Home > 釣りにまつわるよもやま | 2006年の釣り > 年に一度の・・・

年に一度の・・・

061214image.jpg

とかなんとか言ってるうちに、12月もほぼ半ばとなってしまった。
そして忘れたころにやってくるのが、今年のドイツワインの新酒。
早速1本抜いて味見しつつ、これを書いている。昨年も飲んだのだけど、今年のがすっきりしててボクは好きだな。本格的に飲むのは、今バタついてる仕事がひと段落してからにしよう・・・とか言ってると、年末になってしまうんだけど。

それにしても、釣りに行きたい。唐突で大変申し訳ないが、釣りに行きたいんだ。

秋以降に何度か行ってるような、人工的で手慰みのような管理釣場じゃやっぱり駄目。禁漁期のひまつぶしとしてはアリだけれど、でもあれが真にボクの求めているものではない。
若葉芽吹き、春の霞みに空の青がけぶり、ウグイスが鳴き、冷たく澄んだ渓の水の中に無垢な天然のイワナが踊るように泳ぎ、山と渓、自然が浮き立つような陽気に満ちた、そんな季節の、渓流の釣りに行きたい。

そんな季節は、一年の中でもほんの数日。長くて一週間ぐらいかな。
毎年春になるとそのタイミングにどんぴしゃ当たることを目指して行くのだけど、うまくそんな日に当たることの方が珍しいくらいで、だから余計にその日のあることを楽しみにするのだろう。

以前に、どんぴしゃ当たった!と思ったのはもう5年も前のことになる。
雪融けの水が両岸を濡らす深山の湿った森の中を貫く渓を、どこまでも遡って釣りをした。ここというスポットでは必ず歓喜が待っていてくれ、日常の生活では絶対に味わうことのない、えもいわれぬ高揚をもたらしてくれる。渓が、山が、自然が、ボクを受け入れて包み込んでくれるかのような、そんな錯覚を覚える。その日は尺クラスのイワナが連発した、夢のような一日だった。

年に一回。
今を精一杯過ごしつつ、そのときを思い描いて酔うのも、悪くない。

・・・しかし、ちょっと飲み過ぎたかな(笑
 


Comments:11

noobooboo 06-12-14 (木) 4:36

アソートという言葉が好きです。
一年の中にもいろいろ詰まっていて、楽しいですよね。
私なら、釣りができなくても、川に行ってしまいそうですけれど、
それをしないのが、107さんの美学なんでしょうね。
私もこういう環境にいて、出来ないことが増えているんです。
今までなら、私の気持ち次第でどうにでもなったことが。
でも、焦ったりするのではなくて、
「待つ」のもいいのかな、と思い始めています。
いつも元気をいただいています。ありがとうございます。

Solo 06-12-14 (木) 6:48

こんにちは、やっぱり管理では満足出来ないことってありますよね、始めから「ここに魚いますよ」っていうのを釣るのでは……
来春が待ち遠しいですね。

ijin7wth2 06-12-14 (木) 13:25

こんにちは。
「タイミングにどんぴしゃ」それは年に一度あればいいほう。
そんな稀有なチャンスを覗って、訪れる渓。そこで味わう歓喜は何物にも例え難し。
> 今を精一杯過ごしつつ、そのときを思い描いて酔うのも、悪くない。
悪くありませね。羨ましいです。
私の味わった海釣も得がたい歓喜を与えてくれましたが、今思えば、半分は仲間との交流の喜びが混じっていましたね。

107 06-12-14 (木) 18:38

△ noobooboo さん
アソート・・・いい言葉です。
どこの部分のアソートをとるかで、またいろんな楽しみも増えてくるんでしょうね。
もちろん解禁期間内ならいつでも釣りに行くのですが、やっぱりベスト・オブ・ザ・ベスツはこの一回きりなんです。少ない釣行回数でどうせ行くならそのときに合わせて行きたいな、と、それまで「待つ」ことを考えます。苦しいときもありますが、それも含めてなかなかにいいものです。
こちらこそ、いつも元気をいただいておりますよ。有難うございます^^
△ Solo さん
こんにちは。有難うございます。
所詮、と言ったら語弊がありますが、管理は管理・・・ですよね。
自然の渓の魅力とはぜんぜん違います

