Home > 釣りにまつわるよもやま | ミュージックライフ | 2006年の釣り > 宴のあと

宴のあと

今週に入ってから、何ともいえない脱力感がある。

仕事が少し落ち着いたということもあるし、先週がりんご病に平日のハードな釣り、週末は夜討ちの釣りと温泉での暴食と、かなりの負担が体にかかっていたということがあるのかもしれないけれど、もっと精神的な、ハードだけどかなり楽しい釣りが続いたという「宴のあと」的な脱力感、と言った方が正しいかもしれない。

060607avalon.jpg

渓流の釣りで、前の日の夕方に大量の水生昆虫の羽化(いわゆるスーパーハッチ)があった次の日の午前の釣りで、気温や水温、天候などかなりのいいコンディションにもかかわらずイワナの反応がとても鈍いときがある。
そういうときに、しつこく流したフライをイヤイヤ食った、みたいな物憂い感じでたまに釣れてくるイワナの腹の形が食べ過ぎでボコボコに変形するほど膨らんでいたりして、さぞや昨日の夕方は楽しいバイキング・パーティだったのだろうなと思わせてくれるのだけど、そのときのイワナのアンニュイな様子がまさに「宴のあと」という感じなのだ。

そういうときには、BGMに♪Now the party is over, I’m so tired〜で始まるROXY MUSICの「AVALON」がぴったり似合う、といつも思い出し、頭の中にその曲が鳴る。そして、こちらもイワナのゆったりしたペースに合わせて半分諦めながらゆったりと釣りをする気持ちになるのである。

ところでこの「AVALON」という言葉、はてなダイアリーによると、

「AVALON」というのはケルト神話アーサー王伝説に見られる孤島。林檎の島。アヴァロン(アヴィリオン)の谷。モードレッドとの最後の戦いにより死傷したアーサー王と円卓の騎士が三人の貴婦人により運ばれた楽園の島。
島が大筋で通っているが、谷とも地下空間とも湖の湖底とも言われる。異界であり、アヴァロンの9姉妹が住むとされる。

ということなのだ。

奇しくも、イギリス発祥の伝説で、水にまつわる楽園、しかもご丁寧にりんごまで絡んでいるとなれば、先週ボクがフライフィッシングでパラダイス的な釣りを楽しめたのも、これは必然に違いなかったのではあるまいか。何かそこに因縁めいたものを感じとれはしないか。

などと、宴のあとの散漫に逸脱した脳みそで無理矢理結論づけてしまうのである。
さ〜晩飯でも食べるか・・・(笑
 


Comments:12

Solo 06-06-07 (水) 20:40

こんにちは。
107さん、いつも思うのですが文章が綺麗なので携帯で長い文章を読んでも苦になりません。
釣りを満喫した後の脱力感てわかります、でも最近自分はそこまで行かない余り満足感のない釣りばかりですが。
とりあえず明日朝イワナ君に挨拶してきます。

107 06-06-07 (水) 21:19

△ Solo さん
いつも乱文にて思いつくままだらだらと書いているのですが、そうおっしゃっていただけると非常に有難く、うれしい限りです^^
明朝イワナくんに会いに?
いいですね〜〜
よき一日の始まりとなることを祈っております。

sekisindho 06-06-08 (木) 0:10

107さん
こんばんは! 本当にお世辞抜き、いい文章書かれますね。
HPも拝見しました。多彩な知識とスキルに驚いてます。
今回の「宴のあと」も、単にエモーショナルな感想文でなく、
>♪Now the party is over, I’m so tired〜  
な気分と、「はてなダイアリー」で知的肉付けをキチンとされて、文章を纏めてらっしゃる、とても感心した次第です。
楽しませていただきました。

107 06-06-08 (木) 1:13

△ sekisindho さん
参りました〜 m(_ _)m
一応、起承転結は常に心がけてるようにしてます。
それと、以前にも書きましたが、単なる釣り紀行や同趣味同士の慣れあいに頼るのではなくて、釣りをしない人にも、心の動きというか機微を理解してもらって楽しんでもらえたら、ということを目標にしています。
お気に召していただけたら、これほど幸せなことはありません。
有難うございます^^

