Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > 京都の梅雨

京都の梅雨

暑い。
さきほど外出から帰ってきたのだけど、異常な湿気と暑さだ。
一日のうちで一番気温の高い時間帯だったとはいえ、すでに真夏の気配を感じさせる直射日光に加えて、京都独特のなんともいえないイヤ〜な湿気。梅雨時季の不快さにまつわる話は弊HPの方でも書いたことがあるが、毎年のことながら京都のこの時季は過ごしにくい。

そもそも京都盆地の地形は鍋底と同じで、湿気は水分だから空気よりも重く、いったん鍋底に溜まるとなかなか抜けない。これは冬の寒さも同じで、対流しない冷たい空気が鍋底から出て行かずにとどまり続け、俗に言う「底冷え」となって骨の髄まで凍えさせてくれる。

夏の暑さでも、客観的な気温の数値と体感温度との隔たりは日本一ではないかと思う。いくら九州沖縄が暑いといっても、これほどに不快感の伴う暑さではないし、梅雨から夏の時季にかけて日本各地をいろいろ回ったこともあるがやはり京都がダントツ、一番不愉快に暑いと感じるのだ。

とかなんとかブツブツいいながらも、京都に住み続けている。
石の上にも三年、と言うが、住みにくいとはいえ京都は石の上よりはマシである。
住めば都、とも言うが、住まなくても京都はかつて都であった。
「あ〜〜不愉快不愉快」と文句を言いながら過ごすのが、梅雨時季の京都人の正しい過ごし方なのである。
とは言うものの、これからの梅雨本番が憂鬱な季節なのには違いない。

どこか高原の、清流が流れる涼しい避暑地に行きたいよ〜


Comments:9

JIMO 06-06-13 (火) 18:01

宮崎も暑い!ですが、京都とはたぶん質が違いますね。
九州の中では気温も高くないほうです。日差しがとても強く、日が昇った瞬間からジリジリします。そして日中は頭の真上から降り注ぎます。いちばん暑く感じるのが3時から4時頃。日の出が遅いせいですね。まさに熱波の中にいるような気持ちになりますが、ものすごく不快って訳ではないようです。
ただ暑い期間が長〜いのはくたびれます。(笑)

107 06-06-13 (火) 18:38

△ JIMO さん
確かに九州も暑そうですね。
高温が長く続くというのもツラそうです。
これからの季節、くれぐれもご自愛のほど…
本格的に暑くなる前に、もうひと釣り!
という感じです(笑

Solo 06-06-13 (火) 21:03

こんばんは。
この時期の京都はもう蒸し暑いのですね、六年前GWに新婚旅行で行った事がありましたがそのころはまだまだでしたね、今年の北海道はまだまだ寒いですが。
ところで先日の地震は大丈夫でしたか?

107 06-06-13 (火) 21:25

△ Solo さん
こんばんは。北海道はまだ寒いのですか。
こちらからするととてもうらやましいのですが、現地の方はそれはそれで困りものなんでしょうね。
地震? ありました?
最近ニュースあんまり見てないもので…
でもお気遣い有難うございます^^

sekisindho 06-06-14 (水) 0:38

107さん
こんばんは。
地震は結構広い範囲でかなり強い揺れを感じたそうですよ。
といっても東京はまったく影響がなかったのですが、北でも揺れてますし、関東方面どうも嫌な感じです。幼少期は京都府下育ちですから、本気で地震は怖いですよ。
湿度が低ければ暑いのは平気ですけど、高くてジトッと汗が滲み出てくるあの感触だけは払い下げたいものです。

107 06-06-14 (水) 1:06

△ sekisindho さん
こんばんは。
地震、気になったのでニュースを検索してみたらありました。12日の早朝に中国四国九州地方で起こったんですね。朝5時ということですからボクは夢の中です(笑
sekisindhoさん京都でお育ちでしたか。
じゃこの不快な湿気の感覚、ご理解いただけますね^^
晴れた日もイヤですが、曇って雲が低くたれ込め、今にも雨降りそうなのに降らないで湿気だけが異常にある、という日もたまりません。
「いっそのこと降ってくれ!」と思いますね。

107 06-06-14 (水) 1:11

△ みなさま
突然思い立って、今から遠征の釣りに行ってきま〜す。
コメントへのお返事は14日深夜以降になりますことをご了承くださいませ〜〜

7wth2 06-06-14 (水) 18:10

今日は。
今どきは釣りのハイライトですかね。夕のこの時間、竿先に全神経が・・・
私が大阪から東京に来た時、感じたこと。
1.地震が多いこと。
2.夏は大阪より過ごし易いこと。
3.うどん、蕎麦の汁が黒いこと。
京都の蒸し暑い話はよく聞きます。大阪の暑さを知っていますから、想像がつきます。
でも、何処に住んでも、日本では北海道と高原以外は、夏はみな、逃げ出したいのではないでしょうか。
私が退職前、第一番に挙げた、退職後にやりたいことは、夏、東京からの脱出でした。
夏と冬の少しの間、我慢すると、後は何ともいえぬいい生活。
時々、今日みたいに逃げ出してください。

107 06-06-15 (木) 11:40

△ 7wth2 さん
こんにちは。有難うございます。
昨日は釣り終わって時間を見たら19:30。
久しぶりに暗くなる夕マヅメいっぱいまで釣りしました。
ちなみにボクらの釣りは流している毛鉤を見てますので、竿先は見てません。毛鉤にサカナが「バシャッ」と出るので分かりやすいです。
時々仕事で東京に行きますが、うどん・ソバの出しが黒いのはぜんぜん馴染めません。真夏に行ったときには関西よりも湿気が少なくて、過ごしやすそうでした。地震多いのは知りませんでした。
昨日は高原の山もドピーカンで暑かったです。
サカナもダレダレでした。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/06/57.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
京都の梅雨 from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | 2006年の日々 > 京都の梅雨

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player