Home > 仕事はつらいよ > 汗と涙の結晶

汗と涙の結晶

いい気になって釣りに行ってたら、仕事のメールがどっさり来ていた。
しかも例によって急ぎのものばかり。
以前にも書いた通り、週末に仕事をするのは慣れっこになっているので何とも思わないけれど、詰まる時には一斉に詰まるものである。もう少し分散して均一に来てくれるといいのだけど、こればっかりは先方の都合のあることなので如何ともしがたいことのようだ。

それで思い出したのだけれど、先々月に泣き言を言っていたハードスケジュールの仕事が、このほど完成して本になったようだ。何かと言うと、フライフィッシングのキャスティング教本で、この本のイラストワークをやらせていただいた(ただし表紙のイラストだけはシリーズ物の本ということもあって誰か違う人が描いている)。裏表紙をめくったところにボクの源氏名(屋号のことね)のクレジットも掲載してもらってて、誠に有難いことである。

「基礎から応用まで網羅した、キャスティングのバイブル!」というキャッチコピーもあながち嘘ではない、クオリティの高い本に仕上がっていると思うので、初心者の方はもちろん、ある程度のキャリアがあってもキャスティングを我流でやっていて何となく限界を感じている、という方にも最適ではないかと思う。

あんまりこういう場で宣伝したりはしたくないのだけど、自分のワークが珍しく一冊の本になっているということで、リンクしてみた次第^^


Comments:19

7wth2 06-07-01 (土) 14:57

こんにちは。
そうですか。おめでとうございます。
忙しい思いをしても、こうして、仕事が形になって残るのは嬉しいことですね。
本の中のイラストは107さんが描かれたのですね。
大きな本屋が一駅先にありますから、今度立ち寄って拝見します。

Solo 06-07-01 (土) 18:37

こんにちは107さん。
こういうかたちで自分仕事がいろいろな人の目に留まるというのはなんともうらやましいです。
家の近くにも大きな本屋はありますので探して見ますね、107さんのイラストたのしみにしています。
先日の釣行記拝見しました
すばらしい渓の写真、拝見すればするほどうらやましい!

107 06-07-01 (土) 20:18

△ 7wth2 さん
有難うございます。
中のイラストは全部ボクの作です。
機会があればぜひご覧ください。^^
でも、さて、こういう本、普通の本屋さんにありますでしょうか…(笑
△ Solo さん
10数年前に作ったパンフレットやDMなんかでも、いまだに使われてるのを結構見かけたりしますので、そういうのを発見したときもうれしいです。そのテのものは製作に携わった人たちの名前はクレジットされないのが普通ですが、「名もない裏方」的なワークも好みで…(笑
むしろそういうのに慣れていますので、今回のように名前が出てるのは少し恥ずかしい感じもあります。

マロニエのこみち・・・。 06-07-01 (土) 23:07

【地球丸】といえば、私も購読している【天然生活】の出版社じゃないですか!
107さん、随分、メジャーなお仕事されているのですね〜!
何はともあれ、おめでとうございます!パ〜〜〜ン!(シャンペンを抜く音)
プラッツの本屋さんにはあるかな?
こんど覗いてみます
あ・・・・そういえば、プラッツ、来年無くなるらしいですね・・・(大ショック!)

107 06-07-01 (土) 23:32

△ マロニエのこみち・・・。さん
グビッグビッ・・・プッハァ〜〜(シャンペンを飲む音)
有難うございます。
しかししかし、ボクがメジャーな仕事をしているワケではありません…
出版社はメジャーかもしれないですが、ボクは単なる一外注先というだけです。
プラッツの本屋ならあるかな。どうかな。
え!?来年なくなるのですか!
近所(っても遠いですが)で一番使える本屋だったのに…
アバンティの本屋はいただけませんね、レイアウトが気に入らない(笑
でも仕方ないですね…
ショックだぁ〜〜

sekisindho 06-07-02 (日) 1:02

107 さん
こんばんは。そしておめでとうございます!!
いいですねぇ。マロニエさんもそうですけど、自分の仕事が形で残るのは羨ましいことです。
新宿に「ジュンク堂」と云うとても大きな図書館のような本屋さんが有りますので、必ず見付かると思います。
拝見させていただきます。

107 06-07-02 (日) 12:48

△ sekisindho さん
有難うございます^^
ジュンク堂なら、あると思います。
機会があれば、ぜひご覧ください…
マロニエさんとボクとの仕事の大きな違いは、受け手(お客さん)の反応を直接受けられるか、まったく受けられないか、というところにあると思います。
「どこで、誰に、どんな風に見られていて、いかなる印象を与えたのだろう。それはボクが意図した通りのものだっただろうか。」
この反応がまったく見えないのです。
ボクのは、そういう仕事です…。

