Home > 美味礼讃 | おもひでポロポロ | 2006年の美味 > メロンの気持ち

メロンの気持ち

ここ数年、このお中元の時季には、贈答のやりとりをするような付き合いの少ないボクのような家にも、知り合いなどから頂き物のメロンが回ってくるので、誠に有難いことである。最近の主流は果肉の赤い夕張系メロンのようで、これがやっぱり、とても美味しい。一方、昔ながらの薄緑色のマスクメロンも健在のようで、これはこれでオーソドックスな味わいがたまらない。

実はここのところ毎日メロンを食べて、ご満悦なのである。それで今日は、すこし長くなるけどボクのメロンの思い出を綴ってみようと思うので、しばしお付き合い願いたい。

060811melon.jpgボクはそれほど裕福な家庭に育ったワケではなく、だから子供のころメロンといえば高価で滅多に食べることのない果物(正確には野菜か?)だった。たまに食べることができたのは、編み目模様のないつんつるてんのプリンスメロンという小さなメロンもどきで、編み目模様の入った立派なマスクメロンとなると、とんと食べた記憶がない。そのせいか、何となくマスクメロンに対して「劣等感」というか、「いつか思い切り、飽きるほど腹いっぱい食べてみたい」と屈折した感情が無意識のどこかに刻まれて育ったようで、たとえば学生時代にアルバイトしていたカフェバーやレストランバーで、メロンが余るといの一番に浅ましくもむさぼり食っていた、なんていう、思い返すと誠に恥ずかしい記憶もある。

ところが、その劣等感が払拭される日は思いがけず突然にやってきた。
それは上の娘が生まれる一年ほど前の、ある夏の日。北海道に旅行に行ったボクの母親が、現地から「土産にと“産地直送・夕張メロン”をクール便で送る手配をしたから、いついつには誰か家にいるように。それと、熟しているのを選んだから届いたらすぐ食べるように」と電話をかけてきたのだ。
「それは有難う。それで、いくつ?」とボク。ここにも浅ましさが滲み出ている。
「そんなもん、アンタら二人やからひとつで充分やろ」

待つこと数日、予定通りそれは配達されてきた。
しかし宅急便のおニイちゃんが持ってきた箱を見ると異様にデカい。保冷剤がぎっしり詰め込んであるのかなとも思ったが、そういうレベルではなくデカいのだ。
そしておニイちゃんから箱を受け取ってみると、これがまた腰が砕けそうにメチャメチャ重い。

すでに妖しげな雰囲気を察知してはいたのだけど、すぐに箱を開けてみるとやはりその予感は的中していた。大振りのメロンが6個、中に鎮座ましましていたのだ。配達先を間違えたのかと思ったが、伝票にはウチの住所と名前、送り主は母親で、間違いない。早速母親に電話して無事到着した旨伝え、それとなく事情を訊いてみると、やっぱり注文は1個だけという。お金もその分しか払っていないとも。
つまり、何がどうなったかは分からないのだけど発送の段階でどこかの誰かが間違った、ということのようなのである。困ったのは返送先も分からないということと、それにも増して「食べごろ」表示が2日以内程度しかなかったということだ。

こんなに大量のメロンを二人で2日間で食べ尽くすなんてことはとてもできないから、普通なら「近所の人に」とか「勤め先に」おすそわけ、となるのだろうけど、ここでボクの、メロンに対する浅ましい劣等感がムクムクと首をもたげてきた。

「これ、全部ウチで食べようや」
「ええ〜〜〜」と即座に嫁。
「いや。思いっきり、飽きるほど食べ尽くすのだ。オレはこういうのがずっとやりたかったのだ。さあ切れ。今切れ。すぐ切れ。食うのだ食うのだ」
と言って、おもむろに食べ始めた・・・・・・

結局、毎朝晩の食後にきっちりデザートとして食べても、全部食べ終わるのに3日間を要した。しかも最後はTVの「いきなり!黄金伝説」のフィニッシュ直前のような「もうメロン要らね。見るのもイヤ」状態。
ま、当たり前だけどね。

