Home > 釣りにまつわるよもやま | 美味礼讃 | 2006年の釣り | 2006年の美味 > 一泊の釣り

一泊の釣り

060604fishing1.jpg

冬の大雪の影響で北陸地方の雪融けが大幅に遅れており、例年なら5月の半ばから福井・石川あたりの渓流がベストシーズンを迎えるのだけど、今年はそれが遅れに遅れてようやくつい先日からだった。

久しぶりの夜討ち朝駆けで今年初めての北陸の釣り。いつもは日帰りで慌ただしく釣りに行って慌ただしく帰るのが常だけれど、7年ほど前から年に一回の贅沢として釣り友達と温泉旅館に泊まる釣行をしている。そして、今年は初めての北陸釣行がこの一泊温泉釣行となった。

060604fishing2.jpg

この一泊温泉釣行を始めた頃は2日間ともびっしり釣りをしてクタクタになるまで遊んだものだけど、最近は釣りというお題目に名前を借りた釣り友同士の親睦旅行の意味合いが強くなってきて、釣りをする時間がどんどん減ってきている。そして今年はついに、初日の夜明けから正午までのたった半日間だけの釣りとなってしまい、残りの時間は、釣りの現場で、温泉宿で、てんでに好き勝手な馬鹿話をして笑い転げているか、メシを食っているか、寝ているか、のいずれか、てな具合と相成った。

個人的な感覚だけど、夜明けから午前中の間の釣りというのが一番気持ちいい。朝一番の涼やかな(むしろ寒いくらいの)冴えて澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込んでいると、やがて木々の間からレンブラント光線を放ちながら昇り来る朝日に水面がきらきらと美しく反射して、えも言われぬ、神々しいとすら感じられる非日常的な空間が目の前に広がる。その中で釣れる渓流魚の、朝日を斜めに浴びて跳ねる姿のなんと美しいことか。この瞬間の感動は、およそ日常の生活で決して手に入るものではない。だからこそ、これを再び味わわんと取り憑かれたかのように深夜の高速を一路北へとひた走るのである。

060604fishing3.jpg

060604fishing4.jpg

サカナはたくさん挨拶にでてきて、ボクたちを大歓迎してくれた。特別に大きいのは釣れなかったが、そんなことはどうでもいい。大きなサカナを釣ることは釣りを楽しくするひとつの大きな要素であるけれど、それがすべてではない。気持ちいい流れで、気持ちよくプレゼンテーションをして、思い通りのコースを気持ちよくフライが流れ、ここぞというところで次々にいいプロポーションのイワナがばっさりと食ってくれる。そんな、永く余韻の残る、いい釣りの時間を過ごすことができた。いい2日間だった。

追記:ただし釣り人というのは身勝手なもので、永く残ると思われた余韻もせいぜい一週間も持たない。来週には、すでに「そろそろ・・・」などと考えているかもしれないが、身の回りの状況がどうやらそれを許してくれそうにない(当たり前だ)。再来週まで、我慢、ガマン・・・(笑
  


Comments:12

Solo 06-06-04 (日) 22:22

待ってました!
今回に限りましては魚の写真より鍋の写真にとても轢かれてしまいました、本当においしそうです、うらやましい。
えっと本命は釣りでしたね。
元気の良いイワナ君のたくさんの挨拶、良いですね、私も今週は時間が許せば出張ついでに釣りを・・・ともくろんでいます。
ところで素敵なリールですね。

マロニエのこみち・・・。 06-06-04 (日) 22:47

いいとこ、行ってこられたんですね〜〜
ええもん食べて、ええ景色観て、おおきなお魚さんと挨拶して・・・
私も、想像ですけど、お鍋のお相伴させて頂きました
この、木立から射す朝日がまたよろしおすな〜〜
お写真も、文章も、堪能し、旅行気分を楽しませていただきました
おおきにどすえ〜〜

sekisindho 06-06-04 (日) 22:49

107さん、こんばんは!
私も一度だけ奥多摩で渓流釣りの真似事をしたことがあるのですが、
結局は河原でのバーベキューが最大の成果でした。
でも明け方の切れるように冷たい水や次第に明るさを増してくる自然のドラマはとても印象深く残ってます。
それにしても107さんの
>木々の間からレンブラント光線を放ちながら昇り来る朝日・・・
良い表現なさいますね。

