Home > 釣りにまつわるよもやま | 2007年の釣り > 三重苦

三重苦

070202hakuba.jpg

しばらく仕事漬けでこれといったできごともなく淡々と日々を過ごしていて、気がつけば2月になった。早いところでは昨日1日から渓流釣りが解禁となるから、釣りに行こうと思えば行けるようになったワケだ。

しかし。いかに今年の冬が暖冬とはいえ、山や渓流のこの時季の釣りはそうは甘くない。以前なら雪の名神高速をかっ飛ばして岐阜近辺の渓に出かけ、吹雪の中でもメゲずに釣りをしていた。この時季はとても小さな毛鉤を使うことが多く、それが降りしきる雪で視認できなくなったり、あるいは河原を歩くとウェイダーのフェルト底にどんどん雪がくっついてきて一歩ごとに背が高くなり、最後にはすってんころりんとひっくり返って大笑いしたりなどして遊んだものだけど、ここ数年はとんとご無沙汰である。寒さにめっきり弱くなったというのもその理由のひとつだけど、それよりもっと大きな理由があるのだ。

20代の終わりごろの、ある早春。「雪代(ゆきしろ)」と呼ぶ緑がかった雪融け水がたっぷりと流れる渓で、遠くのライズを狙って腰まで水に浸かり、まる一日釣りをしたことがある。一日中だらだらと虫が羽化し続け、それを摂餌するサカナのライズが途切れることなく続いて、大変愉快な時間を過ごすことができた。

異変は、帰り道から起きていた。それまでも、痺れるような水の冷たさに下半身が半分麻痺したような状態で分からなかっただけなのかもしれないけれど、下半身の関節、特に腰と膝を曲げるのが非常に曲げにくくて苦しく、クルマのシートに座っている間もずっと、腰から下、お尻のあたりにかけて痺れるような違和感があったのだ。

帰宅してひと眠りした次の朝、起き上がることができなかった。ギックリ腰。これが初めてのギックリ腰だった。そして膝が痛くて曲げられない。膝関節炎。這うようにしてトイレに行くと、さらに最悪のできごと。立ってられないので座って用を足そうとすると、お尻から大量の鮮血が噴出したのだ。・・・そう。ぢ。痔。

いきなり襲ってきた三重苦。とにかく動けないのでその日は仕事を休み、自宅で寝たきりで過ごすこととなった。医者には行っていないので正確には判断しかねるが、いずれもが相当の重症だったと思う。翌日からなんとか体を騙し騙しして仕事には行ったものの、ずっと座ったきりで数日過ごした。

この三重苦、それから10年近く経った今もフラッシュバックのように現れてはボクを苦しめてくれる。ギックリ腰はこのブログでも幾度か取り上げているし、膝関節炎は特に季節の変わり目にシクシク痛む。あるいは湿気が多いときや、気圧が下がったときなど。だからボクは雨が降るのを、半井さんにも負けないくらいかなりの確率で予報できるのである。そして痔は、ストレスが溜まるとてきめん。体を苛めることも少なくなったし、ストレスも当時より随分減ったからだろうか、当時ほど強烈なのはここ数年はないけれど、それでも忘れた頃にやってくる。

これら三重苦、いずれも完治はしていない。
だから、どうあってもこの時季の解禁早々の釣りには行けないのだ。

ボクももうすぐ39。
三重苦、などと洒落を言って喜んでいる場合ではないようである。
 


Comments:14

piro55 07-02-02 (金) 0:31

こんばんは!
とんでもない三重苦ですね。。。
しかも今でも繰り返しているんですもんね。
ダメですよ、釣りに行っては。
どれもそれぞれ深刻なんですし。
私はバカ・アホ・マヌケ」の三重苦ですよ。
こちらも深刻です。

noobooboo 07-02-02 (金) 0:43

piro55さん・・・
バカ・アホ・マヌケ三重苦・・・私もです。
そうだった!と確認できて、うれしいです。
107さん、もう少し体を労わってくださいね。
父は手術をしましたが、それからだいぶいいみたいですよ。
お気の毒で、頭痛を忘れました。笑

マロニエのこみち・・・。 07-02-02 (金) 10:28

あらあら・・・
体は私のほうが若いですね
最後の病だけ、妊娠中に味わって閉口しました
どれも皆、辛そうな病気ですね
まあ、おとなしく暖かくなるまでお待ちください
今年は暖冬のせいか、まだ撃沈していないだけマシのようですね
お大事に・・

