Home > 日々のうたかた | おもひでポロポロ | 2006年の日々 > 雨の京都

雨の京都

060718katsuragawa.jpg
それにしても一日よく飽きもせず雨の降るもんだ。
今日は所用で、衣笠(京都市内の北の方)に出かけていたのだけど、土砂降りになったり小雨になったりの変化はあるものの、いったいどこからこれだけのH2Oが湧いてくるのだろうと思うほど雨が間断なく降り続ける。出かける前に、自宅マンションの裏手を流れる桂川という川の堤防を見にいってみたら、川岸にある河川敷公園ぎりぎりいっぱいのところまで濁流が迫って来ていた。そういえばここ数日、大雨洪水注意報が出っぱなしだったから、そりゃあこれぐらいは水あるわな、と思いつつ、昨日ニュースで見た北陸地方の大雨による川の氾濫を思い出した。あの一帯はボクの行きつけの渓が何本もあるのだけど、それらがことごとく警戒水位を遥かに超えて溢れ出したとのこと。実は今週の木曜日あたり仕事の都合がつけば北陸に釣りに行ってやろうと画策していたのだけど、この様子ではとても釣りできるような状態ではないだろうな。

やんぬるかな、やんぬるかな、とひとりごちながら出かけ、約束の時間より少し早めに着くと待ち人はおらず。電話してみると30分ほど遅れるという。そのまま待ちぼうけも手持ち無沙汰なので少し近辺をドライブしてみることにする。衣笠から立命館大学(恥ずかしながら中退した母校である)、龍安寺前の衣掛の道を経て、御室仁和寺に至ったところで、クルマを停める。
060718ninnaji.jpg
御室の山の入り口にあるこの門はとても懐かしい。ボクが通ってた小学校はその名も仁和小学校という名で(名前は同じだけどそれほど近くというワケでもない)、遠足でよくここまで連れて来られたものだ。
子供の頃のボクはこの二王門(誤字ではありません。「仁王門」に非ず)がとても好きで、遠足の時の写生でこの門の片側の「吽形」の仁王像を写生したことがあって、その絵が当時の校長先生の目に留まりエラく気に入られたのは、懐かしくも少し誇らしい思い出でもある。そのカラみかどうか知らないが京都市の美術展だかなんだかに出展され、奨励賞とかなんとかいうご大層な賞をもらった、とかいうのを親がしばらく自慢にしていた。たぶん、子ども向けのサービス賞なんだろうと思うが、なにしろ小学生だったボクはそういう賞云々という訳のわからんことよりも、担任の先生が大いに褒めてくれたことと、校長先生がすごく気にいってこの絵を預かって飾らせてくれと言って職員棟に入って一番見映えのする壁の真ん中にずっと掛けてくれていたことの方がよほど誇らしかったのである。引っ込み思案で恥ずかしがりやだったので、同級生などには口が裂けても言えなかったけれど。
それにしても、と、大人になったボクは改めて仁和寺の門を見上げる。背景の雨にかすむ御室の山と、近景のこの重厚な門の佇まいの、雨によく映えること。柱の一本一本に、永い年月を雨風に晒されて過ごしてきた気迫と気概が満ち満ちている。二王像のただならぬ雰囲気と相まって、その無言の迫力に気圧されそうになる。その瞬間、通り過ぎる過去から現在。
「吽形さん、こんちは」とにかく、あいさつ。
「今度ゆっくり、また来ます」


Comments:17

Solo 06-07-18 (火) 23:20

こんにちは、京都も雨で大変と思います。
北海道もここ3日間立て続けに一時的な大雨や雷があります。
いくら釣りが好きでもこんな時には川には近寄りたくありませんね、107さんもお気をつけて。

107 06-07-18 (火) 23:47

△ Solo さん
北海道もよく降ってるようですね。
木曜日の釣り、残念ですが諦めました。
また来週に照準を定めます^^
有難うございます。

kaori4 06-07-19 (水) 13:06

お立ち寄りいただぃておりました。
どぅもありがと〜ござぃました。。。
京都。。。かわらまち・・・くらまおんせん・・・
若い頃、よく行ってました。
とっても素敵なまちですよね。京都