しかしそれでボクの劣等感は、すっかり、払拭された。
さすがにその後数年はメロンを食べることはなかったけれど、ここ数年はごく普通に美味しい果物として、ようやく、余裕を持って接することができるようになったのである。
 


Comments:19

プリュム 06-08-11 (金) 3:31

わかるよ〜107サン
私はたまたまメロン←瓜系は好きでないのですが
西瓜は好きですけど
うーーーん、めったに食べられない物を食べつくす
庶民の夢ですね
ところで、その逆にグルメ漬けの子供の話聞きました
幼少から「俺の子は味に違いがわかる」と豪語する親アリ
何のことやらと思ったら
ランクの低いお菓子など口にすると
口から吐き出すのだそうです、不味いと・・・
私、へえ?それが自慢かい?
しかしながら、それも不幸だなと思いませんかぁ

大阪の永(なが)です。 06-08-11 (金) 9:58

こんにちは。おひさしぶりです。
お元気そうでなによりです。私もラグビーを8年ぶりに再開し、体重7キロ落ちましたよ〜明日からロンバケ(ふるい?)です。なので思いっきり釣ってきます。えがわも元気ですよー
私のメロンのこだわり。それは「メロンは”種のところ”がいちばんおいしい!」です。”種のところ”を当たり前のように捨てられる方いますが、とんでもございません。鮎の内臓。焼肉のホルモン。マグロのほほ肉。これと同じ存在です。いえ、それ以上です。”種のところ”をスプーンですくい、口の中へ!メロンの濃厚凝縮した果汁と香りが、鼻を突きぬけ、ムセます。ホント、からいぐらい甘いです。
でも、「・・・・やめて」って、冷たくいわれます。

107 06-08-11 (金) 10:13

△ プリュムさん
ご理解いただけますか^^
小さな、一庶民の夢がかなえられた、少し苦い思い出です。
(ホントに、メロン食べ過ぎると喉喉もイガイガになるんですがね・笑)
グルメ漬けの子ども、それはホントに不幸なことで。
子どもには、やはり日常生活においてある程度の「不自由」が必要だと思います。望むものがすべて手に入るというような生活を送って成長した子どもが、果たしてどんな大人になってしまうのでしょう。
△ 大阪の永さん
お久しぶり〜〜 ヽ(´▽`)ノ
お元気そうで、なにより。
いまはラガー?で、明日からお休みと。いいなあぁ〜
えがわさんにもくれぐれもよろしく。
なるほど。メロンの種のところね〜
いつも、そのきわきわのところを食べて、その濃厚に熟した果汁と舌触りを堪能しつつ、種の周りはどうなんだろうと思ってましたが・・・辛いぐらい甘くてムセますか(笑
ボクもやりたいけど・・・子どもには見せられん姿だな・・・
また釣りいこね〜

でびっこ 06-08-11 (金) 10:15

おっはよーございます。
うちもいただきもののメロンに桃にプラムに・・・
贅沢だと思いつつも正直、食べきれなくて困ってます。
半分くらいは自分の実家に送ってあげたのですが、それでも食べても食べても減らない。
もう一生分のメロンと桃を食べた気がしますのですわ。
居間には使いきれないこれまたいただきものの野菜がダンボール人一箱分。
またお盆に帰ったらもらうんだろうな・・・参ったなぁ。
ちなみに、私もマスクメロン派です。夕張はどうも甘すぎて・・。

107 06-08-11 (金) 10:40

△ でびっこさん
おはようございます^^
この時季は、いただきもので果物三昧ですね。
ボクの場合、子供のころには考えられなかった贅沢です。
メロンもいいし、桃もいいですね。プラムも美味しい。
特に桃は、ぐすぐすに熟したのより、すこし固めの8分熟ぐらいが一番好きです(笑
それより、野菜の高騰する中、そんなにたくさん野菜があるのはうらやましいことでありますよ〜

