Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > 夏祭りと地蔵盆

夏祭りと地蔵盆

060821matsuri1.jpg
関西には晩夏のこの時季「地蔵盆」という風習があるが、ボクの住むマンションでは行われていない。その代わりに毎年「夏祭り」と称して、子どもたちのためにお祭りを行っている。それが一昨日の土曜日にあった。

昨年はその夏祭りの役員が年回りで回ってきたのでなんだかんだと準備に駆り出されたりしたのだけど、今年は無役になったので普通に楽しむことができる。ということで昼前から子どもを連れてマンションの向かいの公園に並べられた出店を見て回り、あれやこれやと買い込んで、椅子にへたり込む。子どもたちはゲームに夢中で、次々に回っては景品のお菓子を手にしてボクのところへやってきて、お菓子をボクに預けては(身軽に動き回るためのようだ)また出撃していく。ボクはそれを眺めたり、周りの賑わいを眺めたり、ざわざわいう大勢の人の喧噪にも負けないくらいデカい声で下品に合唱しているアブラゼミどもの絶叫を聞くともなしに聞きながら、お昼ごはん代わりのたこ焼きとみたらし団子をアテにビールを呷りつつ、今年と来年の子どもたちの安全と健康をお祈りすることにする。
060821matsuri2.jpg
こういう祭りになると、子どもは元気だ。小さな体のどこにそんなパワーがあるのかと不思議に思うほど、昼寝もしないで一日走り回っている。汗だくでクタクタ、ヨレヨレになっても、まだ根性で再起して暴れ回る。まあ、元気なのはいいことだ。ボクは子どもの相手をする合間の手持ち無沙汰に、焼きとうもろこしだの枝豆だのフランクフルト串だのと買い食いを続ける。夏祭りで食べるジャンクフードと昼ビールはひときわ美味い。
そうしてなんとなく一日が終わる。
子どもたちは確かにご満悦だけど、どこか、何かが足りない一日。
何が?
分からないけれど、どこか厳かな意識というか・・・それが、ない。
思い起こすのはボクが子どものころ、地蔵盆といえばお菓子がいっぱい貰えて楽しみな日だったけれども、町内にあるお地蔵さんの祠をきれいにしてその前にゴザをひき赤い提灯を吊るして、お坊さんがやってきて読経したりする、厳かな雰囲気を持った催しでもあった。この日ばかりは、近所の口うるさいおばはんも偏屈なおっさんも子どもたちに優しく接してくれる。子ども心にも、それが何故だかよく分からないけれど、なにやら厳かで「ありがたみ」のある、そんな集まりだったような気がするのだ。
マンション住まいの身には、ないものねだりなのかもしれない。
 


Comments:16

プリュム 06-08-21 (月) 19:16

107サン
なかなかと盛況のようですね
こういう催しは準備あとかたずけなど
大変な物がありますけど
子供たちも大人も喜んでみえてよかったですね
夜店のおつまみ〜なつかしぃー
名古屋では串カツの店があって
「ノスタル煮込み」にも紹介されているんですが
肉は殆どナイ!のにも関わらず
オイシイーんですわぁ
衣だけでソース付けてもOK
こうして野外で食べるから、何でも美味しく感じるんですよね
うしろの大きな建物が107サンの棲家なのですか?
スゴイ大きいとこですねぇ

107 06-08-21 (月) 20:21

△ プリュムさん
とても盛況でした^^
名古屋の串カツは知りませんでした〜
野外でわいわい言いながら食べるのが、おいしい秘訣なんでしょうか。
後ろの建物がボクの棲家です。
同じような建物が5棟も建っておりまして・・・
だから人の多いのなんのって(笑
いつもお越し有難うございます〜〜

Solo 06-08-21 (月) 22:42

こんにちは、夏祭りの季節も終盤ですね。
最近は札幌でも盆踊りや町内の子ども祭りが真っ盛りで週末ごとに近所のあちこちの公園からいいにおいがしてきます。
それにしてもああ時に表で食べるジャンクフード、あのおいしさはなんともいえませんね、確かに。

107 06-08-21 (月) 23:24

△ Solo さん
こんにちは〜
地蔵盆や夏祭りが終わると、いよいよ夏も終わりに近づいて、ぐっと秋の気配ですね〜。早く涼しくなって欲しい〜〜(笑
しかしジャンクフードを食べ過ぎました。
夜、寝る時まで胸焼けしてましたから・・・(笑

マロニエのこみち・・・。 06-08-22 (火) 1:33

『この日ばかりは、近所の口うるさいおばはんも偏屈なおっさんも子どもたちに優しく接してくれる。』
さすがですね!お目の付け所が・・・
実は、これ、私も昨日感じたのですが、それをうまく表現して頂いたので感心しました
この日はやはり、子供が主役なのですね♪

nooboo 06-08-22 (火) 1:53

今、まさにこちらに伺おうと思っていたら、コメントが入っていて嬉しかったです。
出発前はいろいろ励ましをくださり、ありがとうございました。
ジャンクフードの質が違うところにいるノブです(笑)
日本にいるころは、おせんべいなんて買わなかったのに、
日本でいうところの「成城石井」的なインターナショナルスーパーで海苔巻きせんべいを見つけて思わず買ってしまっています。
本当に不思議です。
以前の記事のおじいさんのお話・・・素敵なお話ですね。
107さんの優しさと大きさを垣間見た気がしました。
107さん、子煩悩な優しいおとうさんのイメージだったんですが、
遊び人だったのですか?(笑)