107 06-06-04 (日) 23:04

△ Solo さん
早速に有難うございます。
今回は料理がいつもより豪華でした。値段は別に変わらないのですが・・・。
この肉はまあまあイケましたし、他にカニもまるごと一パイついてもいましたので、なかなかヒットだったかも、です。^^
リールは、Westley RichardsというところのSilex風の3インチです。
いま一番のお気に入りです。有難うございます。
Soloさんもヤマメ釣りの時間がとれるといいですね^^
△ マロニエのこみち・・・。さん
早速におおきにどすえ〜〜(笑
ええ、久しぶりに大満足した釣り旅でした。
旅行気分をご一緒にお楽しみいただけたのならボクとしましては本当に幸いです。
明日から頑張って仕事するぞ〜〜(笑
△ sekisindho さん
有難うございます。
ここの渓も、明け方はまさに手の切れるような冷たさでした!
ようやく太陽が昇ってきて心と体が温まると、少しづつ冷たさにも慣れ・・・ホントに、太陽の力は偉大です。
そういうことを改めて感じさせてくれるこの自然にも、感謝です。^^

7wth2 06-06-05 (月) 12:38

今日は。
長い文章を読むと、最初のほうがわからなくなって、読み直すなど、ボケと思われる現象が出ますが、今回一気に読みきりました。
木立に入る光、素晴らしい写真ですね。これが「水面がきらきらと美しく反射して、」・・「神々しいとすら感じられる非日常的な空間が目の前に広がる。」ンデスね。
それに、
「気持ちいい流れで、気持ちよくプレゼンテーションをして、思い通りのコースを気持ちよくフライが流れ、ここぞというところで次々にいいプロポーションのイワナがばっさりと食ってくれる。」
こういうのを極楽と言いますか。
私のためにも、いい写真を有難うございました。

107 06-06-05 (月) 13:09

△ 7wth2 さん
そうです、極楽です^^
朝日の昇るのを見るのは、いつどこにても清々しく気持ちのいいものですが、山で見る朝日はまた格別です。寒くって震えてた朝一番「ようやく陽が差してきた」と見上げたらこの光景でしたので、思わず写真に収めました。

JIMO 06-06-05 (月) 21:59

朝の光・・・釣りに夢中で・・・(苦笑)
でもガイドが凍るほどの寒い朝は、おてんとうさんはありがたいです。
そうそう。いつも良い釣行されてますね。羨ましいです。

107 06-06-05 (月) 22:39

△ JIMO さん
ガイドが凍る日のお天道さんはホントに有難いですね〜
おかげさまでいい釣りさせてもらいました。
お先に、です^^

バカボン 06-06-07 (水) 8:44

久しぶりに釣りがしたくなりました。
ドライのサイトフィッシングにこだわっていたので、眼や脚の不都合で、長い間釣行していませんが、センスのいいブログを拝見して、思わずコメントしてしまいました。

107 06-06-07 (水) 11:13

△ バカボンさん
とてもうれしくなるコメントをいただき有難うございます。
そうですか、ドライのサイトフィッシングをされておられましたか…
北八ヶ岳…
長野は白馬・安曇野どまりで、蓼科方面の釣りしたことはないんですが機会があれば一度行ってみます。そこでいっぱいイワナくんの写真を撮って、ここでお見せできたらいいな^^
またいつでもお立ち寄りください。
ご病状の回復、お祈り申し上げます。

kitasan 06-06-07 (水) 17:06

リンゴ病は消えてしまいましたか?
イワナ氏にはここ2年ほどお会いしていません
ダンディーで静かで味がありますね

107 06-06-07 (水) 17:48

△ kitasanさん
おかげさまで(笑)りんご病は退散したようです。
渓流魚の中で、ヤマメよりアマゴより、イワナが一番好きなのです。意表をつく場所にもいたりする気まぐれさは他の2種にはほとんど見られませんので、そういうところに強く惹かれますね。
おっしゃる通り、ダンディで静かで。
争いを好まず、時に剽軽。
いい感じです^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/06/55.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
一泊の釣り from 107@BLOG

Home > 釣りにまつわるよもやま | 美味礼讃 | 2006年の釣り | 2006年の美味 > 一泊の釣り

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player