Home > 観る視る読む | ミュージックライフ > 国歌斉唱

国歌斉唱

さて昨日のプロボクシングWBA世界ライトフライ級王座決定戦12回戦、ファン・ランダエタ(ベネズエラ)VS 亀田興毅(日本)。ご覧になった方のほとんどが感じたことだろうし、昨日の今日で、今おそらく一番の話題となってすでにあちこちのブログでもたくさんのことが書かれているだろうから、いかに亀田のボクシングが未熟で亀田自身の人間性も未熟であるかは、あえて書かない。
でも、どうしても昨日の王座決定戦について書きたいことがあったから、それを書く。
それは、開始ゴング前の、両国国歌斉唱についてである。

先に、ランキングが上のファン・ランダエタ側から、ベネズエラ国歌。歌うのは、コロンえりかさんというベネズエラ生まれの日系女性ヴォーカリスト。このリンクを参照していただければ経歴などお分かりいただけると思うが、その素晴らしいソプラノの歌声は、高音が転がるように伸びつつヴィブラートしてとても美しく、ベネズエラ国歌という耳慣れない歌を聴くボクの耳に、心に、真っ直ぐに届いて、感動的だった。

対して亀田の方は、Tボランとかいうグループのヴォーカリストを名乗る若いおニイちゃんによる「君が代」。
70年代グラムロックのカリスマ、T-REXのマーク・ボランをもじってつけたような名前のことはともかく、その歌がなんとも貧弱で情けなく、失笑を禁じえないものだったのだ。
腹から声を出す本格和声の発声法のコロンさんに対して、こやつは咽喉からだけのド素人な発声で、貧弱な声量を誤魔化すためにマイクを手に持って口にぴったりつけている。それでも歌が上手ければまだマシなのだが、これがクネクネした幼稚なデフォルメによる、原曲の破壊といっても差し支えないヘタクソな歌唱でとても聴いていられない。本人は個性を強調したアレンジでロックシンガーたる自分が歌うことの意義を表現したつもりなのだろう。あるいはアメリカ国歌をギターで無茶苦茶に表現したジミ・ヘンドリクスを意識したつもりででもあるだろうか。

しかし残念ながら、オリジナルを超えるオリジナリティをアレンジで表現できるのは、超絶的な歌唱力あるいは演奏力を持つ、ごく一握りの、真の意味でのアーティストに限られるものだ。亀田のたっての希望、ということでこのおニイちゃんの登場となったらしいのだけど、少しでも客観的に自分を評価できるシンガーであったなら、こんな場違いな場所にノコノコと出てきて貧弱でヘタクソな歌を歌うことの恥ずかしさを考え、丁重にお断りするのが普通だろう。
もっとも、勘違いなボクサーの勘違いな前座としては、彼以外のシンガーという選択肢はない、という意地悪な見方もできないことはないのだが。

試合開始前の最初のこの時点で「やっぱこいつの試合なんか見なきゃよかった」と後悔したが、毒喰らわば皿まで、とばかりに最後まで見てしまった。が、イヤな予感は的中して、判定の結果がコールされた瞬間、テレビを消すことに。結局、つまらない茶番に1時間も費やしてしまっただけ。

しかし、おかげで素敵な女性ヴォーカリストを発見することができたのは収穫でもあった。
亀田クン、ありがとう(笑
あ、そうそう、お礼に、と言っちゃなんだけど、キミにひとつ言葉を贈ろう。

「弱い犬ほど、よく吠える」

後学のために、憶えておきたまえ。


Comments:20

プリュム 06-08-03 (木) 17:49

こんにちは〜
あの対戦は結構な人が見ていたようですね
冷めて見ていた人もいたと思います
アスリートの肉体には鍛錬が必要ですが
魂には必要でない?のかな
今の日本のスポーツ選手でTVに映る人の中に
魂を磨きこんでいる人は何人くらいいるんだろう・・・
体鍛えているK兄弟の物語に水を指して申し訳ないのだけども
彼らは魂が磨かれていない
それは↑冷めた目の人々は承知していると思います
今はいいようにマスコミ等に利用されているけど
そのことに
気づくことは出来るのだろうか→現役中に
また、そんなマスコミに乗せられて
未成熟の大人お子様が調子づいて騒ぐのも見苦しい限りです
107サンのご指摘のように
カッコばかり先行して、中身の無いパフォーマーが
国民平均の品質を低下させていると
いわれてもおかしくはない世の中になったなーと感じました

