Home > 美味礼讃 | 2006年の美味 > 鱒のスモーク

鱒のスモーク

061110smoketrout.jpg
先日、釣りの先輩から「例のもの、できたよ」との連絡をもらったので、いただいて帰って来た。何かというと、ニジマスのスモーク。その先輩がある管理釣場に釣りに行ったところ思いがけずたくさん釣れたので、コンディションのいい大物を選んで持って帰って燻製にされたのだ。ボクは以前からその先輩に燻製を作るときは声をかけてほしいと頼んでいたので、今回のお呼びとなったワケである。

いただいて帰ってきて、開けてみたらこれがまあデカい。燻製にすると元の大きさからかなり縮むのだけど、それでも40数センチはあるから、元は50センチほどもある大物だったのだろう。よく肥えていて、さぞかし燻製にするのは手間暇かかっただろうなと思って先輩のいる方角へ手を合わせて拝みつつ、早速、身の一部をむしり取って食べてみた。
美味い!
久しぶりのスモーク・トラウトである。これは美味いスコッチが(それもハイランドのシングルモルトが)合うな〜と思いながらも、真っ昼間からそんなことして遊んでるワケにもいかないのでいったん片付けようとしたら、子どもたちが匂いを嗅ぎ付けてやってきた。家中に匂いが充満しているらしい。
「食べたい」
「食べたい」
仕方がないので少し身をむしってお皿に置くと、奪い合うように食べる。
「美味しい?」
「うん!美味しい!」
「もっとちょうだい」
・・・こういうのはまだ食べないのではないかと思っていたのだけど、考えが甘かったようだ。仕方がないので4分の1身を取って皿に分けると、わいわい言いながらすごい勢いで食べ始め、あっという間に平らげられてしまった。かなりの大物なのでそう簡単になくなるまいと思っていたが、これはヤバい。あわてて、残りは晩ご飯ににスモークの入ったパスタを作ってあげる、ということで納得してもらう。
061110pasta.jpg
いつもパスタを作るのはボクの役目である。ちょうどマッシュルームに白シメジがあったので、「きのことスモーク・トラウトのスパゲティーニ」なるものを作ることにした。
パスタはいつもディ・チェコ。それのスパゲティーニ、つまりスパゲティより細くてフェデリーニより太いヤツ。これを、塩味の効いた湯で茹でる。フライパンに細かく刻んだガーリックを熱したたっぷりのオリーブオイルでよくローストし、スモークの4分の1身を取ってほぐしたのと、きのこ類をばさあっ、と放り込んで火を通す。塩気はスモークのがしみ出してくるので、ほんの少しでいいぐらい。黒胡椒をガリガリッとやって、白ワインをぶっかける。ボクの家には料理用の白ワインというのはなく、いつも飲んでいるのを料理にも使う。使う前に、ワインの味が変わっていないか、念のためにロッググラスになみなみと注ぎぐいと一気に飲み干して「味見」することにしている。それからおもむろにフライパンにダバダバッとワインをぶっかけるのだ。ボワァ!と炎が上がる。
「わあ」「すごい」と子どもたちの歓声。いつもの儀式である。
「お父さんはカルシファーと契約しているからこんなことができるのだよ」などと馬鹿なことを言いつつ。
んで、出来上がったのを皿に。
食べてみると、適当に作ったにしてはかなり美味い。スモークが、ベーコンとアンチョビの間ぐらいの感じでいいアクセントになっている、と自画自賛(笑
子どもたちもぱくぱく食べてくれて、完食。
さて、と・・・。これで満足してくれたようだし。
おかげで今晩、ゆっくりとスコッチを呑っている。
やはりこういうサカナは、酒のサカナにするのが一番である。
 


Comments:19

sekisindho 06-11-10 (金) 1:14

107さん、こんばんは。
最近何故かマジに褒め言葉連発のsekisindhoでございます(笑)
でも今日の記事にもまたまた「凄いな〜」をマジに連発しそうですよ。
だいたい「男が料理をする」のがいいですね。私はインスタントラーメンを美味しく作るのは得意ですけど、スパゲッティとなったらまったくダメですね。
お米は炊けますけど、それ以外はもうまったくダメです。
お子さん達の喜んでる顔が目に浮かびますけど、スコッチ片手に、スモーク・トラウトを毟っている姿は、ハードボイルドだど〜の世界ですよ。羨ましい(マジ)

noobooboo 06-11-10 (金) 1:35

いいですね〜。作り方もさすがに男の人です。
父が燻製をよく作ってくれたんです。
とてもおいしくて、大好きでした。冬になると必ず作ってくれました。スモークサーモンも美味しくて、子供ながらに、市販のものは嘘だ!と思ったものです。お子さんも本物を味わえていいですね。^^
今でも父の作ったものにかなわないものが幾つかあるのですが、
燻製もその一つ。しょうが焼き、おでん。刺身のきり方。かないません。しょうが焼きは見ていたのですが、作り方変わらないのに、味が全く違うんです。不思議です。おでんも鶏ガラからスープをとって、
鰹節などの出汁も加えて一日がかりで作っていました。
あ、食べたいな。。。
とりあえず、お昼はパスタに決めました。^0^
ありがとうございます♪

