Home > 日々のうたかた | お遊びの諸々 | 2006年の日々 > 秋の植物園

秋の植物園

061009sky.jpg
3連休である。晴れているのに雨がパラついたりと少し天気はややこしいが、それでも秋らしい爽やかな空気で大変気持ちがいい。
1日めは、午前中に子どもの通う保育園の運動会。お父さんはもっぱらビデオと写真の撮影係で、片手だけ妙に日焼けしながら子どもたちと一緒に頑張っていたのだ。昼からは上の娘を連れてドライブで、あっちこっちに引きずり回される。
2日めは、京都府立植物園に行ってきた。空がとても高く、少し曇ったりはしたものの、木や森に囲まれて、とても気持ちのいい一日だった。

温室もお話に聞いていて一度見たかったので、まずそこへ入ってみたのだが、妙な蒸し暑さ(当たり前だけど)と、奇怪な形状をした植物の群れに、その造型の面白さに驚嘆はするもののとても疲れてしまった。やはりボクには熱帯の環境というのは性に合わないらしい。温室から出てきて、近くの温帯広葉樹の植生の森に入ったらとても落ち着くのである。下のような、いかにも温帯の木らしい木を見ると「この木陰で昼寝したい」と思える相性の良さなのだ。
061009wood.jpg
061009shirakashi.jpg
いい気分で歩き回っているとちょうどブナ科の木々があったので、早速子どもたちとドングリ拾いに興じる。右下の写真のようにカシの実はまだ枝についてて青く、しかも、数が少ない。やはり不作だというのは本当なんだなあと思いつつ進むと、クヌギや、アベマキという聞いたことのないブナ科の木の根元に大量のドングリがあるのを発見。アベマキというのは、木の幹の感じも葉っぱもクヌギにそっくりなのだけど、葉の裏が白いので見分けるそうだ。でもその実はあきらかに違っていて、クヌギはご存知の通り大きく丸く、アベマキの実というのは大きさは同じような大型のドングリだけれど、縦に長い楕円形になる。初めて見たのでとても面白く、雑木林の中を延々歩き回る。結局、夕方まで植物園の中をあちこち動き回って思い切り遊ばせてもらった。
家に帰ってきて遊び疲れた子どもたちが寝てから、嫁が植物園について調べものをしていて分かったのだけど、ここのような京都府立の施設には少子化対策として「親子のふれあい推進事業・ファミリーパスポート」という制度が設けてあり、小学生以下の子どもと一緒に利用すると、同伴の保護者が1人無料になるそうなのだ。この植物園の場合でいうと、入園料200円と温室観覧料200円について無料となるらしいのだけど、これがまあ情報がないのでいまいちよく分からない(→参照)。ともかく、わが家の場合で言うと、対象の子どもは2人だから大人2人とも無料になる筈のようなのだ。それで、どこでこのパスポートが貰えるかというと、各対象施設とのこと。
ボクらは今日、京都ナンバーのクルマで行って、施設の従業員のおじさんに駐車場まで誘導してもらい、その同じおじさんが入場のチケットを切った。その間、思い切り京都弁でお話ししている。小学生以下の子どもを連れているのは見た目にも明らかで、その子たちとボクら夫婦が親子でないと見る根拠もない筈である。しかし、その従業員から、ひと言もこういう制度についての案内や説明はなかった。そしてその従業員は、間違いなく府の職員である筈である。
ちょ〜っと待ってくれよ。いちいち、言わなきゃそういうことしないのかい。何も知らずに金払って入るヤツがバカだということなのか?
いったい、何のための、誰のための「推進事業」なんだ!?
それとも、ひと言添えることがそんなに面倒臭いことなのかよ?
いや、そもそも「推進事業」というなら、府下の対象全家庭にその「ファミリーパスポート」とやらを無条件で送ってくるのがスジではないのかい。
府民税、多くはないけどちゃんと払ってるんだよこれでも。
楽しかった一日の最後になって、なんだかとても釈然としない感じが残ってしまう、植物園訪問なのだった。


Comments:19

オードリー 06-10-09 (月) 1:13

まぁ。せっかくの楽しみモードが一気に抗議モードに….
なんでですかね。お役所さんの対応、接偶にはホントに参ってしまうときがありますよね。
うちの息子を特別養子縁組での手続きの為に家庭裁判所へ言ったとき、
「捨て子ね。」と、…..今思いでしても….すみません。クールダウンしましょう。
107さんはやはり、森が似合うように思います。
お話から、澄んだ空気の「凛」としたあの感じが伝わります。
秋ですね。沖縄でも最後になくセミの声も少なくなってきましたよ。
今日は娘さん達楽しくてきっと寝相もハッスル!ではないでしょうか?^^。
お疲れ様です。

