Home > おもひでポロポロ > ある日の午後

ある日の午後

061207hirosawa.jpg

先日、嵯峨野は大覚寺の近くに住む親父のところに用事で行ってきた。写真はそのとき撮った、近くにある広沢の池というところの寒々しい景色。大覚寺の景色でも撮ってみようかとも思ったが、この時季は、道路交通法違反を平気でするマナーもへったくれもない大型観光バスの大集団に辟易してやめた(一度くらいはあいつらを一斉検挙してほしいものだ)。用事といってもつまらないもので、要は、還暦を過ぎて独り暮らしをしている親父の様子とご機嫌を伺いに行ってきた、というワケである。

近くにある小さいけどお洒落なベーカリー&カフェにオープンデッキがあって、そこならゆっくり色んなことを話せるだろうということで、午後の太陽が差す陽当たりのいい席に陣取って、特製のフルーツ・ティを飲みながら、最近の身の回りの出来ごとや姉弟のこと、親戚のことなどをネタに昔話や馬鹿話をして過ごす。

前にも書いたけれど、上げ下げの激しい人生を送ってきた親父と色んな話をするのは、とても楽しい。同じDNAがどう考えてどう生きてきたか、それを聞くのは、今後のボクのためにも大いに参考になる。もっとも、DNAが似ているからといって必ずしも似たような人生を辿るということはない。大事なことは「どんな素質があるか」ではなく「何を選択したか」である。ホグワーツの偉大な魔法使い、アルバス・ダンブルドアの言葉を拝借。

子どものころ、親父が本屋の丸善に勤めていたときがあって、そのときにたくさん本を買ってきてくれた。子ども向けの単なる童話に留まらないミヒャエル・エンデの本などに始まって、大人が読むような岩波や福音館の大判の分厚い本や国内外の伝記物、歴史物などを小学校4年ぐらいから読み漁ることができたのは、親父のお陰である。買ってきてくれた本を片っ端から猛烈に読破するので、親父は少ない小遣いの中から一生懸命やりくりして、それでまた本を買ってきてくれた。三人姉弟の中で、ボクが一番多く本を買ってもらって読んだだろう。

釣りもそうだ。小学生の夏休みに家族や親戚と泊まりがけで海に泳ぎに行って、夜明け前に姉弟の中からボク一人だけ叩き起こされて、キス釣りに連れて行かれた。サンドベージュの砂浜の向こうに広がる遥かな碧い水平線から、空をオレンジ色に染めて夜明けの太陽が静かに昇ってくるのを眺めながら、少年はサカナを釣った。ボクの釣りの原体験は、だからここにある。今も親父は海釣りの現役で、いいシーズンには気まぐれに海に出かけて、タイを釣って遊んでいる。好き勝手に釣りの話をしているときが、一番いい顔をしている。

話の最後に、死ぬ話になった。
「親父が死んだら、親父がいつも通っているあの大好きな海に骨を撒いてやるよ」とボク。
「うん、よろしく頼む。・・・でもな、あの海にはダメだ」
「・・・なんで?」
「釣り友達がな。オレの顔をしたサカナが釣れたらイヤだと言うんだ」
ボクは涙が流れるほど爆笑した。

親父は64歳。老け込むにはまだまだ早いのだけど、独り静かに来し方を見、行く末を見て、覚悟をしている。クールに、しかし楽しみながら、今までしてきたと同じように好き勝手に、それまでの残された時間を独りで過ごすつもりのようだ。
「オレはそういう生き方しかできんから」と、ポツンと漏らす。
「イヤなDNAだな」とすかさずボクが言うと、今度は親父が涙を流して爆笑した。

陽だまりが暖かい、ある日の午後のひととき。


Comments:13

オードリー 06-12-07 (木) 21:05

素敵ですね。
親父と息子。間違いなく、親父さんの背中を受け継いでいますね。
本の事も納得です。釣りの事も。107さん、親父さまのハードルはなかなかですね。「いぶし銀」という言葉が浮かびますが….場違いな意味でしたらご勘弁を….
私は中2の時に、親父を亡くしているのでイメージがつかないんです。
素直に羨ましいです。孝行したい時に親はいない。あたりました。
信念の強そうな親父と息子さんの事だから….言葉はありませんが、大事にされて下さいね^^。

