Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > おもちゃ

おもちゃ

ボクが釣りに行くと言うと、子どもたちが付いてきたがるときがある。一緒に連れて行って、自然の美しさや楽しさを教えてやりたいのはやまやまなんだけれども、ボクが釣りに行く場所というのは小さな子どもたちにとっては却って危険なところで、彼女たちが楽しんで遊べるような場所ではない。いずれもう少し大きくなったら平易で施設の整った管理釣場ででもデビューさせてやるつもりだから、今はまだ行けないのだよ、と話して聞かせている。
しかしそれでも「釣り」というものをしてみたい、と主張するので、それならば、と、おもちゃ屋で見つけて買ってきたのがこの写真のもの。スイッチを入れるとプレートがゆっくり回転して、この愛嬌のある顔をしたサカナたちが口を開けたり閉じたりして移動していく。サカナが口を開けたスキに、竿の先に垂らした磁石をサカナの口の中の金属にくっつけて、釣り上げるという寸法である。これがなかなかよくできたおもちゃで、大人がやっても結構楽しめる(最初の10分間ぐらいだけだけど)。

061005toy.jpg
それで話は変わって、昨日、下の娘が、明日は釣りに行かないのかと聞いてきた。なるほど、ボクが釣りに行くのはいつも木曜日である。3歳にしてもう曜日感覚があるのか、すごいなぁ〜と思いつつ、もう禁漁になったから行かないのだよ、と返事すると、そんなこと言わずに行っておいでよ、と言う。いつもは一緒に行きたがったり、行くなとぐずったりするのに、今日はどうした風の吹き回しか、と思ってよくお話を聞いてみると、手紙を書いた、というのだ。「はい、これ」と渡してくれる。釣りに行ったら開けて読むのだ、だからお父さんは釣りに行かなければいけない、と。
(手紙の中身はたいがい想像がつく。まだ文字が書けないので、他愛もないなぐり書きの抽象画なのだ。こういう、儀式めいたことをしたい、というのが本来の目的のようである)
瞬間、頭の中を釣りに行くシミュレーションが浮かび上がる。
朝一番に起きる→近所の湖の管理釣場→ニジマス爆釣!うっしっしっしっし。
再度、子どもに確認する。ホントに行っていいのか。いいよ。手紙をちゃんと読みなさいよ。
その旨、嫁に報告して最終決定を仰ぐことにする。嫁はこちらに背を向け、机に向って何か書き物をしている。
「あの・・・なあ。子どもらが釣り行け、言うのや」
「( ゚Д゚)ハァ? 釣り!?」瞬間的に湯が沸いたような答え。
しかし、ひるまず続ける。
「そ、そう、釣り。・・・あのな、子どもらが釣り行け、言うてんのや」
少しの沈黙の後、嫁はこちらを振り向きもせず言い放った。
「あのおもちゃで遊んでおけばええやん!」


Comments:18

オードリー 06-10-05 (木) 17:34

それで….許可はおりましたか?せっかく娘さんから釣り行きの切符をもらったのにね…
かあちゃん迫力あります。かっこいい〜….んっ^^。きっと、奥様は病み上がりの体を心配してるんですよ!愛されてる〜^^。(笑
似た様なおもちゃ、我が家にもありました。思い出しては遊び、いつの間にか魚達は旅に出ちゃいましたが….面白いですよね。
               
                     ソフィアより

プリュム 06-10-05 (木) 17:35

107サン、人生は思い通りにはならないものですね〜
それが
自分の家庭であってもですぅ
さすがに、奥様の最後の一言以上の攻防はなかったのでしょうか?
三度目の正直とか?
↑その後の修羅場も想像してしまったりしてぇ〜
世間では女の子の父親離れも早いと聞きますから
がんばって、釣りにつれていってあげてください
それから
余計な事ですが、107サンが釣りにいっている日は
朝子供たちに手紙を書いておくというのは
採用されませんかね〜、私は単純だから
嬉しがったりしてしまいます〜

