Home > 日々のうたかた | 2005年の日々 > 左利き

左利き

である。
ボクらの世代は、幼少時に幼稚園なり保育園なりで強制的に右利きに矯正されるのが普通だったと思うのだけど、ボクの場合はスプーンを無理矢理右手で持たそうとした先生にキレて、先生めがけてスプーンを投げつけ、驚いた先生と両親が相談して、それ以降無理に矯正されるということはなかったらしいので、左利きのままになった。
051124lefty.jpg

だから小学校から高校に至るまで、同じクラスで左利きは数人、多くて3人程度までだったと思うのだけど、何かにつけて先生から「直されなかったの?」みたいなことを言われていたような記憶がある。
困ったのは書道の先生で、「左利きなんですが」と言うと「はっはあ〜〜〜〜」と言ったきり無視。あげくに、「キミは何もしなくていいから。授業の邪魔だけはしないように」と言われて、書道の授業の間中、半紙に適当に右手で書くフリだけして遊んでいた。それでも成績は及第点が貰えてたので、ある意味特別扱いで得をしたのかもしれないとは思うのだけど、当時は「理不尽な」と感じていたものだ。今は無理矢理矯正するというようなことはしないらしいので左利きもさぞ多いと思うのだけど、書道の時間はどうしているのだろう。
それで話は変わって、アフリカに暮らす野生のチンパンジーにも人類と同じような利き手が存在して、しかも左利きが多数派であることが、米エモリー大などの研究でわかったそうだ。
タンザニアのゴンベ国立公園というところで、チンパンジーが細い木の枝や草の茎を使って大好物のシロアリをアリ塚(アリの巣)から取り出す時にどちらの手を使っているか調べたところ、17頭中12頭が左利きと判明して明らかな偏りが見られたとのことだ。
monkey.pngまあ短絡的に考えれば、じゃあ左利きはよりチンパンジーに近いということか、となるのだが、その辺はよく分からない。左利きの全部が全部そうだというワケではあるまい。アメリカの前大統領のビル・クリントンも左利きだけど、彼に「キミはチンパンジーに近いらしいよ」などと面と向かって言うバカはいないだろう(彼の不適切な下半身は、より原始に近いかもしれないけど)。
自分を顧みて、確かに生活スタイルはチンパンジーなみにシンプルだし、都会より山にいるのが好きだ。道具にパソコンという文明の利器を使っているだけで、これが細い木の枝や草の茎だとして、アリ塚からシロアリをほじくり出すのが仕事だとしたら、チンパンジーと何ら変わるところはないのかもしれない。
ん?
待てよ。
そういえばボク、サル年生まれだった!


Comments:12

マロニエのこみち・・・。 05-11-24 (木) 12:42

いいオチがつきましたね(拍手)
左利きの人は、とにかく器用そうで尊敬します
左手で鋏を使っている人・・・神業です
まあ、女の子の場合、食べるのだけは、
右手に矯正してあげたほうがいいとは思いますが・・・
私など、右手が駄目になったら、それでアウトですから・・・
どちらかというと、羨ましい限りです

107 05-11-24 (木) 13:37

△ マロニエのこみち・・・。さん
> 左手で鋏
さすが!本職ですね。
鋏の「切れる構造」を知らなかった子供の頃、
「なんでボクだけうまくハサミを使えないのだろう」
といつも思っていました。普通に紙を切るのでさえひと苦労でしたから。
最近でこそ「左利き用」の鋏が一般の手にも入るようになってきましたが、
昔はそんなものありませんでしたので苦労しましたよ。
とかく左利きというのは、右利きの人が日常意識しないようなものやことについていちいち考えさせられることの多い、大袈裟かもしれませんが「ハンディキャップ」と言っていいものだと思います。
「左利きは器用」と一般によく言われますが、右利き社会で適応しようとすれば器用にならざるをえない、という必然性ゆえのものではないでしょうか。
ウチの娘たちは、今のところ右利きのようなので大丈夫です。^^

konatsu 05-11-24 (木) 19:44

過去に、何度も左利きの練習をしました
(ちなみに私は右利きです)
理由は…
右手がもし、骨折した時に便利だからとか、
右と左、両方使えたら便利とか…そーんな理由です。
うちの相方さんも幼稚園までは左で、無理やり右にさせられたそうです。
左利きさんの苦労も知らないで、左利きさんにあこがれてたものです。