107 07-02-02 (金) 12:54

△ piro55 さん
ご心配いただきまして有難うございます。しかし、行きますよ釣りには(笑
ボクもこの三重苦の他に、同じくバカ・アホ・マヌケの三重苦も背負っておりまして^^
でもpiro55さんは、かなりご謙遜だと思いますよ。
あ、そうそう。足のサイズじゃ、ダメです(笑
△ noobooboo さん
おやおやnooboobooさんまで・・・ご謙遜が過ぎますよ^^
はい、この三重苦以来、体を労るようにはしてます。
・・・とか言いながら、這いずって釣りにも行くワケですがね(笑
手術って、お尻の?
あれね・・・知り合いがやったの話を聞くと、どうもね・・・(笑
なにやら屈辱的な姿勢で手術されるそうで、それを聞くとね、と。
頭痛を忘れていただけたなら、多少なりともお役に立てたということでうれしゅうございます^^
△ マロニエのこみち・・・。さん
最近は記憶がなくなるまで酒を飲み続けることができませんので、瞳がきれいで背も小さいマロニエさんよりも体は老けてるのかな(笑
(小さいのにデカく見えるということは、横幅が・・・あ、失礼!)
この冬はなんとか過ごしておりますが、それでもやっぱり冬はいけませんな。
前回ご報告申し上げた通り・・・
第一〇七潜水艇、撃沈セザレドモ浮上セズ(笑

ijin7wth2 07-02-02 (金) 15:14

こんにちは。
三重苦があるんですね。
39歳。42歳は厄歳と言います。前厄後厄とあります。
昔から、この頃体の変調の時。そんな峠に差し掛かっているから、注意しなさいと言う警告。
若いときに無理した所は老いて出る。傷も古傷と言います。
今は血管の老化も解かってきました。
何時も弱気を言いますが、私の年になれば、回りに後悔組が沢山いますので、言いたくなるのです。
何処かで、憶えてくだされば、役立ちます。

ひぐちあきお 07-02-02 (金) 16:27

そうだったんですか。顛末、初めて拝読しました。
思えばずっと冷たい渓流に浸かって釣りをする趣味だから、躰には酷ですよね。芦澤さんや西山さん、それにフライの雑誌の初代編集長ら、名だたるフライフィッシャーが次々早死にされるのも、そのへんに秘密があるかも知れません。
39歳はそろそろ中年にさしかかろうという年齢ですから、20代のようには行きません。厄年のいわれはそのへんにあるかもしれませんね。ぼくも立て続けの足の負傷で痛感しました。いつまでも若いつもりでいたら、とんでもない(笑)。
毛鉤の孔にラインが通らないんで、老眼だと悟ったときには、もう覚悟をしました。まあ、若い頃には若いなりの釣りが、歳をとればそれなりの釣り方があります。
お互い無理をせずにマイペースで釣りしましょう!

森の音 07-02-02 (金) 22:19

尻と腰と膝の痛い話ですね。
早春の釣りは、釣りは基本的にはじっとしてますから、
寒さがじかにこたえます。
加齢とともに辛くなるのは仕方ないですね。
最近は冬の管理釣場も辛いものがあります。
早く14番くらいのドライフライにバシッと出る季節が来れば・・・
とも思いますが、解禁当初は解禁当初の味わいが、
また違いマスよねぇ。

sekisindho 07-02-03 (土) 1:13

107さん、こんばんは。
昨夜はマウスを握ったまま寝てしまいそうになり、PCやめて寝てしまいました。
もう歳かなと思っていたらこの三重苦、39歳にして三重苦の記事ですっかり若返った気分です。
ホントに107さんまだ30代でこれはいけませんね。
私の身体の方がず〜っと若く感じますよ(笑)
でも脳味噌は如何せん斑状態で退化しはじめてるのか、時々やばいな〜と思うことが増えてますね(汗)

オードリー 07-02-03 (土) 15:23

39にして頑固親父……。
とでも言いたくなる程…病院嫌いなんですね^^.
もう少し、体の方をいたわってやれないものでしょうかね^^。
可愛い お嬢さんたちのために…愛する奥様のために….
39で三重苦。ダメですよ〜 ぎっくり腰に痔…起きられなくて、ベット上でのオムツ交換なんて….(ほっといたら 大変な事に なりますよ〜 ^^)
でも、オムツ交換に下の世話…オードリーの得意分野です〜(あっ ここだけ読むと勘違いしそうですね….あぶない^^。)

