Home > 釣りにまつわるよもやま | 2006年の釣り > 五月最後の釣り

五月最後の釣り

060601fishing1.jpg

とにもかくにも、ドピーカンの釣りは厳しいのだ。

日頃の行いの所為で見事なまでの青空となったものの、これだけ太陽が照りつけると温度が上がりすぎるのはもちろん、渓魚の警戒心が強くなってシビアでタフな釣りを強いられる。かといって雨降ってくれと祈るワケにもいかず(そんなことをしたら次回からひどいメにあうことうけあいだ)、りんご病で痛む関節を引きずりつつ、ヒイヒイゼエゼエ喘ぎつつ、渓を上から下までかけずり回ってヤマメちゃんとご対面するのである。

060601fishing2.jpg

関節痛は、お得意のアスピリンでたちどころに解消する。これが劇的に良く効くのでびっくりするくらいだ。ただし効果の持続は長くてせいぜい3〜4時間というところなので、切れるとまた激痛が走る。しかも、晴天と高温だけが理由ではなさそうな異常な発汗と喉咽の乾き。今日一日で500mlペットボトルの飲み物を5本飲み干した。体中の水分が入れ替わったような気分。

060601fishing3.jpg

で、ヤマメちゃんは、歳の頃なら20歳そこそこのやっと大人になりましたというお年頃の21センチさんと、30出たとこぐらいだけどお嬢様育ちのウブな24センチさん、このお二人とご対面。いずれ劣らぬナイスプロポーションだけど、すこし食べ過ぎのようでお腹がボッテリ。まあ、健康美人ということでよいか。24センチさんは鉤に掛けられたのを随分お怒りになって、瀬を走り回ること数回。久しぶりにボクの竿をノしてくれたおサカナでした。

手首と首の後ろが、日焼けで真っ赤っかになって痛いよう〜〜(涙
 


Comments:15

7wth2 06-06-01 (木) 15:34

今日は。
よかったですね。
私の忠告よりも、ご自分の判断を実行。結果は美人を二人。
汗をそんなにかいて、後に引かなければ、万々歳ですが。
>瀬を走り回ること数回
自分が竿を持たぬまでも、桟敷があれば、見て居たかった場面ですね。
前回もよかったけれど、今回もいい写真ですね。
釣りには、やや難ありなれど。
今晩も体を休めてください。

マロニエのこみち・・・。 06-06-01 (木) 16:01

本当に、行かれたんですね〜〜!
すごい根性ですね(笑)
でも、本当に、いいお写真だわ^^
ところでこのダンディさんは、107さんでしょうか?
40過ぎの健康美人なんて如何ですか?(爆笑)

107 06-06-01 (木) 17:05

△ 7wth2 さん
せっかくご忠告いただいたのですが、これで行かなかったら後悔していたと思ってます。
そうです、晴天は写真をきれいに撮らせてくれるんで有難いんですが、逆に肝心のサカナが釣れにくく・・・難しいジレンマです、ハイ^^
今日もゆっくり休みます。有難うございます。
△ マロニエのこみち・・・。さん
行ってきましたよ〜
意地でございます。
お褒めいただき有難うございます。
このダンディさんは昨日の釣りの相方で、ボクはもっとダンディです(爆
40過ぎの健康美人も、いいですね〜
まさしく尺ヤマメ。しかも、百戦錬磨?(失礼!!
ボクごときの毛鉤では歯が立たないかも・・・
でも、今年は尺ヤマメぜひ会ってみたいものです^^

みやび 06-06-01 (木) 20:10

こんにちわ。
500mlペットボトルを5本ですか? 107さんの体を心配してしまいますが、まずは楽しまれたようで何よりです。
綺麗な渓で綺麗なヤマメ。最高ですね。

107 06-06-01 (木) 21:52

△ みやびさん
なにしろ暑くってたまりませんでしたが、とにかくサカナの顔を見れたのでハッピーです^^
北海道も今日からヤマメ解禁?ですか??
ぜひ、よい釣りを!

JIMO 06-06-01 (木) 22:43

おっ!なかなかグラマラスなヤマメですね〜。
私も瀬を走り回るこんなサカナと遊びたいです。

Solo 06-06-01 (木) 22:49

おおぅ・・・なかなか素敵なヤマメちゃんですねぇ・・
二十歳そこそこのヤマメちゃんですか・・・うーん若い、ピチピチですね(笑)

107 06-06-01 (木) 23:13

△ JIMO さん
ようやく、幼児虐待組を脱出です(笑
九州はそろそろ、夕マヅメの一発大物勝負の季節になってきますか。
△ Solo さん
ピチピチでした^^
ヤマメ釣りの機会が早くにやってくるといいですね。
でもこれで、ボク個人的にヤマメ釣りの季節は終わりなんです。
これから、イワナ釣りの季節。
北陸のイワナがボクを呼んでいますので、週末、会いに行ってきます^^

sekisindho 06-06-01 (木) 23:25

楽しそうですね〜!
海釣りとはまったく違った楽しみなのでしょうね。
昔の話ですけど、日本海は若狭湾の天の橋立から宮津の海でよく釣りをしましたけど、この写真のような爽やかさはなかったように思います。
それに岩から岩へと渡り歩くのでしょうから、体力も使いそうですね。

107 06-06-01 (木) 23:47

△ sekisindho さん
楽しいです^^
フライをする前は海釣り、それもまさしく「日本海は若狭湾の天の橋立から宮津の海」でやってました。なんというか、こんなこと言うと山陰地方の人に叱られそうですが、あの辺りから山陰にかけての日本海というのは景色が暗いように感じます。(>_<;)
でも、それゆえの奥ゆかしさもあったりして、だから吉永小百合が似合ったり・・・(笑
昨日は体力を限界まで使い果たしました。でも、病気の毒素もきっと抜けていきましたよ^^

kitasan 06-06-02 (金) 22:16

魚がいそうな絶好の場所ですね
私は餌なので
前方の落ち込みから後ろの開きまでの間の
石の数を数えてしまいますね
サオの掃除の前に体のケアを忘れずに(^^)

107 06-06-02 (金) 22:35

△ kitasanさん
石の数、ボクらも数えます。
体のケア・・・有難うございます。
今から夜討ちで北陸に出かけますので、明日の釣りが終わったあと、ゆっくり温泉に浸かって体をほぐします^^
行ってきま〜す。

JIMO 06-06-03 (土) 13:38

 >石の数
石が重要なのは承知なのですが数を数えたことはないです。
エサやフライの流し方と関係があるのですか?(私はルアーです)
HITポイントの予測をカウントしながら流す?のかなあ。。。

Solo 06-06-04 (日) 17:56

107さん、そろそろ温泉&釣りの報告聞けますでしょうか?楽しみにしています。

107 06-06-04 (日) 21:50

△ JIMO さん
数は、特に深い意味はありません。上から下まで一気に流せない場合、いくつかにポイントを区切って順番に流していくために、どこからどこまでとかの目安のために数えるのが主です。ほかにも、同行者に説明をするときの便宜になるなどの用途もあります。(笑
むしろ、そういうこと訊かれると、ルアーの釣りする人って数えないの?と不思議に思います。釣り方が違えば目線も違ってくるもんなんですね^^
△ Soloさん
ただいま結果ご報告のエントリー、完了しますたっっ!(笑

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/06/54.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
五月最後の釣り from 107@BLOG

Home > 釣りにまつわるよもやま | 2006年の釣り > 五月最後の釣り

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player