Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > 生命の妙

生命の妙

061012woods.jpg
一粒の、ほんの小さな種子が、数年、数十年を経て立派な木に育つ。

もちろん、何もなしで勝手に放っておけば育つということはない。
きれいな水、新鮮な空気、太陽の光、大地の栄養、
いずれが欠けても植物は育たない。
こと植物に限ったことではなく、生命が地球上に誕生して以来の必然である。
また個々の生命同士も密接に関係しあうことで
各々が己の存在を確かなものにしている。
生命とは、そういうものである。
美しい自然の風景も、生命が織りなす精緻な生態系も
最初からそうあったのではない。
永い永い、気の遠くなるような年月をかけて、それが今そこに存在し得るのだ。
しかし壊されるときは、一瞬である。
禁断の火を弄び、生命の妙を知ることのない狂人に激しい戦慄を覚え、
言うべき言葉も、見当たらない。


Comments:16

オードリー 06-10-12 (木) 23:05

何かありましたか?
趣きが違うようにも感じますね。
素晴らしい木々ですね。沖縄には山と呼べる程の山がないため、大木にはなかなか出逢えないものです。修学旅行で初めて山を見た時、木々の大きさに圧感を覚えました。今でももう一度行ってみたいと思っています。そして、出来れば桜を見てみたいと思います。しっぽのある娘グレイスにも見せてやりたいのです。
写真の木を見ていると、薄墨の桜を思い出しました。花の時期ではなかったのですが、心に焼き付いています。

sekisindho 06-10-13 (金) 0:03

107さん、こんばんは。
読んでいてオードリーさんと同じ感じを持ちました。
私の仕事の知人に、伊東に山を持ってる方がいるのですが、面白い方でCo2を減らすために木を増やしたいのだが、外国から入ってきた木ではダメだそうで、理想は日本の各地に昔からある「鎮守の森」の木だそうです。
詳しくは解りませんが、今ドングリから苗木を育ててらっしゃいます。いっぱいペットボトルを集めてそれに育てているのですが、植樹するのを楽しみになさってます。
それに引き替え、ですね。
禁断の炎でおのれを焼き尽くせばいい、くらいの怒りを感じますよ!

107 06-10-13 (金) 0:29

△ オードリーさん
いえ、個人的には特に何も。有難うございます。^^
ただ、世の中を見回していて、と〜〜〜っても憂鬱になっただけのことです。
木は、黙って立っていますね。移ろう四季に、花を咲かせたり、葉を芽吹かせたり、葉を落としたりして、しかし、静かに・・・
桜は沖縄にはないのですか。
そうか〜〜
では、来春、いっぱい写真を撮って載せますね。
△ sekisindho さん
有難うございます。ただ憂鬱なだけです。
「千鳥足の精神履歴」というのが、当ブログのモットーであります(笑
南方熊楠も鎮守の森の重要性を切々と説いていますね。日本の、人の手が入った里山の理想的な植生がそこにあるようです。クヌギなんかはその代表格だそうで、そこらあたりかドングリをという考え方をされているのだろうと推察いたします。とても素敵な試みですね。ペットボトルで発芽させるノウハウを教えていただきたいです。
ホント・・・それに引き替え、です(怒

nooboo 06-10-13 (金) 2:05

107さん
時間を見つけては以前の記事を読んだりしています。
なかなか一度に・・・とはいかないのですが。^^
107さんのいろんな面が見られて面白いです。
好きな釣りをしたり、
妻や子を愛する一面を見せたり、
欲求不満をクレームで解消してみたり(笑)
もらったお酒でのんだくれてみたり。。^0^
コメントもユニークで、私も含め、みなさんの人気者ですよね^^
今日の記事などを見ましても、
どこか一本筋の通った、107さんが、まるでナウシカのように見えてきました。ちょっと違うかな?
伝説の勇者。。なんて例えてしまうと、すこし褒めすぎですか?笑

プリュム 06-10-13 (金) 7:48

今回はでおくれましたの、おっはー107サン
うちの砂漠の話といい、今回の森林保護の話といい
ふわっと思ったのが107サンは「森の民」なんだわぁということです
森のせせらぎの近くに住む人
政治的なことは別として、北方領土問題も
どちらがどうのという前に手付かず、人間が不可侵の地でこれからもあってほしいな
今の日本ではどんな僻地に住む人間でも
平等な行政サービスを受ける事が当然だと思っているらしい
もちろん、機会の平等はなくてはいけないけども
都会と同じようにはいかない
豪州の放牧業家庭の子は学校には通えない
だけども、通信教育、バスによる訪問教育など
埋め尽くせない距離に対して教育の機会を与えるという意識は進んでいる
日本の不登校とは大違い↑
建物設備道路を作れば解決することではないのです
107サンなら理解していただけると思います
さて、今話題の「美しき国」
下記のお店に私の↑についてのコメントがあります
かなり、SFチックかもしれませんが、よければのぞいてくださいませ