107 06-10-05 (木) 18:25

△ ソフィアさん(笑
もちろん、許可はおりません。病み上がりを心配している風でもなさそうです(涙
いつの間にか、サカナがいなくなりますね〜(笑
このおもちゃも、もう2匹、どこかいっちゃいました。
△ プリュムさん
攻防も修羅場もありません。
「くぅん」と小さく唸って尻尾を股ぐらに挟み込み、すごすごと退却あるのみです(涙
も少し大きくなったら、ちゃんと釣りに連れて行ってあげようと思ってます。
置き手紙?
名案です。
・・・問題は、釣りに行く前にいつもドタバタで、あれがない、これがない、と大騒ぎしているお父さんに、そういう時間と心の余裕があるかどうかで・・・
来年、頑張ってやってみます。
(↑鬼が笑うかな)

月葉 蒼 06-10-05 (木) 19:19

こんにちは^^
私も魚釣りのおもちゃ持ってました!小学校にあがる前くらいだったので、ものすごく大きくて重かったのを覚えてます(笑)
すごく楽しいですよね^^
魚釣りの経験がほぼ皆無なので、私もいつか挑戦したいです^^
お体にはお気をつけてください!
それでは、失礼しました。

teardrop 06-10-05 (木) 21:32

こんばんは〜。
奥様の反応に、「どこも同じだな〜」と、笑ってしまいました♪
やはり、クールな107さんも、奥様には弱いのですね(笑
今回は、体調のこともあるし、大人しく見送った方が良さそう
ですね(笑
それにしても、お嬢さんはしっかりしてますね!
三歳でそんなお話が出来るなんて、ビックリです。

107 06-10-05 (木) 22:03

△ 月葉 蒼 さん
こんにちは〜
このテのおもちゃ、やっぱりどこの家庭にもあるもんなんですかね〜
大きくて重い?じゃ、これより随分上等なモノじゃないでしょうか^^
機会があれば、本物のおサカナ釣りもぜひどうぞ。
有難うございます^^
△ teardrop さん
てことは、いつも仲良さそうなteardropさんもこんな恐ろしい反応を?(笑
下の娘は、お姉ちゃんのマネをしているようで・・・お姉ちゃんはもう6歳で達者に喋りますので(つうか、ませてる)、見よう見まねで・・・
お父さんはいつも言われっ放しで・・・シクシク(笑

Solo 06-10-05 (木) 22:54

懐かしいオモチャですね、しかしお子さんならまだしも本格派FFMの107さんを満足させるには至らないようですね。
それにしても娘さん将来性がありますなぁ、まず釣り師としましても(笑)。

107 06-10-05 (木) 23:58

△ Solo さん
最初の10分で飽きました(笑
う〜ん。娘たちは、どうするのでしょうねぇ〜
バレリーナになるとか、釣りするとか。
これ、相反するんですよね・・・
目指すはココ・シャネルかな(笑

nooboo 06-10-06 (金) 2:16

こんばんわ
すごすご退却・・・笑
家庭円満の秘訣ですね♪
退却せず、いつもいつも奔放にしていたら、
奥様に置手紙されちゃいますよね。
「実家に帰らせていただきます」・・・とか(笑
「探さないでください」・・・とか^0^
やんちゃな?だった?107さんにお嬢さんが二人って意味があるんだと思います。
神様はちゃんと見ているんですね〜。
今以上にお子さん大きくなって、
家には女が三人ですよ!
男の立場、狭くなりますよ。必然的に。
泣かせたぶん、泣かされるんじゃないですか〜?(笑)

107 06-10-06 (金) 11:00

△ nooboo さん
てことは、noobooさんちもそうなんですね。
妻は強し、です・・・
そんなにやんちゃした覚えないんですけど・・・
毎日、きゃあきゃあいう歓声の中で過ごすのも悪くないなぁ、と最近思いはじめています。女の子というのは、なんつうか、「華」があっていいですね。上の娘が6歳で、もう充分話も通じますし、面白くって(笑
もうちょっと大きくなったら、「お父さんウザい」とか言われるかもしれない、と今から覚悟してます。休日にはお母さんと買い物に行ったり。
そうするとお父さんは、独り寂しく山に行っておサカナと戯れるのですよ(笑

