Home > 仕事はつらいよ | おもひでポロポロ > 深夜の仕事

深夜の仕事

070405pcimage.jpg
先日、ある雑誌の仕事を受けた。友人の紹介で回ってきた東京の出版社が発行する月刊紙の編集校正の一部を請け負うという仕事だった。

出版・印刷関係の仕事というのは、ご存知の方も多かろうが激務である。「生き馬の目を抜く」とはまさにこの業界のことだと得心する、校了前は数日泊まり込みで徹夜なんてのは当たり前で、ゆえに編集者や関わる人たちの入れ替わりも激しい、ハードワーク中のハードワークなのだ。
受けた仕事も、ご多分に漏れずそんなスケジュールだった。昼過ぎにざっとした説明をもらって、夕方6時過ぎに書き立てのホヤホヤの原稿が来て、それを当日中(すなわち翌朝までとの意味)に仕上げてほしいとのこと。印刷所もずっと開けて待ってるらしい。それなら、と馬力をあげて、エイヤっと深夜1時に仕上げて完成データを送った。深夜の2時ごろに担当の編集者の携帯に電話してみてもすぐに出てきて手際よく話しをするので、寝ていた風もない。
若そうな編集者が溌剌とした声であれやこれやを対応したり手配してくれるのが、久しぶりにとても新鮮で、それに接してみてふと10数年前、ボクがデザイン事務所に勤めていたときのことを思い出した。グラフィック・デザインと横文字でカッコよく言いはするものの広告屋として出版・印刷と同じ業界の範疇に入るので、同じように時間の概念のない仕事だった。急ぎの仕事が続くときは、連日深夜まで働いていたし、徹夜が続くこともあった。アシスタントという立場で余計にハードだったのもあって、仕事以外には何をする精神的・肉体的余力もないほど疲れきった日々だった。もちろん、大好きな釣りにも行けなかった。結局、フラストレーションを溜めに溜め「もうこんな仕事するもんか」と思って、4年目にさしかかったところで辞めてしまった。
しかし因果は巡るというものか、それからほんの少し充電期間を持っただけで、ある会社に就職し広告制作の部門を担当することになった。その後広告以外の仕事も兼務したり所属先が変わったり最後には独立もしたけれど、そのままずっとこの仕事を続けている。つまるところ「これしかできない」というのが本当なのだろうと思う。
先日の若い編集者との触れ合いは、そんな自分の若かりし日の記憶を鮮明に思い起こさせてくれるものだった。深夜までの仕事は体力的にはそれはキツいのだけど、しかし、とても心地よかったのだ。終わった後にはすごくハイになって、深夜にもかかわらず無性に誰かにお話しをしたくなったりもした。
そして同時に、もし、ボクがあのときあの仕事を辞めていなかったら・・・という想いも、深夜の闇に紛れてふと頭をよぎる。もしそうだったなら、きっと今とは違う人生を歩んでいただろうと。いろんな人との出逢いも違ったものになっていただろうし、釣りにもこれほどのめり込んでいなかったかもしれないと。それはそれで、とても興味深い人生の選択であったかもしれないと思うのだ。
しかし・・・ボクは自分が通ってきた道・・・決して平坦な楽な道ではなかったけれど、その道を自分の足で歩いてきた結果として出来上がった、現在のボクが好きである。少々、偏屈で皮肉屋に仕上がってはしまったけれど、でもとても気に入っているのだ。
ホントにナルシストと呼ばれようとも!(笑


Comments:14

noobooboo 07-04-05 (木) 12:28

就職して二年で結婚、出産で退社して・・・
早かったな〜と思います。
不況で入った会社なのに、あっさり・・・
頑張ってる女性からすると、腹が立ちますよね、きっと。
でも、私の人生ですから、後悔してません^^
>ボクが好き・・・
ナルシストの男性が近くにいないので、すごく新鮮な言葉です。笑
お仕事、お疲れさまでした〜!