sekisindho 06-12-08 (金) 0:07

107さん、こんばんは。
時々こんな107さんを拝見すると、ハードな鎧の下に暖かくて柔らかなお召し物が見え隠れします。
父親と四方山に話を咲かせ、互いに大爆笑できる関係はそうざらにはないと思います。
このへんが107さんの魅力なのでしょうね(結構マジ)
ところで、広沢の池って、先日新聞にでていた、水抜きをして鯉を捕る池のことでしょうか。
全然話は別のことですが、明日マリンスキー・バレエ団の白鳥の湖を観に行く予定だったのですよ。
しかもS席、15列15番のいい席で、しっかりブログネタにと思ってたのですが、親戚に不幸がありまたまたゆずってしまう羽目になってしまいましたよ(^^;)

noobooboo 06-12-08 (金) 0:25

私も、お墓には入りたくないんですよ。
死んだら、伊豆の海に撒いてね、ってお願いしてあるんです。
確かに、私の顔をしたアジとかが、
干物になって市場に出回ってたら、怖いですね。笑
尊敬する父は、息子との間に、強い結びつきができるんですよね。
以前、お父様を亡くされた男の涙を見たことがあって・・・

107 06-12-08 (金) 1:08

△ オードリーさん
有難うございます^^
まあ、ブラックな話が大好きな親子でございまして・・・(笑
それでも、10年以上、連絡もしなかったこともあるんですよ。
子どもができてからです、こういう関係になれたのは。
本、釣り、映画、音楽・・・ボクが関心あるもののほとんどは、最初に親父から教わりました。存在は、だからとても大きいのです。
△ sekisindho さん
まあ、あの親にしてこの子、というところでして・・・
また(マジ)が・・・木に登りますよ(笑
新聞に出ているのは知りませんが、そうです、水抜きをして鯉を捕る池です。でもね、夏に行くと「水抜きするまでもねー」てなぐらい、干上がってます(笑
あのとき、鯉はどうしてるんだろうな〜〜と、意地悪な考えを浮かべてしまいますね。
おや、バレエ、それは残念!またもや白鳥の湖をいい席で。
少し前にどこかでそのことを拝見して、ブログを楽しみにしておりましたのに。
次、3度目の正直の機会には、せひどうぞ^^
△ noobooboo さん
海がお好きでしたね。
伊豆の海・・・行ったことありませんが、綺麗なんでしょうね^^
でも、海に散骨された人の顔をしたサカナがたくさんいたらイヤですねぇ〜(笑
祖父が亡くなったとき、親父はみんなの前では生前の祖父の馬鹿話をして大笑いしてました。でも後で、独りで陰に隠れて目頭を押さえていたのを覚えてます。親父が死んだら・・・ボクも、意識しなくてもきっと同じことをするだろうなという予感、いや確信があります。
親父が元気なうちに、色んな話ができる関係になれて、とてもうれしく思っています。
有難うございます。

mimosadoll 06-12-08 (金) 7:16

いいお話でした〜♪
昼下がりのカフェでお茶しているニヒルでお洒落な父子の風景
絵になりますな〜〜
ところで、お父様、64歳なんてまだまだお若い
これから先、第二の人生があってもおかしくないですよ〜^^
107さんに似て、きって男前でしょうから、その可能性は大いにありです
107さん、ご覚悟よろしく〜〜(笑
ところで、このお写真は、道を渡って撮られましたね
私もこの前撮ったとき、道のこっち側からは、なかなかアングルが難しかったです〜〜(涙
いい感じに色づいているのですね!

ひぐちあきお 06-12-08 (金) 10:08

ぼくもひところ、死んだら好きな川に灰をまいてくれとか、どうせなら畳の上よりも渓流で死にたいなんていってました。でも、魚に生まれ変わったりしたらいやだな(笑)。釣り人の身勝手かもしれませんが。
岩手在住の作家、平谷美樹さんがFlyfisher誌に連載してらっしゃる「虹鱒亭奇譚」に、死んだ妻がライズしてフライを咥えるというストーリーがありましたが、それもゾッとします(汗)。咥えたら痛そうだし……いやいや、そうじゃなくて(笑)。

ijin7wth2 06-12-08 (金) 16:04

こんにちは。
いいお話でした。
父と子がこのように通じ合える。幸せな親子。そうざらにはありません。
107さんは父上さまの影響を受け、父上さまは107さんを情と智で育てられたんですね。
上は晩秋の広沢の美しい風景。下は近くのカフェのデッキで親子が会話をしている暖かい絵が描かれています。

