Home > 美味礼讃 | 2007年の美味 > 三大鍋

三大鍋

この冬は今のところ暖冬のようで、京都にも雪はちらつくものの積もるまではいかない。しかし悪名高い「底冷え」は健在で、深夜まで仕事をしていると足下から容赦なく冷えが攻め上ってくる。まあ、いつもの冬に比べればそれでもずいぶんマシなのかもしれないが。

070125nabe.jpgさてそんな冬でもやっぱり鍋物が恋しくなるのであって、それで昨日テレビで見かけたのだけど、日本全国の鍋物の中でこれは美味い、という三大鍋があるそうな。
もっとも全国の鍋料理の中から3つだけ選ぶのは困難なようで、東と西に分かれてそれぞれに三大鍋が定義されているそうである。曰く、

【東日本】
「きりたんぽ鍋」(秋田)
「あんこう鍋」(茨城)
「ねぎま鍋」(東京)
【西日本】
「水炊き」(福岡)
「牡蠣の土手鍋」(広島)
「ハリハリ鍋」(大阪)

これを見て、ちょっと違和感を持ってしまった。東日本のは、ボク自身も詳しくないこともあって「そりゃそうだろう」というのが選ばれているように思うのだけど(「ねぎま鍋」というのは初めて聞いたが、マグロのトロと下仁田ネギで作る鍋だそうで、とても美味しそうだった)、西のラインナップには正直言って首を傾げてしまう。何と言うか、画竜点睛を欠くというのか。

まず、下関の「ふぐちり」がない。何故ないのだ。それに、北陸の「カニすき」。当たり前すぎるのか。そして何と言っても、「クエ鍋」が抜けているのは甚だ心外である。クエとは黒潮の流れる深海の岩場に潜み、成魚は体長1メートル超、体重20kgを超えるという巨大なサカナで、むっちりと脂の乗った白身を持つ。名物としては高知が有名らしいが、和歌山の南紀でも食べることができる。以前、冬に南紀の料理旅館で食べたクエ鍋の美味さは、忘れることができない。あまりの美味さに、追加でお金を払うからクエのおかわりを持って来てくれと仲居さんに頼んだのだが、「数が限られているから」と断られた。これが抜けているのはいったいどうしたことだ。マイナーすぎるというなら、ハリハリ鍋の方がマイナーだろう。

さらにはボクの当地・京都の湯豆腐も、鍋カテゴリーに入るだろうか。若い頃は、あの坊さんが食うような精進料理臭さがなんともたまらなくイヤで敬遠していたのだけど、最近その美味さが分かるようになってきたつもりだ。本当に美味い豆腐で作った湯豆腐は、どんな鍋料理にも負けないと思う。そしてそれとは正反対の脂っこさだけど、この時季はやはり牡丹鍋。そしてこれも忘れちゃいけない鴨鍋。言い出せばキリがない。

ああ・・・こんなことを書いていたら、とても腹が減ってきた。
 


Comments:16

オードリー 07-01-25 (木) 0:15

ふふふっ^^。
おもしろおかしくもどかしい^^。(言っててよく分かんない 笑)
京都のお豆腐は有名ですよね!(もちろん、食べた事はありません…
なぜか、強気^^)
食べてみたいです。シンプルな湯豆腐。
今週末に職場仲間で「鍋」を囲む予定です^^。
きっと、107さんの事を思い出すでしょうね。

sekisindho 07-01-25 (木) 0:56

107さん、こんばんは。
お酒を飲まないせいか、鍋にもほとんど興味を示さないのですよ。
宴会で鍋がでてくると、中に入っている具の魚とお豆腐だけ食べて、あとはパスしています。
湯豆腐は嫌いではありません。
よく分かりませんが、ラインナップされた三大鍋は、味ではなく庶民的、経済的観点から普及品を基準に選ばれたのではないでしょうか。
実際には食べないのに、そんな気がしましたが。

マロニエのこみち・・・。 07-01-25 (木) 11:06

牡丹鍋・・・
大原で、雪深いときに、障子の隙間のガラス戸から外を眺めながら
しっぽりと雪見酒と一緒に頂きたいものですね〜♪
湯豆腐もいいですよ〜
座敷で九条葱たっぷりの田舎豆腐
有名な湯豆腐屋さんでしたけど良かったですよ
個人的に好きなのは、常夜鍋です
お酒の中に、にんにく、生姜を入れて、豚のしゃぶしゃぶ、ほうれん草、お豆腐を
七味の効いたポン酢で頂きます(ビールとの相性が最高です)
マロニーちゃんをいれてもおいしいですよ〜♪
後は、美々卯のうどんすきですね♪