Solo 07-02-03 (土) 16:52

こんにちは、最後のオチがすてきでした。
それにしましても三重苦大変でしたでしょうにそれでも仕事とは…
脱帽です。

konatsu 07-02-03 (土) 18:01

こんにちは!!
そんなに長時間、しかも寒いところにつけていたのではさすがに下半身が不調になりますよ!!!
下半身は大切ですよ、本当に
あの、出血の病気ですが漢方のレイシンってやつをだまされたと思って試してください
あれ、高いですが高いだけあります
なんで知ってるかはあえて聞かないでください!
そしてこのことは107さんの記憶から抹消してください!!ね!!

107 07-02-03 (土) 18:49

△ ijin7wth2 さん
いつもいただきますご注意、肝に銘じておりますです^^
最近は無理のない釣行にしておりますので(これでも!・笑)、以前よりは体への負担がずっと軽いと思っています。
厄年、イヤですねぇ〜〜。
知らん顔して、来年からの三年間を過ごすことにしております^^
△ ひぐちあきおさん
渓の冷たい水は、思った以上に体へのダメージが大きいのではないかと思います。高名な先達のみなさまも、少なからず影響を受けておられるのかもしれませんね。
気持ちだけは20代、あるいは10代のままのつもりなんですが・・・体はいけませんね。勝手に古くなっていきます(笑
ひぐちさんを見習ってMr. ローガンになったらボクも覚悟を決めることにいたします^^
△ 森の音さん
もうね、寒い景色の釣りを想像するだけで、お尻のあたりがムズムズと(笑
解禁当初の釣りをするなら、すぐ近くに暖かい場所、温泉とか美味いうどん屋、そば屋などがあって、しかもウェーディングしなくてそんなに小さな毛鉤を使わなくてもたくさん天然のきれいなサカナが釣れる。そういうところがあれば、少々雪が降っても行くのですが・・・ないものねだりですね(笑
△ sekisindho さん
ええっ! sekisindhoさんのお体の方がまだ若いですか!?それは一大事!sekisindhoさんにダメ出しされたら、これからの健康管理を考え直さないといけませんね〜(笑
ボクの脳みそは元々からちょっとヤバめですので、少々退化しても気がつかないかもしれません。^ ^;
△ オードリーさん
なんとストレートな!!と驚きましたよ(ウッソ♪
病院のね・・・あの匂いとか空気が、苦手なんです。
でも、若くしてオムツなんて、それも絶対イヤだなぁ〜〜
オードリーさんに下の世話してもらえるというのとどっちがいいか、天秤にかけてみて少し考えてみますか・・・(笑
△ Solo さん
責任感の強い107です(←ここ、くれぐれも強調!!・笑
イヤイヤですけどね。
釣りなら、這ってでも行きます!
△ konatsu さん
ナイス情報、ありがとございます〜♪
ええ、忘れます、忘れますとも・・・(*´∀`)ウシシ
レイシンだけ、しっかり覚えておいて、次回発症の際にはぜひ試してみたいと思います。
あ、でも連想してやっぱ思い出してしまうかも(笑

teardrop 07-02-07 (水) 17:33

こんにちは♪
なんだか、とってもヘビーな体験ですね・・・。
冷えって、体に良くないようですね。若い頃は、冷房の中、肩を出していても全然平気だったのに、最近それをやると、必ず頭痛が出るようになりました。女性は、体を冷やしてはいけないって良く言いますよね。
最近は、真夏でも靴下履いてます(*/∇?*)
釣りに行かれるときは、なるべく体を冷やさないよう、腹巻とかタイツとか、カイロなどで、冷え対策した方が良さそうですね。

107 07-02-07 (水) 23:31

△ teardop さん
こんにちは^^
男性も女性も、若い頃は多少の無茶がききますが、それなりの年齢になってくると体に負担がかかることはよくないようです。女性は冷え性の方が多いとか。冷やすのはよくないでしょうね。
ボクも最近は注意して、厚め靴下を重ね履きしたり、保温のインナーを履いたりし上に、あまり水には入らないようにしています。
有難うございます^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/02/133.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
三重苦 from 107@BLOG

Home > 釣りにまつわるよもやま | 2007年の釣り > 三重苦

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player