107 06-08-03 (木) 18:54

△ プリュムさん
こんにちは、有難うございます^^
ホントに、魂の鍛錬、必要です。
「見苦しい」、おっしゃる通りです。
「最後まで立っていた魂の勝利・・・」なんてマスコミが言ってますが、「魂」と「根性」を取り違えてもらっては困りますよね。ずっと立っていたのは単なる「根性」です。
磨き込まれた「魂」を持っているならば、自分の親父や兄弟のことばかり言うのではなく、対戦相手にももっと敬意を払う筈ですから。
張り子の虎を煽っていかにも虎が実際に踊っているように見せる、その稚拙なカラクリを看破できずに、大騒ぎして囃したてる大勢の人がいるなんて、この国と人々、ホントに大丈夫かいなと思ってしまいます。
「そういうアンタ、なにさま?」という批判はとりあえず棚に上げておいて(笑

ギャンブラー 06-08-03 (木) 19:56

左アッパー炸裂!という記事ですね(笑)。
はるか昔から、ボクシングの判定には極めて強い不信感を持っていましたので、試合終了後、「たぶんドローにして再試合というのが落とし所だろうな」と思って風呂に入ったのですが、心のどこかに、「ひょっとして」という思いもありました。案の定‥‥。相手側もさほど強硬に抗議しなかったところをみると、おそらくたんまりと‥‥。
裏の世界も一枚噛んでいるであろう興行サイドにとっては、久々に出た「ゼニ」になるキャラ。おそらく最後までしゃぶり尽くされるでしょう。今回の判定で、私はむしろ亀田親子がかわいそうになりました。
それにしても、なぜ関西からは、街のチンピラを絵に描いたようなボクサーが次から次へと出てくるのでしょうか。

JIMO 06-08-03 (木) 21:00

負けたらいいのに・・・と思ってましたけどね〜。試合は見てないので感想はないのです。
私としては亀田親子はキライじゃないですよ。技術的なことは別として、
ボクシングに一生懸命打ち込んでいる姿や、親子愛・兄弟愛は好感が持てます。
でもね。あそこまで露骨に「お金」の匂いがちらつくとね〜。
いちばん儲かる予定だった奴が「亀田の負け」で大損すればいいのに!と思ってしまいます(笑)
亀田親子の勘違いはもちろん本人たちにも問題はあるのでしょうけど、
眼前にお金をちらつかせて親子を躍らせたヤツラにいちばん腹が立ちますね。

Solo 06-08-03 (木) 21:08

107さん、皆さんこんにちは。
昨日のテレビ局の取り扱い、試合そのものに失笑でしたね。
どんなプロスポーツにもよく有る事ですがボクシングも例に違わずといった感じですよ、実際自分の先輩の中にもそんなシステムの中でおかしな判定で涙を飲んだ人も…
それにしてもランダエダのおかしな判定負けはミニマム級の新井田戦に続いてですから、なんともイヤなニオイがしてきますが。

107 06-08-03 (木) 21:37

△ ギャンブラーさん
たまにはパンチもふるっておかないと、錆ついてしまいますから〜
そうですね。「ゼニ」になるキャラ。
しかも裏の世界が喜んで飛びついてきそうな美味しいネタ満載で(笑
絵に描いたような街のチンピラボクサーは「関西」ではなくて「大阪」から出るものとご理解くださいまし・・・(笑)それも特にミナミ。こういう公共の場で言うに相応しくない、ハングリー精神たっぷりに育つ土壌が、いまだに存在しているようです。
人のノリ的には「ミナミで金貸しぃやってる、萬田ぁ〜いうモンですぁ〜」の世界です(笑

107 06-08-03 (木) 21:46

△ JIMO さん
負ければいいのに・・・と思って見てた人、多いのでしょうね〜
そうです、親子愛や兄弟愛が豊かなことについては、いいことだと思ってます。ただ、スポーツをする人間として基本的な「礼儀」があの親子にはごっそりと抜け落ちて欠けているように思います。特に格闘技というスポーツは「礼儀」がなければただの喧嘩です。そういうものは公共の電波を使って流すようなシロモノではない、と思っています。
その一点で、あの親子を肯定することができないのです。
金に群がる連中はそれが商売なんでしょうけど、きたないやり口は許せるものではありません。ギャンブラーさんがおっしゃる通り、亀田親子がかわいそうだなと思う部分もありますね。