107 07-01-25 (木) 13:30

△ オードリーさん
もどかしいですか!?(笑
シンプルな湯豆腐、美味しいですよ。機会があればぜひお試しになってみてください。
ボクのことを思い出していただけるのは大変有難いことですが、鍋の味が落ちても文句は言わないでくださいね(笑
いつも有難うございます♪
△ sekisindho さん
出た!(´▽`)
もうね、「偏食大王」とあだ名を奉りたい気分です(笑
なんというわがままな鍋の食べ方をされるのでしょう。
あんこう鍋とふぐちりと、庶民性・経済性どこが違うのか納得できないですよ。あるいはハリハリ鍋はそんなに庶民的でしょうか。
出典を明記するのを忘れていましたが、三大鍋は日本鍋ナントカ会とかいうところが決めたのだそうです。それらしき会のHPを参照してみたのですが、三大鍋についての記述はありませんでしたので引用しませんでした。さては自信ないのだろ!?と意地悪に考えております(笑
いつも有難うございます^^
△ マロニエのこみち・・・。さん
牡丹鍋、ええですね〜
大原で雪深い日に、というシチュエーションだと、ちょいといわくありげな美女と差し向かいでしっぽり雪見酒、なんて洒落込んでみたいですな(*´∀`)
湯豆腐屋さんは、南禅寺あたりでしょうか。あの辺、多いですね。
それにしても・・・マロニエさんのお好きな食べ物て、酒やビールとの相性がまず一番に来るような気が(笑
いつも有難うございます♪

森の音 07-01-25 (木) 21:46

我が家でも冬場は土日のどちらかは、必ず鍋です。
鳥のつくねをメインにした、ちゃんこ鍋が定番です。
鍋は何より簡単にできて、野菜がたくさん食べられるというのがいいですね。
酒も進みますが・・・
確かに3大鍋は納得いきませんね。
107さんや皆さんがおっしゃっている鍋の方が馴染みがあります。
それぞれにみなさん鍋奉行でいらっしゃるようで。
私はやっぱり三島亭の霜降り牛のすき焼きが食べたいなぁ。

sekisindho 07-01-26 (金) 0:37

107さん、再び。
>さては自信ないのだろ!?
まったくその通りでありんす、ですよ(笑)
コメントも含めてでてきた鍋で、食べたことあるのは、南禅寺の湯豆腐と大阪で食べた美々卯のうどんすきくらいのものですから。
そうそう、チゲ鍋と言うのも食べましたけど、一緒に食べてる人が「チゲ鍋のチゲは韓国語で鍋のことだから、鍋鍋だ」と言ってたのが記憶に残ってるだけですよ^^

107 07-01-26 (金) 1:47

△ 森の音さん
有難うございます。
ちゃんこ鍋もいいですね〜
しかしホントに、この三大鍋とやらは納得いきませんでしょ。
三島亭・・・いいじゃないですか!
じゃあ、同じすき焼きの「かのこ」はご存知?木屋町四条下がる。
あそこも、なかなかにオツなものです。
美味い肉なのに、値段がとても親切なんですよ。
△ sekisindho さん
ととと・・・違います、違いますよsekisindhoさん〜〜!
自信がないのだろと申し上げたのは、sekisindhoさんに対してではなくて、三大鍋とやらを定義したのにそれをHPで公開してない、日本鍋ナントカ会に対して、なんです。
誤解を招く書き方で誠に申し訳ないです・・・<(_ _)>
いくら乱暴者とはいえ、お師匠さんにそんな書き方はしませんです^^

noobooboo 07-01-26 (金) 3:24

おはようございます。
sekishindhoさん、お鍋食べないなんて、奥様は苦労されますね。
私はきりたんぽが好きなんです。
先日、ご飯にお塩とエビを小さく切ってたのを混ぜて潰して、小さく握ってフライパンで焼いてモドキを作りました。何か本で見たのを思いだしたんです。美味しかったです。
そういう苦労をしてもsekishindhoさんは豆腐だけ食べるんですね。
泣いちゃいますよ〜私なら。暴れますね、きっと。
湯豆腐にはいい思い出がなくて、母が湯豆腐をおかずにするんです。
私、どうしても湯豆腐でご飯が食べられなくて・・・。
湯豆腐っておかずですかね?

konatsu 07-01-26 (金) 9:40

ロンブーの番組でしたよね
ハリハリなべをいれるなら変わりに湯豆腐を入れたほうがいいと思いましたが、湯豆腐じゃ絵的に地味だったのでしょうか??
京都にある「一心」の野菜たっぷりのおなべご存知ですか??
1年に一回、たべたいなーって味を思い出します