マロニエのこみち・・・。 06-08-11 (金) 20:45

107さん
笑かして頂いて、ありがとう
『さあ切れ。今切れ。すぐ切れ。食うのだ食うのだ』
ここ、山場でしたね^^
でも、その気持ち、わかる〜
人間一度はどこかで、その想いを達成せにゃならんのよ(笑)
その後はなんということもないものなのよ
大概のものがそうなのよ(笑)
私たちの子供の頃は、メロンよりも【まくわ瓜】主流でしたよ〜
(これ、わかりますか?笑)
安いだけあって簡単に作れるの
以前、生ごみを畑に埋めていたら、そこから芽が出て蔓が出て、
勝手に実がなったのには驚きましたよ〜(笑)
でも美味しかった 甘いキュウリって言う感じかな(笑)

107 06-08-11 (金) 22:21

△ マロニエのこみち・・・。さん
・・・うう〜む。さすが姉上。説得力ありますなぁ〜(感涙
そう。なんてことないんです。
それが分かるには、越えなければならない一線がありますね。
ホントにさすが、二周りも違うと踏んだ場数が違う(爆
それに、劣等感に限らず、何かに思い切り打ち込むことで新たに見えてくるもの、というのも、ありますよね。
それはそうと、まくわ瓜、ですが、本とかで読んだことありますが実物を目にしたこと、食べたことの記憶はないです。記憶のない幼少の頃にはまだあったような感じなんですが・・・
甘いキュウリ、ってことは、食べごろより4〜5日早いマスクメロン、いう感じなんでしょうか(笑
簡単に作れるというのがいいですね。
庭があったらそんなの作って遊んでみたいな〜〜

ギャンブラー 06-08-11 (金) 22:47

差し出がましくて恐縮ですが、107さんは勘違いしております。酸いも甘いも噛み分けたマロニエのこみちさんが言いたかったのは、「何かに思い切り打ち込むことで新たに見えてくるものもある」ということではなくて、「あらゆる欲望というのは一度トコトンむさぼり尽くさなくてはならない」ということです。人間、そうすることで初めて、目が澄んでくるわけですね。多くの欲望を中途半端にしか満たしてこなかったために、未だに目が澄み切っていないわたくしが言うのですから、間違いありません(笑)。

107 06-08-11 (金) 22:59

△ギャンブラーさん
ご指摘、ごもっともです。
ただ、そこのところは勘違いせずよく理解しているつもりです。
誤解のないよう、「それに」と「に限らず」で、そのこと以外の似たような現象の話に転換を図ったつもりだったんですが、ボクの表現力不足だったようです。
好意的にとれば、ギャンブラーさん一流の自虐的婉曲的感想とも読めないことはないですし・・・
困ったな・・・(汗
> 未だに目が澄み切っていない
何をおっしゃるのやら
いま追究されておられるものが中途半端とは見えませんが・・・^^

ギャンブラー 06-08-11 (金) 23:20

いやいや大変失礼しました。
私は田舎生まれのため、夏野菜と夏の果物に関しては嫌というほど欲望を満たしております。そのため、数年前まではキュウリや茄子、インゲン、スイカなどは見るのも嫌だったのですが、最近また、好きになりました。一回りして、また元の地点に戻ったということでしょうか。還暦はまだだいぶ先のはずなのですが(笑)。

107 06-08-11 (金) 23:26

△ ギャンブラーさん
いやはや、どうコメントをお返ししたらよいものか、悩んで悩んで幾度も書き直しました・・・
↑まず、こんなところでご容赦を(笑

sekisindho 06-08-12 (土) 0:51

107さん、こんばんは。
毎回面白い話題をご提供していただき嬉しいですね。
私のご幼少の頃も、マロニエさんと同じで、メロンと云えばまだ「まくわ瓜」のことでしたよ。
秀吉が桜の花見の余興でまくわ瓜売りをやったそうですけど。
ホテルの宴会係の人の話によると、デザートのフルーツはやはりメロンをだすと顧客満足度一位だそうです。
まぁしかし、今回は107さんのおかしみのある一面を拝見できて、何故だかよけい嬉しくなってしまいましたよ(笑)

