Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > さらばプルート

さらばプルート

060826plute.jpg
ローマ神話の冥界の王プルートが、北欧神話の小人ドワーフになっちゃった。
って、8月24日にチェコのプラハで開催された国際天文学連合総会で決まった、「冥王星は惑星ではない」という新しい定義。プルートというのは冥王星の国際的な名称で、最初に書いた通り、ローマ神話に出てくる冥府の王の名前である。
それが今回、惑星に似てはいるが惑星ではないものとして「ドワーフ・プラネット(dwarf planet、和名は検討中で、暫定直訳は矮惑星)」というカテゴリーが新設され、そこに冥王星が新たに分類されることが決まり、冥王星は正式に「惑星」ではなくなった、というのだ(経緯など詳しくはWikipediaの「冥王星」参照)。

小学生の頃にお年玉を貯金して口径5センチの屈折望遠鏡を買い、夜な夜な大空の星々を眺め回して楽しんでいた元・天文好き少年のボクとしては、太陽系の最果て、冥界への入り口の冥府の王の星としてなんとも恐ろしげだけどもロマンチックな名前を持つこの星が、太陽系第9番目の「惑星」でなくなったことは少し寂しい気もする。子供のころに暗唱した「水金地火木土天海冥」(1999年までは「水金地火木土天冥海」だよ〜と突っ込みを入れたり入れられたり)も、「水金地火木土天海」となって、なんとも尻切れとんぼな感じで終わってしまうのがしっくりこない。また、松本零士氏の「銀河鉄道999」で最後に鉄郎がメーテルとお別れするのも冥王星で、これがまた何とも切なくて泣けるシーンだったのを思い出しもするのだ。
あぁ〜〜メーテル・・・
「私はメーテル。永遠の時間を旅する女」懐かしや〜〜(涙
妄想は遥か宇宙に飛び出し、999に乗って地球から29.5AUの彼方にある冥王星へと向かう。
♪A Journey to the Stars 〜(タケカワユキヒデ風にね)
・・・・・・
帰って来た。
まあ考えてみれば、建前が「惑星」ではなくなったというだけで、冥王星という天体そのものが物理的になくなるワケではないから良いか。
でもひとつ気になることがあった。25日付の日経新聞朝刊に掲載されていた、この総会に日本代表として出席した国立天文台の前台長さんのコメント。
「来年からいきなり日本の教科書から冥王星を落とすことはしない方がよい。先生が子どもや親の疑問に答える時間を十分にしないと、教育現場が混乱しかねない」
おっかしいなぁ〜。この国際天文学連合総会というのは、世界の天文に関する専門家集団として、その決定は教科書を書き換える権威を持つ唯一無二の会なのだそうだ。そうであるならまず第一に、今までは今までとして、決まったからには可及的速やかに新しい認識を広めるべし、なのが、天下の国際天文学連合総会の、日本代表としてのあるべき立場ではないのかな?すぐ変えるといって混乱するのは教科書屋さんだけでしょうが。
それに「混乱」というなら、教科書に「冥王星は惑星」として載っているのに「でも実は違うんだよ」と子どもに教えなければならない教師や保護者のジレンマ、教育の実際の現場における曖昧さがもたらすものこそ、まさしくそれではないのかな。ここに考えが及んでいないというのは、とても悲しいことのように思うのだけど、いかが?


Comments:8

sekisindho 06-08-26 (土) 1:05

107さん、こんばんは。
チョット覗いたら、新しい記事に更新されていたので吃驚しました。
国立天文台の前台長さんのコメントに対する意見ですが、
107さんの仰ってることごもっとも!!
特に
>先生が子どもや親の疑問に答える時間を十分にしないと
って、いまの先生は理解力、説明能力がそんなに低いのって
ツッコミ入れたくなりますね。

マロニエのこみち・・・。 06-08-26 (土) 2:28

今日もラジオは、この話題で持ちきりでした
屈折望遠鏡を発明したのは誰?というクイズもありましたよ^^
『教育の実際の現場における曖昧さがもたらすものこそ、まさしくそれではないのかな。』
ほんとに、またかい?!という気になりますね(苦笑)
それにしても、星の話題はロマンチックです
   ・・・メーテルに似た女より・・・(うふ)

