Home > おもひでポロポロ > ゲリラ雪

ゲリラ雪

土曜日は仕事の打ち合わせで名古屋まで遠出だった。
昨年の秋の釣り以来の遠出で、久しぶりに高速道路の一人ドライブを満喫してきた。本当は隣に気心の知れた話し相手がいてくれるのがいいのだけどね。
名神高速道路を京都から岐阜羽島というところまで約1時間半ほどのドライブだったのだけど、途中に関ヶ原という名神一番の難所を通る。ご存知の通り中世の昔からの交通の要所で、天下分け目の合戦が行われたところとしても有名だ。ここが難所というのは、地形的な要因で冬に強い風と突発的で局所的な大雪が降るからである。彦根を過ぎて関ヶ原に至る途中、道路脇に「ゲリラ雪に注意」という看板が出ているのだけど、この「ゲリラ雪」というのが本当にすごいのだ。

初耳の方のために、JAFのサイトから以下の文を引用しておこう(一部抜粋)。

ゲリラ雪
広い意味では突如降る強い雪全般を指す俗語のようですが、ドライブにおいては名神高速の養老サービスエリア、関ヶ原IC(どちらも岐阜県)あたりから八日市IC(滋賀県)あたりまでの区間で降る局地的で予測不可能な突然の雪を指す俗語としてよく使われます。短時間に猛烈な雪が降ってくることも多く、冬にこの地域を通過する場合は天気予報が「晴れ」と予想していても雪に対する心の準備とチェーンなどの装備を整えてから出発しなくてはいけません。

この「ゲリラ雪」の看板を初めて見たときは、機関銃を乱射しながら雪が降ってくるのかと思ったが、そういうことではないらしい(笑)。しかし突如として握りこぶし大の雪のカマタリカタマリが空からたくさん落ちてきて、見る間に埋もれてゆく、そんな遠慮会釈のない雪である。「なごり雪」は降るときを知るらしいが、「ゲリラ雪」は何の前触れもなく突然大量に降ってくるので恐ろしいのだ。
10年ほど前の釣りの遠征で、こいつに出逢ったことがある。降り始めにギリギリで関ヶ原をすり抜けて、釣りの現場にほど近いひとつ向こうのインターチェンジで降りることができたのだけど、現場を目の前にしてみるみる雪が降り積もっていきそれ以上クルマを進めることができなくなって、あきらめて引き返すしかなくなった。
そして帰り道が大変だった。お昼ごろに這々の体でさっき降りたばかりのインターに着いて高速に乗ることができたものの、関ヶ原でゲリラが暴れているとのことで、全面通行止め。関ヶ原インターで強制的に降ろされて下道を走れと言う。しかしそんなドカ雪が降る峠の中で降ろされても手も足も出ないのであって、そもそも雪で進める道が少なく、あってもあちこちでクルマがエンコしているなどで通ることもできなかったりして、彷徨いに彷徨ったあげく身も心もボロボロになってそれでもなんとか京都に帰り着いたのは、翌朝午前5時だった。
季節はちょうど今ごろのことだった。
今思い出しても鮮明に甦る、苦い記憶である。
ゲリラ雪、恐るべし。


Comments:13

マロニエのこみち・・・。 07-02-26 (月) 7:25

福井や岐阜方面に行く高速、単調で眠くなりませんか?
私も時々仕事で行っていたのですけど、隣の営業さんが
眠くなっているのがわかって怖かったです(冷や汗・・
そして、あちらの天候は、だいたい京都とは正反対ですよね
こっちの天気がよければかならず雨が降ってくる・・・
それにしても、その『ゲリラ雪』というのが降るころには
幸いにして行った事がナイのです
聞いただけで怖そうですね・・(汗

kajino-koichi 07-02-26 (月) 18:47

僕も10年ほど前、同じ日かもしれませんが、長野からの帰り、積雪のため岐阜羽島から国道に降ろされ、これはと思い、ガソリンを満タンにして、食料をコンビニで調達してから峠に向かいましたが、案の定大渋滞、一夜を車の中で明かしました。気分の悪くなった人が続出で救急車も思うように走れず大変な状態でした。これもゲリラ雪でした。なんでもゲリラは良くない

