Home > 釣りにまつわるよもやま | 2006年の釣り > 渓の記憶

渓の記憶

060629fishing1.jpg

相変わらずのことながら、突然思い立って釣りに行く。昨日も夜討ち朝駆けで、深夜1時に家を出て帰って来たのは翌1時、しかも前回と同じくひたすら歩く釣りで昼寝なしのノンストップ釣行だったから、結局まるまる24時間寝ずだったわけだ。

放浪の旅に出ていた友人が久しぶりに帰ってきていて今年はまだ一度も釣りをしていないというのと、大先輩の釣り師が遠出の釣りに連れてけ、というので、じゃあボクと合わせて3人で行くか、てなわけで突然の釣行と相成ったわけである。
朝食用のサンドイッチと昼食用のおにぎりをコンビニで仕込んでバッグに詰め、渓の入り口に車を停めてあとはひたすら釣り上がり、帰りは林道をこれまたひたすらてくてくてくてく歩いて帰ってくる、という釣りである。

060629fishing2.jpg

帰りの林道では、とりとめもない話を独り言のように話し、3人でつぶやきつつひたすら歩く。

今日の渓はポイントの変化に富み、さながら日本の渓流の見本展のようだったので、友人はいたくお気に召したらしくしきりにあれこれと
「釣りをしながら、色んな渓で釣りしたことを思い出した。あ、この流れは○○川、あの流れは××川とか。」
ととても楽しそうに言う。
そしてひとしきりうきうきした後、少し間をおいてぽつりと付け足す。
「やっぱり釣りの現場に来るのはいいな。釣りをしていると色んな渓での釣りの思い出が鮮やかに甦ってくる。これは実際に釣りの現場に来ないと思い出せないから」

日常、思い出そうとすれば思い出せるが、それは雑多な日常のフィルタをかけられて、邪魔をされてしまう。たとえば色がとんだり、風のそよぎがなくなったり、匂いがしなかったり。純粋に釣りの思い出を頭に浮かべてその時の高揚感まで再現される、というのは、よほど鮮烈な記憶で、しかもある特定の“きっかけ”がないと、日常では不可能だと思える。少なくとも今のボクや友人には。

そう考えてから、ボクは友人に問うてみる。
「じゃあ、釣りに行かなくても釣りの思い出をいつでも鮮明に思い浮かべることができたら、釣りに行かなくてもよくなるのかな?」
しばらく無言の後、静かに友人が応える。「そうかもしれないな」

ボクは、老成して達観することなど思いも及ばない。京都洛南の地に庵を結んだ800年前の下鴨神社の禰宜の息子のように、川のほとりで川面を見ながらただ思索にふけり「ゆく川の流れは絶えずして」などと吟じる余裕はなく、流れを見たらいい歳して無邪気にはしゃぎ回り毛鉤を放り込まずにはおれない。そして、それはボクに限らず、ボクの友人たちもみなそうであるようで・・・

その同じ性(さが)を他人に見るときに、ボクたち釣り人はようやく安心し、解放されるのである。

 


Comments:7

マロニエのこみち・・・。 06-06-29 (木) 21:25

いいですね〜
こんな楽しみがあったら・・・
私、釣りはしませんが、自然の【色】を見たり、【風のそよぎ】を聴いたり
自然の【匂い】を感じるのは好きです
最近は、歳のせいか(?)訓練の賜物か、まるで眼が不自由な方のように
街の雑踏の中でも、自然を感じることができるのですが
本当にこういう自然に紛れることとは、全く別物なのでしょうね
ああ、私も、旅がしたい・・・

107 06-06-29 (木) 22:23

△マロニエのこみち・・・。さん
そうです、日頃、四季の移ろいを敏感に感じ取ろうとする訓練を積まれている人なら、街なかにいても自然を身近に感じることができると思います。決して歳のせいではないですよ…(笑
街なかと自然の中とで、四季折々の風物がさほど変わるわけではありません。ただ自然の中にいる方が、すべてをよりピュアに感じることができるというだけです。自然本来のピュアさというのは、ときに鋭く、厳しくもありますので、むしろ街なかで感じている方がソフトで優しいかもしれません。
マロニエさん、旅はお好きなようですね。
いいですよね〜^^