ひぐちあきお 06-11-10 (金) 8:19

ぼくもステーキを焼くときにブランデーをふりかけて、「ぼわん!」が好きです。なるべく派手に炎を上げたいのは、きっと放火魔の素質あり(笑)。味に関係ないんですけどねえ。
カルシファーといえば、薪ストーブの前であの声のまねをすると、こどもたちが喜ぶのです。でも、長くやると喉がつぶれそうになります。声優さんはえらいと思いました。

107 06-11-10 (金) 10:35

△ sekisindho さん
最近、どこか具合でも?
(マジ) も3連発だし(笑
独り暮らしが長かったもので(10年ちょっと)、一応、ひと通りのことはできるようになってます。最近はもう料理ぐらいしかしないですけど。
> インスタントラーメンを美味しく作る
う〜む。これは簡単におっしゃいますが、なかなかに奥の深いものですよね。sekisindhoさんなら、いろんなアヤしいテを繰り出してきそうです(笑
「だど〜」だとハタ坊になってしまいますが(笑)、スモーク・トラウトには、やっぱりスコッチですぜ。それも、ガツンとパンチのあるやつ。
昨日の酔いはハード・ボイルドではなくてアルデンテ・ボイルドでした(笑
△ noobooboo さん
手製の燻製、とっても美味しいですよね。手作りのベーコンなんかも大好きです。そちらだと美味しいベーコンがたくさんあるんでしょうね〜^^
「スモークサーモン」として店で売ってるのは、ほとんどが冷燻(低温で燻す)によるものでしょうから、風味や食感がかなり違ってきます。
お父上、すごいですね。おでんもそんなに凝って作られるんですか。
「家庭の味」が「父の味」というのもいいなぁ。ボクもそれを目指そうっと(笑
お昼のパスタは美味しく召し上がられましたか^^
こちらこそ、有難うございます。
△ ひぐちあきおさん
じゃあ、ボクも放火魔の素質ありだ(笑
一度、炎を高く上げすぎて換気扇のフィルターを燃やしてしまったことがあって、そのときは嫁に思いっきり白い目で見られました・・・
我が家では、ジッポのオイルライターにカルシファーが住んでいることになってて、煙草に火をつける度に反応してます。カルシファーは子どもたちに大人気でご多分に漏れずマネさせられますが、同じく声が続きません・・・(笑
我修院さん、若人あきらとは別人になって大活躍。変われば変わるもんですね。

7wth2 06-11-10 (金) 14:40

こんにちは。
旨いもんですね。料理。観ていました。
107さんは器用なんですね。車の運転、釣り道具の準備の話もお聞きしましたが、その度に思いました。
お子さんにもチャンとお裾分け。それも父さんの料理で。この積み重ねがシーズンで効くんですね。
後で、ユックリスコッチで・・・如何でしたか。

107 06-11-10 (金) 20:28

△ 7wth2 さん
こんにちは〜
器用なんでしょうか・・・だとしたら、まさに「器用貧乏」の典型です(笑
日々、子どもにサービスして釣りに行かせてくれるよう種まきをしています・・・
来年までこの効力が保ってくれれば有難いのですけどね〜
スコッチにスモーク、最高でございました^^
有難うございます。

オードリー 06-11-10 (金) 20:34

何か文字が丸くなりましたか?
もう!なんて素敵なクッチーナ!うーん。参りました^^。素晴らしいです。
お父さんがそこまで出来ると、お嬢さん方の将来の旦那さまのハードルはかなり高いですね。間違いないです^^。
淡々と綴られている文章を読んでも素敵すぎます。
「ごちそうさまでした。おいしかったです!」^^。
そうか、契約してたんなら納得です。(笑
               墮天使より。

107 06-11-10 (金) 22:44

△ オードリーさん
いつからミカエルに!?
文字、丸くしてみました^^
パスタは、ボーノボーノ、です。
もちろん、ハードルは高うございますよ。
いっそのこと、別に結婚せんでもええよ、ぐらいの勢いでして・・・(笑
契約してると、他にもいろいろできるのです。テレビのチャンネルを手を使わずに勝手に変えたり(番組予約ね)。その度に、子どもたちから尊敬と賞賛のまなざしを受けていましたが・・・
最近、上の娘が怪しみ始めています(笑
有難うございます。

オードリー 06-11-10 (金) 22:52

残念ながら…大天使ではなくてルシファーの方なんですよ^^。
すべて必然。の話の後で、このような冗談めいた事さえも必然だと感じますか。。
もしも、感じられるのでしたら私は幸いです。^^。

107 06-11-10 (金) 23:13

△ オードリーさん
そうでした^^;
・・・でも、ダメですよルシファーになっちゃ。ミカエルでいてくださいね。
すべて必然なら、やはりすべて必然だと。
偶然でさえも、偶然という必然。ややこしいですけどね(笑

