Home > 美味礼讃 | 2006年の美味 > 韃靼蕎麦

韃靼蕎麦

060911tsuruya1.jpg
今日、「韃靼蕎麦(だったんそば)」というのを初めて食べた。
京都は河原町夷川を東に入った市立銅駝美術工芸高校の西隣にあるそば屋「つるや」さんで、メニュー外のメニューとして不定期にこのソバを供してくれるというので、昼ごはんに子どもたちを連れてお邪魔してきたのだ。ここの大将はフライの釣りの先輩でもあり、その縁で昔から釣りにもちょくちょくご一緒させていただいている。気さくな、でもいかにも職人さんという感じの人。

060911tsuruya2.jpgそれでこの韃靼ソバなんだけど、食用のソバには普通種ソバとこの韃靼ソバの2種類あって、韃靼ソバというのは北アジアから中央アジアにかけての標高2000メートル以上の高地が原産とされ、滋養に優れる有効成分を多く含んだ健康食品として最近注目されているらしい。何でも、「ルチン」というポリフェノールの一種が普通種ソバの100倍ほども含まれ、高血圧や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病の予防、体質改善に効果があるのだそうである。体脂肪26%で立派な「肥満(そんなに太ってないんだけど名目はそうなるらしい)」のボクとしては上記の病名いずれもがドキドキするものばかりで、だから健康上も「食べてみるべし」なのだ(しかしその実は単に「珍しいモノ好き」の血が騒いだだけなのだけれど)。
ザルに盛られて出てきたのを見ると、色が普通より黄色くて、黄褐色という感じ。そして続けて「これ、ソバ湯」といって出てきたのが、あっと驚くマンゴー・ジュース。ではなくて、これが韃靼ソバのソバ湯なのだそうだ。鮮明な山吹色をし、沈殿物がとろりとしてるとこなんかはまさしく絞りたてのマンゴー・ジュースのようである。
で、早速ソバを食してみる。
歯触り、喉咽越しの感じは普通のソバと変わらない。が、噛んでいくとほんのりと苦味が感じられる。味は、ソバとは違う。というか、苦味以外にこれと表現できる特徴的な味はあまりないかもしれない。ソバ粉の割合を訊くと八割とのこと。「ふむふむ」と言いながらどんどん啜る。そしてソバを平らげ、とても気になっていたソバ湯。まずはツユと1:1程度にちょろりと入れ、飲んでみる。ん?苦味はない。単なる薄いツユ、といった感じか。今度はソバ湯だけでいってみる。ふむ。・・・おや?ほんのり甘い。さらにソバ湯のおかわりをもらって、ん?ん??と言いながらどんどん飲む。やっぱり苦味はぜんぜんなくて、ほんのり甘いのが不思議。
食べ終わって、全体としての印象は「薬膳」。一回目なのでなんとも言い切れない部分はあるが(時間が経つと無性に食べたくなる味、というのも存在するから)、ともかく最初の邂逅においてはそういう印象だった。次回も時間が合えばトライしてみることにしよう。
あ、そうそう。子どもたちはもちろん、普通ソバの汁モノとご飯モノ。ここの普通ソバとご飯の丼モノはとても美味しいのだ。「ワシはここの天丼しか食わん」と豪語する人もいるほどである。お近くにお立ち寄りの際はぜひ一度ご賞味あれ。
 


Comments:23

プリュム 06-09-11 (月) 6:17

おはよーさんです
そうですね、野性的なというのかしら
洗練はされていないかもしれませんが
滋養のもともと多い物は玄米にしろ色も濃くて味も苦味があるのでしょう
それが現代人に不足している栄養素を補ってくれるなんて
精製されたものを目指した昔の人から見れば
美味しい方がいいのにと思われているかな?
今プームなのが食物の色
色の濃いものを食することで酸化にあがなう体をつくり
老化を防ぐというものらしいです
生地でマライアだったかな?が
紫色しか食べないとかいてありました、えーーーっムラサキ
頭に浮かんだのが紫芋ですぅ

konatsu 06-09-11 (月) 8:29

おいしそう☆
韃靼そばというのははじめて聞きました
(「だったん」が一回で変換できたのにもびっくり)
今までうどんかそばだったらうどんを選んでいたのですが
最近はそばよく食べるようになりました
なぜって??いままでそばは食わず嫌いだったからです

107 06-09-11 (月) 10:51

△ プリュムさん
おはよ〜さんです〜♪
そうですね〜
良薬は口に苦し、とまではいかないですが、体に良いという食べ物は美味というほどの味がないのが多いかもですね。
マライアの、紫しか食べないというのもまた極端な・・・(笑
随分と食べられるものが限られてやきませんか、と心配してしまいます。
△ konatsu さん
こんにちは♪
やっぱり、京都の人はうどんですね〜
ボクもここ5〜6年の最近です、ソバを好んで食べるようになったのは。
今回のこの韃靼ソバ、面白そうでございましょ。
「韃靼」といえば「ダッタン人の踊り」しか浮かんで来なかったです(笑
機会があれば、ぜひお試しくださいね〜