107 06-10-09 (月) 1:38

△ オードリーさん
ねえ。公共サービスとはなんぞや、ということについて憤りを感じております。
その家庭裁判所の人のひと言・・・許せませんよ。
走っていって、飛び蹴りしたいです(怒
森が似合いますか。有難うございます。
いつか年をとったら、山や森の近くに住みたいと思っているのです。
沖縄ではまだセミが鳴いてるのですね。驚き〜〜
こちらでは、すっかり秋が深まりつつありますよ。
今日は子どもたちも即寝です。
静かな、秋の夜です・・・

プリュム 06-10-09 (月) 6:45

↑オードリーさん、そーなんです、情けない
余計なお世話ですがその場合は「乳児遺棄されていたのですね」
くらいの用語を使うべきです、たく、何のために
普段から難しい言葉並べて文書作成してるやら・・・
こういうときに化けの皮が剥がれるのですよ、バカ役人→私の仲間ですが
と、朝から取り乱してしまいました、スミマセン
107サンと同じく私も非亜熱帯地方にしか生息できません
ですから、自ら進んで
サイパングアムバリフィジーインドネシアタイ・・・・区切りなしの
これら観光地には足は踏み入れません
話によると貧血気味の人は気温が上がると鉄と酸素が結合しにくくなり
さらに、酸欠状態になるので体もエラク感じるのだそうです
夏に適応できない人はコノ傾向かも?
さて、役所の不作為には職業上、よくわかり原因も
目に余っていてあふれ出ている私なので
今回は大手★TBの件です、数年前中国観光ビザが不要になりましたが
丁度私の入用のときに窓口でビザの手続と手数料支払いました
↑不要の旨、そのときの受付は説明しませんでした!
普通観光か、仕事か聞くべきですよね!
おかげさまで余分に金銭持ち出しました、そこの店舗には二度と足を踏み入れません
今回は怒りが先行しましたけども
添付写真のアングルが微妙に高いのに不思議です
どこかに昇ったのでしょうか?

107 06-10-09 (月) 9:18

△ プリュムさん
役人がすべてこのように不親切だというワケではないですよね。
不作為を美徳とする役所の永き因習に適応する(=毒される)と、悲しくもこのようになってしまう、あるいは永く勤続しようとすればこうならざるを得ない、という風に見えてしまいます。悲しいことです。
役人と、大手有名企業の人間とは、よく似ている部分がありますね。
なんでああなるのだろ(笑
アングル高いですか?最初の写真のこと?
どこにも登ってませんよ。
・・・あ、スラリと背が高いからだ(爆

konatsu 06-10-09 (月) 16:42

北山ですね、植物園前近くの北山通りからちょいと入ったお店で働いていたのでなつかしいです。でも植物園は1回しか行ったことはありませんが。
お役所さん仕事だからしょうがないといえばそれまでですが、いやな言い方ですが「誰が税金を払ってるの!」って言いたくなることだらけです。

107 06-10-09 (月) 19:14

△ konatsu さん
あの辺りには、お洒落〜なお店がいっぱいですね。
若い頃にはウロウロしたもんですが、最近はトンと足が向きませんです・・・
植物園、まったりしてていいもんですよ。
でも、小悪魔な某ねずみ園にゃあ、かないませんが〜(笑
公務員は公共のサービス係で、公務員職はサービス業、と。
基本的なことは忘れないでもらいたいと思いますよね。

teardrop 06-10-09 (月) 19:31

こんばんは♪
週末は、楽しいお出かけをされていたのですね。
お嬢様たちも、パパとたくさん遊べて、良い三連休に
なりましたね(^-^)
植物園で、どんぐり拾いをされたのですね!
どんぐり拾いって、ついつい、夢中になってしまいますね(;^_^A
青いどんぐり、綺麗〜。
ラストの方のお話、分かります。
公務員の方って、いろいろですね・・。
とても親切にして下さるところと、行き届かないところと、
ムラがあるような感じします。
パスポートのお話も、入場ゲートにでも、書いておけばいいのに・・。と思ってしまいました(;^_^A

nooboo 06-10-09 (月) 21:39

107さんの吼えが、今日は熊のなきごえに聞こえてきました。笑
そうなんですよね〜。
私も東京の自宅の周りで道路やなんやらで何回か市役所とお話をしたのですが、
まったくもって、お役所仕事なんです。
ああ、全部話したい(笑)長すぎて書けないんですけど、
最後にはこの私も吼えまくりました。
おかしいです。本当。
行政って、ソコに住む人のことを思いやるところなんじゃないんですかね?還元することには消極的で、税金はしっかり忘れずに取りますよね・・・・。
こういう公園の人もそうですが、意識が足りない気がします。。
きちんとやってる方もたくさんいらっしゃると思うので、なおさら気を引き締めてもらいたいですね。