Solo 06-11-11 (土) 9:19

こんにちは、やっとPC復活しまして拝見しています。
しばらく見れなかった今までの写真、大きな画面で拝見しています。
虹鱒の燻製ですか、会社でほかの人たちがスモーク作りにはまっているようですが、自分はまったく料理はだめでして・・・・食べるほうが専門です、北海道でも鮭(シャケと北海道では一般的)のスモークが出回っています、塩っ辛くてすごくのどが渇きます。
スモークで40cm強の虹鱒ですか、釣り上げたときはきっとおおきかったでしょうね、うらやましいです。

107 06-11-11 (土) 15:06

△ Solo さん
お久しぶりのPCなんですね。お越し有難うございます。
サケになるととても大きいので、燻製のやり方も随分違ってくるのでしょうね〜。あんまり塩辛すぎるのはボクも苦手です。新巻鮭じゃないんだから・・・ってね(笑
湖状の管理釣場のニジマスだから、そちらの川で再生産されているのとは随分違うと思いますが、それでも管理のサカナとしてはここのはきれいでパワフルみたいなので、とても面白いようです。

cafe_m 06-11-11 (土) 15:52

アウトドアが似合う男はやはり料理もお得意なのですね!
大胆でいて、こだわりのある男の料理はただただ美味しそう。
それにしても…
ロックグラスになみなみと一気飲み、が味見とは恐れ入りました。

konatsu 06-11-11 (土) 16:50

こんにちは☆
はあ〜すばらしいお父様!!
お子様がうらやましい☆
うちの相方にもカルシファーと契約してほしいもんですよ!!
そうそう、こちらにお邪魔するようになってすこしは魚辺の漢字を読めるようになりました(笑)小学生みたい(笑)

107 06-11-11 (土) 19:36

△ cafe_m さん
山に行ってもコンビニ弁当ばかり食べて、ワインをたらふく呑んでダラダラしてばかりいるアウトドアマンです(笑
若いときにパスタの作り方をイタリア料理のシェフから教わったことがあって、それでパスタだけはなんとか作れますです。
ロックグラスの一気飲みの味見、これが一番でございます(笑
有難うございます♪
△ konatsu さん
今から相方さんを、それとなく教育しておくのがよろしいかと^^
パスタは、作り方のコツさえつかめばアレンジも自由ですし面白いですから、興味さえ持っていただければこっちのもんです(笑
漢字、こんなブログも少しはお役に立てることがあるんだ(*´∀`)
有難うございますね〜^^

マロニエのこみち・・・。 06-11-11 (土) 22:09

最近、高感度上昇気流に快調に乗っておられる107さん、こんばんは♪
このパスタ、美味しそうですね〜〜!
私は、まずこのパスタで、美味しい白ワインを頂きたいです
そして、その後、別室にてスコッチに燻製などよろしおすな〜〜

107 06-11-12 (日) 0:53

△ マロニエのこみち・・・。さん
もお〜。褒め殺しは堪忍しとくれやすな〜
個人的にはあの体操のおニイさん、苦手なんですよね。人間としてありえないぐらい、あまりに健全すぎるから、テレビで見かける度に「テメーそれウソだろ」とうがった目で見てしまいます(恥
パスタ、まあまあでしたよ。次はもうちょっと美味しくなるかな。
機会があればいつでも喜んでお作りします♪(スモークが滅多にありませんがね)
でも、その後、マロニエさんと「別室」で燻製をツマミにスコッチなんて・・・
ドキドキするかも (*´Д`*)
その際には、ぜひお着物でお越しくださいね。
襟首んところは、ほんのちょいと広めに・・・(ウヒヒ
・・・なんつうバカなことを調子に乗って書いていたら、全国のマロニエファンの皆様から、袋叩きか、あるいはもっとひどいメに遭わされそうですな(笑

teardrop 06-11-13 (月) 12:58

こんにちは〜。
107さん、お料理もされるのですか!
亭主関白なイメージだったので、ビックリ仰天です(笑)
我が家もパスタはディ・チェコです。夫は、料理のセンスは
皆無なのですが・・材料には何故か拘る人で・・・。
老後は、夫に料理を作ってもらいたいと思ってますが、それは
叶わぬ願いになりそうです(*T-T)シュン。。。

107 06-11-13 (月) 17:08

△ teardrop さん
こんにちは〜
・・・って、ぜんぜん亭主関白なんじゃないですってばっ!
いつも尻に敷かれております。teardropさんちみたいに・・・(ウソウソ
パスタはディ・チェコに限りますよね〜
他にも同じく美味しいのありますが、入手のしやすさからやっぱこれになります。
ご主人、お料理はされないけれどなんだか「グルメ」な感じの方ですよね。そういう方は、いつか何かのきっかけで料理にハマるとすごくなるんじゃないかと思いますよ。
機会待ち、てことで、ご辛抱・・・^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/11/109.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
鱒のスモーク from 107@BLOG

Home > 美味礼讃 | 2006年の美味 > 鱒のスモーク

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player