107 05-11-24 (木) 21:37

△ konatsuさん
こんばんは!
左利きの練習ですか。(笑
思春期に「左利きで得した!」と思ったことは幾度かありました。
ピンクレディーの「サウスポー」で左利きが市民権を得たような気がします。
相方さんが矯正されちゃったのですね。
無理矢理、というのは、子供心にも結構悔しいものなのですよ・・・。

ギャンブラー 05-11-24 (木) 22:13

私も左利きで、さらにB型という二重苦です(笑)。当然、小さい頃は矯正されました。そのお陰(?)で今では「両刀使い」です。
でも、しばしば左と右の区別がつかなくて困っております。

107 05-11-24 (木) 23:10

あ、ボクも右と左の区別が咄嗟につかないことがあります(笑
右はそんなには使えないんですが、楽器を右で弾いていたことがあって、それからそんな風になったような気がします。
両方使うと、脳みそがワケわかんなくなるんですかね(笑

ワタシ。 05-11-25 (金) 0:37

こんばんは、お邪魔します。
ワタシ。は右利きですが、和太鼓をちょっとかじった折に左手(腕)の力が弱くて、鍛えるために「普段の食事を左でする」と緒先輩に習って実行したことがあります。
箸を使えなくて、食欲旺盛?なワタシ。は即座に挫折!
右手の片手打法(力任せ)で上達できませんでした。(笑
ワタシ。の甥っ子も左利き。矯正はしてないようです。
やっぱりちょっとウラヤマシイと思います。^^

107 05-11-25 (金) 0:56

△ ワタシ。さん
こんばんは^^
和太鼓の練習法に、そんなのがあるんですね。
面白いな。
やっぱり、最近は矯正しないのですね。
よかったよかった。(^_^)
あ〜でも、その甥っ子さんはちょっと苦労されるかも。
身の回りのものが昔より多少左利きには優しくなりましたが、それでもいろいろと右利きの人が気づかないところで不便がありますので・・・。
うらやましいですか?(笑
なってみると、さほどでもないですよ。きっと。^^
ギャンブラーさんのように、両方使えるのが一番いいのかもしれません。

ゆうこ伝 05-11-25 (金) 3:47

頭が良くなりそう(^^*)♪
お〜〜右脳の発達した107さん☆お話したら楽しいかもしれませんね〜!!
小学校の時に、隣の席の好きな子が左利きで。
習字の時間が大変そうでした(;;)

107 05-11-25 (金) 8:50

△ ゆうこ伝さん
機会があればぜひお話ししましょう。^^
習字の時間は、居心地が悪かったです。
先生によって、当たり外れみたいなのもありますしね。

はるうさぎ 05-11-25 (金) 9:23

うちの家族はかなり左利き率が高いようです。弟はほとんど左利きですが、なぜかお習字だけは右手でやっていました。その子供の甥はお習字も左のパーフェクトな左利きです。
ちなみに私は天然の両利きです。
お箸と鉛筆が右手だったので、矯正されることはまったくありませんでした。
でも左手の方が微妙に器用です。
絵は左手でないと描けません。
左手でペンタブレット、右手でマウスなので、便利な時には便利ですけどね(笑)

107 05-11-25 (金) 10:36

△ はるうさぎさん
甥っこさんは習字も左ですか。それはすごい。
漢字の書き順とか各部の旁は、右手で書くことを前提として創作されているので、
特に毛筆の場合、左手で上手くきれいに見えるように書くことはかなり難しいと思います。
はるうさぎさんの両利きは便利そう。
矯正されることがなかったというのも、すごくいいですね。^^

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2005/11/25.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
左利き from 107@BLOG

Home > 日々のうたかた | 2005年の日々 > 左利き

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player