107 06-08-12 (土) 11:18

△ sekisindho さん
やっぱりメロンのステイタスは高いのですね〜
ボクみたいな人、少なくないのでしょうか^^
まくわ瓜、気になりますね。
売ってるのも見かけないですが、一度食してみたいもんです。
お二人が調子を合わせてノッていただけたので、ボクもとても楽しませていただきました。
ただ、ボクの助太刀はあまりお役に立てないと思います。
いざというときにはスタコラサッサと逃げることにしましょう(笑

Solo 06-08-12 (土) 18:44

こんにちは。
メロンですか、いいですね、北海道では今時期道路沿いで沢山売っていますね、やっぱり安いプリンスはそれなりの味ですよね。
先日出張で実家に泊まったときお土産に二玉五千円のメロンを買いましたが食べ頃は一週間後と言われ食べ損ねました。
赤肉でも青肉でもどちらも違った味わいで好きですね。

107 06-08-12 (土) 19:18

△ Solo さん
安いプリンスメロン(笑
もう、味忘れました。長いこと食べてないですから・・・(笑
地元で二玉五千円といえば高いもんなんでしょうね。
惜しいことされましたね〜
北海道の道路沿いの無人販売所といえば、アスパラを思い出します。
ごっそり一束が100円で、とても美味しかったなぁ〜〜(しみじみ

マロニエのこみち・・・。 06-08-12 (土) 21:57

107さん
まくわ瓜は、今、300円くらいで八百屋さんで売られていますよ(笑)
先日の、陶器市のときにも、八百屋さんで見かけました
そんなに気になるなら、ぜひお試しを・・・(^^V)

107 06-08-12 (土) 23:08

△ マロニエのこみち・・・。さん
有難うございます(笑
ぜんぜん知らんかった〜
つうか、目に慣れんもんだからスルーしてたのかな・・・
と思って検索して(通販で500円でありました)嫁に訊いてみたら、「知らん、見たことない」と申しておりました。
ウチの近所ではあまり置いてないようです。
大黒屋とか行ったらあるのかな。

7wth2 06-08-17 (木) 13:23

今日は。
メロンのお話。メロンは大好き。しかし、十分と言うほどに食べて経験のないところまでは、107さんと同じ。
私の場合は体を壊すまでの3年、夏を北海道で過ごましたが、その初年、3日続けて、かみさんと二人で大きいを一玉貪って、堪能し、以後は美味しいが、そこそこでいいの心境に。なんと60才半ばでした。
業務用の卸市場が近くにあり、食べ時のメロンが往時のバナナみたいに安く処分されていました。
そうそう、今日は帰宅する日が近づきましたので、ご挨拶のつもりで寄せていただいたのでした。
27日に帰ります。また、仲間に入れて付き合ってください。
残暑が続きます。ご自愛お過ごし下さい。

107 06-08-17 (木) 15:01

△ 7wth2 さん
お休み中わざわざのお越し、有難うございます^^
3日もメロン食べ続けると、喉喉がイガイガになりますでしょ(笑
ボクも偶然の幸運でメロン三昧を経験しましたが、それがなければ今も浅ましくメロンを食べていたかもです。
いいご静養になりましたか。
東京に帰られたら長野と随分環境が変わると思います。
7wth2さんもくれぐれもご自愛くださいませ。
涼しげな写真を拝見させていただくのを楽しみにしております。
こちらこそまたよろしくお願いいたします。^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/08/76.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
メロンの気持ち from 107@BLOG

Home > 美味礼讃 | おもひでポロポロ | 2006年の美味 > メロンの気持ち

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player