Home > 釣りにまつわるよもやま | 2006年の釣り > 毛鉤巻き

毛鉤巻き

今日の昼にようやく仕事がひと心地。昨日までほぼまる二週間の長丁場ぶっ通しの仕事と細かい仕事が重なってクタクタだったので少し休憩してると、心は早速、山の彼方の空遠く、幸ひ住むと人の云ふ、てな具合にぶっ飛んでいく。
それで突如、ガバ、と跳ね起きて、おもむろに毛鉤巻き道具を引っ張りだしてくるワケである。

今週の水曜日は、行くぞ。
さらに、週末も行くぞ。
週末は温泉旅館に泊まって2日間、釣りするぞ。
と逸る気持ちでフライタイイングをしていると、あれよあれよと10本ほど巻けてしまった。

060529fly.jpg

数ヶ月に一回のタイイング頻度のうえに、1回のタイイング2〜3本という超寡作でならすボクとしては、珍しく大量生産ともいえる本数なのである。これだけあれば、今週から来週にかけての都合3日間の釣りにも在庫不足で悩むことはないだろう。

やらない人はご存じないだろうけど、このフライタイイングという作業は実に面白いものなのだ。これだけで、おそらく趣味として成立するだけの奥行きをもっている。プラモデル製作ともある種共通する感覚がある、といえばなんとなくご想像いただけるのではなかろうか。

素材は自然のものや化学繊維など、多岐にわたる。主に使うのは鳥の羽根だけど、ひと口に鳥の羽根と言っても使う目的と部位により、何という種類の鳥の、オスあるいはメスの、頭とか首とか体とか風切羽根の一列目とか二列目とか、お尻とか、尾とか、それはもうものすごい選択肢があるのである。大西洋サケ(アトランティック・サーモン)を釣るための非常に装飾的で特殊なフライがあって、それらは「フルドレッシングのサーモンフライ」(食べ物じゃないよ)と呼ばれるのだけど、それのタイイングのコンテストも開催されていたりするのだから、まさしく本格的な趣味のひとつといっても過言ではないかもしれない。

あいにく、ボクは根気と集中力に欠けているきらいが大いにあるので、それを深奥まで堪能することは叶わないけれど。
 


Comments:8

マロニエのこみち・・・。 06-05-29 (月) 7:23

いよいよ楽園への旅ですか〜〜
いいですね〜〜♪
私も、はやく、今月を乗り切りたいです
釣りは、道具を見ているだけで楽しそうです
もちろん、私は、しませんが・・・
好天に恵まれることを祈っております^^

107 06-05-29 (月) 10:08

△ マロニエのこみち・・・。さん
有難うございます。
ここのところ天気に恵まれてないのですが、少々雨降ってもいいけどなんとか土砂降りだけは避けてくれ〜、という心境です。
マロニエさんも、今月あともう少し、おきばりです^^

Solo 06-05-29 (月) 20:30

こんにちは、機能美を備えたフライ達美しいですね、私のようなとりあえず釣れればおおざっぱでも何でもいいなんて言う男のフライにはない美しさですね。

107 06-05-29 (月) 21:08

△ Solo さん
ボクはモノグサなもので、ヘタしたら一日中ひとつのフライで釣りしたいと思っていますので、いきおい、壊れないもの、ドライならよく浮くもの、サカナに食われてもジャバジャバッって洗ってそのまますぐ使えるもの、という風に作ってしまいます。
機能美、とは、きれいな表現で、救われます^^
有難うございます♪

みやび 06-05-29 (月) 22:16

温泉旅館に泊まって釣りとは、なんとも羨ましい話。
いいですね〜
FF雑誌の一頁を見ているような綺麗なフライ達ですね。こんな綺麗なフライがぎっちり詰まったフライボックスを持っていたら、釣り場で蓋を開けるのが楽しみになりそうです。

107 06-05-29 (月) 23:19

△ みやびさん
有難うございます。
たまには、温泉旅館もいいですよ。
毎年友人たちと行っているんですが、まあ真面目に釣りしません(笑
フライボックスは・・・悲しいかな貧弱そのものです。
そもそも小さいのに、中身もスカスカ(恥
そのくせ、食べ物と飲み物でバッグはパンパン、という・・・
今週は、いっぱい遊んできます。^^

7wth2 06-05-30 (火) 16:34

今日は。
出かけられるのですね。
フライタイイングの経験はありませんが、私も釣りの仕掛けは自分で作っていました。
出来合いは、ハリスが太いとか、短いとか、それでは魚が自然の餌の流れと違うと感ずくからとか、色々言って。だから自分でタイイング。
釣果に効果があったのか、いまにして思えば、怪しいのですが、出発前の準備は、前哨戦のような楽しみがありました。
雨のひどくならず、ほどほどまでは、許容ですね。
いい写真も撮れるなら、お願いします。

107 06-05-30 (火) 17:04

△ 7wth2 さん
有難うございます。
出来合いのものは、ダメですね〜
フライの場合、ショップなどに完成品もあるのですが、安物だとたいていインド製かケニア製。フライのことなんかこれっぽっちも知らない現地のおばちゃんがカタチだけ似せて作るので、ほとんど使い物にならないです。
たまにタマ切れになって友達から分けてもらうのですが、やっぱり自分の釣りには自分の好みで巻いたバランスのものじゃないと、しっくりきませんね。
ちゅうことで、明日行ってきま〜〜す。^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2006/05/52.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
毛鉤巻き from 107@BLOG
pingback from 107@BLOG · アリとクモ 10-07-08 (木) 15:28

[…] ゲロウ)やセッジ(トビケラ)は未明と日没後のほんの一時しか出てこない上に、それらを模したパターンは春からのフィッシング・プレッシャーでサカナの反応も渋くなっている。 ゆえ […]

Home > 釣りにまつわるよもやま | 2006年の釣り > 毛鉤巻き

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player