Home > 釣りにまつわるよもやま | 2007年の釣り > 出発の朝

出発の朝

070606prado.jpg

夜半あるいは未明、これから釣りの遠征に出かけるというまさにその瞬間・・・
クルマに乗り込み、運転席のシートに身を沈めた瞬間が好き。

星々がまたたく暗青色の夜空を見上げ今日一日の天気はどうだろうかと一瞬頭をよぎるものの、釣りに出かける最初の一歩を踏み出してしまったこの時点ではすでに天気のことはどうでもよくなっている。それよりは、夜明け前の透明な空気(季節を問わず、たとえ梅雨であれこの時間は一日のうちで一番空気が透明であるように感じる)が身を引き締めてくれる感覚や、今日の釣りがどのような釣りになるのかという期待で、身と心は満たされる。

実のところ期待は100%ではない。積み重ねてきた手痛い経験から、まったく釣れないかあるいは非常な根気と努力を要する釣りになるのではないかという不安もある。その不安もまた楽しみのひとつ、というような悟りの境地にまでは未だ達しておらず、期待80%、不安20%というのが正直なところだけれど・・・

でも、今日逢えるであろうサカナ・・・賢くて美しく、気高いけれども無邪気で、ボクの心を捉えて放さない魅力たっぷりのサカナに逢うために・・・
そのためにいかなる代償を払うことになろうとも後悔のない想い、ただそれだけのために、ボクはまるで夢遊病に冒されたかのようにこの未明の空気の中に彷徨い出てくる。

さあ、この透明な空気を切り裂く一陣の風と化して、
ボクを呼び、待っててくれるあの水の畔に向かおう。
Get It On, Bang A Gong!
 


Comments:11

piro55 07-06-06 (水) 0:05

こんばんは!
なんだか、片思いの人に会いに行く時みたいな気持ち。
読んでいてそんな気持ちになりました。
でもそれよりももっと純粋なのかもしれませんね。
私はこんなに心地よい期待と不安を感じたことはあるのでしょうか?
とても羨ましいです。

sekisindho 07-06-07 (木) 0:12

107さん、こんばんは。
ハードボイルドっぽくて破滅型のようなイメージを振りまきながらも、こんな純粋な詩情にあふれた心をお持ちなのが、107さんの魅力なのでしょうね!
素直に受け取ってくださいよ(笑)

107 07-06-07 (木) 11:58

△ piro55 さん
こんばんは、レス遅れましてすみません。
この記事を投稿後、片思いの恋人との逢瀬に出かけて参りました。
もちろん逢うことができて、暗くなるまで思い切り楽しんできましたよ^^
早々に有難うございます。
△ sekisindho さん
こんばんは〜
仕方がないので素直に受け取らせていただきます・・・ハードボイルドはいいのですが、ときどき茹ですぎてカンカチコに固くなってしまいます(笑
いつも好き勝手してるボクのブログにおつきあいいただき、有難うございますね^^

マロニエのこみち・・・。 07-06-07 (木) 20:20

>賢くて美しく、気高いけれども無邪気で、ボクの心を捉えて放さない魅力たっぷりの・・・
わざわざ遠出しなくても、ここにいるじゃないか・・と言ってみたくなりましたが
ふと我が身を振り返り、止めました(爆笑
・・・いいお車ですなあ・・・

noobooboo 07-06-07 (木) 22:27

↓ウルトラマンも、水戸黄門の印籠も、そういう理由だったのですね!
考えてもみませんでした。笑
私も欲しいものとかゆっくり考えて買うのが好きです。
すぐに手に入ってしまうと面白くないですものね。
こんなに好きな趣味があるって、いいですね^^
羨ましいです。

オードリー 07-06-07 (木) 23:11

>そのためにいかなる代償を払うことになろうとも後悔のない想い、
本望というにふさわしいのでしょうね。
三重苦よりも勝っていることがよく伝わります。
人生は短い!ゆるされるチャンスがある時に無心になって望めること。。。。素晴らしいですね^^。