7wth2 06-06-30 (金) 17:45

こんにちは。
今回の「渓の記憶」。
まず写真がいいですね。しばらく見ていました。
流れが清らかで、渓のそこがみえて、冷やこい水を実感しました。
「渓に出て、過日の渓を思う」
私にも分かる気がします。釣り上げたことは少なく、東京に近い渓でしたが、一頃は夢中になりました。
渓流釣りを通じ、よい友人をお持ちで幸せですね。
24時間寝ないなどの無理を避けて、自然の恵みを長く、楽しんでください。

みやび 06-06-30 (金) 19:38

私の場合、過去の釣行を思い返して楽しむなんてことは稀でして、
釣り雑誌の釣り場紹介記事を読んで、或いは地図を眺めて釣行計画を練りながら、まだ見ぬ渓の未だ出会えぬ大物を空想している時がとても楽しかったりします。
最高のロケーションの中、私の竿から放たれたラインは綺麗なループを描き、毛鉤はこの上なく柔らかな着水をします。脳内フィッシングでの私は凄腕アングラーで、極上の釣りを展開するのです。
とは言え、やはり実際の釣り場に立つと、例えイメージ通りにいかなくても「来て良かった。来れて良かった」と思いますし、納竿時には「また来よう」と思います。実体験に勝るもの無しですね。

107 06-06-30 (金) 20:47

△ 7wth2 さん
「渓に出て、過日の渓を思う」ですか…
いい言葉をいただきました^^
この友人は日本全国を放浪していて、話をしているととても面白いです。
出来る限り無理はしないようにしてますが、仕事の合間を縫って釣りに行く都合上、やむを得ず不眠のときがあります。帰って来てからたくさん寝るようにして体への負担をできるだけ少なくしようと心がけています。
お気遣い、有難うございます^^
△ みやびさん
ボクも、例えば地図などを見ながら、未だ見ぬ渓を空想するのは大好きです。
ただ、そのときそのときのシチュエーションや心理状態によって、釣りへのモチベーションというか動機にブレがありますので、「ボクはこうだ」と言いきれないです。釣りという行為そのものに(あるいはフライフィッシングという行為と限定してみても)、いろんな多面的な切り口と考え方があるように。
あるいはまた、色んな渓での、渓魚との出会いはまさに一期一会。その思い出はボクにとって何ものにも代えがたい宝物、とも言えます。
そうです、実体験に勝るものはありませんね^^
有難うございます。

sekisindho 06-06-30 (金) 22:43

107さん、こんばんは。
またまた滅茶苦茶なそして楽しい1日をお過ごしのようで、ホントに羨ましいですね。
私も東京にでてきてから1度だけ渓流釣りに行ったことがあります。
奥多摩の道志川だったと思うのですが、早朝に到着して、夏だというのに切れるように川の水が冷たかったことを思い出します。
結局誰も釣れずに、入漁料を払ったのが一番の記憶ですね。
24時間寝ないで何かをやった記憶を探ってみたのですが、意外と無いですね。
唯一、学生時代に徹夜で麻雀やったことがあるくらいですよ。

107 06-07-01 (土) 0:02

△ sekisindho さん
こんばんは。
どうにもこうにも、行き当たりばったりの思いつきで動くもので…(恥
山間や高原の渓は、真夏でも早朝であれば水は驚くほど冷たいですね。
バシャバシャと顔を洗うと、眠気も吹き飛びます。
ボクも、釣り以外で24時間寝ないというのは滅多にないですね〜。
同じく、学生時代に徹夜麻雀、ぐらいです(笑

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/06/61.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
渓の記憶 from 107@BLOG

Home > 釣りにまつわるよもやま | 2006年の釣り > 渓の記憶

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player