7wth2 06-09-11 (月) 16:47

こんにちは。
韃靼ソバ。聞き覚えなありますが、何処で聞いたかも憶えません。
107さんから伺ったんですから、近くなら行って見たいですね。それほどお金のかからない食事には、比較的腰が軽いほうです。
信州で雑穀の入ったご飯が何度か出ました。拙宅では玄米を少しいれて以前から、最近はその胚芽米とかを入れた、ご飯を食べていますので抵抗なく食べられました。よく噛むと甘みがあって、美味しく食べました。
健康にいい食べ物と言われるものは、みんな好き。鯖や秋刀魚等の青い魚。雑穀、野菜、豆腐、苦味のある苦瓜も早くから。肉の類は昔から多くは食べない。
なのに、成人病の重いほうにかかる。因果関係がわからないんですね。心がけが悪いから・・?

107 06-09-11 (月) 18:54

△ 7wth2 さん
有難うございます。
お住まいからだと、かなり遠いですね(笑
もし京都に来られることがおありでしたら、ぜひどうぞ。
東京の方でも、韃靼ソバを食べさせてくれるところはあるんでしょうね。
雑穀入りのご飯、いいですね。少し前までときどき、五穀入りのご飯を食べたりしてました。粟とか稗なんて、歴史の教科書で習った以外、実物を口にしたことすらなかったでしたから、新鮮でしたよ。
ご病気になるのは・・・どうなんでしょう。何とも・・・
巡り合わせも大いにあるでしょうし、善行の人が必ずしも健康であるとは言えないことも多いようですから・・・世の中、不公平ですね。

Solo 06-09-11 (月) 20:34

ダッタンソバですか、興味は有るのですが蕎麦屋に入るとつい好物の田舎蕎麦に気持ちが行ってしまいます、一度試してみたいですね。

107 06-09-11 (月) 21:20

△ Solo さん
普通に「腹減った〜」で食べるのであれば、そりゃあ普通種ソバの方が口にも慣れてるし、美味しいですからね・・・
韃靼ソバは、機会があれば一度お試しください。
ちなみにボクは白い更科系のソバも好きですが、つぶつぶの入った色の濃い田舎ソバも大好きです。いずれもそれぞれの美味しさがありますよね〜♪

JIMO 06-09-11 (月) 22:31

僕も「ダッタン人の踊り」が最初に浮かびました。(笑)
ソバ好きですよ〜。好きなソバ店・嫌いなソバ店っていちおうあるんですけど、
何故そこの店のソバが好きなのか評論家みたく分析できないんですよね。
ソバって味が単純過ぎるからなのかな?

107 06-09-11 (月) 23:15

△ JIMO さん
ですよね(笑
そういえば「ソバ、どんな味」?と訊かれて「ソバの味」としか答えられませんね。ツユの味がどうこう、なら多少違いがあるかな。
好き、嫌いは確かにあります。

sekisindho 06-09-12 (火) 1:22

107さん、こんばんは。
数年前に、司馬遼太郎の「韃靼疾風録」という本を読んだことがあります。
平戸に済んでいた主人公が、韃靼の国・モンゴル系部族の国へ行く話ですが、司馬遼らしくない(?)面白い小説です。
そのすぐ後、偶然(たぶん以前にも目にしていたかも)にも韃靼蕎麦を見付け、すぐに食べてみました。
私の住む小田急線沿いの街、秦野駅の近辺に韃靼蕎麦が売りのお店がありました。
でも残念ながら、かなり遠いのでまだ一度しかいってません。
が、結構美味しかった記憶があります。

マロニエのこみち・・・。 06-09-12 (火) 1:28

へえ・・・興味ありますね
おうどんも好きですが、蕎麦も好きです
このお店、見た目敷居が高そうですが、ぶらっと入っても大丈夫なのでしょうか
予約とか、入れないとダメなところじゃないのでしょうね?
近くに行ったら、ぜひ行って試してみたいです!

nooboo 06-09-12 (火) 6:25

韃靼そば茶って、たまにコンビニで買って飲んでいました。
本物は薬膳のお味なんですね〜。
私、健康おたくっぽいところあるので(笑)体にいいと聞くと食べてみたくなります。
長続きしないんですけどね^0^
美味しい天丼か〜〜。食べたいな〜〜。。。