107 06-10-09 (月) 22:49

△ teardrop さん
有難うございます。
青いドングリ、きれいでした。シマシマが透けて見える感じで・・・
不親切ですね。こういうところでこそ真価が問われるのに、どこか遠いところでお題目だけ唱えてりゃいいってもんではないよ、と思ってしまいます。
△ nooboo さん
クマの鳴き声(泣き声?)ですか・・・
んもももももももものうち〜(なんのこっちゃ・笑
ちゃんとやってる公務員さんももちろんおられますが、こういう怠慢なのがそれを台無しにしてしまうのでしょうね。悪循環があるのではないかと思います。
noobooさんが吼えまくるというのですからよっぽどだったのでしょう。
いつか、お聞かせいただけるのを心待ちにしております(笑

sekisindho 06-10-10 (火) 1:15

107さん、こんばんは。
連日の子供孝行お疲れさまです。
ところで。↑の「んもももももももものうち」って、私が先日他の方のところで「すもももももももものうち」って書いたばかりなんですが、偶然ですか(笑)
私の住んでるところの役所は、最近カウンターに近づくと立ち上がってご挨拶してくれます。
言葉遣いも格段によくなりました。
たぶん教育的指導が入ったのだと思います。
以前会社で電話応対について、必ず受話器を取ったら外線、内線に拘わらず「有難うございます」そして部署名と自分の名前を名乗るように徹底したことがあります。受話器に「有難うございます」と部署名を書いたテープを貼り付けて徹底したのですが、1ヶ月も立たずに全員、自然にできるようになりましたよ。
勿論一番の基本的な部分ですから、107さんの怒りのレベルではないのですが、相手の目線、気持ちに立つにはこのへんから始めないとダメですね。
「公僕」なんて言葉はもう死語になっているのでしょうが、無意識にでも「有難うございます」と相手に云ってしまうと、心構えが自然と公僕らしくなるのですけどね。

プリュム 06-10-10 (火) 5:27

↑みなさんの好意的な意見に水をさすようで
大変心苦しいのですか、実態を知るものとして
一言疑問にアドバイスを・・・
住民のよく通う窓口は↑然り、接遇に気を掛けてます
がしかし、大本営は?こういう現場の経験も浅い、もしくはない
エライお仕事をなさる頭のいい職員が仕切っていますから
良くなったように見えても、中味は腐ったままなのですよ
↑にもありましたが、それらの大本営の方々は住民など見えません
極端な例、税金徴収という仕事にも就いていない方が多いので
税金がどのようにして自分達の給与になるか?この千円はどうしてここにあるのか?という実感がありませんので
使いっぷりも大胆なのです
情けありませんが、自浄作用も働かぬところゆえに
カルロス・ゴーン氏の再来を期待している私です

7wth2 06-10-10 (火) 7:10

お早うございます。
広い青空の下に植物園。秋の爽やかな空気を感じます。
よかったですね。ご家族で植物園。ドングリの勉強も出来て、お嬢ちゃんたちは満足して、夢でも植物園が続いるのでしょう。平和な風景です。
一転して、役所の不作為による不快感と言うより怒り。
困ったものですが、全国的何処にもあるようです。
公務員の体質です。
要は公務員は少なくも、心が楽なんです。
民間のように顧客を失えば、収入が途絶えるという危機感は全くありません。だから、民間のような仕事に対する緊張感はありません。不作為もそんな心から出てくる現象に一つに過ぎません。
パスポートだって、その普及が企業の発展に寄与するキャンペーンだと考えれば、民間なら従業員は真剣にその普及に努めます。植物公園の役人はそんな意識はないのです。
それは親切とかの問題でなく、公務員の職業意識の問題だと思います。
折角の前編の幸せ感が後編が悪いと全部帳消し。でも、お嬢たちの幸福な気持ちだけは守られたので、総計はやっぱりプラス。

