Home > 観る視る読む > 荒地の魔女

荒地の魔女

先日、予約しておいたDVDが届いた。「ハウルの動く城」。
子供たちは気に入ったらしく、それから毎日これを見ている。
ボクもつき合わされて見ているが、とても面白い。
宮崎駿監督のアニメはひと口に「アニメじゃないか」と馬鹿にできない、大人の鑑賞に耐えうるものが多い。

で、この「ハウルの動く城」で一番気に入った登場人物が、荒地の魔女。
遥かな昔に悪魔に魂を売り渡し、魔法学校を追い出されて荒地を彷徨い続けるとても恐ろしい魔女、という初期設定である。
この声優が美輪明宏。絵とそっくりそのままで、あまりにもハマり過ぎて笑ってしまうほどだ。そもそも映画を作る段階でこの役は声が美輪明宏と決まっていたらしいから、そりゃその筈だけどね。
この荒地の魔女が、映画全編を通して重要なキーマンとなっている。
ハウルの精神的な成長やソフィーの心情と見た目の変化、2人の愛情の育みがストーリーの表面だとしたら、荒地の魔女はそれらをしっかりと裏から支え、物語にどっしりと重みを加え、時には猿回しまでもこなす、とても大切な役どころである。
美輪明宏の声の演技はさすがの一言だった。絵の見た目がそうだから特に思うのかもしれないが、この役の声は彼(彼女?)以外にあり得ない。
DVDには英語版とフランス語版も入っているのだが、タイトルカバーを何気なく見ていて、そういえば外国語版では誰がこの難しい役をやっているのだろうと思って、キャストを見て驚いた。
英語版に
荒地の魔女:ローレン・バコール
とあるではないか!
もののけ姫のDVDも持っていて、英語版で見てみたときに知らない声優がピンとこない声と演技をしていたのであまり期待していなかったのだが、だからとても驚いた。
ローレン・バコールといえば言わずと知れた鬼ばばあ、じゃなかった(笑)、若い頃からビシッと一本スジの通った鼻っぱしらの強い骨太のイカリ肩の猫背のタラコ唇のワシ鼻のしゃがれ声の、歩く伝説なおヒトである。かのボギーこと故ハンフリー・ボガートの奥方なのである。まだ生きているのである。ピンピンしているのである。オスカーをとったハリウッドの有名女優を「調子に乗んな、青二才が」と例のしゃがれ声で一喝してのける人である。
荒地の魔女というこの重要な役どころ、その声と節回しだけで、起伏の多い人生を歩んできたバックボーンを垣間見させることのできる芸があり、かつ、見た目にかなりコワい感じを表現しうるのは日本では美輪明宏をおいて他になかろうし、それが英語圏でとなると、ローレン・バコールしかいないだろう。
このキャスティングの妙には感心した。いつの間にやら、スタジオ・ジブリはとっても力を持つようになっていたのだな。
おかげでこんな楽しみが増えるなんて、思ってもみなかった。
・・・などと絶賛しているが、実はまだ英語版を見ていない。
今はまだ子供たちが必死で見ているので、日本語でないといけないのだ。
なあに、20回も見れば少しは飽きてくるだろう。
それから、ゆっくりと英語版を堪能することにしよう。


Comments:6

マロニエのこみち・・・。 05-11-20 (日) 7:38

へえ・・・
ローレン・バコールと美輪明宏さんですか・・・
豪華なキャスティングですね
一昔前の俳優さんは、本当に骨太で、個性の強い
魅力的な人が多いですよね
時代が生み出すものなのでしょうか・・
今と比べてはいけないんでしょうが・・・
(ところでローレン・バコールさんは好みのタイプなのですか?笑)

107 05-11-20 (日) 10:24

△ マロニエのこみち・・・。さん
時代の生み出すものなのですかね・・・。
「俳優」という仕事そのものへの取り組みとか認識が、今と昔では随分違うような気がしますから。
昔の人は、映画なり舞台なりの端役や俳優養成所などでみっちりと修業して演技の下地ができていますね。そういう俳優の演技がとても好きなんですが、今の若手でとなると顔が思い浮かびません。
ローレン・バコールはとても個性的で、素敵な俳優さんです。
顔はいわゆる「ファニー・フェイス」ですが、好みです(笑
言いよっていっても彼女の気に入るような口説き方はできず、「軟弱者が」と張り飛ばされてしまいそうです。
でも、「張り飛ばされてみたい」と思える女性ですね^^

マロニエのこみち・・・。 05-11-21 (月) 12:41

おや、これは・・・
アブナい部分を披露して頂き、
ありがとうございます・・^^
『大人』なんでしょうね。あの頃の方たちは。

107 05-11-21 (月) 13:43

△ マロニエのこみち・・・。さん
あ、いやそういう趣味は・・・
ありませんので、くれぐれも誤解のなきよう・・・(笑
沢田研二の歌にもありましたね。
♪ボギー、あんたの時代はよかった〜
って。
まさしく、です。

ゆうこ伝 05-11-21 (月) 17:55

お〜〜子持ちな一面が!(笑)
私まで観てないです〜〜(><)☆観たいな〜。。。そういえば。(笑)
キムタクだし期待大。
今はキャシャーンのDVDに夢中なので、落ち着いたらぜひ♪観ちゃいますね〜(^^)

107 05-11-21 (月) 18:02

△ ゆうこ伝さん
面白いですよ。ぜひ。
キムタクは「おっ。やるな〜」という感じでした。
声優は顔が見えない分、イマジネーションを喚起させる演技が求められると思いますが、
彼はこの役でずいぶん演技の幅を広げられたんじゃないでしょうか。
> キャシャーン
懐かしいっす。流行ってるの?
「キャシャーンがやらねば誰がやる」(笑

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.studio107.jp/2005/11/23.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
荒地の魔女 from 107@BLOG

Home > 観る視る読む > 荒地の魔女

Search
RSS Feeds
Meta

Return to page top

Get Adobe Flash player