マロニエのこみち・・・。 06-10-06 (金) 12:01

あははは・・・・・・・(涙・・・
奥様の捨て台詞、するどすぎる・・・
笑かして頂きました〜〜(は〜ふ〜〜)
でも、このおもちゃ、よくできてますね〜♪
が、我が家でも、一日たったら、お魚が全然いなくなるのが
目に見えるような気がします〜〜(^^;

107 06-10-06 (金) 13:28

△ マロニエのこみち・・・。さん
笑い過ぎ!
毎日、虐げられながら生活しております・・・可哀想でしょう?
「悪オヤジ」ではなくて「品行方正お父さん」とお呼びください。
(語呂、悪いな〜・笑)
なかなか、よくできたおもちゃです。
でも、細かいのはすぐにどっかいってしまいますね〜
しかも見つからない。

7wth2 06-10-06 (金) 19:56

今晩は。
107さんの奥様はさすがに上手な表現。本心は107さんの体を案じてのことと思うのですが。
それにしても、お二人共に京の言葉。これではこじれませんね。
江戸の言葉は歯切れはいいが、解りすぎる。京の言葉は大阪の言葉よりも一層に丸く包まれて。
日頃の上手い言葉運びを見ていると、あるいは、107さんの奥様への戦術的柔らかきアポローチかな?

107 06-10-06 (金) 20:55

△ 7wth2 さん
こんばんは〜
フォロー有難うございます・・・ということにして・・・(笑
京都弁は、こうして文字にすると丸く柔らかく感じられるかもしれませんが、実際には、抑揚や強弱で感情表現しますから、このときの言葉はかなりキツかったのですよ。
最後に「ボケ!」と付きそうなぐらいの勢いで(涙
嫁に直接言えないストレスを、ここで発散しています(笑

sekisindho 06-10-06 (金) 21:51

107さん、こんばんは。
私のブログで、今回はおとなしかった理由が解りましたよ(笑)
だいたいにおいて、男は幾つかのプラス要因があると、すぐ楽観的に成功を信じて、大胆な計画を実行しようと思うのですよね。
>瞬間、頭の中を釣りに行くシミュレーションが浮かび上がる
これこれ、これですよ。
でもたいてい女性の壁で、無惨にも飛び散ってしまうのですよ(涙)
それにしても、奥様やお子様には優しい107さんの愛妻ぶりと子煩悩さが目に浮かぶようによく解りましたですよ(笑)

JIMO 06-10-06 (金) 22:24

子供をダシに・・・ってのは、まず最初に頭に浮かんでしまいますよね。(笑)
うちも何度か試みましたよ。成功したのは3〜4回かな?
でも次第に子供の方もうまくいかなくなるんですよ。
「だって釣れないからおもしろくないもん。」とか言っちゃって。
どうもキャスティングのたびに魚が釣れると思っているらしいので、
そりゃあつまらないことでしょうよ!(笑)

107 06-10-06 (金) 22:31

△ sekisindho さん
こんばんは。
いやいや〜。ショボくれてますわ〜(笑
まあこうして後から自分の思考回路を検証すると、もう丸出しで(笑
情けなくなります。
嫁さんと子どもには、勝てんです。
しかし、sekisindhoさんも数々の挑戦に敗れられた気配が濃厚で・・・(笑
お察し申し上げまするですよ・・・

107 06-10-06 (金) 22:36

△ JIMO さん
そうそう。いざというときに、「いや子どもが・・・」って逃げ道を(笑
ウチはまだ大きくないですから連れて行けないですが、行けるような年齢になれば・・・
うししししししし
・・・って、やっぱ子どもにとっては面白くないのですね。
特にフライは難しいだろうなぁ〜
とりあえずキャスティングの練習から始めさせますか。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/10/96.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
おもちゃ from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > おもちゃ

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player