107 07-04-05 (木) 16:20

△ noobooboo さん
人の一生はいろいろですよね。巡り会いも運も、偶然のようで必然だったりと。
ナルシスト、身近にはおられなくてもネット上でのお付き合いには結構あちこちにおられますよね・・・ほら、あっちにも、こっちにも(笑
今回の記事は「love」じゃなくて「like」の方で・・・水面や鏡に写った自分を見て「好き・・・」なんぞと気色悪いことは思わないです(笑
以前は自分のこと好きじゃなかったことがあったのですが、最近、ようやく好きになってくることができました。好きというと語弊があるかな。自分を認めるという方が近いかもしれません。
でもこういうこと書くの、あ〜〜恥ずかしなんですよ!(*´Д`*)

Solo 07-04-05 (木) 21:38

こんにちは。
印刷関係の仕事は本当に激務ときいています。
以前知り合いに印刷やに勤めている人がいましたが48時間業務とかザラだったようです、頭がボーっとして指切断とか聞きましたよ。
業務は違うと思いますが御自愛してください。

オードリー 07-04-06 (金) 8:00

深夜の仕事。。。
看護婦の仕事でいうならば、深夜勤ですね。
仕事の内容は違うとしても、
>深夜までの仕事は体力的にはそれはキツいのだけど、しかし、とても心地よかったのだ。
よく解ります。それと同時にこの記事を読んでいて、何故か私も似たような想いにかられましたよ〜(同世代ですかね。。。笑)
>しかし・・・ボクは自分が通ってきた道・・・決して平坦な楽な道ではなかったけれど、その道を自分の足で歩いてきた結果として出来上がった、現在のボクが好きである。
そして、そう綴られてあるあたりなんか。。。カッコイイじゃないですか?^^。
自分が好き。自分の人生が好き。
107さんの「感謝」の源を少しだけ覗いたような。。。そんな、素敵なお話ですね。。(褒めてるんですよ、釣師さん^^)
春ですね。。南国沖縄の我が家では、先日衣替えをしました^^。

メディック 07-04-06 (金) 17:43

私も昔は毎夜2時3時はザラでした。(仕事ですよ)でもその時の仲間のことは、今でも忘れません。月並みですが目的を同じにして戦った戦友のようなものです。みんなそれぞれ羽ばたいて行きましたが。
飛び続けるのもなんなんで、たまにはどこかの軒先で羽を休めてゆっくりしていてくれるといいのですが。
と言ってる私は、最近6時過ぎには自宅にいます・・・

107 07-04-06 (金) 21:08

△ Solo さん
ご存知なんですね。印刷所の勤務の人は、忙しいときは本当に大変だと思います。徹夜が普通、てな感じですから。
ボクはそのテの仕事は今はあんまりしてないので、働き詰めで徹夜なんてのはほとんどありません^^
有難うございます。
△ オードリーさん
単に深夜勤というだけじゃなくて・・・昼勤で働いていて、夜勤と交代のときに交代者が急病で来れなくなって、そのまま深夜勤を続けなければいけない、みたいな感じだとお考えください・・・
看護婦さんの世界でも、そういうの結構あるのかな。
若いときはできましたけどね・・・同世代さん^^
お褒めいただきまして、有難うございますね♪
はや、衣替えですか。女性の夏着、好きです(笑
△ メディックさん
> 仕事ですよ
ホンマかな〜〜〜(笑
人間は鳥にはなれませんから、飛び続けるのはしんどいでしょうね。
今はボクも、深夜まで仕事してるかわりに朝寝坊がひどいです・・・
6時過ぎって・・・ボクにとっては、「これから!」の時間だったりして(笑
いつも有難うございます〜^^

sekisindho 07-04-07 (土) 0:16

107さん、こんばんは。
申し訳ないことに、仕事ではないのですが、ここんとこ忙しかったのでチョッとご無沙汰してました。
>「これしかできない」というのが本当なのだろうと思う。
これは強いですね。
反対に読めば「これだけはできる」ですから、「これくらいならできる」の私とはえらい違いだと思います。
>偏屈で皮肉屋
これもまた良いですよ。
私も見てくれはソフトなのですが、自分的には偏屈で皮肉屋目指してますから。

