Home > お遊びの諸々 > シンプソンの夜

シンプソンの夜

070205bar1.jpg

先日、仕事がひと段落ついたので街まで飲みに出た。バスで四条烏丸というところまで行き、久しぶりに街の空気を嗅ぎながら景色を眺めつつ散策してみようかと考えて、そこから目的の河原町御池というところまでは少しあるのだけど歩いてみるとにした。

何ヶ月かぶりに歩く夜の繁華街は、まったく知らない建物や店がたくさんできていて、どこか他所の街に紛れ込んだみたいな感覚がして妙だった。かなり冷えた夜で、道ゆくアベック(死語だという指摘を受けたのだけど、そう言いませんかねみなさん?)がやたらとくっついて歩いているのを横目に見て「お。なかなか」とか「う〜む。いまいち」とか心の中で冷やかしつつ、のんびりと歩く。空気は冷えて寒々として、空には薄い雲がかかり月がぼうっと白く滲んで光る、そんな夜だった。

店は「TAVERN SIMPSON(タバーン・シンプソン)」といって、創業30余年にもなる老舗のバーだ(HPがないのでぐるなび地元のグルメ情報でご参照のほど)。「TAVERN」とはイギリス発祥の「バー」とか「パブ」とかいう意味に使われる言葉である。アラブ人が頭に巻く「ターバン」ではない。よく観光客のお客さんが間違って「ターバン・シンプソン」と言っているのを耳にするが、根本的に間違っている。アラブの気配は微塵もない、生成色と木目の壁にチェアレールの付いた内装の、イギリス式のオーセンティックなバーである。

070205bar2.jpgここのマスターとバーテンはボクの釣りの大先輩で、だから彼らと釣りに行くときは店が閉まる時間に迎えに来ることはあるのだけど、開いてる時間に客として来るのは久しぶりである。
昔から飲食の情報誌などによく載っているのと、すぐ隣が京都ロイヤルホテルということもあってか地元の人間や外人も含めた観光客でとても賑わっている店で(時にはびっくりするような有名人が来てたりする)、早い時間だと一人でもなかなか席にありつくことができないのだけど、この日は少し遅い時間だったことと、とても寒い夜だったこともあってか近頃には珍しく空いていて、ボクの目指すカウンターには他に2組しかお客さんがいなかった。

何をするにも控えめなボクは(笑)カウンターのはじっこに小さくなってへばりつき、とりあえずのビールを一本平らげて、次に最近流行っているという「ホットワイン」なるカクテルを頼んでみた。出てきたのを見ると赤ワインのカクテルらしく、中にクローヴのかけらが2つ浮いている。口元に持ってくると、むうっとするアルコールの揮発とともに赤ワインとクローヴの香りが鼻に抜け、一口すすると温かいアルコールが咽喉を通る。結構なパンチがある。訊くと、ブランデーにコアントロを赤ワインで割り、それを温めたものだそうだ。ちょうど良かった。寒い夜の街を歩いてきたので体が冷えていたのが、一気に暖まった。

070205bar3.jpgミックスナッツを齧りながら、次はジンを頼む。変なジンがあるというので、それをロックグラスでライム&ちょいトニックで飲むことにする。フランスのジンで、エギュベルという銘柄のものだ。ドライ・ジンではなくフレーバー・ジンという感じで、普通のドライ・ジンよりも香りが強く少し甘い。ドライ・マティーニには向かないかもしれないが、ロックグラスで飲む分には、こっちの方が味わいがあって好きだな。

このバーのカウンターに座った者はみな等しく、マスターの独り言とも客に話しかけているとも判別のつかない駄洒落と一人漫談を聞かされる羽目になる。それを聞くともなしに聞きつつ、あるいは適当な間の手や突っ込みを入れながら夜の更ける時間を楽しむ、というのが、シンプソンのカウンターの夜の気楽な過ごし方である。
2つおいて隣に独りで座ってたイカツいおばさん(あるいはちょっと年増なおネエさんと表現すべきか)がスコッチのボトルを目の前にでんと据えて飲んでいたのが去ると、次に壮年にさしかかったぐらいのおじさんがふらりと独りでやってきて、スコッチをブレンデッドにするかシングルにするかで悩んでいる。
「シングル、って言うとカッコいいぜ」と腹の中で思っていると「ブレンドで」ときた。思わず、ピカピカに磨かれた真鍮のカウンター・バーに乗せていた肘がズリ落ちた。好みが合わんというだけのことだけどね。他人の好みをどうこう言うつもりはない。カッコいいというのも、ボクだけの価値観である。