プリュム 06-08-26 (土) 7:16

おっはー107サン
時勢に乗った教養ある話題ですね
実は彼、冥王星は惑星であったにも関わらず意外と知られていない
カメラ写りの悪い奴だった・・・のですね
私は単純に不思議です
遥か彼方の銀河系の写真が鮮やかに映し出されているのに
かたや同じ兄弟であったはずに彼は
まるで癌細胞のようなシミッタれな姿
もう少しかっこよく写してあげれば評価も違っていたと
考えるのですが、素人の浅はかさ?
冥王星人たちよ、地球人を恨まないでおくれ

107 06-08-26 (土) 9:35

△ sekisindho さん
元・天文好きとしましては、やはりこのテのニュースには何かモノ申したくなります〜
sekisindho さんのおっしゃる通り、先生の理解力、説明能力を馬鹿にしているように感じまするです。
だいたい、これだけ世間で騒がれて、昨日には一部のプラネタリウムで早くも新しい惑星の定義を説明するプログラムが公開されているというのに、来年度になってまだ教科書が変わっていないとするなら、それは天文学者をはじめ文科省、教科書屋の怠慢でしかないと思います。それを、教師や親を引き合いに出してあたかもそのために改訂を遅らせている、なんていう欺瞞は、やめてもらいたいもんです。
先生もそんなに馬鹿じゃないし、親もそんなに馬鹿じゃない。
それより何より一番、子どもたちも馬鹿じゃないのですよ〜ってね。
(文科省は改訂の検討を始めるそうです)
永く学者やってると、教育の現場よりも、身近をうろうろしてちやほやしてくれる教科書屋の都合の方が切実になってくるのですかね(笑

107 06-08-26 (土) 9:43

△ マロニエのこみち・・・。 さん
ラジオでももちきりでしたか。
よしよし・・・(笑
久しぶりに、天文のニュースが話題になって、うれしい限りです。
屈折望遠鏡を発明した人・・・ガリレオ?ですよね??
> メーテルに似た女より
バフッ!ゴホッ、ゴホッ。
あ〜〜あ。
飲んでたコーヒー牛乳、こぼしちゃった(爆

107 06-08-26 (土) 9:49

△ プリュム さん
おっは〜〜^^
> 癌細胞
可哀想に・・・・・・(涙
確かに、カメラ映り、悪いですね〜〜(笑
つうか、とても暗くて小さい星なので(月より小さい)さすがのハッブル宇宙望遠鏡といえども解像度が追いつきません〜
遠くにある星雲だの星団だのは、恒星の集団ですからとても明るくて、しかもとてつもなく巨大ですからきれいに映るんですけどね〜
冥王星にはメーテルの生身の体が氷漬けになって眠っています。
999に乗って行ってみたいな〜〜(笑

teardrop 06-08-26 (土) 22:40

こんばんは☆
今回は、私の苦手な難しい話題ですね。。。
私の場合、「冥王星の件で、占星術も変わるかも?」と
テレビで言ってたのを聞いて「え〜っっ!!!」と反応
してしまいました・・。←レベル低いです。
>子供のころに暗唱した「水金地火木土天海冥」
これ、懐かしいです。
私も、これで覚えましたo(^-^)o
とても覚えやすい語呂合わせだったのに、一つ欠けるとリズムが
狂いますね・・。

107 06-08-26 (土) 23:25

△ teardrop さん
こんばんは。いつも有難うございます。
そうそう、占星術もややこしいことになるらしいですね。
あんまりよく知らないのですが、ひょっとしてテレビでよく見かけるあのH女史の占いも変わっちゃうということ?スバリ聞かせてもらいたいものですよね(笑
レベルの高い低いはないですよ〜〜^^
すいきんちかもく、どってんかい!?
と意味不明ですが何やらキレて言っているような感じに。
慣れるまで、ちょっと時間かかりそう・・・

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/08/82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
さらばプルート from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > さらばプルート

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player