107 07-04-07 (土) 23:45

△ sekisindho さん
こんばんは〜。新年度ゆえからか、なんだかバタバタするのはいづこも同じ春のあけぼの〜(笑)ですね。
いえいえ、ホントに「これしかできない」のでして・・・(´A`)
反対にお読みいただかなくて、そのままでお願いします。
> 偏屈で皮肉屋目指してます
って・・・偏屈はどうかなと思いますが、皮肉屋においてはもう十分にそうでいらっしゃるような気が・・・(失礼!^ ^;)
いつも有難うございます〜

森の音 07-04-08 (日) 22:03

107さん。こんばんわ。
私も数年前には情報誌の編集アンカーをしておりました。
毎晩遅くまで仕事をして、時間という魔物と戦っておりました。
この仕事の醍醐味は終えた後の充実感と、本が出た時の喜び。
もう今はリタイヤしてしまいましたが、
その感覚は今も新鮮に残っております。
今は全く別の仕事をしておりますが、
昔の仕事仲間に聞きますれば、
今はネット中心になって写真の校正も甘々とのこと。
ちょっと寂しい気がいたしております。
ブログをしている人はほとんどが
ナルシストだと思います。
とことんナルシストでも自分が肯定できれば良いじゃないですか!

107 07-04-09 (月) 1:55

△ 森の音さん
こんばんは〜
森の音さんも元ギョーカイの方でしたか。お疲れさまでした・・・^^
媒体もどんどん変化しますね。ついていくのがやっとで、息切れしますよホントに(笑
そうですね・・・ブログをやってる方は大なり小なりナルシストなんでしょうね。
ボクはとことんナルシストにもなりきれなくて、ベクトルがあっちへ向いたりこっちへ向いたりと千鳥足もいいところで、なんとかやっておりますよ。でも、そういう覚束ない自分自身も、森の音さんがおっしゃるように肯定できるようになった、それが救いだろうかと考えております。
有難うございます^^

マロニエのこみち・・・。 07-04-09 (月) 7:27

おはようございます〜♪
ナルシスト並木菩薩、今朝は4時半に起きました〜♪(笑
自分が好き・・・
いいことですよね
編集の仕事、面白そう・・・
こんど、なにか違う仕事を選びなさいといわれたら、私も経験してみたいです♪
私も、徹夜は平気ですよ^^
どんなおしごとも、結果が見えて、そして先立つものがきっちりと伴えば
なにも言うことはないのですけどねぇ・・・(ふ〜〜ため息)←苦笑

107 07-04-09 (月) 21:45

△ マロニエのこみち・・・。さん
えらい早い朝ですね〜。お早うございます・・・って、今はもう夜ですが(笑
マロニエさんも生活のパターン結構ムチャですよね。
編集の仕事ですが・・・ホントに大変ですよ〜
やりがいはあると思いますが、さて、その先立つものについてがいかがなものかと・・・
ボクは、できたら避けて通りたい職業です(笑
ちなみに今のボクの仕事は「数こなしてナンボ」の「貧乏ヒマなし」ですから・・・
避けて通る意味はないかもです_| ̄|○
いつも有難うございます^^

piro55 07-04-09 (月) 23:50

こんばんは!
「これしかない」と思って仕事に励んではおりますが
「これしか出来ない」と私などが迂闊に言ってはいけないのだと思いました。
胸を張ってそういえるように頑張らないといけませんね。
ナルシストと言われようとも!!

107 07-04-10 (火) 10:15

△ piro55 さん
「これしかない」が、経験を積んでいくことでやがて「これしかできない」になるのでしょうか。でもボクの場合、始まりは「これしかない」ではなかったような・・・。
「なんでもできる」と、根拠のない自信みたいなものも若い頃には必要かも、なんて思いますよ。こっちの方がナルシストかな^^
いつも有難うございます^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/04/147.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
深夜の仕事 from 107@BLOG

Home > 仕事はつらいよ | おもひでポロポロ > 深夜の仕事

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player