107 06-09-12 (火) 9:28

△ sekisindho さん
韃靼ソバが売りのおソバ屋さんって、あるんですね〜
独特の野趣いっぱいな旨味があるといえばありますか。
でもsekisindho さんはきっと、ボクより舌が肥えておられるのだろうと思いましたよ(笑
司馬遼の「韃靼疾風録」というのは読んだことないです。
らしからぬ面白さ。なんでしょう(笑
今度読んでみます。

107 06-09-12 (火) 9:34

△ マロニエのこみち・・・。さん
大丈夫ですよ〜♪
カウンターに6席ほどだったかな。あと座敷にテーブルの大小が各1。席はあんまり多くないので混み合う時間はちょっと待たないといけないかも。でもいつも普通に予約なしで行ってますから大丈夫だと思います。お値段もごく普通の設定ですよ。
お昼はセットメニューありますし、夜は焼酎があります(笑
お近くを通りがかられたらぜひどうぞ^^

107 06-09-12 (火) 9:53

△ noooboo さん
機会があればぜひ!
って、そちらでは韃靼ソバ食べたいと思ってもやってるところないでしょうね・・・
そうです、ここの天丼、美味しいんですよ!
・・・と、これも里心を呼び起こしてしまいそうで、申し訳ないです m(_ _)m
過去ログから、クラクラするほどお色気ムンムン&長身スリム美人の御姿を有難く拝見させていただきました♪ カッコいいですよnoobooさん!
ボクが顔出しするときは、「ハマムラ」(←ご存知?)にしてみよう(笑

teardrop 06-09-12 (火) 16:44

韃靼そば、健康食品で紹介されたのを見て、韃靼そば茶を
買いました。でも、続いてませ〜ん!(笑
若い頃は、健康に気を使わなかったけど。
三十路を過ぎてから、急に気になるようになりました(汗
韃靼そば、つやつやでコシが強そう。
体に良さそうな色してますね!
京都へ行った時に、食べてみたいです!!

107 06-09-12 (火) 20:31

△ teardrop さん
韃靼そば茶、再び(笑
健康食品としてお茶にしてあるんですね。
ソバの方も、機会があればぜひお試しくださいませ。
確かに色は、体に良さそうです。ウコンとか、あのテを連想しましたよ。
その際にはソバ湯もぜひ(笑

futaba 06-09-13 (水) 17:28

マロニエさんのところから飛んできました。
はじめました!(て)
話題豊富、博学なブログにとうとう感心しています
京都には、まだまだ知らない美味しい店が沢山あるのですね
御そばは韃靼ソバのつるやさん、近いうちに行ってまいります!
太秦にも、故片岡千恵蔵さんのご子息の美味しい蕎麦屋(百壽)さんがありまして、白いそばが名物なんですよ。

107 06-09-13 (水) 19:06

△ futaba さん
はじめまして、おいでいただき有難うございます^^
いちびりの、屁理屈タレがやっているブログでございます。
つるやさんのおソバ、おいしいですよ。お近くに行かれる機会があればぜひどうぞ。
ただ、韃靼ソバは不定期のメニューですので、うまくタイミングが合うといいのですが・・・
太秦は、近くをよく通りがかります。白いソバ、いいですね〜
今度機会があればぜひ寄ってみたいです。
・・・ところで、「千恵蔵さんのご子息」と聞いて加藤剛さんを思い浮かべてしまいました(笑

futaba 06-09-14 (木) 8:13

お〜大岡越前、詳しいなぁ。
>>韃靼ソバは不定期のメニュー
電話して聞いてから行ってみます。

107 06-09-15 (金) 17:27

△ futaba さん
> 大岡越前
ご名答!^^
ボクが現在進行形で見た片岡千恵蔵さんの姿は、これでした。

バカボン 06-09-18 (月) 17:07

チベット人はそば粉にパター茶を入れ煉って食べます。昔チベット(ラダックー3000m)で食べたそば粉はそれでしょうか。

107 06-09-18 (月) 18:33

△ バカボンさん
バター茶ソバですか・・・。どんな味がするんだろう。
チベットの高地あたりのソバとなると、この韃靼ソバになるんじゃないでしょうか。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/09/88.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
韃靼蕎麦 from 107@BLOG
pingback from 107@BLOG · 送り火と蕎麦 10-07-08 (木) 15:37

[…] 下の写真は夏の初めに食べた、いつも馴染みの「夷川つるや」さんの天丼と十割蕎麦。天丼の美味しさについては以前も書いたとおり、天ぷらの衣の開き具合、具の火の通り具合(エビがプリプリ!)、割下の絶妙の味加減、ご飯とのからみ具合、山椒の効き具合、いずれも非の打ち所のない美味しさである。 […]

Home > 美味礼讃 | 2006年の美味 > 韃靼蕎麦

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player