だらだらと思い出しつつ書いていたらとても長くなった。

まあ、こうしていつものバーのカウンターでの夜は更けていく。
店に着く前と後とも含めて、久しぶりのくつろいだ素敵な時間だった。
 


Comments:10

sekisindho 07-02-05 (月) 0:36

107さん、こんばんは。
やはりアベックはもう死語でしょう。たぶん。
私の場合は「ペア」ですか。けっして「つがい」なんて云いません。
京都ロイヤルホテルは2、3度泊まったことありますが、京都の夜で飲みに行く場合はたいてい所謂カラオケのあるスナックバーのようなところでした。
こんなお洒落な、大人のバーがそばにあったのですね。
そう言えば私が学生の頃は、ジントニックとかジンライムが流行っていて、ほとんど飲みもしないのに注文した記憶があります(笑)

みやび 07-02-05 (月) 1:01

「カップル」ですな。
ホットワインと言うカクテルが有るのですね。ワインを燗した物(文字通りホットワイン)がヨーロッパ辺りでは良く飲まれているそうですが、それとは別物なんですね。札幌の大通公園でクリスマスに開催されるドイツ物産展でホットワインを飲んだ事が有りますが、寒い夜空の下でソーセージを肴に飲むそれはなかなかの物でした。

piro55 07-02-05 (月) 1:44

こんばんは!
私は先日、「ベビーカー」を「乳母車」と言って爆笑されました…
ジンの入れ物が可愛くてどうしても欲しくて買ったことがあります。
飲めないのに。
でも豚肉料理に合う気がして、その後も料理酒として使っています。
置いてあると何となく見栄えがいい気がしてついつい。
お酒を楽しんで飲む、少し分けて欲しいものです…

マロニエのこみち・・・。 07-02-05 (月) 8:07

『だらだらと思い出しつつ書いていたらとても長くなった。』
いいですね〜
こういうだらだら感が、じわじわ酔いに入ってゆく感じに似ていて
一緒にバーのカウンターにいるような錯覚を起こしました
それより、このちょっと見えている赤いチェックのシャツが気になります
まさしく英国調のバーに座るにはグッドチョイスの服ですね〜〜♪
私も、同じような生地をたくさんストックしているので、
一着くらい自分のものを作りたいな〜と思っているのです
となると、ペアルックになりますね(笑
『あるいはちょっと年増な』美しい『おネエさんと』『アベック』で『ペアルックで』・・・(爆笑

107 07-02-05 (月) 13:07

△ sekisindho さん
死語・・・(´A`)
「ペア」ですか・・・「つがい」も実はちょっとヒネって言うときに使っておられたりして(笑
京都ロイヤルに泊まられたことあるんですね。
夜の街に繰り出しておネエちゃんのいるスナックで一人デュエットとか?(*´∀`)
ジンの飲み物は、昔流行ったみたいにロング(タンブラー)で飲むのではなくて、ショート(カクテルグラス)とかロックがシンプルで好きです。飲めるようになられれば、美味しいですよ!

△ みやびさん
「カップル」ね・・・
「アベック」と時代的には同じ匂いを感じるのはボクだけでしょうか (;´Д`)
そうそう、「ホットワイン」というのがあるらしいのです。普通にワインを燗したホットワインは、風邪のときにいいとか言いますね。野外でソーセージを肴にホットなドイツワインを飲むのも、美味しそうでお洒落でいいなぁ。

△ piro55 さん
「乳母車」間違ってはいないですよね!
爆笑される理由が分からん!と逆切れしてみては如何?^^
ジンを料理酒に、ですか。なんとお洒落な。
洋酒のボトルは凝ったのがありますので、見てるだけでも面白いですね。
飲んで楽しむ、ね・・・。機会があれば、お分けしたいものですね^^