7wth2 06-06-08 (木) 12:50

今日は。
今日は音楽の着いた、文書「宴のあと」感じ入りました。
宴の後の脱力感の人が、流したフライに宴の後を連想させる魚がかかる。
そこにAVALONが流れる。
聞きました。音楽を知らない私ですが、107さんの演出に、乗ってしまいました。
>Now the party is over, I’m so tired〜
と歌っているのですか。後も知りたいぐらいですが、ここだけでも、俳句感覚で理解できます。曲がいいですね。ヒットしています。
>水にまつわる楽園、しかもご丁寧にりんごまで絡んでいる
>因縁めいたものを感じとれはしないか。
いい感じです。107さんの感覚いいですよ。107さんは詩人です。
ヒョッと、年寄は一人合点しているのかと心配になってきました。

107 06-06-08 (木) 14:08

△ 7wth2 さん
お楽しみいただけましたら、何よりです。
この曲は80年代初めの古い曲なんですがとても好きな曲で、若い頃からずっと聴いています。最近はこういう便利なサイトがあって、うれしくなります。
お褒めいただき、有難うございます^^

バカボン 06-06-08 (木) 18:45

おー、有名ブログに並んで、お気に入りに入れてくださったんですね。ありがとうございます。
「ときはいま雨がしたしる皐月かな」
「何が何と」
歌舞伎「本能寺六書院の場」で明智光秀が謀反を起こすキーワードですね。

107 06-06-08 (木) 20:25

△ バカボンさん
「ときはいま…」って、いくら文に長けた武将だった光秀といえ、ホントにこんな歌詠んだのかな、と思います。あまりに出来すぎていて後世の創作なんだろう、と。
でもこの季節、「天が下」ではなくて「雨が滴」と普通に詠んで、湿っぽい京都の梅雨のウサを晴らしたくなります^^

マロニエのこみち・・・。 06-06-09 (金) 7:48

107さん
その後、体調はいかがですか〜〜
私も、実は、昨日仕事にかかろうと思っていたら
ものすごい睡魔に襲われて、2時間ほど昼寝をしてしまいました・・・
二周り下でも(←しつこい・・・笑)無理はいけませんよ^^
ところで、ものすごく気になっているのですけど、
この【ヘタッて】おられるお二人は、どなたですか
これは、107さんの演出、【やらせ】ですか??(笑)

107 06-06-09 (金) 10:38

△ マロニエのこみち・・・。さん
有難うございます。
おかげさまで、体調あまりすぐれません…(笑
今日から入梅ですって。湿気が多いとダメですね。
ボクでもこんなですから、ボクより二周りもおネエさまのマロニエさん、
くれぐれもご自愛くだされ…(笑
写真は、ヤラセではありません〜
モデルは先日の一泊釣行で一緒だった釣り友のうちの二人。
演出で、こんなに「死んだように」横たわらせるのはとても難しいです。(笑

JIMO 06-06-09 (金) 15:10

こんにちは。
 >知的な
私の稚拙Blogではお気に入りのカテゴリーを3つに分けていますが、
107さんのBlogを「釣りBlog」に入れようか、
「お気に入りBlog」に入れようか迷っているのはここなんですよね〜。

107 06-06-09 (金) 15:57

△ JIMO さん
あはは。
どちらでも結構です。
「釣りのブログかな」と思って、釣果自慢や道具自慢、ポイント紹介などを期待して見に来られる方はガッカリするでしょうから、やっぱり「普通の」釣りBlog、とは言いがたいでしょうね。
ボクとしては、このブログにおける「釣り」というのは見かけ上の便宜に過ぎず、「入れ物」とか「衣」とか、そんな感覚です。
ややこしくてすみません〜(笑

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/06/56.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
宴のあと from 107@BLOG

Home > 釣りにまつわるよもやま | ミュージックライフ | 2006年の釣り > 宴のあと

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player