Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > 田舎道と高速道路

田舎道と高速道路

060626highway.jpg
近頃「高速道路を逆走で正面衝突、死亡事故」という悲しいニュースを時々見かける。若いおニイちゃんの暴走族の話ではない。高齢のドライバーの運転する車が高速道路上を逆走したりバックしたりする不用意で自己中心的な運転によって死亡事故に至るものだ。逆走した方はわざわざ自殺するようなものだから自業自得としか言えないが(ご遺族には申し訳ないが)、一方の被害者とそのご家族にとってはたまったものではない。

こういうクルマがボクの乗ったクルマの前に突然出現したら、と想像するだに恐ろしい。釣りに行くのによく高速道路を利用するので、人ごとではないのだ。状況判断のつかなくなった高齢ドライバーの免許制度見直し云々、という話も日の丸の方で出ているらしいが、何を以て基準を設けるのかの線引きが非常に難しかろうと思う。
釣りに行く途中よく見かけるのが、田舎の農道を軽トラで時速30km以下でのどかに運転している農家のお爺さん。まず、周りを見ていない。ウィンカーを出さずに突然右左折する、道のド真ん中で突然車を停めて道端の人と話をし始める、なんてのは当たり前。ひどいのになると、真っ昼間から缶ビールをあおりつつヨロヨロと徐行運転なみのスピードで走ってるおっさんもいる。フランク・シナトラも真っ青になって腰を抜かして裸足で逃げていくだろうゴーイング・マイ・ウェイっぷりである。
ま、家の近所の田んぼのあぜ道を走ってるのならそれはそれで誰も文句をいうヤツはいまいが、これを仮にも「国道○○号線」という、いかに田舎とはいえ他府県からの車も走るような道でやるようになってくるとヤバいのだ。これがもう少し感覚が麻痺してくると、前述の高速道路逆走、という事態になってくるのだと思う。そしてボクの実体験からすると、田舎の国道レベルでこういう不用意な運転をする高齢ドライバー〜いわば逆走予備軍〜は、決して少なくないのである。
少し前、中央政府が地方にバラまいたお金でできた「広域農道」というとてもきれいに整備された広〜い道が、あちこちの山間部にできている。クルマは地元の数少ない利用者以外は日中でもほとんど走っていない。片側二車線はあり、道路脇もきれいに整備されているので、まあ、高速道路に似ていると言えば言えなくもない。
「高速道路逆走」という悲しい事故がたびたび起きるようになったのは、ここ最近のことと感じる。地方にこういう使いもしない道路が出来てから、そんなニュースを聞くようになったように感じるのだけど、如何だろう。もちろん、統計のとりようもないし因果関係を客観的に証明せよと言われてできるものではない。けれども、なぜか鼻にプンと匂うものがあるように感じるのはボクの考え過ぎなのだろうか。


Comments:6

マロニエのこみち・・・。 06-06-26 (月) 11:05

恐ろしい話ですね〜
車や人のいない道でなら、問題はないのかもでしょうが・・・
人の通っていない立派な道路、ありますよね〜
信じられません
また、お年寄りの運転手さんも・・・
そして、耳や足の不自由なお年寄りが、道を一人で歩いているのもよく見かけます
実は、私自身が、耳の聴こえない補聴器を取りにいく途中の爺さんに、
自転車に当たられて、半年間、とても大変な思いをしました
高齢化の問題、深刻ですね〜

107 06-06-26 (月) 11:51

△ マロニエのこみち・・・。さん
いやまったく。ホントに。ですね。
一概に高齢者=社会的弱者と決めつけるわけではありませんが…。
たとえば街なかでクルマを運転していて非常に気をつけるのがお年寄りの近くを通るとき。よろめいてクルマに当たられて、それでコケられて骨折などされたら、たとえこちらが徐行運転していて細心の注意を払っていても避けきれるものではないですし、それなのに「人身事故」という重荷を背負わなければなりません。
マロニエさんは自転車に当たられましたか。大変だったでしょうね。
田舎の高速道路で高齢者が軽自動車に乗って運転されているのをときどき見かけますが、恐ろしいです。みなが時速100km超で走る中、ただひとり60km前後でフラフラしながら走ってる人いますから…。
ホントに深刻で、難しい問題です。

バカボン 06-06-26 (月) 12:26

たしかに田舎に行くとそういうことが多いですね。しかし、そこは彼らのなわばりだから仕方ないと考えるようにしています。それでも夜はやはり危ないようです。飲酒運転当たり前ですから。高速はなわばりではないので困ったことですが。
わたしは発症でクルマを手放しましたが、寂しい一面、誰も傷つけずにクルマ人生を終われてよかった、とも感じています。

107 06-06-26 (月) 13:54

△ バカボンさん
なわばり=「家の近所の田んぼのあぜ道」なら、ぜんぜん問題ないのですが、やはり「国道」でやられると「状況判断せえよ!」と思ってしまいます。昔の、みながオート三輪で走り回ってたのどかな時代なら問題ないでしょうが、現代の自動車は性能が飛躍的に上がっていますし、それで流れに乗らず自分勝手に運転するドライバーがいると非常に危険だと感じます。
誰も傷つけずに、というのは、ホントに幸いでしたね。
ボクも重々注意して運転するようにします^^

Solo 06-06-26 (月) 20:57

こんにちは、難しい問題ですが自分は仕事での運転が多く危ない思いをすることも多いです。
一番いやなのはアレですねお年寄りの運転した車が横路から左折で入って来るとき全く右を確認しないでポーンと出てくるのですかね。
自分も人を傷つける事なくドライバー人生を終われればと思っています。

107 06-06-26 (月) 21:24

△ Solo さん
ヒヤリハットをヒヤリハットと感じないドライバーはもうヤバいですよね。横道から反対方向を確認せずに飛び出してくるのは、お年寄りのドライバーに限らず、若いおネエちゃんのドライバーにも多いように思います。
北海道は特に広いし、道は真っ直ぐだし見通しはいいし、で油断が生じやすいのでしょうか。
くれぐれも気をつけたいですよね。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/06/60.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
田舎道と高速道路 from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > 田舎道と高速道路

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player