107 07-02-27 (火) 1:44

△ マロニエのこみち・・・。さん
確かに、大津を超えて米原に至るまでの数10キロ、ひたすら景色も単調で面白くないドライブが続きます・・・。
福井は日本海沿いですから、京都の気候とは随分違いますね。
「ゲリラ雪」、できれば遭わないに越したことない乱暴なヤツらです。
なにかで冬にあそこを通りがかられるときは、ご用心を。
ボクもバタバタしてますが、マロニエさんもお忙しそうな感じで・・・
くれぐれもご自愛くださいましよ^^
△ kajino-koichi さん
「ゲリラ雪」遭われましたか!
大雪だからとあそこで高速降ろされても、手も足も出ないですよね。
この雪の中どうせえっちゅうねん、と。
それならまだ速度30キロ規制とかで高速使わせてくれる方が、いくらか親切だと思うのですが。
ゲリラはよくありませんね。
正々堂々と来い!てなもんです^^

noobooboo 07-02-27 (火) 6:38

動きは鈍く、喋りはトロトロ・・・の観音ですが、一度怒るとギアチェンジ。
コントロール(何のことかわかりますね?)はいいし、早口だし・・・・まるでゲリラ^m^
いつもは穏やかなんですよ〜(たぶん)
一時間半くらいのドライブは楽しいですね。
私もどこかに行きたいな。
ところでsekishindhoさんのブログ・・・お引っ越しされたのでしょうか?

オードリー 07-02-27 (火) 8:44

雪の降らない沖縄ではまるで本の中のお話みたい^^。
生活がかかっているところでは そうもいかないでしょうね。。。
沖縄でいえば「にわか雨のスコール風」でしょうか?朝天気カンカンなので、お布団を干して来たら。。。ガーっとスコールみたいな雨が駆け抜けて行って。。。あとはピッカーン。布団はびしょしょ….。
しかし、車が動けなくなる事はないからなぁ。。
ホントですね。ゲリラ雪。恐るべし^^。(でも、なんか響きが好き^^ 変ですか。。)ゲリラ雪!

107 07-02-27 (火) 18:17

△ noobooboo さん
ギアチャンジされたら怖そうですね〜〜
ゲリラの仕掛けた地雷踏んだりしたら、大変なことになりそう(*´Д`*)
ドライブは、あまり短すぎず、長すぎずがいいです。一人もいいけれど寂しいときもありますので、心の通じ合う人が隣にいてくれるのが一番で、楽しいかな^^
sekishindhoさんち、回線を変更されたようなので、その継ぎ目だったのかも。今日は元気に鼻の下を伸ばして・・・じゃなくて(爆)、普通に見れましたね。
△ オードリーさん
雨と雪じゃ、エラい違いなんですよ〜〜
「ゲリラ雪」という語感が、なかなかに笑えますでしょ。ボクも大のお気に入りでして(笑
「ゲリラ雪」・・・なんじゃそれ、って。マシンガンを撃ちまくりながら降ってくる雪を想像したりすると、むやみに笑けてきたりするのです。バカですね〜〜(恥

ひぐちあきお 07-02-27 (火) 21:59

もう20年以上も昔、大学時代ですが、東京から郷里の山口まで新幹線で帰っていました。関ヶ原付近を通過するときだけ雪景色になってて不思議でした。他のどこも雪なんて積もっていないのに、なぜかあそこだけ、大地に白いものがある。標高が高いのかと思ってましたが、今、思えばあれがゲリラ雪だったのだろうか。
ぼくの住むところはどちらかといえばゲリラ風が吹きます。
八ヶ岳おろしというんですが、近くに「三吹」という土地があって、地名の由来は、八ヶ岳と南アルプスと茅ヶ岳の三方向から風がおろしてくるからだそうで、さぞかし凄いことになってるんでしょうね。同時に吹いてきたら竜巻みたいに渦動が始まらないかなと、いらぬ心配もしてますが……。