107 06-07-19 (水) 13:21

△ kaori4 さん
わざわざのお越し、有難うございます^^
よく京都に来られてましたか。
外から来られる分には、見どころも多くていい町なんでしょうね。
住んでると、夏は暑い、冬は寒いで、なかなかに大変な町でございます。

7wth2 06-07-19 (水) 13:56

こんにちは。
釣り場は荒れていますね。
嫌な思いの後、仁和寺で嬉しい思い出。
その頃からデザイナーの素質十分だったんですね。
それは少年にとって嬉しい、心の充実した大きな出来事ですね。私など、校長先生とは一言も交わさず、小学校を卒業しました。
図画で旨く出来たことはありません。10人くらい、教室の後ろの壁に張り出されるのですが、初めから諦めていました。何故こんな差が出るのでしょう。ちなみに、息子もダメでした。

107 06-07-19 (水) 18:17

△ 7wth2 さん
釣場、荒れまくりです(号泣
小学生の頃、体育や算数は苦手でしたが、図画工作は大好きでした。
その原体験が長じても残っているのだと思います。
何故、違いが出るのか。
分かりません。
向き・不向きがあるのでしょうかね。
いつもお写真を拝見させていただくに、絵心がないようには見えませぬが^^

みやび 06-07-19 (水) 19:10

雨の京都は風情が有って良いですね。
雨量によりけりでしょうが…
高校の修学旅行で行った京都は、夜半から降り続いた雨が朝になってあがり、雲間から太陽が顔を出すと雨に濡れた瓦屋根や木の柱が輝いて綺麗でした。
京都はそれっきりでして、桜の頃か初雪の頃に再訪したいと思い続けているのですが、なかなか機会が訪れません。

107 06-07-19 (水) 21:56

△ みやびさん
適度な雨だといいんですけどね・・・
最近の雨は、度を超してむちゃくちゃに降るのが多くて困ります。
ぜひ、機会があれば京都をご再訪ください。
初雪のころ、というのはシブくっていいですね。
桜のころが、メジャーではあります。
その時季なら、ひと通り観光して後、近くの渓流でアマゴ釣り、なんていかが?^^

ギャンブラー 06-07-19 (水) 22:14

う〜ん、人間どこでどうつながっているか、わからないもんですねぇ。実は私も、かの大学に1年間通っておりました。趣味嗜好が似ているのも、そのせいでしょうか。
竜安寺にもよく行きましたねぇ。市電が当時の足で、白梅町なんて地名を今でも覚えています。
その後は東京の大学に移りましたが、当時、倉木麻衣が隣に座って授業を受けていたら、もう少し在学したでしょうね(笑)。

107 06-07-19 (水) 22:48

△ ギャンブラーさん
おんやまあ!
確かに、少し屈折したのが多くいたような気がします(笑
市電って、懐かしいなあ・・・
ボクは市電が走っていた幼少期もあの辺りで過ごしていまして、上七軒から北野天満宮、白梅町あたりまでテリトリーにしていましたよ。結局、大学生になって幼少期を過ごした地に舞い戻るというのは、何か因縁のような気もしてました。
ちなみに同期には元マリナーズの長谷川がいました。数年したら今度は「おしん」の小林綾子が入学してきました。そのころには籍だけ置いてまったく通ってなかったのでお見かけしたことはありませんが・・・(笑

マロニエのこみち・・・。 06-07-19 (水) 23:43

『引っ込み思案で恥ずかしがりやだったので』
いつもながらの、素敵な文章なのですが、すみません
・・・まず、ここに、最初に眼が留まってしまいました・・・(笑)
そうなの??なら、やっぱり私と同じですね^^
それにしても、木造建築、そして日本製の瓦は、雨に濡れると風格が出ますね
仁和寺というと、御室の桜で、優しいイメージがあるのですが
この門を拝見すると、なかなか男性的ですね

