Home > 美味礼讃 | 2006年の美味 > 年越しソバ

年越しソバ

今年も大晦日を迎えた。
近頃特に感じるのだけど、光陰の過ぎゆくこと、まさしく矢の如し。そのくせ、楽しみにしている季節や予定などの近づいてくるのは、のろのろと牛の歩み。所詮、人間の脳なんて主観にのみ基づく不確かな時間軸しか持ち得ていない。
さてそれで大晦日といえばやはり年越しソバ。
我が家は毎年、京都は東山の今熊野、創業百余年の老舗ソバ屋「やぐ羅」のニシンソバと決まっている。京都南座の向かいにも店があって、こっちの方が有名だからご存知の方も多かろう。

061231yagurasoba.jpg
それの持ち帰り用(贈答用)の、ニシンソバのセット。麺は乾麺になる。ダシは、付属の「混合けずり節」の袋を水から煮出して取り、さらに付属の濃縮ダシを入れて作る。このダシが、普通に家で作るダシとはひと味違う出来上がりで、なかなか美味い。そしてニシンの姿煮。個人的な好みから言うとほんの少し甘すぎる、のだけど、まあソバにはこれがよく合うのだから仕方ない。
今年も釣りがてら、あるいはお気に入りの店、あちこちでたくさんのソバを食べた。
その締めくくりとして、このニシンソバを食しつつ年を越す。

*    *    *

今年一年、ブログ上でさまざまな人との、印象に残る出会いがありました。このような好き放題の言いたい放題、気分次第で脱線し放題の気まぐれなブログをご愛顧いただいている皆さま。ご訪問いただき、くつろいでお遊びいただいている方々には特に、改めて厚く御礼申し上げまする。時にブログ本題とはまったく関係のない話にまで脱線したり、あるいは様々な言葉の繋がりによるイマジネーションの広がり、感覚と感性の共有と共鳴など、大いに楽しませていただきました。
明くる新年、皆さまにとってよい年となりますよう。
 


Comments:5

sekisindho 06-12-31 (日) 1:26

107さん、こんばんは。
少しご無沙汰しましたが、もう大晦日ですね。
いつも不思議に思っているのですけど、京都へ行くと「ニシンソバ」ですよね。
東京ではまずお目にかかりません。
私の年越し蕎麦は、いつも稲庭饂飩です。
饂飩と言っても細くてお蕎麦の感覚ですけど、いつもシンプルに冷たいダシに生姜と細いネギ、それに刻み海苔を入れるだけのものです。
ただ今年は夕方に、依然お話しした荻窪の「本むら庵」に食べに行きます。
もちろん除夜の鐘聴きながら、もう一回稲庭食べますけどね。
そんなこんなで、楽しませていただきました。
来年もかわりませずよろしくお願いいたします。

konatsu 06-12-31 (日) 8:55

南座の向かいのあのお店のおそばですか(^ー^)
仕事で祇園と北山をいったりしてるときに「おいしそうだな〜」っていっつもお店をのぞいてました
にしんそばって食べたことないんですよね、こっちにきちゃってもう食べる機会を失っちゃいましたが
ではではよいお年を☆
来年は小悪魔度をもっとアップしますね(笑)
来年も魚へんの漢字を教えてくださいね〜

JIMO 06-12-31 (日) 11:58

これから寝正月用の乾物やらを買いに出かけてきます。
ソバは湯布院で買ってきました。
ニシンソバは修学旅行の大原三千院以来食べていないです。
ソバに魚が乗っかったのに驚いたことを思い出しました。
さて、いろいろと楽しませていただきました。
また来年もよろしくお願いいたします。

マロニエのこみち・・・。 06-12-31 (日) 12:00

今夜はにしんそばとワインですか
おいしそうですね〜♪
(うちは天ぷら蕎麦でございます^^)
それにつけても、今年も凝りずにお付き合いいただき、楽しませていただきました
ありがとうございました♪
今日は、私もあまりドタバタせず、静かに年の暮れを楽しんでおります
来年も、引き続きよろしくお願いいたします
どうかよいお年を!

107 06-12-31 (日) 16:41

△ sekisindho さん
こんばんは〜
何処かへお出かけとばかり思っていましたよ^^
ニシンソバは、子どものころから大晦日に食べていますので、京都以外の地ではこれを食べない、ということにむしろ驚いたものです。
稲庭饂飩、乾麺でしか食べたことありませんが、細〜い饂飩ですよね。でも大晦日にこれとは、珍しいのではありませんか。
荻窪の「本むら庵」、今年はぜひ挑戦してみたいです。
こちらこそ、大いに楽しませていただきました。
来年もよろしゅうおたのもうします。
△ konatsu さん
そうそう、南座の。
でもボクもあそこでは食べたことないんですよ。いつもこのセットで。
ニシンソバ、万一こっちへ来られることがあればぜひお試しのほど♪
> 小悪魔度アップ
おお〜〜。それは楽しみ(*´∀`)
来年も変わりませずお付き合いのほど、ぜひよろしゅうに。
konatsuさんもよいお年を♪
△ JIMO さん
正月は寝て過ごすに限りますねぇ〜(笑
湯布院のソバ。有名なのですか?
温泉、一度行ってみたいなぁ〜と思いつつ、あそこの旅館は高嶺の花です。
こちらこそ、来年もよろしくお願い申し上げます。
△ マロニエのこみち・・・。さん
天ぷらですか。それもいいなぁ〜。
(今日のお昼は天丼でした^^)
こちらこそ、懲りずにおつきあいいただいて感謝の言葉もありません。もうね。マロニエさんのトゲにチクチク虐められなくては快感が得られないMな体に・・・
どうしてくれるのでしょうか!?(笑
ともあれ、来年も変わりませずおつきあいのほど、よろしゅうおたのもうします。
よいお年を!

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/12/124.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
年越しソバ from 107@BLOG

Home > 美味礼讃 | 2006年の美味 > 年越しソバ

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player