107 07-01-26 (金) 15:16

△ noobooboo さん
おはようございます。いつも有難うございます♪
sekishindhoさん、ホント偏食ひどいですよねぇ〜
・・・って、今ごろ猛烈にくしゃみをされておられることでしょう。
「あ〜〜。くしゃみしんど」って(笑
湯豆腐、ボクも子どものころは大いに不満でした。
こんなもんでメシが食えるか!って。
だから今でも、ご飯と一緒には食べないです。
少なくとも、「おかず」ではありませんよね!
△ konatsu さん
そうです、ロンブーの。なぜにハリハリ!?と思いましたよね。ぜんぜん一般的じゃないし、もっと鍋らしい鍋で美味しいの、いくらでもあるだろが、と(笑
> 「一心」の野菜たっぷりのおなべ
あ、知らないです〜
機会があったら試してみたいですね。
有難うございます^^

Solo 07-01-26 (金) 20:51

こんにちは、暖冬と言われてましてもこの時期になるとやっぱり寒いですね、鍋はやっぱり欠かせません。
鍋で前々から食べてみたいのが モツ鍋 数年前に流行ってましたが一度もたべたことありません、それ以外でも興味がそそられる名前が沢山ですね、なんかお腹すいてきました。

ひぐちあきお 07-01-26 (金) 22:04

前にも書いたと思うけど、京都化野の宿屋、ごく普通の家庭の離れに泊めてもらうような、そんな小さな民宿で何気なく出された湯豆腐が、今でも忘れられないのです。
豆腐のおいしさにくわえて、水の旨さ。
豆腐の周囲にあるお湯までレンゲでぜんぶ飲み干してました。
ぼくの住む南アルプスも水のおいしさで有名ですし、豆腐の工場もあるんだけど、なぜか京都化野のあれにかなわないのです。
きっと素材はともかくセンスの違いなんでしょう。
ああ、湯豆腐だけで、また京都に行きたい!

JIMO 07-01-26 (金) 23:08

あぁ・・・鍋ネタですね。美味しいですよねこの季節。
でも”なんとか会”の三大鍋、どれも食べたことないですよ。
いや、水炊きは食べますよ。家で散々。。。土手なべも見よう見真似で作ったことがあったかも?
外で食べる鍋というと飲み会の鍋しか食べたことないので、私には鍋センスはないかも?うちには土鍋もなくってホットプレートだし。。。そういえば土鍋はどこいったんだろう?
湯豆腐は大好物です。薬味に葱と鰹節と海苔を刻んで醤油を垂らしてぐちゃぐちゃにしたものを乗せて食べるのが好きです。
あんまり京都の人から見ると風流な食べ方じゃないですけどね。(笑)

107 07-01-27 (土) 1:47

△ Solo さん
北海道は寒いでしょうね〜
そちらには石狩鍋がありますね。本場で食べたことはないのですが、こちらで食べるのでもとても美味しいので大好きなんですよ。
モツ鍋も美味しいですね。機会があればぜひお試しください。
いつも有難うございます♪
△ ひぐちあきおさん
湯豆腐、いいですよね。
あの美味しさが分かってきたのはホントつい最近なんですけどね・・・
豆腐と水と、出汁の加減・・・素材がシンプルなだけに、それらのバランスに妙味があるのでしょうか。
これが三大鍋に入っていないなんて、ホントに・・・(怒
ぜひ、湯豆腐を食べにお越しください^^
いつも有難うございます。
△ JIMO さん
お越し有難うございます。
水炊きは、博多のとこちらのとでは、出汁も具も随分違うようでした。
そちらだと博多風に鶏つくねとキャベツ(!)が入るのでしょうか。
こちらでは水炊きというと白菜なんですけどね。所変われば・・・です。
そういう、湯豆腐の食べ方もまた(笑
美味しく食べれば、それでいいのだと思いますよ。

ijin7wth2 07-01-27 (土) 16:28

こんにちは。
鍋のお話ですね。この時期、鍋賛成です。
わが家は瀬戸内出身。備前です。
故郷でも牡蠣の養殖は盛んでしたから、牡蠣には馴染みがあって、鍋と言えばまず牡蠣になります。カミサンの姉が今も故郷の隣町にいますので、いいのを仕入れて宅急便で届きます。何故か店のより匂いが強く美味しく思っています。
他にも海産物が主の鍋なら皆好きです。アンコウ鍋もいいですね。
最近は豆腐の味も分かるようになって、これも冬の定番になっています。

107 07-01-28 (日) 2:28

△ ijin7wth2 さん
こんにちは、いつも有難うございます。
備前なら、広島の土手鍋に近いような感じで牡蠣を味噌鍋で食されるのでしょうか。
海産物の鍋物もいいですね。子どものころ、水炊きに入っているタラを選って食べていました(笑
アンコウ鍋は、本場の本格的なものを食べたことがないので、一度はちゃんとしたのを食べてみたいと常々思っています。美味しそうですよね。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2007/01/131.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
三大鍋 from 107@BLOG

Home > 美味礼讃 | 2007年の美味 > 三大鍋

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player