107 06-10-13 (金) 10:13

△ nooboo さん
ご覧いただいてますか。有難うございます〜^^
なにしろ気ままに、好き勝手に言いたい放題やってます・・・(恥
noobooさんをはじめ、おつきあいいただいている皆様にはただ感謝、感謝です。
ナウシカは、言い過ぎです・・・どちらかと言えば、「伝説の剣士ユパ」ならぬ「伝説の釣師107」を目指しています(笑
あ、でも原作のマンガではユパはナウシカに後を託して自ら死んじゃうのですが、では自分にその覚悟があるかというと・・・ないですから・・・やっぱダメですね。
ナウシカは、ボクのようなのじゃなく、周りの人に明るさと微笑みを与えてくれるnoobooさんのような女性こそ相応しいと思いますよ(歯が浮いた〜〜・笑
△ プリュムさん
森の民になりたいけれどなりきれない、中途半端なところにいます。
日本の行政には根本的に「箱もの」に依存する体質からの脱却が必要だと思います。箱(道路を含め)を作ればそれでいいってもんじゃなくて、住民にどう快適に過ごしてもらえるか、という視点がもっと必要だと。
プリュムさんの「美しき国」、大枠では賛成ですが、PCがなくなってしまったらボクらはおまんまの食い上げです。それにブログもなくなっちゃうのかな。それは少し残念なことですね。

マロニエのこみち・・・。 06-10-13 (金) 12:37

なんか起きるんですかね
ほんま、憂鬱ですね
この秋は、拾ってきた団栗を育ててみようと思っているんです
ブログの中で、ある方から教えていただきました
でも、地球が平和でないと、こんなことも落ち着いてでけまへんわ

107 06-10-13 (金) 14:59

△ マロニエのこみち・・・。さん
イヤ〜な感じしますよね。たまらんです。
ドングリを?
落ちたばかりのをすぐ拾ってきて埋めてやらないと、春に発芽しないと聞いたことがあります。難しくないのですか。簡単にできるものなら、ぜひやってみたいです。

プリュム 06-10-13 (金) 17:29

107サン、ご覧頂ありがとーです
まあ↑も
詰まんない戯言半分で聞き流してください
戯言の中からも、何かしら将来に向けて真実が眠っているかもしれないしね
私のコメントは半分くらいは真剣?
半分くらいはオトボケでできています
そんな感じですので、よろしくお願いします

Solo 06-10-13 (金) 18:55

こんにちは、やっぱり例の件ですよね。
ここ最近の世界の情勢を見る度に言い知れぬ不安を覚えてしまいます、自分の事ではなくまず家族の、子供達の未来の将来が心配になります、なんだか心配事が尽きませんね。

オードリー 06-10-13 (金) 19:54

そうでしたか….どうしようもない憂鬱のときは、あまり頑張らない事です。木の葉がせせらぎに身を委ねるように力を抜いてみましょう^^。
満点の星空に思いを馳せながら….沖縄では今日も天の川は流れていますよ。真夜中になると、東の空にオリオンが覗き込んできます。
それから、桜!楽しみにしています。沖縄の桜は1月に満開時期を迎えます。本土の桜とは全然違いますが、それはそれで綺麗です。咲く頃に写真を載せますね!(きちんと縦にします…笑^^;

107 06-10-13 (金) 21:09

△ Solo さん
そうです、例の件です。
とてもイヤ〜〜な感じがしますよね。
相手が狂ってるだけに、どうなるのか分からない恐怖があります。
怒りもあります。
早く潰れるなり何なりして息の根が止まってくれるといいのですが・・・
△ オードリーさん
有難うございます。
星空、いいですね^^
沖縄の桜は、ぜんぜん違うんですか。しかも1月に咲くって・・・さすが。
見たことないので、来年、写真を拝見させていただくの楽しみにしてますね。

7wth2 06-10-14 (土) 16:37

こんにちは。
自然が静かに生きようとしても、人が自分勝手なことして、自然を壊す。結果的には人も不幸に。
言われるとおり、壊すのは容易く、元に戻すのは、その何倍ものエネルギーが。それでも戻ればいいのですが、元に戻らぬこともあります。
気の狂った人がいて、取り返しのないことしないかと、心が落ち着きません。

107 06-10-14 (土) 19:57

△ 7wth2 さん
ったくです。
少しばかりの目先の利得のために、どれだけの取り返しのつかない損失を蒙っているか。
今回の件、もっとも最悪な結果に至ることを危惧しています。
杞憂に終わることを、ただ祈るばかりです。

オードリー 06-10-14 (土) 22:23

107さん。すみませんね….たびたび。オードリーです。
DIONさんメンテナンス中という表示を掲げたままで、新規投稿が出来ません….おまけに、数少ないブログのやり取りをさせてもらえている方々への訪問もメンテナンス中の表示で遊びに行けません。
少ない中から107さんの所へは遊びに行けます^^。よかった〜^^;
と言うわけで…..しつこいコメント書き込み…..許して下さいませm(__)m….

107 06-10-14 (土) 23:41

△ オードリーさん
どうぞどうぞ、お気兼ねなく^^
今は少し復旧してるようですが・・・連日のパンクにはイライラさせられますね。
原因はスパムだけではなさそうですよ、どうやら。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/10/99.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
生命の妙 from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > 生命の妙

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player