107 06-10-10 (火) 11:04

△ sekisindho さん
有難うございます。
んもももももも・・・は、偶然です!驚きました(笑
言葉遣いから心構えが変わるというのも、ひとつのきっかけになるんですね。公務員諸氏には、まず易しくこの辺から、「公共サービス」という言葉の意味を考え直してほしいもんだと思います。
△ プリュムさん
中におられる人からの貴重なご意見、有難うございます^^
カルロス・ゴーンということは、最後は首長のリーダーシップにしか頼るものはない、ということなのですね。
不治の病だとすると、納税者はいかなる対応をとればいいものでしょうか・・・
こうなると「道州制」や解雇ができる「公務員制度改革」で大胆な再編ができることに一縷の望みを託すほかなさそうだと考えてしまいます。
△ 7wth2 さん
おはようございます。
植物園の作る方の裏方さんたちは、表には人の姿は見えませんが、その木の植え方、構図の作り方などから、真剣にお仕事をされているのがひしひしと伝わってきます。そういうプロ意識を、接客する側の職員さんにも求めたいと思いますね。
子どもたちには関係のない話で、彼女たちは大変満足のようでした。
次はパスポートを「どうだ」といわんばかりに申請してやろうと思ってます(笑
ので、今度からは無料で入れると思います。
また近々に行くつもりです。
有難うございます。

マロニエのこみち・・・。 06-10-10 (火) 16:19

真面目に植物園のレポートを書かれているわ〜と
内心腑に落ちない思いで読んでいたら、こんなところにオチがあるとは・・・(爆笑
本当ですよね
保育園、幼稚園とかを介してでも、全家庭に配るべきです
殆どのご家庭は、こういう制度を知らないのでは?
その他の福祉や諸々のサービスも、役員さんからご紹介していただいたことはありませんし
以前にも、とっても良心的な保健所の方がおられたのですが
職場を伺ったら、その方の熱心さが、少し浮いているようで、
こちらが申し訳ないような気になり、とってもお気の毒でした
こういったお役所関係では、できるだけ心を平静に保ち
話し方も、いたって事務的にクールにを心がけるよう
人生修行の一環として修行している私でございます(拝

107 06-10-10 (火) 17:57

△ マロニエのこみち・・・。さん
たまには真面目に書いたらいけませんか(笑
こういう制度、ご存知でした?
次、見とけよ〜〜と思ってます(笑
他の方から、怠慢で傲慢な役人には「怒鳴りつけてやるのも手だ。よく効くよ」と教えていただいたことがあります。役所などでムカついたらやってみるのも手ですが・・・気弱なボクにできるかしらん♪

プリュム 06-10-10 (火) 20:20

およよ・・・107サン
間違えて?私には怒鳴らないでくださいよ〜↑冗談、またもや心労がぁ、なんてね
なかなかと、極めて冷静に怒鳴り叱り付けることは難しいと思います
自分を見失っちゃうと、後で自己嫌悪してしまいますからね
このネタは盛り上がりますね〜

107 06-10-10 (火) 20:36

△ プリュムさん
大丈夫ですよ。相手を見てからモノを言う視力は具えているつもりです(笑
あえて怒鳴りつける、という場合には冷静に判断しつつ怒鳴りつけることができるのではないかと。
盛り上がりますか?
もしそうなら、役人にご不満をお持ちの方が多いということでしょうか。

JIMO 06-10-10 (火) 21:18

ああ・・・私も役人です。いや、元国家公務員。行政改革のあおりで組織ごと公務員の身分を剥奪されました。
役人ではなくなったとは言え、まだ税金で食わせていただいている身。
耳が痛いお話です。肝に銘じます。

107 06-10-10 (火) 22:22

△ JIMO さん
そうですか・・・
この話を書いたときに、誰か公務員の人が他にもおられるんじゃないか・・・と危惧しながら書いていたのです。
しかし、JIMOさん、それって例の・・・衆議院解散にもなった・・・いや、総裁が辞める辞めないでモメた方か・・・(笑
失礼しました、詮索するのはやめておきます。
納税者の目は、かく厳しゅうございます。
よろしくお願い申し上げます(_ _)

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/10/98.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
秋の植物園 from 107@BLOG
pingback from 107@BLOG · 春の植物園 10-07-08 (木) 15:53

[…] 子どもたちを宥めるためのサービスとして午後から半年ぶりに植物園に入ってきた。前回秋に行ったときに「ファミリー・パスポート」なる特待サービスのことで因縁がついた、例の京都 […]

Home > 日々のうたかた | お遊びの諸々 | 2006年の日々 > 秋の植物園

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player