ijin7wth2 07-02-28 (水) 16:09

こんにちは。
ゲリラ雪。何気なく効けば、誰かがふざけて付けた名と思いますね。
そんなに酷いのも、立ち話なら、「ソ〜ォ」。
実話を聞けば、恐い話。107さんの話だから忘れることはありません。
私は新幹線で冬何度も徐行運転をされましたが、運転が大幅に遅れて、運賃を返してもらったのは1度だけ。
退職間際になって運転を始めましたので、運転は未だ未熟。一度雪の中に出て、何人かの方に迷惑をかけた経験があります。以来、雪が降れば、雪が溶けるまで、車を使わないことにしています。
ゲリラ雪には生涯近づくことも出来ません。

konatsu 07-02-28 (水) 21:49

関が原はねえ…
かつての武者たちの怒りでしょうかね??
何度やられたことか!!
あのあたりで、ボードにいこうとしてて
立ち往生してしまい、結局一日かけて岐阜から京都まで往復するにとどまったことがあります
やはり武者のたたりですね

107 07-02-28 (水) 23:26

△ ひぐちあきおさん
関ヶ原はかなり特殊な地形が原因で気候も特殊なようです。
でっかい雪のカタマリが猛烈に降ってくるのをゲリラ雪と呼ぶそうで、降ってる真っ最中にアタると、新幹線も最徐行運転となりますから、ご覧になってたのはその名残かもしれません。
ゲリラ風も厄介そうですね。それがそのまま地名になってるほどだから、よほどなんでしょうか。洗い桶に水を溜めて服を放り込んでおけば天然洗濯機と化して勝手に洗濯してくれるとか・・・んなワケないか(笑
△ ijin7wth2 さん
ふざけてますでしょ(笑
でも、実際に降ってる現場に遭遇すればその命名の真意が分かると思います。そりゃあ、エゲつない降り方なのです。
雪の日のクルマの運転は怖いですね。ボクも雪がたくさん積もってるときはあまり出かけないように心がけてます。何度もひどいメに遭ってますので・・・
ご自重、正解です^^
△ konatsu さん
そっか!無念の討死をした武者たちの怒りと祟りなのかも。
単なる京都から関ヶ原までの往復って、空しいですよね。
いくら雪があるといっても、あの雪の降る中でボードするワケにもいかんですしね(笑
ホントにゲリラ雪恐るべしです。

piro55 07-03-01 (木) 0:18

こんばんは!
ご無沙汰しておりました。
「ゲリラ雪」初めて聞きました。
本当にどなたの命名かしら。
でもそれに遭遇すると、なるほど納得するような凄まじさなのでしょうね。
以前、我が家の大型犬が歩くのを断念するほどの大雪に見舞われたことがありますが、それは決してゲリラではなかったです。
でもこの冬、東京ではまだ一度も雪が降っていません。
少し寂しい気がします。

sekisindho 07-03-01 (木) 1:26

107さん、こんばんは。
昔、京都から東京に帰るとき、雪で新幹線が遅れがちだったのでお昼過ぎの早い時間の新幹線に乗ったのですが、やはり関ヶ原あたりで新幹線が止まり、結局夜中に東京に到着したことがありました。
冬のあのあたりはホントに鬼門ですね。
ところで、残念ながら今日も鼻の下伸ばすような美味しい出来事何もなかったですよ(笑)

107 07-03-02 (金) 11:52

△ piro55 さん
今冬は過去最高記録となる暖冬だったとか(2月1日気象庁発表)。
こちら京都市内も、積もるほどの雪は一度もありませんでした。
雪のない冬は寂しいもんですね。でも単に感覚的な風情の問題だけではなくて、雪のない冬が自然環境に与える影響はとても大きいのです。
たとえば・・・サカナが釣れにくくなるとかですね(笑
△ sekisindho さん
大雪のときは、新幹線も止まりますね。
そういえば、近々京都に来られるとか。
ゲリラに遭われないことをお祈り申し上げます^^
ところで・・・nooboobooさんのコメントに不謹慎にも大爆笑してしまいました。失礼申し上げました。sekisindhoさんの知人の方に、バラしのコメントぜひ拝見したいとくれぐれもよろしくお伝えくださいませ( ´,_ゝ`)

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/02/138.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ゲリラ雪 from 107@BLOG

Home > おもひでポロポロ > ゲリラ雪

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player