はボクらが釣りに行くときには必ずこの道を通って若狭・敦賀まで出るので、個人的にもとても親しみがあるのだ。

070728sake.jpgさて、美味しい焼鯖寿司で腹ごしらえをして、一人過ごす夜更けのお伴は・・・これ。
日本酒。これもいただきものなんだけど、伏見の銘酒で、ちょっと変わり種らしい。これが美味い。まろやか。芳醇。さわやか。湯呑みで呷って調子に乗ってると腰が抜ける、ってなもんで・・・
銘柄は、内緒(モザイク処理済・笑)
ラベルだけ見て、当ててごらん。
このラベルも、すごく可愛くてお気に入りになってしまったのだ。

そういえば先日、とてもいい雰囲気で飲んだ焼酎もとても美味しかった。酒は、どのような酒にしろ、味やウンチクも必要だけど、飲む、酔うシチュエーションこそがもっとも大事だと思う。それによって同じ酒でも随分味が変わるし、その酒に対する認識も変わってくる。あるいはそういう飲み方とは別に、家族が寝静まってからこうして一人でチビチビやるなんてのもまたオツなものかもしれない、なんて思う今日このごろ。

ああ・・・でもこんな調子だと、せっかくメタボ予備軍を卒業したのに元の木阿弥になるかも(笑
 


Comments:10

メディック 07-07-28 (土) 1:11

キャーッ キャーッ 白いの剥がされている!
キャーッ キャーッ 条件反射!
寝ようと思ったのに・・・
グラスにナミナミ、やっちまった!
まっ いいか!

107 07-07-28 (土) 1:36

△ メディックさん
「いいではないか〜」
「あれ〜〜おやめくださいましお代官さま〜〜」
「(`∀´)ウヒヒヒヒヒヒヒ」
「いやぁ〜〜〜(ΩoΩ)」
てな感じで白い帯をくるくるくる〜〜っと(!?)むしりとってしまいました(笑
美味いっす!
御馳走さまでした (_ _)

ひぐちあきお 07-07-28 (土) 10:33

日本酒はやっぱ太りますねえ。
ビールもそうですけど、うちも頂き物となると、缶ビールのセットや日本酒(酒好き夫婦で通ってるもんで)。で、それを「片付けなきゃ」と飲んでいると、しらず体型がふくらんできます。
いや、ふだん、焼酎のウーロン茶割りを飲んでるから痩せるってわけじゃないんですが、毎日1時間、山を歩いてちょうどバランスがとれている体型が、たちまち変わってゆきます。
けれども、飲んでしまうのは、ヒラリーじゃないけど「そこに酒があるから」(笑)。
同じように、とくに外食なんかで子供が残したものを、もったいないと親が食べてお皿をきれいにしていくうちに、てきめんに太っていく現象があって、我が家では「ついでに太り」と呼んでおります。
そもそも過分に注文しなきゃいいんですけど。

みどり 07-07-28 (土) 21:30

こんばんは♪
夜遅くにコチラを拝見するのはキケンだわ〜(笑)。
↓のちくわの天ぷらも、この鯖寿司も、めっちゃ美味しそうなんですもん。
お酒もねぇ(溜息)。
たまりませんわ。

107 07-07-28 (土) 23:37

△ ひぐちあきおさん
醸造酒はやっぱヤバいみたいですねぇ〜
かといって、独りで蒸留酒をぐいぐいのんで夜中に「あらえっさっさ〜〜♪」となるワケにもいかず(*´∀`)
「ついでに太り」ありますあります(笑
今の時季は渓歩きと夏バテでかなり絞られてきますが、秋から冬になると冬眠用にまた脂肪を蓄えることになり、風船みたいに膨らんだりしぼんだりを繰り返しております。
△ みどりさん
こんばんは〜
みどりさんもイケるクチですのね♪
日本酒をチビチビやりながら、ちくわの天ぷらと焼き鯖寿司をつまんでいる図を想像してみてください・・・
お腹、ぐぅと鳴りませんか?(うっしっし

オードリー 07-07-29 (日) 1:49

封印を解くつもりですね。。。釣師さん。^^。
日本酒ですか。。。数える程しか飲んだ事がありませんが。。。
好きですねぇ〜^^。知らないうちに、足をとられるあの感じが^^。
おお〜っと。。。あぶないあぶない。。。^^。
メタボ。。。三重苦さんが四重苦に?。。。まさかね^^。

sekisindho 07-07-30 (月) 0:51

107さん、こんばんは。
選挙速報の合間にチョコッとお邪魔しました。
鯖寿司はよく食べますが「焼き鯖寿司」とは面白いですね。
写真のせいもあるのでしょうが、とても美味しそうですよ。
若狭といえば、私の叔父が昔「海の星」という鯖の燻製(?)のようなものを製造していて、これが美味しくて、幼稚園児だった私が大きな鯖一尾を一人で食べたとよく母親から聞かされたものです。
そのせいか今でも鯖は味噌煮であろうと焼いてあろうと大好きですよ。

107 07-07-30 (月) 1:41

△ オードリーさん
日本酒は普段あんまり飲まないんですよ・・・そう、あの、足をとられて腰が抜けるような感じで。でも美味い酒だと、知らないうちにどんどん飲んでしまったりも・・・^^
封印を解くと、ウワバミになられるのでしょうか。
それとも、ヤブヘビに・・・?(*´∀`)
どんな姿でも、その本質が変わらなければオードリーさんはオードリーさんですよ^^
△ sekisindho さん
あ、秘密を嘘で固めておられるsekisindhoさん、こんばんは( ´,_ゝ`)
ボクも選挙速報、見てました・・・っていうか、どこのチャンネル回してもこれしかやってないですね。投票もちゃんと行ってきましたよ。
「海の星」ですか。食べ物にしてはロマンティックな名前。さすがsekisindhoさんのお父上ですね。「海の星」と聞くと単純にヒトデだの夜光虫だのを連想してしまいますが、鯖の燻製とはいかなる連想によるものなのでしょうね。食べてみたいですよ!
鯖はホントに美味しいですね〜。
和サバじゃないとダメだという人もおられますが、
ボクはあのヤケに青いノールウェイサバも大好きです。

マロニエのこみち・・・。 07-08-03 (金) 7:55

せきさまの、その鯖の燻製、私も頂きたかったです!
ねえ、107さん^^
日本酒に鯖・・・
それだけで喉がなりそうです
それにしても、sekisindhoさんは、絶対に長生きされるんだろうと思いますね

107 07-08-03 (金) 22:26

△ マロニエのこみち・・・。さん
この日本酒は美味いですぜ! 醸造元はお近くですよ。
これから秋にかけてサバの脂が乗って美味しくなる季節です。
「せきさま」家の燻製の製法、ぜひ思い出していただきたいもんですね (´∀`)
風呂上がりに酢をお召し上がりになり、酒は飲まずタバコも吸わずでメタボとはほど遠く、ストレスも飄々と受け流されそうなイメージですし・・・長生きされるのでしょうね(すごい偏食家らしいですけどね!)

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/07/168.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
いただきもの from 107@BLOG

Home > 美味礼讃 | 2007年の美味 > いただきもの

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player