107 06-07-20 (木) 0:36

△ マロニエのこみち・・・。さん
> 引っ込み思案〜
そっくりそのままお尋ね返します(笑
ボクは、法螺は吹きますがウソはつきません
子供の頃にこの門を見上げて感じた畏怖が、大人になった今もなお心の内に残っていることを発見しました。特に、雨に濡れて情感を増したその存在感は、圧倒的です。
桜の時季の柔和なイメージが一般的なのかもしれませんが、どうしてどうして^^

プリュム 06-07-20 (木) 6:37

はじめまして〜うちの店にお立ち寄りいただきまして
こちらにも寄らせてもらうことができました
他所の人間がいうのもなんですが
私は京都が好きです←人が少ない時の
去年はこの寺に朝から着物で出かけて紅葉のステキな写真が撮れました
取り壊して町並みも変わっているのが残念ですけど
古い町やの風情は
人間の本能として住みたくなる町並みなのです
自転車もとても似合う町
京都に限らず
ちよいと前の日本の街はどこも個性的で
古い家並みの続く町だつたでしょう
今ではどこの駅前も区別もつかないくらいに類似化してしまいました
私は名古屋人です
ここでも行政が区画整理と称して
古い町を道路拡張して破壊しています
車は便利だけど
もはや人の住みたい町ではなくなりつつあります
残念です(再)
BGMのせせらぎの音、GOODです!
癒されますね
古いものがいつまでも愛されて残る世の中、社会になってもらいたい
と切望しています
うちの店は日替わりのてんこ盛りですが、またご来店くださいませ

nooboo 06-07-20 (木) 10:22

本当によく降りますね。
暑さも参っていたのですが、洗濯物が乾かないのにも参ってしまいます。
リンクさせたいのですが、見ていたハウツーサイトが閉じてしまって、できないのです。すみません。。
しかもしばらく更新できません。
長い目でみてやってください。
応援しています♪

107 06-07-20 (木) 11:17

△ プリュムさん
コメント有難うございます。
確かに、人の少ないときの京都はいいです(笑
ボクも全国あちこちの田舎町を通ることが多く、その度に感じるのですが、町の個性がなくなってしまいましたね。自然もどんどん壊されて、後に現れるのは無機質なコンクリートとアスファルトの人工物。ずっとこんな中にいたら窒息してしまう、ということで、ときどき山に行っておサカナと戯れています。
また寄らせていただきます^^
△ nooboo さん
お元気そうで、なによりです^^
お忙しい中コメントをいただき有難うございます。
お引っ越しで、ネット環境が不便そうですね。
また向こうに行かれて落ち着かれたら、更新されるのを楽しみにしております。
ボクも、応援しておりますです^^

sekisindho 06-07-21 (金) 0:35

107さん
こんばんは。
今回はチョット出遅れてしまいました。
マロニエさんと同じで『引っ込み思案で恥ずかしがりやだったので』
に思わず目が留まってしまいましたけど、でもやはり小さな頃から才能は目立つものなのですね。

107 06-07-21 (金) 1:24

△ sekisindho さん
こんばんは。
sekisindho さんまでそんなことを・・・(笑
ホントに引っ込み思案で恥ずかしがりやなんですよ。
そう見えないのでしたら、そういう仮面をつけているのだとご理解くださいまし^^
いつも律儀にコメントいただきまして・・・
改めて感謝申し上げます。m(_ _)m

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/07/67.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
雨の京都 from 107@BLOG
pingback from 107@BLOG · 雪景色 10-07-08 (木) 14:52

[…] 以前に書いた通り、思い出深い二王門である。やはりいつ見ても迫力満点の吽形さん、今日もお元気そうでなにより。ボクはこんな感じで・・・外見は少々古くなりましたが中身は子ど […]

Home > 日々のうたかた | おもひでポロポロ | 2006年の日々 > 雨の京都

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player