JIMO 06-07-02 (日) 21:14

こんばんは!本屋では私も気を付けて見てみます。
うちはド田舎なのでこの手の本はなかなかお目にかかれません。
遠征して本屋に行く目的がひとつ増えました。(笑)

107 06-07-02 (日) 23:47

△ JIMO さん
いやそんな。わざわざ遠出してご覧になるほどのものでも(笑
それより、九州は雨続きで釣りどころではなさそうな感じで…
早く明けてくれるといいですね。

7wth2 06-07-04 (火) 7:59

お早うございます。
昨日、学校時代の友人と会食するので、都心に出ました。
中規模の本屋さんがありましたので入りました。
ありました。ありました。直ぐに見つかりました。沢山重ねられていました。一軒でこれだけ置かれるなら、初版の数は相当の数ですね。
私はフライをしないので、よく分かりませんが、それでも丁寧な記述だと感じました。本全体はオシャレ感覚で纏められていました。
イラストが107さんの仕事と思うと感慨深いものがありました。いい仕事されているんですね。
イラストレーション  Creative Works Studio107
と最後のページに印刷されていました。
これからも、いい仕事されるように願っています。

バカボン 06-07-04 (火) 8:33

なにはともあれ、活躍の証拠が残るわけです。おめでとうございます。

107 06-07-04 (火) 11:04

△ 7wth2 さん
わざわざ有難うございます^^
まあ、そんな仕事もしております、ということで…
イラストが本業ではないのですがね…(笑
△ バカボンさん
有難うございます。
何でもやっております^^

sekisindho 06-07-05 (水) 0:28

107さん、こんばんは。
Creative Works STUDIO107
釣りのコーナーですぐ見付かりましたよ。
マロニエさんのように ONE to ONE のお仕事ではないので、反応は直接受けられないかも知れませんが、自分の想像を超えたところで、人目に触れ、役立ち、喜ばれているのですから、これもまたお仕事の醍醐味ではないでしょうか。
実際に釣りをこよなく愛している人が描いている訳ですから、これほど凄いイラストは無いのではと感じました。

107 06-07-05 (水) 0:51

△ sekisindho さん
有難うございます…
自分の仕事が、役に立ち、喜ばれているのならそれに勝るものはありません。また、そう思っていただいている、と勝手に思い込んで仕事をしてます。自分でそういう意識的な作業をしないと、仕事をするモチベーションが維持できませんので…(笑

nooboo 06-07-05 (水) 9:18

おはようございます。
天然生活・・・の出版社なんですね^^
素敵な本ですよね。
ものづくりに携わるっていいですね。
私は趣味の範囲でしか物は作れないので、あこがれます。
絵も書きたいけれど、こどもの絵並みの実力です(汗)

kitasan 06-07-05 (水) 9:33

「FLY RODDERS」隔月誌時代に仕事したことがあります
数枚の絵を1.2年描いていました
いまや押しも押されぬ一流誌になりましたね
キャスティング教本 上州屋にあるかな 行ってみよう

107 06-07-05 (水) 11:41

△ nooboo さん
有難うございます^^
それにしても、みなさん「天然生活」とおっしゃいますが、有名な雑誌なんですね。
不勉強にして見たことすらありませんので(←コラ!)、知らなかった…(恥
△ kitasan さん
手元のFR誌見てみましたが、ちょうど03年から04年の2年間が抜けていますので、その間に描かれてたのでしょうか。
前の編集長さんがヤリ手でしたからね〜。みるみるメジャーになりましたね。
今の編集長は大阪出身で、彼がまだこっちにいるときにはよく一緒に釣り行きました。
ちなみに2000年5月号別冊(Vol.8)で、ボク顔出ししてます(恥
> 行ってみよう
ひぇええ〜。ご勘弁を〜〜〜(笑

kitasan 06-07-05 (水) 12:18

屋根裏部屋の本棚を探しました
2.3冊ありましたがvol.8は見当たりませんでした
また
Fさんが編集長とは知りませんでした
Iさんは今何をしているんですか?

107 06-07-05 (水) 12:32

△ kitasan さん
Iさんは雑誌では「プロデューサー」というクレジットになっています。
業務的には「営業統括本部長」とか何とかいう肩書きで、昇進されて、複数の雑誌の統括をする偉い人になられたようです(笑

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/07/62.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
汗と涙の結晶 from 107@BLOG

Home > 仕事はつらいよ > 汗と涙の結晶

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player