107 06-08-22 (火) 1:54

△ マロニエのこみち・・・。さん
マロニエさんところの記事拝見させていただいたら、伝統的なスタイルで地蔵盆やっておられるんですね。いいなぁ〜
お地蔵さんがなんで子どものための仏さんなのか、子どもの頃はよく分からなかったです。
ちなみにボクも、この日ばかりは近所の子どもたちに優しく接しておりますですよ。
マロニエさんは、この日だけじゃなくて、いつも、ですよね?(笑

107 06-08-22 (火) 2:16

△ nooboo さん
お越し有難うございます。
そう、さっきお邪魔しておりましたです。
タイトルもお変えになって、なんだか「心機一転!」という新鮮な感じで、お元気そうなのでとてもうれしくなりました。
確かに!ジャンクフードということではアメリカの食生活に勝てるものはないですね(笑
> おじいさんの話
有難うございます。
あれはあくまで、おじいさんの話です。
決してボクのことではありませんので、変な目で見ないでください(笑
ボクは、この通り、子煩悩な優しいおとうさんでございます〜w

konatsu 06-08-22 (火) 18:02

地蔵盆…懐かしい〜
子ども会でお菓子をもらえたりするステキなイベントでした
最近見ないと思ったら・・・
関西だけだったんですね。
どうりで見ないわけですね

107 06-08-22 (火) 18:58

△ konatsu さん
いらっしゃませ、コメント有難うございます〜^^
そう、関西がメインのようで、「地蔵盆」ってなにそれ?みたいな地方もあるようです。関東にもないみたいですね〜
こっちでも、ボクの住んでるようなマンションだけの町内だけだと、地蔵盆じゃなくて夏祭りになってるようなところが多いみたいです。
地蔵盆、やってほしいんですけどね・・・

teardrop 06-08-22 (火) 19:39

はじめまして。
関東在住で、地蔵盆はブログで初めて存在を知りました。
京都は、いろんな風習が残っていて、奥が深いですね。
そう言うところが、実は他県の者は羨ましかったりします。

107 06-08-22 (火) 20:36

△ teardrop さん
はじめまして、お越し有難うございます。
地蔵盆は、子どもにとっても大人にとっても、なかなか楽しいものなんです。
少し前までは、各地方にも特色のある風習やなんかがいっぱい残ってたと思うのです。いつからか、どこの街へ行ってもおんなじような町並みに見えてしまうようになっちゃいましたが、そうなるとともに、そういう特色ある風習も消えていったのではないかな、と感じます。
もちろん、今でもたくさん残っているところはあると思います。
京都も最近はどんどん町並みが変わってきています。
このまま放っといたら特色ある風習も廃れていってしまいますから、きちんと残す努力をしないといけないんでしょうね。

ワタシ。 06-08-22 (火) 22:44

おばんです。(あえて仙台弁での”こんばんは”です)
なかなか盛大ですね〜!!
そうそう、こういう<お祭>の子供達のパワーって凄いと思い知らされます。
公認の「買い食い」「ゲーム」「夜遊び」ですもんね〜。いくつになってもワクワクする気持ちのルーツはこの辺りにあるんでしょうか。
時代と共に「風習」ではなく「イベント」なっている部分は、いずれの地域においても残念ですケド、地域の大人と子供のコミュニケーションの場となる役割は以前と変わりありませんね。
ぜひ、107さんが子供の頃はどんな行事だったのか、お子さん達にも話してあげてくださいませ。
あぁ〜・・・、そろそろ夏が終わっちゃいますね〜。

sekisindho 06-08-22 (火) 23:32

107さん、こんばんは。
地蔵盆、とても懐かしいですよ。
私ご幼少の頃、宮津地方でもとても盛んでした。
いろいろなお菓子や果物などを沢山貰って嬉しかったことが
とても記憶に残ってますね。
でも他のお祭りと違って、はしゃぎ廻る雰囲気は無かったように
記憶します。
敷かれたゴザの上に座って、おとなしく大人の人のお話を
聞いていた記憶が少しありますが、どうも鮮明な記憶は、
お菓子を貰ったこと以外ないですね(笑)

107 06-08-22 (火) 23:37

△ ワタシ。さん
おばんでおます(笑
おばんはこっちでも使うことありますが、もとはそちらの言葉だったんですね。
子どもはすごいです。一説によると、大人が同じ動きで同じ運動量をこなすと死ぬそうです。
さもありなん・・・
おっしゃる通り、子どもに古き良き時代を伝えていくのは親の役目ですね。
心得ました(笑
有難うございます。
夏もそろそろ終わりですね〜
待ちこがれた秋が、もう目の前に!

107 06-08-22 (火) 23:51

△ sekisindho さん
こんばんは〜
ご幼少のころお盛んでございましたか〜(笑
そうです、ゴザの上に行ったら、神妙にしてないといけない雰囲気がありましたよね。でもゴザから出て靴を履いて、大人たちの目から離れると一気に、町内を走り回ったり追いかけっこをしてたような気がします。誰と、とかは、遠い忘却の彼方ですが・・・
もちろんボクも、一番鮮明な記憶は、お菓子でした(笑

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/08/80.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
夏祭りと地蔵盆 from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > 夏祭りと地蔵盆

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player