今から、♪もういくつ寝ると〜 と指折り数えて春を待ってます。
小さな子どもみたいに(笑
△ ijin7wth2 さん
こんにちは。
海釣りと渓流釣りの大きな違いは、すごく簡単に言ってしまうと集団か個人かの違いではないかと思います。渓流釣りでも2人組で釣り上がることもありますが、並んで釣り上がるということは滅多にありませんで、やっぱり個の釣りなんです。仲間との交流は、釣り終わった後に・・・
だから、よく言われるように変人がする釣り、なのかな(笑
馴染む人と馴染まない人と、はっきり分かれるようです。
いつも有難うございます^^

sekisindho 06-12-15 (金) 0:15

107さん、こんばんは。
今日の記事といい、コメントといい、少しいつもの107さんと違った感じを受けますよ。
何というかしっとり感があって良いですね^^
マロニエのこみちさん風に云えば”好感度アップ”でしょうか。
あ、さらに ですよ(笑)
でもあんまり褒めると、矢印の尻尾がなんて云われそうですけど。

107 06-12-15 (金) 2:09

△ sekisindho さん
こんばんは〜。
ちょいとウェットに、復活です(笑
いつもと違いますか?
・・・飲み過ぎましたかね^^
好感度・・・有難いことでございます。
前回、それをひっくり返してやろう、とまた天の邪鬼が頭をもたげまして(笑)、やってみたところが大失敗、という顛末でございました。
ボクももうすぐ矢印の尻尾が生えてきそうですよ(笑

マロニエのこみち・・・。 06-12-15 (金) 18:30

ハ〜クション大魔王・・・じゃなかった
マロニエのこみち・・・。さんです
好感度アップ・・・というか、あんまりおとなしい107さんはちょっと不気味ですけどね(笑
まあ、よほど釣りに行きたいのでしょうね・・
雪解けまでおいしいワイン片手にじっくりとお休みくださいませ
まあ、飲み過ぎない程度にね・・(笑

107 06-12-15 (金) 19:09

△ マロニエのこみち・・・。さん
いじわるバアさん・・・じゃなかった(失礼^ ^;)、いじわる姐さん。
暴れろとおっしゃるなら暴れますよ・・・マロニエさんところで(笑
行方不明になるよりは、おとなしくても書いてる方がマシだろうと思いまして・・・
飲み過ぎない程度に酒でも飲んで、景気つけときます。
有難うございます^^

オードリー 06-12-15 (金) 21:11

禁断症状初期ですか。
まだ、想いにふけって酔えるならいいですね^^。
辛そうですが….はたから見ていると、なんだか素敵ですよ〜…..
年に一度、それもあたるかあたらないかの確率があって…..それをじっくりと待つ。
まるでワインみたい^^。程よい飲み頃になるまで樽に寝かされ、味わうのを待つ。
少なくとも、オードリーにはそんな風に年間を通して何かを待つということはないので…..^^。がんばれ!です。

JIMO 06-12-15 (金) 21:20

解禁までもう2ヶ月半しかありませんよ。(笑)
って言われると、そわそわしてきませんか??

107 06-12-16 (土) 2:08

△ オードリーさん
> 禁断症状初期
ナイス!(笑
実はそんなに気長なタチではないので、しかし待つことに慣れてる部分もあって、イライラしたり急に諦めたりと、めまぐるしく気分が変わって複雑なんですよ。多分ご覧になったら、素敵というよりは面白いのではないかと思います。
頑張りま〜す。
有難うございます。
△ JIMO さん
なるほど、確かに(笑
北陸の解禁も2月なんですが、解禁とは名ばかりで、とてもそんな時季にボクのような軟弱者があちらの山に入れるものではありませんで・・・そこが困りものなのです。
前向きな発想を、いだたいておきます^^
有難うございます。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/12/119.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
年に一度の・・・ from 107@BLOG

Home > 釣りにまつわるよもやま | 2006年の釣り > 年に一度の・・・

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player