107 06-08-03 (木) 21:52

△ Solo さん
Soloさんはボクサーだったのですか?
まさに、失笑の連続の試合でした。ガッツ石松が怒っている通り、あれで勝てるのならボクシングとはいったい何ぞや!?と思います。
しかし・・・ランダエタ側が抗議しないのは、正々堂々としたスポーツマンシップによるものか、あるいは新井田戦で味をしめたゆえなのかは、判断の別れるところでしょうか(笑

sekisindho 06-08-03 (木) 22:25

107さん、こんばんは。
昨夜のボクシング、途中まで見てたのですが。九分九厘ランダエタの勝ちを確信してお風呂に入ったのですが、でてきてビックリでしたよ。
言いたいことはコメントの中にほとんど書かれてますので、あえて繰り返しませんが、あの国歌に関しては107さんとほとんど同じ感想持ってました。
ホントによくぞ書いてくれました(笑)
やはり、亀田と云うか、それを取り巻き銭儲けに狂奔する人たちの選びそうな歌手であり、演出だな〜と呆れて聴いてました。
国粋主義者ではないですけど、「国歌をあんな風に扱っていいの」って感じもしましたね。

107 06-08-03 (木) 23:13

△ sekisindho さん
同志がおられて、うれしくなりました(笑
右翼が怒ってきますよねあれ。
アカペラだから声量ないのがバレバレで、しかもコロンさんの後だったからなおさらその貧弱さが際立つ。失笑を通り越して哀れな晒しもの、といった風情でした。
浪花節的なウリなんだから、演歌歌手でも呼んでくりゃまだ聴けたものを。
♪君ぃがぁ代ぉは〜あぁんあん と(笑

JIMO 06-08-03 (木) 23:21

 >「礼儀」があの親子にはごっそりと
確かにそうでしたね。
多少のチンピラは私も許しますが・・・あれはTBSと協栄が狙ってやってるんじゃないかと。
変に礼儀正しいんじゃおもしろくないですからね。(笑)
だから、だれも注意したりしないんでしょう。無礼なパフォーマンスもやらせ放題だし。
そう言えば、ランダエタの”おむつ”はわざとらしいですよね?(笑)
 >国歌斉唱
変にこぶしを回したりするのって、かなり痛いですよね。(笑)
国歌独唱なら許されるのかな〜? 意味ないけど。

nene 06-08-03 (木) 23:47

はじめましてm(__)m  neneです
私も見ました。
あの試合で、王者になって泣いて喜んで・・・
どう見ても、ベネズエラの人のほうが・・・
ま、試合はどうでもよいとして
私も国家斉唱が流れた瞬間
 『誰?このへたくそ!』
 『T−ボラン』
 『えっ?こんなに下手だった?』
ってな具合に 今日の試合は×××と、思いました。
なのに、あの判定。不思議です。

107 06-08-03 (木) 23:50

△ JIMO さん
もちろん、TV局の良識も疑いますし、ジムの所属選手に対する教育のあり方も問われます。あの井の中の蛙的な視野の狭い品性下劣な言動はやはり本人たちから出てくるもので、周りはそれがウケるからそのままやらせているのだと感じます。ああいう低俗なパフォーマンスに乗せられて囃したてる、視聴者側にも問題があると思います。
「礼儀」がない=スポーツマンではない、というのが分かった時点で、視聴者が相手にしなくなればTV局も考え直さざるを得ないでしょう。視る側ひとりひとりの良識も問われているのだと思います。
オムツは、TV局の仕込みでしょうね(笑
わざとらしすぎるのとレベルが低すぎるのとで、言葉もありません。
「視聴者をナメるな」と思います。
国歌が「斉唱」できない、クネクネのひどい歌い方でした。
(内股で、おしっこを我慢しながら歌ってる図を想像してください)
「独唱」なら、たしかに少々のアレンジは許されると思いますが、それでも「アレンジと歌が上手い」という前提の下でです。
JIMOさんがご覧になってなかったのはとても残念です。
ムチャクチャ笑えましたのに(笑