JIMO 06-12-08 (金) 18:44

カフェテラスで大笑いしながら語り合う父子ですか。映画のような情景が浮かんできます。
うちも帰省するとお互い大笑いしながら酒飲んでますよ。
なんか違うか。。。(笑)
でも楽しいひとときです。大事にします。

107 06-12-08 (金) 19:30

△ mimosadoll さん
妹さんですね。こんにちは♪
第二の人生ね・・・あってくれれば、むしろうれしいのですが・・・
当人は「面倒くさい」のひと言(笑
ストイック(単に面倒くさがり?)なところは、やはりボクの親父だな、と(*´∀`)
まあ息子としては、好きに楽しくやってくれればそれでいいかなと思ってます。
それに・・・大して男前でもありませんしね!(笑
この写真は、池の西側の細い地道を入って行った奥、北西方向から東南方向へ向けて撮りました。紅葉してる並木が、山越道沿いになります。この細い地道は昔は結構な穴場だったんですが(ときどき、利用してました ^ ^;)、最近は観光客も紛れ込んできてるみたいで、こないだも車がぎっしり止まってましたよ。どんどん、居心地のいい場所がなくなっていきます。
△ ひぐちあきおさん
ボクも、サカナに生まれ変わりたいとは思いませんね(笑
生まれ変わったら・・・やっぱり人間になって、そしてやっぱりフライをしたいですね。釣りができて、そして愛する人が側にいてくれれば、なんて考えちゃいます(*´Д`*)
平谷さんの掌編、読みましたよ。妖しく、少しエロティックな感じもほのかに香りつつ、しかしご本人の挿絵もおどろおどろしくて・・・ゾッとします(´A`;)
実際、渓の薄暮は「魔の刻」ですよね・・・
来年、イブニングでふと思い出したらイヤだなぁ・・・(笑
△ ijin7wth2 さん
ハンドルをご改名になられたのですね。
今後ともどうぞよろしくです^^
皮肉屋のこの親子、会話の内容はあまり感心できませんが(笑
好意的にご解釈いただいて救われる思いです。
有難うございます。
△ JIMO さん
一定年齢を経て、父子で馬鹿話をするのはとても面白いですよね。ウチの親父はあまり酒を飲みませんので(ここはボクと違うところ)、素面で馬鹿話をします(笑
ご共感、有難うございます。

Solo 06-12-09 (土) 12:16

こんにちは、107さんやはりたくさん本を読まれた方なのですね、日頃の文章からもその片鱗かあちらこちらに……素敵ですね。
素敵と言えばお父上様もユニークですね、とてもオシャレな感じですね、うちなんかオヤジとはいいとこ鍋をつついて盗っただの盗られただの……
我が家には品がありません、羨ましいですよ。

107 06-12-09 (土) 23:21

△ Solo さん
有難うございます。
いやいや、ここにはまだこうして文字にできることだけしか書いてませんから・・・
品、ないですよ・・・orz
しかし、変わってることは確かです(笑

piro55 06-12-11 (月) 1:27

こんばんは!
素敵な親子ですね。
たまに母が「死んだら話」をするのですが
私はいつも話をごまかします。なんだか聞きたくないのです。
何も親孝行らしいことが出来ていないのに、今いなくなることを考えられないです。
親離れできていないのかしら・・・
私もそんな話でも涙流して笑いながら話せるほどに、親と向き合えるようになりたいです。
素敵なお話をありがとうございました。

107 06-12-11 (月) 11:20

△ piro55 さん
有難うございます♪
親と正面から向き合えるようになる「きっかけ」は人それぞれなんでしょうが、ボクの場合は子どもが出来て「人の親」になったことでした。幸い、そのときになっても親がまだ健在で、だからこうして互いに話せるときがあることをとても有難く思っています。
piro55さんも、今はまだ「そのとき」ではないというだけで、いつの日か何かをきっかけにそういう日が必ず来ることと思います^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/12/118.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ある日の午後 from 107@BLOG
pingback from 107@BLOG · 水景慕情 10-07-08 (木) 15:13

[…] 用事で、久しぶりに親父と一緒に福井まで足を伸ばしてきた(釣りに非ず)。 右京・嵯峨野に住む親父の家から左京・大原を抜け、若狭へと至る鯖街道を経て三方五湖のひとつ、日向湖 […]

Home > おもひでポロポロ > ある日の午後

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player