メディック 07-06-08 (金) 10:52

いい、いい。
「夜半あるいは未明」ドキドキする。
これから始まる何かに突入して行く時、血が騒ぐ
さりげなく映っている「月」も奥ゆかしくて最高です。
あぁ、冷えた空気に会いたくなってきた。

107 07-06-08 (金) 13:30

△ マロニエのこみち・・・。さん
そこにおられましたか!?
う〜む。食べ過ぎでお腹パンパンのアマゴも好きですよ(爆
でも、大姉アマゴを仕留めるなんてとてもとても・・・(*´∀`)
一昨日の釣りの現場で遭った急なにわか雨・・・
バケツをひっくり返したような強烈な雨で、クルマはピカピカになりましたヽ(´▽`)ノ
△ noobooboo さん
パソコン復旧、よかったです〜 (^-^)
そう・・・すべからく人生はお遊戯のようなもので・・・あるいは誰かが言ったように「中を開けてみなければ分からないチョコレートの箱のようなもの」だとすると、箱を開けて中にどんなチョコが入ってるのか見て、食べて、味わう、その過程をゆっくりと楽しみたいと思ってます。
結論をすぐに出してしまうとウルトラマンも水戸黄門も5分で終わってしまいますね(笑
うん・・・これが好きです^^
△ オードリーさん
今日はしっとりと真面目なコメントで・・・^^
釣師がよく「オラは竿握ったまま死ねたら本望だぁ」などと言うのですが、ボクはそのクチではないのですけれど・・・でも、三重苦ごときには負けませぬ(笑
人生は短いですね。どう生きて、どう死ぬか。
永遠のテーマです。
△ メディックさん
ドキドキしますでしょ。夜中過ぎから明け方にかけての空気、なんとも言えず好きです。
その時間、空に浮かぶ月も。
風になってどこまでも走っていけそうな。そんな感じ。

futaba 07-06-09 (土) 8:25

センスのいい写真がそうさせるのか、今回みなさん詩的で、まるで哲学の同人誌に舞い込んだみたい。
しつけのいいかたの集まりはなんともはや心地いいですね。
夜明け前の三日月、この車でこのままホグワーツに飛びそうな雰囲気です。この間から思うのですが、107さんの前世はイギリス人(それも北の方)だったきがするなぁ。
>追伸
どうも私のテリトリーは時代劇世代の最上段みたいです。

森の音 07-06-09 (土) 22:15

こんばんわ。
最近はあまり遠出はしなくなりましたが、
以前は高原、木曽、荘川などによく出かけておりました。
もっとも遠さと魚の出は比例するわけではないのですが、
なんか遠いところに行くとつれそうな気がして・・・
この記事を読んで久々に遠征したくなりました。
梅雨の間隙を縫って、前夜から出発して木曽にでも行ってみようかな。

107 07-06-09 (土) 23:50

△ futaba さん
ボクのブログにお越しいただく方々は、みなさん詩的でいらっしゃいます。futabaさんももちろん!
みなさんに比べたらどうもボクだけしつけが悪いようで、気まぐれのやりたい放題でございます(恥
ボクの前世はサカナだったりして・・・(*´∀`)
月とホグワーツ、いいですね^^
このクルマが空を飛んでくれたら・・・どんなにいいでしょう!
行きたいところに飛んで行けますものね!
時代劇、ボクも好きですよ。
でもちょっとヒネったのが好み・・・性格ゆえかな(笑
△ 森の音さん
遠征はいいですね。
>遠いところに行くとつれそうな
よおく分かります!(笑
ようやく最近、走った距離と釣果は比例しないということが、頭でだけでなく体でも理解できてきましたが、それでも、ややもすると遠くへ遠くへと意識が飛んでしまいます。
梅雨の合間の釣りも風情があって好きです。
ぜひ、遠征なさってみてください^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/06/158.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
出発の朝 from 107@BLOG

Home > 釣りにまつわるよもやま | 2007年の釣り > 出発の朝

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player