107 06-08-04 (金) 0:03

△ nene さん
はじめまして、ときどきお邪魔しております。
コメント有難うございます^^
国歌斉唱、ご覧になってましたか。
始まった瞬間、「ガクッ」ときて、鳥肌がたつぐらい恥ずかしくなりました。
不勉強にして、T−ボランなるグループの歌を聴いたことがないのですが、普段はバックのディストーションの効いたギターの音やドラムの連打の音に助けられて、歌のヘタさが誤魔化されているのだろうかと思ってしまいます。
あんまり言うとファンの方が聞いたら怒ってきそうだなと思うのですが、でも本当に聴いていられないほどヘタクソだったからしょうがない。
本戦の方は言うまでもなく・・・
ボクシングはショー(×スポーツ)だったのか、という認識を新たにいたしました。^^
あれならK-1やPRIDEの方が面白いです。

マロニエのこみち・・・。 06-08-04 (金) 10:59

ボクシングにも、この亀田選手にも、全く興味のない私ですが
翌日、めざましテレビに出演してる彼を見ました
うわさはそれとなく耳にしていたので、どんな子だろうと少し注意してみていました
私には、世間知らずの、ボクシングバカの、発達途上の純朴な子供に見えました
一流のアスリートには、所作動作、氏素性とは別のところに、品性が必ずあり
それがない人は、どんなに能力があっても、一流にはなれないと常々思っています
父親を敬うあの純朴さは、鍛えれば一流になるうる品性が、どこかに眠っていると感じました
でも、それを、うまく育てることができず、己の目先の営利の為に
つぶしてしまう土壌のあるのが今の日本を動かしている何者かだと思います
結局、自分を育てるのは、自分自身の正念次第・・・
このことに気づかせてくれる人が、彼の身近にはいないのかと、私は残念に思った次第です

107 06-08-04 (金) 11:38

△ マロニエのこみち・・・。さん
彼には、今まで彼がやってきた方法、考えてきた筋道とは異なる方法や筋道を教えてやれる誰かが、精神的にも肉体的にも必要だと感じます。でなければ、いつまでもあの礼儀知らずの親父に抱く「上位自我」の呪縛から抜け出せないだろうと。
この国の歪んだ精神構造と産業構造が生み出してしまった異形の鬼っ子。
さて、誰がどう片をつけるのか。彼自身にその能力はあるのか。
はてさて・・・

メグシー伯爵 06-08-04 (金) 11:59

はじめまして!
激しく同意!です。
「弱い犬ほどよく吠える」
まさに!ずっと思っていた私の気持ちを代弁していただいたようで
気持ちいです(笑)
ありがとうございました(*´∇`*)

107 06-08-04 (金) 12:14

△ メグシー伯爵さん
はじめまして。
ご同意いただき、有難うございます^^
ホントに、彼がこの言葉を謙虚に聞き入れる度量があるのなら、
ひと回りもふた回りも大きく成長することができると思うのです。
決して、彼を揶揄しているだけの言葉ではなく。
意地悪なおっさんからの、精一杯の真摯なアドバイスのつもりです・・・(笑

ワタシ。 06-08-04 (金) 23:28

ご無沙汰のコメントですみません。^^;お邪魔します。
107さんの記事、皆さんのコメント同感です。
中継を観た人たちに、色んな方向から考えさせてくれる番組でしたね。
あれは、スポーツ中継じゃなくて「番組」だったんだと思っちゃってます。
世界戦の本質ともに賛否両論あると思いますけど、やっぱりあの「国歌斉唱」だけは否です。
コロンえりかさんのベネズエラ国歌斉唱が見事だったので、ことさら。
愛国心云々としての問題でじゃなく、日本人として恥ずかしくなりました。
棚上げもはなはだしく「私が歌ったほうがいいな。」と(笑)
あ、ワタシ学生のとき”Tボラン”好きだったんですよ。
でも、いまとなっちゃアーティスト名すら正しく書けなくなってます。ゴメンなさい・・・m(_ _)m

107 06-08-04 (金) 23:55

△ ワタシ。さん
ようこそ^^
そう。「番組」。確かにそうです。
Tボランて、ちょっと調べてみたら10年以上前からやってたんですってね。
んじゃそれほど若くなくて、「おニイちゃん」ではないのですね(笑
しかしホント、情けなかったです。本人はそんなに若くないということですから周りの見えないお子ちゃまでもあるまいし、自分であの歌どう思ってるのだろ、と不思議に思います。
ファンだったワタシ。さんには申し訳ないです(笑
それにしても、コロンさんは素晴らしかった!
アマゾンとかITMSとか探してるのですが、CDないんですよね〜
「アヴェ・マリア」聴いてみたいな〜〜

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/08/73.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
国歌斉唱 from 107@BLOG

Home > 観る視る読む | ミュージックライフ > 国歌斉唱

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player