△ マロニエのこみち・・・。さん
HAPPY BIRTHDAY!^^
誕生日も、少しおネエさんなんですね。ボクはあと数日で三重苦(笑
やはり、マロニエさんがこの生地に食いついていただけるだろうと思っておりましたよ。女王陛下のタータンチェック、ロイヤル・スチュワート。ご明察、有難うございます。
「美しい」という言葉が勝手に追加されてるのには目をつぶるとして・・・
『ペアルック』は恥ずかしい〜〜!!(笑

オードリー 07-02-05 (月) 22:47

ジンですか。いいですね〜。
私の好きなお酒の1つです。しかし、紹介されていたジンはドライ・マティーニには向かないとの事にて 残念。
それにしても カッコイイじゃないですか。釣師さん。
この記事の横に ニヒルなマフィアの写真があったらよかったのに^^
それで カッコヨク潰れずに溺れずに 帰りましたか 釣師さん^^

noobooboo 07-02-05 (月) 23:23

バーにはよく行きましたが、たいてい「アベック」で、でした。
アベックって・・・34年生きていますが、一度も使ったことないですよお。笑
一人でふらりと入る勇気はないです。今も。たぶん。
できたら楽しいでしょうね。はまってしまったりして。
私は時々現実逃避したくなるんです。
だから一人でドライブとかします。
頭の中ででも、一人の時に考えたりしたいことあるんですよね。
そんな時にこういうお店に来られたらいいでしょうね^^
今は夜に一人で飲みに行くなんて許してもらえませんから・・・。

107 07-02-06 (火) 1:45

△ オードリーさん
このジン、とても美味しかったですよ。
確かにドライ・マティーニのカクテルに使うのには不向きかもしれませんが、普通にジン&ベルモットとして飲むのには、ドライ・ジンとはまた違った味わいがあって美味しく飲んでいただけることと思います。
ニヒルなマフィア・・・
有難うございます。彼に伝えておきますね。きっと大喜びすると思います(笑
ええ。カッコよく潰れずに、しかしちょいと溺れ気味で帰ってきましたとも^^

△ noobooboo さん
「アベック」でね・・・(笑
一度も、ですか!?・・・世代の違いを、痛感しておりますです(涙
ひとりでバーのカウンターに座るのも、居心地のいい店と場所を見つければとても楽しいですよ。きっとハマると思います。
ボクもよく空想の世界に遊びます。
素敵なあのコと「ランデブー」で熱い「ベーゼ」を交わしつつ、めくるめく「アバンチュール」に身も心も・・・てな具合に。
あ、死語のオンパレードでした(笑

teardrop 07-02-07 (水) 17:43

大人の世界ですね〜。
お酒は、残念なことに体質に合わないようで・・。お酒を飲むと、調子が悪くなってしまうんです(T_T) 体に良さそうな、養命酒でも飲み始めて数日後、蕁麻疹が出てしまいました(;^_^A
実家の父は、かなりお酒を飲む人なんですけどね。どうも私は母方の体質を受け継いでしまったようです。

107 07-02-07 (水) 23:36

△ teardop さん
養命酒でも、いけませんか・・・ホントに合わないのですね。
ボクも、元はそんなに強い体質ではないのです。しばらくお酒を飲まないで久しぶりに飲むとすぐに酔っぱらってしまいます。続けて飲むと、いわゆる「飲み上がり」というのでしょうか、それで強くなったように感じるだけで・・・
でも久しぶりでも、誰かと飲んだりグループで飲んだりして、それがとても居心地がいい場だと、これまたどんどん飲めたりもするのですがね(笑
気分屋なもので・・・^ ^;

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/02/134.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
シンプソンの夜 from 107@BLOG
pingback from 107@BLOG · 冬の夜の 10-07-08 (木) 15:01

[…] すっかり出来上がって河原町御池へと繰り出し、久しぶりのタバーン・シンプソンへ。 ちょうど昨日が開店33周年の記念日だったらしく、客にシャンパンが振る舞われているところだっ […]

Home > お遊びの諸々 > シンプソンの夜

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player